FEEL THE BEAT 震災復興健康チャリティイベント終了 ご報告とお礼

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

8月19日、20日

の二日間、

FEEL THE BEAT震災復興健康チャリティイベントを開催し、無事に終了することができましたことをご報告いたします。たくさんの皆さまのご協力、ご協賛、そして

脚を御運びいただきまして、誠にありがとうございました。

二日間で延べ、230名の方にご来場いただきました。

ご協賛、ご協力いただきました

株式会社メッツ様、一般社団法人日本からだワーク協会様、PBF karada studio様、TRIANGLE様、株式会社笑顔ファクトリー様、

NO BRANDinfinity様、Mable様、dolllips様、ケアラ様、NO STYLE様、DANCE STUDIO BUZZE様、おうちコーヒー様、sayuno bake様、背骨コンディショニング協会様

以心伝心本店様、明野新町店様、有明店様、カラオケサウンドワン様、ラーメン極様、鳥ぼんど様、居酒屋SOU様、Elle est Mignonne様、紫紅堂様、

たくさんの皆様の愛とつながりと協力、理解、

他を思いやる気持ちがかたちになって、みんなでみんなを大切にする想いに深く深く、心打たれました・・・。しっかり綴りたいのですが、日常に戻っております。。。

少しずつ伝えていきますので、ぜひお読みいただけたら嬉しいです。

毎回、少しずつ進化していくことを目標にしています。

それは自分自身が成長しているはずだから・・・・・

4回目にして、大きなステージに上がった気がします。

 

これは主催者側の感覚です。

毎回毎回小さな、階段を超えてきましたが

この4回目で大きなステージを一つ越えました。

 

今回私の中で根本の趣旨、目的は同じですが、

 

提供する内容に関しては、より広い範囲でフィットネスを広める手段を考えること、

そして、任せる・・・を超えて、

 

委ねる

 

委ねてみること。

 

委ねるってちゃんと調べてはいませんが、

任せるというのとちょっと違い、

 

任せた後、その流れに私自身も身を乗せてみる・・・そんな感じです。

 

それが成立したら、そこにはちゃんとした、想い、意思、趣旨が伝わっている・・・本質を理解し合えているということがわかると。

それが、

ちゃんと見えました・・・。

それができないばあいは、私自身のおごり、自己満足、、、かと。それが、今回はなかった気がした、、
まだまだですが、これがひとつの
在り方
として、形付けられた気がしました。

細かい感想は後程、取り急ぎ二日間、まことにありがとうございました。

木田麻美

 

 

 

 

五感で感じるさまざまな健康の取り組み FEEL THE BEAT

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

いよいよ明日、明後日です・・・私の頭の中はもうたくさんの幸せな笑顔にあふれています。。。。。

こんかいはコンテストを開催します。

腹筋をどれだけできるか?腕立てをどれだけできるか?バランスをどれくらいとれるか、縄跳びをどれくらいできるか?、

そしてサバイバル健康体操というもの開催します。

ある程度健康体操を楽しんだ後、最後の最後で集中力切れるところでのサバイバルです(^◇^)絶対大爆笑なはず♪自分が考え出すことが自分自身、面白くて、笑えます(^◇^)

さて、ブースでは今年もたくさんの方が協力してくださいました。

毎年おいしいコーヒーをいれてくれる、おうちコーヒーのれいみちゃん(#^.^#)
今年は千歳から、からだのことを考えたお菓子作りをしているSAYONO BAKEさゆりちゃん

そして北海道健康クラブのメンバーで今年もおいしいフルーツ、安定のチープなお菓子 笑を用意しています。飲み物もね。

さてさて、今回は大注目耳つぼジュエリー・・・そして色彩心理診断というのがあります。

色彩心理診断・・・埼玉からカラーメンタリスト、そしてからだバー®マスターの山田祐子さんが来てくれます。私があこがれている女性です。女子力、1000%です。おんなじ食事をしたらあんなふうになるのなら毎日おんなじ食事をしたいくらいです。

本来はお客様としっかりセッションをし選んだ色の意味や、そこから紐解かれる今のあなた自身の状況、などを時間をかけてお伝えしていただくものなのですが、

よりおおくの方に知っていただき、日常で色をうまくコントロールしながら楽しんでいただきたいと思って

イベントのための特別バージョンを組んでいただきました。一人当たり10~15分であなたの色を知れるかもしれません(^◇^)

是非!受けてください!

 
その横に耳つぼジュエリーがあります。

これもまた色とのかかわりや、耳にあるたくさんのツボを刺激し、あの方のいろんなお悩みを解決できるかもしれないという、おしゃれにも素敵なジュエリー(^◇^)

 

今回は私の母が施術します!一人2つずつつけてあげられます(^◇^)ぜひ!

耳掃除はしませんよ♪

 

背骨コンディショニングは苫小牧で活動する背骨コンディション二ングの指導者をされている黒澤さんがからだの悩みを背骨から改善してくださいます。

少しでもあなたの悩みの解決になると嬉しいです。

 

カイロプラクティックのケアラの土居さん

いつも協力してくれています。

 

今回は筋膜に焦点を置き、皆様の体をいい状態へと持っていくアプローチをします。

TRXは神奈川のナル(堀君)が手取り足取り教えてくれます。なかなかストイックな方にはもってこいなエクササイズ!

そして、からだバー®。からだジャンプ®は山田インストラクター、ナルが教えてくれます。

 

跳ぶときは靴を脱いでね♪

今回は北海道健康クラブの桂下インストラクターが、

車いす体験ブースを担当してくれます。

車いすってこんな風に使うんだ・・・こんな不便だったり、こんな感覚なんだ・・・と知ってみてください。そして握力測定もします。

近年、握力低下が叫ばれています。。

ご自身の握力、どのくらいか知っています?はかってみてみて♪

 

びっくりするかもね。

靴は動ける外靴でどーぞ♪上靴に変えてもいいですが、少しきたなくなるかもね。。。。

 

お待ちしています♪

FEEL THE BEAT2日目 からだバー®世界初チャレンジ100人超える予定★テレビ来ます!

さて、このFEEL THE BEAT健康チャリティイベントでは私一人ではできないこと。。。

みんなが一人ではできないけど、小さな力が集まれば大きな力になる・・

 

人と人との繋がりを大切にしています。

私ができることはごく僅か…いつもそう思います。

想いを言葉にすること、行動で示すこと、形を作ること、そこにまた想いを乗せること・・・

だけど、それをいろんな手段で、たくさんの方法でつたえる力は私にはあまりありません。

からだバー®は現在私たちが試行錯誤しながら、皆さんとともに育てているアイテム

今回は埼玉から私と同じ推進トップの山田祐子マスターにもお越しいただき、からだバー®を皆さんに伝えるため一緒にチャレンジします。

そしてそこに苫小牧ケーブルテレビさんが取材に来ます

 

苫小牧を健康な街にしたい

健康未来を創る取り組みを全国の皆さんに示したい

 

そんな思いも込めて、皆さんの力を借りたい

どうか来てくださいませんか?・・・

12:30からからだバー®100人チャレンジスタートです。

からだバー®の無限可能性を感じてください

 

 

14:40~縄文太鼓奏者の澤口 勝さんの演奏これはまた圧巻です!私の心臓をわしづかみにした演奏を今年もぜひ聞いてみてください

そして、近藤智子インストラクターによる、バランスコーディネーションレッスン

昨年。たくさんの方が感激されていました。

これは、その前の年しゃしんですが。

 

こうゆう反応はとてもうれしいものです。ただたのしいとか、激しいとかじゃなく、

何かが変化した・・とか痛みがなくなってきた・・・とか・・・そんな感覚が皆さんに感じていただけたら私たちインストラクターの努力は報われます笑

そして。・・・今年もきたぁ~~~!!
北海道HIPHOP界のKING

NAOYAさんのHIPHOPレッスン!
もうね・・・・・神・・・・神・・・・・・・GOD

難しくないの!これ本当です。

簡単なの!

だけど、すごいの!みんなができる!かっこよく、気持ちよくさせてくれるNAOYAさんのHIPHOP

そして最後はきっとショーケースしてくれるはず(^◇^)

 

 

 

 

FEEL THE BEAT 2日目 食べ放題、飲み放題、動き放題、笑い放題

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

FEEL THE BEAT二日目、、、

今年もダンス発表からスタートします!

子どもたち、また、大人たちのダンス発表★

そしてその中にたかはしごうさんの歌がはいってきます♪みんなで動きますよ♪

 

たかはしごうさん・・・とは

アーティスト、声優として、またモデルとしての活動歴もある、フィットネスインストラクター兼アーティストのたかはしごうさんの歌は

あいに溢れて、自然と涙がこぼれる素敵な歌声・・・。

高橋洋子さんを姉に持ち、キティちゃんの彼氏のダニエル君といろいろと仲良しなごうさん

 

大好きな方です。

そしてダンス発表した後、

「ラジオ体操第一選手権」を開催します。

ラジオ体操、ちゃんとやったら、すんごいからだすっきりするの知ってます?

真剣にラジオ体操したことあります?指先まで、足の先、まで・・・。

何気なくやっていること・・・・たまに、真剣にやってみませんか?

ご参加いただいた皆さんに参加賞があります

 

そして、特別賞があります!

たかはしごう賞、木田麻美賞、山田祐子賞、下尾彰浩賞、YASU賞

そしてそのあと12:00~12:30はCANDOLLKEY×TIESによるライブ
木田の同級生で、あつい心を持つ彼女は昔からアーティスティックな一面があって私の憧れの存在でした。。カラオケも何回かいったなあ~・・・その当時は私も声きれいだったなぁ笑

アーティストになり苫小牧のカレーラーメンプロジェクトとの一環で歌を作ったりしています。

今は三味線兄弟のTIESさんと一緒に活動しています。高齢者施設で歌を歌ったりして、歌や

フィットネスで苫小牧を元気に明るく素敵な街にしたいね・・・と話す、私たち、

 

念願かなって一緒にイベントをします

彼女の歌に合わせてみんなで曲も考えていますよ♪

T1コンテスト・・・

30秒間うでたて、バランスボールバランス、1分間腹筋コンテスト、目隠しその場歩き、2重跳び連続

以下の項目で皆さんからの参加を集います。その時もまた副賞があります。

苫小牧市内飲食店街の無料クーポンなどがたくさんもらえます。

 

参加者次第で時間は変わりますが・・・

時間が余りましたら、なんと、、、、私が水曜日に日新温水プールでレッスンしている、

健康体操・・・・そうそう、あの、脳トレで悶絶するやつ笑

 

あのコンテストもします♪楽しみすぎるぅ~・・・。

さて・・・次は後半

 

何年も同じことやり続けられる自信ないからほどほどにしとく・・・という現実の声、ちゃんと聞こえてますか?

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

今週末、苫小牧で健康チャリティイベントを開催します。このイベントを開催しようと思ったきっかけは前回のブログでも綴りました。

19日、1日目にはピルビスワーク、20日、2日目はからだバー®、バランスコーディネーション、背骨コンディショニング、筋膜はがし、カイロプラクティック、、そして自分自身を知る、色彩心理診断プログラム

 

などなど、自分の体を自分で知り、整えていく・・というプログラムを多く取り入れています。

私は今全国各地を周りたいと思っています。

2年前はそんな風には思わず、自分にできる場所で必要としてくださる皆様に全力で提供すること・・・でした。そこにはたくさんの手段持っていました。

楽しく激しいイベントレッスン・・・すごく楽しいんです。

非日常で、仲間に会えるし、難しことに挑戦したり、できなくて悔しくて、また次参加したい!という活力にもなる

 

そしてその一端に自分がいることがうれしかったし、必要としていただけていることがありがたかった。。スポーツクラブ、または愛好者が集まるイベントでプレゼンし、みんなを幸せにするのが私の生き甲斐。

そこはそこで今でもあっていいと思います。

そしてそこを行っていくうちに怪我する人を多く見るようになり、故障する人、だんだん定期的には来なくなった人を見るようになりました。とゆうかその事業が増えすぎて、そこに行く方はおんなじ人が多く、遠く離れた北海道からSNSにあがってくる情報が見えてしまうときは、

また、あの方、あそこも行ったんだぁ~すごーい。。すばらしい★

 

けど・・・・からだ大丈夫かな・・・

と、違う心配をしてしまう。指導者は変われど受ける方はおんなじという方が多いですしね・・・。

提供する側は2本でも受ける側は6本だったりするし・・・

そもそも、動きがちゃんと伝えきれていないと怪我に繋がりやすいし。。。。。

 

 

たまに会った時には、もう膝がね。。。腰がね・・・

私たちもいつまでもこんなことやり続けられるわけじゃないから・・・。

そろそろ考えなきゃね。と。ゆう声をほんとに、ほんとによく聞きます。

 

そして、比較的、それを言ってくださる方は私の母親世代・・

団塊の世代。。

子育てが終わり

自分たちのやりたいことに時間とお金をかけられる年代の皆様。

たくさんここまで頑張ってきたあかしとして、たくさんのことを楽しんでおられます。★私もそうありたい。

だけど、楽しいレッスンの時、激しいレッスンの時はしっかりインストラクターについてきてくれたのに、それを受けられなくなって大好きなのに泣く泣くその先生のレッスンを出なくなる。

人が好きで参加していたのに、からだかついていかないから先生に申し訳なくて

参加できない・・・

何てこと、私も言われたことあります。

 

極力そうならないようにそんなレッスンを少しずつ卒業してきました。

そして、私のことを好いてきてくださっているのなら、私が身をもって、からだのためを考えたコンディショニング、整える、高める。保つレッスンをしよう・・・と。

そんなプログラムがないなら、作ろう!と。

実は、苫小牧の民間プールのスタジオで6年前から作ったプログラム、

練功十八健康体操

 

これは私が皆さんの、心と脳とからだのことを考えた開発した独自プログラムです。

今では大盛況!

あのレッスンが一週間の中で一番楽しい!大切!なんて言ってくださいます。

私はあれを全国各地に広めたいと思っているくらいです。

だって体にいいんだもん!あの40分を毎日やったら、ものすごく人生が充実すると思う・・・

 

もともと6年前からそんな取り組みしていました。

そして今、

 

そんな思いを言葉にし、形にしたくて動き始め、地元におんなじ想いのインストラクター集団を作り、養成をし、違った考えのところから、同じ思いに変化し活動、言動が変わっていく仲間たちを多く見ています、

 

そしてそうすることで今まで救えなかった方たちの健康を守ることができ、

自身のこころとからだ守ることができる。からだバー®、からだジャンプ®というツールを通して、そこに全精力を注ぎ、技術、感覚、理論を入れて、今、影響力のある、お客様に愛される日本全国のインストラクターのもとにまわっていきたいと思う所存です。

全国で活躍中のインストラクターの皆さん、皆さんの役割はとても重要です。

皆さんは多くのお客様から愛され、頼られています。

あなたはそんなお客さまの体のためを考えて何を提供していますか?

エアロの動作をきれいにするだけでいいですか?、コリオを完璧に踊りきってもらうだけでいいですか?より高く、よりキレのあるパンチや、キック、ジャンプを伝えて実践していただけたら、それだけでいいですか?

 

もちろんそれも大事です。

 

だけど、それができなくなりそうなときが来るのはわかりますか?

みんなちゃんと年を取ります。からだは進化、退化します。

 

どうか、少しでも長い時間、あなたを大好きなお客様の生き甲斐が長く続けられるように

皆さん自身がその手段や、違う視点、もう一方の視点も持ってみることも考えてみませんか?

 

私は、皆さんより先にそこに着手しています。そして、そのスタンスは今形となり、北海道という地域を動かし始めています。

よりおおくのかたに

健康になってほしいと願うインストラクターのみなさま、

うごきましょう!

1億3000万人が待ってます!

 

 

 

私にはまだ募金できる財力はないけど、健康になるための方法を伝える力はある。

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

また皆さんのお力をお借りして今年も震災復興健康チャリティイベント

FEEL THE BEATを開催することができます・・・。いよいよ今週、土曜日、日曜日。アイビーブラザです。

 

毎年想いはblogで伝えています。が、また伝えます。

だってこの思いがなくなったら、イベントの目的が揺らぐから・・・揺らぐと何を伝えたいか、何を受け取るか、、、参加してくださいる方が感じるものが、またそこに集まる同志たちの気持ちがバラバラになり、本意ではなくなるから。。。。

東日本大震災の後、多くの人が、自分も何かしたい、自分にできる支援の形は何だろう・・・

と考えたはず・・・。私も募金しましたし、物資も送りました。

そして、震災後は自分が元気に健康で日々の生活を送ること、笑顔でレッスン提供をすることも苦痛になりかけていました。きっとインストラクターでおんなじ想いだった人は多くいるはず。

実際スタジオに、クラブに来るお客さまは減りました・・一時。

 

そんな中でも私たちは元気に笑顔でレッスンしなくてはいけない。

だってそれが私たちの仕事だから。

仕事を少し休んでボランティアに行こうかとも思いました。

 

だけど、私には家族がいて、守るべき人がいて、待っているお客様もいる。

お金は微々たる金額を送ることしかできなかった。もっと必要としている、何億。何千万・・・という金額は私がどうこうするという問題ではなかった。そして自分の家族もいるので自分たちの生きることも大切だった。

せめてみんなでお金を集めたら、一人よりも多く集まり、送れるかな?何かの救いになるかな?と。。。そこでイベント企画しました。

13万くらい集まり、寄付しました。

2年目は、違う団体の活動をサポートしながらそこを通して寄付してみました。

それと同時に、実際の現地はいったい何を必要としているのか?自分ができることは果たしてお金を送ることなのか?他にはないのか?

それを感じたくて、札幌で現地への支援活動をしていた樋口先生にお願いして、同行させていただきました。4年前・・・・。

がれきは撤去されていたけど、まだまだ仮設住まいの方が多かった・・・。

1年目は現実を受け入れるのに必死

2年目は今を生きるために必死

3年目は先を考えた時の不安で必死

4年目は変化し始めた環境についていけなくなっていくからだへの不安

 

そんな話をしてくださったおじいさまがいました。

私が行ったのは4年目

多くの方に「健康が一番大事」と言われました。

身体を動かしてくれたありがたい・・・。

ストレス発散できた。

動くことで日々の苦労を一瞬忘れた。

身体が元気になれば、何かしようとおもえる

誰かと何かをするということで交流が生まれ、笑顔が生まれる

そんな声をたくさんもらいました。

 

「あなたの仕事は素晴らしい・・・からだが元気ならば自分自身生きることもできるし、誰かを助けて開けることもできる、僕は元気だったから、津波の渦から、3人の女性を救い出した・・」と。

昨日まで当たり前だったこと、ついさっきまで普通だったこと、また明日、いや、来年やろう…なんて思っていことは、絶対ではないということ。。。。

そんなことを感じ、私にできることは健康を伝えることだ。と深く深く感じた震災後4年目。

お金がある人はお金を使えたらいい。

力がある人は力を貸してあげたらいい。

知識がある人は、技術がある人はそれを伝えてあげたらいい。

 

自分にできることを他と比べず、自分らしく伝えられたらいい。

そんな風にして考えました。

そして、フィットネスという取り組みは決して依存型にしてはいけない。。。

 

何かがきっかけで変わっていくご自身の体と心に自分自身が気づき、運動という取り組みを自分からやりたい!と能動的に動きたくなり、誰かがいなくてもそれができるくらいになるのが大事、、、

あの先生がいないとだめ・・・・これはうれしいけど実は望んでいるものではなかったりします。

そこを目標にして、日々自分で何かに取り組む・・・

そんな風になるのならばいい。。。

そして。私にはできることもあるけど、できないことの方が多いです。

できないこと。。。。というか私がするまでもない、違うだけかのほうがそれに対して強いこと。

みんなが自分自身の強みを持ち寄ることで1が10

集まって1000になる・・・そんな空間を作りたかったんです。。。そしてフィットネス・・とは

健康であるために必要な様々な手段・・

 

 

だから、運動だけでなく、食べる、話す、聞く、見る、動く、休む、寝る、感じる、そんないろんな感覚が人の心とからだを豊に健康にするために必要だなと感じました。

私じゃなくほかに強みを持ち、おんなじ想いを持つ仲間。。。。そんな方の力を借りたいです!と呼び掛けたところ、全国各地から同志が集まってきてくれた・・・・。

そして形になったのが、FEEL THE BEATです。。。

毎回、黒字にはなりませんが、やり続けて、そこに来てくれたみんなが、その後何かを始める、自分に意識を向けるきっかけになるといいな

・・・と考えています。

 

それがFEELTHE BEATに対する想い。です。

 

 

FEEL THE BEAT 1日目 全員に景品プレゼント❤

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです!

今週末、苫小牧アイビープラザで2日間、

健康チャリティイベントを開催します!

一日目のレッスン、申し込みしましたか?

当日ギリギリ参加でもいいです✨

なんと、今回も全国各地のあたたかい同士の皆様、また、協賛企業さまから

豪華商品を参加者様プレゼントとしていただいています、、、。。

参加費より高い金額の価値のある参加賞です!!

ありがたくて、涙が出ます。。。

みなさま、苫小牧に一度にこんなにプロが集まることはありません。

お時間都合があうかたは

是非来てください❤❤

kida0331@gmail.comまで。か、直接私まで。

 

コンフォートゾーンを抜け出すこと。。。

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

昔より情報がたくさん行き交い、現状を知り、手段を知り、その中で自分はどうゆう立ち位置にいるのか・・自分がしたいことは何か?、またできることは何か・・?求められていることは何か?

守るべきものは何か?

 

そんなことを最近よく考えます。

ただがむしゃらに、起きる出来事にひたすら一喜一憂しながら全力で取り組む時期が少しずつおわり、そこを経て、自分のスタンスや、方向性、何がしたいか・・どうありたいかを考えるようになってきました。 36歳になる歳・・・そんな年代なのでしょうか?

息子たちが自立しはじめ、各々の主張や協調性、思いやりなどを持てるようになり、子供たちから学ぶものも多く、今まで自分のために仕事してきたのが、この子たちの成長を応援したくて、生きていくために仕事する・・とゆう感覚にもなっています。

今までは自分のやりたいことをやる人生・・・だった。自分本位な人生。

そこから誰かのために全力を注ぐ人生に変わってきています。でもそれもまた自分の望む生き方。

一つのことをクリアするとさらに次を求めてしまいます。そしてそれはきっと誰かのためになると思っているし、誰かのためにそうしたいから。。。

何か新しいことを始めるとき、何か動き出すとき、

・恥ずかしい

・不安

・恐れ

が出てきます。

そこの何かがあるから一歩踏み出せないまま終わる。

 

そしてそこをクリアしたら強くなれます。そこを経験した後の自分は、経験する前の自分より一皮むけます。うまくいっても行かなくても。。そこに挑んだ!という自分への自信がつくのです。

生まれつき強い人なんていません。

最初はみんなおんなじ。ガラスのようにもろく弱い・・

メンタルも筋肉と一緒で、

 

自分がもともと持っている筋肉の働き以上のトレーニングをして筋繊維を破壊し、そこに栄養と休養を入れることで筋は発達していきます。

過負荷を与えることで現状は変化していく。

メンタルもおんなじ

メンタルマッスルとも言います。

 

自分自身の心のコンフォートゾーン(安全地帯)というのがあります。

当たり障りなく、不安、恐怖、などのストレス的な要因を何も感じない。現状を維持する。変化を求めない。

そうすることは心には何の負担もないので楽かしれませんが、成長はありません。

 

その状態はメンタルマッスルは鍛えらない。現状維持どころが時間、環境は変化していくので取り残される可能性があります。衰退していく可能性があります。

 

からだが強い人、と心が強い人は根本的に違うけど、鍛え方の方法はおんなじです。

 

そして強い人は弱さもつらさもわかります。

だってもともとはそこにいて、そこから、コンフォートゾーンを抜け出してきたから。

 

そして強くなっても何かあると、ちゃんと不安になる、たまに弱くもろく、悲しく寂しく、孤独を感じたり、しんどくなったり、抜け出したくなる。

 

だけど、短い時間でそれを切り替えられる方法を手に入れています。

それは自分自身を知ること。

 

自分自身を認めること。

 

自分を愛すること。

自分を否定しない、受け入れること。

ネガティブな感情が出るということは今自分がこうゆう状態なんだな・・・ということを素直に受け入れること。そしてネガティブな感情を味方につけること。

自分の中に住む天使と悪魔をペルソナといいます。

 

なぜか二人の自分を天使と悪魔と言ってしまう・・・。ポジティブな自分とネガティブな自分。

どうしてもネガティブな方を悪魔ととらえてしまいますが、実はそれすらも味方につけると自分のことを否定しなくなります。自分を受け入れて認めてあげられる。

 

実はこんなこと書いているけど自分が実践できているかはわからない・・・笑

たまにものすごく弱い自分がいたり、自己否定に走ったり、誰かにすがったりしちゃう・・・。

 

そしてきっとおんなじ感覚の人もいるんだろうなとたまに思う・・・そんな人が最近は周りによくいる。。そうゆう心の中、頭の中で起きている現象を打破したくて、数年前にメンタルパートナーの認定を受けに行きました笑

人間は強くてもろくて繊細で丈夫で美しく愛おしい

 

からだバー®を、身近な方へ、、、。

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

からだバー®を日本中に広める活動をしています・・・・。

 

ですが。。。実は最初は家族の、身近な人の健康を守りたい思いからスタートしています。

 

私がガツガツスタジオプログラムしかやっていなかった時代。。激しいプレコリオしかやっていなかった時代、父親は、ヘルニアになりました

母親はぎっくり腰、

祖母は、加齢によりひざが痛くて、人工関節を入れたのをきっかけに出歩くことが少なくなり、そのまま行動範囲は狭くなり、今は寝たきり状態です。会話にもならない状態です。

おばあちゃんとは仲良しでした。

おばあちゃんだけど、私の突込みにも対応してくれたり、たまに遊びに行っても相手してくれたり、いつもいつも笑顔でした。私はおばあちゃんに自分のエアロビクスなどのレッスンを受けてもらうのが夢でした。。

 

運動指導者でいながら、身近な人たちの健康を維持できていないことがすごく悲しかった・・・悔しかった。

ヘルニアだってぎっくり腰だって予防できたかもしれない。日頃の運動習慣、また、弱い部分へのアプローチ、疲れている部分へのケアで痛みを感じることはなかったかもしれない・・・。

怪我してしまうのは仕方ないかもしれないけど、それによってその人の生き方、人生が左右され、できるはずのことができなくなり、楽しみが減り・・・自分らしく生きることができなくなる・・・。

それがすごく悲しい。

 

おばあちゃんは手術の後病院でリハビリしていましたが、リハビリ期間はすぐ終わり、自宅で運動を促されました。

自宅で運動ってなかなか難しい・・・。

一人暮らししていたし、なかなか一人じゃできない。知識がないしね。

 

せめておんなじ想いをしている人、また、ご自分の両親、家族、そして自分自身の体の維持、ケアにからだバー®を取り入れてほしい。

からだバー®はただの木製の棒です。

だから自宅に合っても邪魔じゃないです。

 

だけど、ただの木製の棒ではないんです笑

可能性、使い方で効果は何倍にもなります。

誰かの使い方を教えて自分だけじゃなく、ほかの人も健康になってほしい、維持してほしい。。そんな思いは誰にでもある。

自分だけ、健康であればいいなんて誰もおもわないはず。

 

1級は指導者になれます。

2級4時間はからだバー®の使い方を修得し、使いこなせて効果を感じていただくところまで行きます。

そして例えば家族、両親、に使い方を教えて、みんなで健康維持増進にとり組む。

 

そんなことがどこの家庭でも起きたらうれしい。

からだの調子がよくないとき、なんか伸ばしたいとき、最近膝が痛い、肩がこる。。。腰に違和感がある・・・そんなとき、わざわざクラブに行かなくても家族で誰かからだバー®の使い方を

理解していたら、・・・

 

みんなでシェアすることができます。

 

からだバー®を一家に一本、おいておきたい

私はこの5年間で北海道全地域にからだバー®を伝えられる1級からだワーカーの存在を作るのが目標です。

胆振、日高で広がってきています。

ほかの地域・・・どうか、、、ひろげたい・・・560万人の健康を一緒に守ってもらえませんか?

 

 

 

FEEL THE BEAT2日目✨ラジオ体操選手権

朝からダンス発表

そのまま子供たちも大人もみんなで

ラジオ体操第一選手権✨

道北への仮設住宅で

何度もラジオ体操をしました!

ラジオ体操の効果をものすごく感じています✨ちゃんと意識して動くとものすごく体のために必要な動作がはいってるんです!

改めてその動作をしっかりできているか

私たちフィットネスインストラクターがしっかりからだの使い方を見極めて動けているか、

誰が一番きれいかを審査します✨✨

豪華商品が当たります✨