オリジナリティが必要なものとそうでないもの・・・

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

自分の特徴、自分の個性って自分でわかりますか?

特徴とか、個性とか、いわゆるオリジナリティ的なものって、それ以外と比較したときに周りがそれを評価して『あのひとは、なんか違う、ここが違う』と決めてくれる

それを知ることができて本人は気付く・・

 

そんな気がしています。

自分しかいなかったらそれは当たり前だから、個性的でもなんでもなく、当たり前のこと

 

オリジナリティが生まれるときって実はゼロがスタートではないんですよね

何かを活用しています

 

何かを真似しているのです。

何かベースになる部分をまずは活用したうえで、そこに人とは違う何か自分らしいものを付け足していく。

その自分らしいものにどれだけ投資して

どれだけ時間かけて、

 

どれだけ愛をこめられるかがほかの人との違いになるんだと思う・・

 

 

その根底の基礎の部分が崩れてしまっては、

枝葉が伸びたら根は腐ります・・

 

まずはちゃんとした土壌づくり、そして根を張り、幹を育て、枝葉を広げていく

 

時に剪定し、しっかり全てに栄養が行くようにし

青々とした葉を広げて、またそこから光合成し周りのみんなにも栄養を与える

 

オリジナリティは自分にしかできない強み・・

 

なのでおんなじことをほかの誰かがすることはできません。

 

そのオリジナリティをまた、理論にして、人にコンテンツとして伝えていくこともできます。

それを得た人が、またそこに自分らしさを加えてオリジナルを作って行く・・・その繰り返し・・・

 

本当に本当に一つのもの、世界にたった一つのものって広まらないし、

 

その人が消えてしまうともう、その想いは継承されない

 

想いは継承されて形は変化していく・・そのためには、

オリジナルでいるべきものと

みんなに伝える形作りになるもの・・・・

 

が必要かな・・・

そんなことを最近すごく思う。。

 

私はよく。、、個性的といわれます(笑)

私自身はいたってノーマル

 

だけど、

そこに価値をしっかり感じて、それを強みにしていく場面と、

 

逆にその個性をカタチにして、想いを乗せて広げていくものも必要

 

ここからはまた、もう一段先に進みます!

 

あなたのやりたいことは何ですか?

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

一週間があっというまで・・・大きな呼吸をできてない気がする木田です・・・。

もう少し整理したいところです・・。

 

整理する材料が増えてきただけいいか・・・。

整理するとすべて違うもののように感じていたのに、どこか一貫性があるのが見えてきます。

 

その中で

自分がやりたこと

やりたいことをやり続けるために、やらなくてはいけないこと・・

 

の二つに分けられる

 

 

やらなくてはいけないことは、それをクリアすると、やりたいことがやれるので、

やらなくてはいけないこと自体もワクワクしてきます。

 

以前は何をしているときが自分が幸せで楽しいのか、、、ワクワクして、ルンルンして、

心が躍る楽しさが湧き出てくるのか、、、

 

わかっているようで、わからなかった。

最近、自分を振り返りわかるようになってきました。

たまには自分の心に耳を傾けてみよう・・・。

 

 

そしてそれがまた、がんばるパワーになります。

 

 

卵の話

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

しばらくブログ発信できていなく・・・・楽しみにしていてくださった方・・申し訳ない( *´艸`)です。

先週末

韓国コンベンションにプレゼンターとしていってまいりました。

エアロビクスにかかわらず、フィットネスは世界共通で、言葉が通じなくても、使うからだはおんなじだから、様々な国の方と交流を持ってきました。

コンテストも行われ、私はお客様側で参加していましたが、さまざまな部分を見て感じることもできました。

今、私はクラブでのレッスンと自分のスタジオでの少数制エクササイズの提供、大人のコンディショニングサークル、子供のフィットネスサークル、そして地方へのイベントと講習会、ブログラム開発を主にしています。

 

プレゼンターという仕事は、お仕事として依頼いただきますが、私の中では仕事!という意識は実はあまりなく、

最高の趣味

 

と捉えています。(笑)

この趣味という言葉をどうとらえるかは人それぞれです。

趣味は大好きなことで、お金を気にせず、思う存分やり抜きたい!

趣味で苦しい悲しい想いはしたくない・・・というかしないです(笑)

 

ただ、手を抜きません・・

 

趣味には全力です、

 

最大に力を注ぐ、最高の自己能力を発揮できる、そして一番の目的の人を喜ばせる・・・ということが確実にできる趣味

 

その趣味をこれからもやり続けたいので

 

そのためには確固たる軸というのが必要と感じています。

その軸というのは、心と体にいいことを伝える。

というのはまず第一。

 

そのためのたくさん手段、方法をカタチにしていく・・・これが私の役割。使命。

しっかりとした軸を持ちながら情勢に応じて形を変え、環境に応じて方法を変え、ニーズに合わせて伝え方を変え、ターゲットに合わせてレベルを変え・・・

 

卵の本質はおんなじだけど、調理方法は変わる

だけどからだへの栄養成分はおんなじ

 

今、そんなことを感じながら

からだバー®からだジャンプ®、キダンスワークショップ、ボディリマインドメソッドを開発し、養成しています。

そして自分の大好きなお仕事を死ぬ間際まで笑いながらやり続けたい・・・

今、一番キラキラ輝いている自分がいる気がします。

疲れを感じない壊れない体を作るには、、。その1

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです!

名古屋NAS稲沢様で開催された、からだコンディショニング イベント

コンディショニングの様々なアプローチが一堂に会したイベントでした。

 

わたしはそこでからだバー®とZUMBA® そして、新ボディリマインドメソッド(キダンスワークショップ)を提供させていただきました。

と、同時にレッスン参加してきました。

 

一本目の筋膜ストレッチはなんと…乗った電車が逆方向?!(笑)

だったために間に合わず・・・・(;’∀’)

二本目のジャイロキネシスからの参加。

 

以前ジャイロを受けてすごくからだがいい感じになりました。

こうゆうのできたらいいな・・・とずっと思っていました。

参加してくださったお客様は筋膜ストレッチがかなりリリースされ、ジャイロキネシスでさらにからだはスゥっと引きあがり楽な状態に・・・

 

そしてそこに私のからだバー®で刺激を入れました。

からだバー®は実はものすごく筋膜リリースに効果的なんです。全身にはりめぐらしている筋膜にしっかりアプローチできるので伸びたり、曲げたり、捩じったり・・・そして背骨に近いインナーマッスルを

 

必然的に使うことになる

 

外側の筋肉に頼りすぎず、ガチガチ固めて動かなくするのではなく、

不安定な中で自然に修正していけるように外側はリラックス・・・。

中心軸は引き伸ばしているから、エロンゲーション的な効果もでる。

 

そのあとのファンクショナルローラーピラティスも、からだバー®に似た感覚を得る感じになる。

 

動作を引き出しやすいのがからだバー®の特徴なので、皆さん、終わった後はからだの達成感と安定感が確実に得られたと思います。何よりも自分自身でできているできてないの目安に

からだのものさし的にからだバー®を使えるのです。

だから自分で自分の進化をかんじられる。

 

そのあとZUMBAを行ったら、まぁからだが楽で楽で・・・動きやすい!という声がありました

 

 

私のオリジナルプログラム キダンスワークショップ(新ボディリマインドメソッド)が最後でした。

これは大腰筋を使える準備体操をした後、アウターを極力緩めた状態でからだを動かしていく・・・・そうすると股関節や肩関節、背骨の動きがよくなる!

無理して伸ばさない

意識しない

 

コレが大事

身体の軸や、重心をしっかり把握して、使えたら、筋肉でがちがち固めなくても。。。いやむしろ固めない方がからだは自在に動くんです

リマインドの後の皆さんの反響がすごかった!

安定する!股関節が楽!胸が開く!

 

皆さん誤解しやすいですが、からだを使うために筋肉をつけるのではなく、

ちゃんとからだが使えたら、筋肉なんて使わずに動くことができるんです。

そのためには大腰筋を使えるにすること・・・と推察しています。

それで効果が出ている人多数です。

 

自信をもってお客様に自分以外のレッスンを勧められますか?

おはようございます

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

 

フィットネスエクササイズプログラムの中にからだを壊すようなプログラムは存在しません。。。た多分・・・。

どんなプログラムにも目的、効果、があります。対象者が違うものもあります。

そして、トレーニングには6つの原則があります。

・全面性の原則・・・全身バランスよく鍛える

・特異性の原則・・・その目的にあったトレーニングをする

・可逆性の原則・・・やらないと減少していく

・漸新性の原則・・・少しずつ負荷をあげる

・意識性の原則・・・その場所を意識して鍛える

・個別性の原則・・・個々のレベルにあわせる

多分ほかにあります。

 

その中にオーバーロードの原理とか、FIT原則とかいろいろとあるんですが・・・

 

私は一度レッスン提供した方は私のお客様としてその後のその方のからだの状態、健康の状態を知る・・・というのを意識しています。

 

地方でレッスン提供したときのたった一度のご参加だったとしても、その方のからだを気遣うのは

指導者としては私の感覚では当たり前。。。

必要であれば、その後もサポートしますし、必要でなけれはこちらからアプローチしません。

ただのおせっかいにならないように・・・・笑

 

私の地元のお客さまは日ごろから私は皆様のからだの状態を見ています・・・皆さんは私にからだを預けていないかと思いますが、、、(笑)

私は勝手にスタジオ内でレッスン参加した方のからだの状態を提供しながら見ているので、レッスン後に、

 

『膝の調子悪いんですか?』

『肩が痛いんですか』

『腰痛になりかけてますか?』と話しかけます。

し、お客様の方から、『最近ここが痛いんだけど・・・どうしたらいいですか?』と聞いてきてくださります。

その際に、その方が参加してくれていた私のレッスンが、アクティブで激しく動くものだったとしたら…もちろんそのレッスンをお休みするのがベスト・・・

 

そして、ほかにやっている私のレッスンを促しますが、

場合によっては、私のレッスンではなく、その方に適したほかのインストラクターさんのレッスンがベストな選択になる場合もあります。

 

私が提供しているクラブさんでは、スタジオ参加人数に応じて、インストラクターのフィーが変わる歩合制。。

 

ということは参加人数で収入が変わります。

こんな裏話するものではないかもしれませんが、知っている方がほとんどです。。(笑

 

インストラクターはもちろん集客に必死になります・・・

 

以前意見書に、あるインストラクターさんのレッスンにでなくなったら、挨拶するしてもらえなくなりました・・・

 

という意見を見たことがありました。

わたしはクラブ内で、お一人お一人にパーソナルなアプローチができないので自分のスタジオを作りました。。。

 

そこに来てくだされば、その方に適したものを提供することができます。

が、クラブの会員様の場合

休んでください・・・も、もちろんだけど、そんな、その方の楽しみを奪うことしか選択肢を与えないのではなく、時にその方のからだの状態を考えて、ほかの信頼できるインストラクターのレッスンを推奨することもします。

エクササイズにダメな物なんてない

 

逆にものすごくコンテンツはいいのに、指導の仕方で、インストラクション一つで、間違った伝わり方、捉え方になり、ケガに繋がる・・・・場合もある。

何か起きたときに、あのプログラムがよくない・・・ではなく、

どんなプログラムでも指導の仕方によって、0~100まで変わってしまうということ。

 

ここへの意識、大切さが指導者側には必要で、その方のからだのことを考えたときに、何を選択してあげられるか・・・ベクトルが自分になっていないかが大切。

私は、正直。・・もちろん自分の収入も大切です、守るべき家族がいますから。

 

だからお客様に様々な選択肢を持っていただけるように、私自身がその引き出しを増やし、迷わずに、そして不安なくそこに入っていけるようにアプローチしています。

だけど、物理的にサポートしきれない部分はその方のからだの状態を見極めて、

今ひつようなものをちゃんと教えてあげる・・・

他がダメではなく。今のあなたにとってひつようなものは何か…を。

 

要するに、ベクトルはどこに向いているか・・・ですね。

 

 

 

 

 

 

 

スタジオの最後列で皆さんのからだの使い方をずっと見てました

苫小牧民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

 

先日、東京でレゲトンイベントにプレゼンターとして出演してきました。

主催のfitwell代表の高橋様のfb上での私の紹介の文言が

 

からだの使い方を教えるプロ(的な説明)とうたってくれていました・・・照れる(/ω\)(笑)

 

以前から言っていますが、私はダンス経験はなく、ダンスというものを学んだというのはないので、正直ダンスを語ることはできません・・・笑

 

 

ただ、ダンスでもエアロビクスでも、競技スポーツでも共通しているのは、使うのがからだということ。

 

レゲトンイベント、自分のレッスンの後の2レッスンを最後列で受けさせていただきながら、皆さんのからだの使い方を実はガン見してました・・

 

皆さん・・・すみません

 

 

なめるように・・

 

 

スケルトンのごとく・・

 

実験台かのように・・・(笑)

 

私の勝手な色眼鏡で・・・笑

 

 

皆さんのからだの使いかたをまじまじと見てました・・・

 

 

いゃぁあんなに一度に後ろから見せていただけて、ものすごく参考になった・・・

皆さんありがとう!(笑

お金払いたいくらい。

 

レゲトンは最高のファンクショナルエクササイズだと思っています。

 

関節可動がフルに必要です。

 

股関節、腰椎、胸椎、頸椎、肩、肩甲骨。。。。

 

あぁ~楽しい・・・皆さんの骨が私からスケスケでした。

気付いた方もいましたが、私はずっとはだしで踊っていました。

シューズはいてないです。実はその方が楽です(笑

デメリットといえば足の裏が真っ黒っけになるくらい。

 

レゲトンは強く床を踏んでいるように見えますが、ストンプでもなんでも、体幹、上半身の使い方、骨盤の傾け方、背骨意識で、足の負担はほぼない・・・笑

皆さんの動きを見て、

 

あ・・・あの方たぶん腰痛もちだな・・

あの肩は肩こりがあるな・・・

 

あの方は仰向けになったら顎が上がるだろな・・

きっと疲れたら右の股関節の外側が痛くなねだろうな・・・

 

あと何年かしたら左の内側側副靭帯が痛くなるだろうな・・・

 

みたいなのがまるわかりでした。

 

 

そしてその方たちに対して今、どんなアドバイスをすべきか・・・・今できるアプローチは何かも同時に考えていました。

なぜ、その状態になっているのか・・・

それは原因なのか。現象なのか・・・・・

 

そして、そのあとあったエアロのイベントSKIHI

実はこれも見させていただきました。

インストラクターとお客様の動きの違い・・・なんであの方は半回転間に合わないんだろう、

なんでいつもあそこで動きが止まるんだろう・・・

 

そしてあのまま動き続けたらあの肩の不調はどこに出るかな・・・

 

さらに良くするためにはどうしたらいいかな・・・など。

 

 

もし、インストラクターがレッスン提供しながら、上記のような点に気付き、先にそこを見越してインストラクションできたら最高です。。。。。

が。。。。

 

多分、本来はできほしいけど、

 

そこに視点がある指導者は少ないのかも・・・

伝えたいことが違うから・・・。

何人かいてくれたらうれしい・・・・。

 

でも別にそれはそれでいいんです。

いろんな視点の人が集まって様々な価値観があるから楽しいので。

危険にさえさらさないでほしい・・・。

 

逆にチャレンジングなレッスンがあるから、みんなをワクワクさせるし、モチベーションも上げる・・・そして、わたしみたいな、感覚のものがそこもやりつつ、ちゃんとからだのことを伝えていくことする・・・

 

できれば後者のインストラクターを増やしたい・・・

 

そして、もし増えないのであれは。。

 

 

愛好者様自身が、もう少し、

 

知る

ということかできたらいいなと最近は考えます。

 

自分の身体を知る。

自分自身を自分が理解する

 

ブレーキも掛けられるし、挑戦もできる・・・ストレスなく

いつまでも楽しいことをやり続けられるからだと心を自分自身がしっかり持つ。

 

私はそこをこれから伝えていけたらと思っています。

一般愛好者様向けの、すごくわかりやすいからだの仕組み、栄養学、そして、からだのストレスなく使うためのアプローチ方法・・・

 

今回、私に身をもって見せてくれた70名の

お客様の皆さん・・・ありがとう(笑)

みんなの身体・・・・私の中にインプットした!ふふふふ

 

 

ボディリマインドで一時間、ウエスト-10センチ!

こんばんは

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

 

苫小牧市内でfitnessroomボディリマインドという小規模のスタジオをしております。

そこでからだジャンプ®(トランポリンエクササイズ)をしたり、ピラティス、ヨガをしたり、ストレッチしたり、パーソナルトレーニングをしたりしています。

パーソナルトレーニングは、その方の取り組む目的(専門スポーツ)によって、からだの使い方を習得するトレーニングをします。それ以外に、からだの不具合を見つけ出し、その原因を様々なアプローチで解消していくパーソナルトレーニングもします。

先日、来てくれた方は

なんと帰宅してからウエストが10センチも細くなっていたそうです!

激しいエクササイズは何もしていない・・・

筋トレという筋トレは何もしていない。。

 

固まってる部分の関節が動きやすくなるようにその周辺筋群を伸ばしたり、その中のインナーマッスルを起動させるような簡単なアプローチをしたり、呼吸と動きを連動させたり、

 

そして大腰筋をしっかり使えるように股関節周辺のアプローチとして、背骨をきれいなS字になるようにアプローチしました。

背骨をきれいに整えて股関節周辺を機能させただけでした。

 

身体がつかれたまま、固まったまま、トレーニングをしていたらしく、そのままだとトレーニングすれはするほど、悪循環になってしまったりします。

姿勢が悪くなったまま行うから、カタチは崩れて、関節に負担がかかる・・・結果ケガをする

 

からだを絞めたいなら激しいトレーニング!

 

と想いがちですが、そうとは限りません・・

 

まずは身体がちゃんと動くように、固まっているところはほぐし、緩め、整えていかないと

どんなエクササイズ、トレーニングも効果は出ずらい

 

そこは一人ではきっと無理です(笑

 

そこを私がちゃんとサポートしていきます。まずは私までご連絡ください。毎日毎週できなくても月に一度くらいはご自分の身体をしっかりメンテナンスしませんか?

 

美容室行くのとおんなじですよ♪それよりも大切かも・・・・♪

挑戦するということ

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

私が大好きな、リスペクトしてやまない登山家の栗城史多さんが、エベレストで亡くなりました・・・。http://www.kurikiyama.jp/

 

熊本からの帰りで知った・・・ショックでショックで、昨日も今日も頭の中を駆け巡っています。。

その生き方、その志が好きすぎて、会いに行きました

 

会いに行って、自分のイベントに講演しに来てほしい…という話すら関係者に出してみたりしていました。

彼の講演を聞きました。彼はおんなじ北海道人。年齢も近い(私の一つ下)

 

彼の登山のきっかけはすごく軽いもの。

え?それがきっかけ?というようなもの・・・

 

そこから今に至ります。

彼の講演を私は旦那と聞きに行きました。

そこで自分の夢を口に出すという時間があり、私は旦那に自分の夢を伝えました。

 

そして私はそこで初めて旦那の夢を知りました。

 

旦那はそのあとその夢をかなえました。

 

 

もちろん私もかなえました。

人は漠然と何かにあこがれを持っていたり、きっかけがあって、これをしてみたい!という想いを抱くことがあります。

でも今の自分の能力を考えたり

今の自分の環境、

そして周りからの声、

 

やったことないこと。。。リスク。。

 

なんてことを考えると、一歩踏み出す勇気が持てない

動くことで批難する人もいる

そんな無理だよ・なんであなたがそんなことやる必要あるの?

 

もっとやれることあるでしょ?

 

どうせ無理だよ

 

そんな声が出てきます。

 

だけど、強い気持ち、少ないかもしれないけど、応援してくれる人、

一度しかない自分の命

そこにかける想い、、、その先の未来

 

一歩踏み出す・・・すごく勇気いるけど、踏み出す、

踏み出すと見えてくる。。。

 

でも失敗することもある、毎回、毎回、うまくいくわけではない・・・

 

失敗すると『ほらね?だから言ったでしょ?』と言われます

 

失敗から学ぶものがあること、失敗したそのもの以上に見えてきた部分が何倍もあること

そこをわかっていれば、自分に何ができるか、何をすべきか

 

を見つけるために様々な取り組みをする勇気を持つことができ、それを行動に移すこともできる。

 

今回、熊本ツアーで二つの挑戦を内容に入れました。

 

からだバー®2級講習会、からだジャンプ®1級指導者認定講習会

 

普通にレッスンに参加していれば受けることはできるプログラム

それをさらに深く学びたい、知りたい、習得したい・・そうすることで何かに活かしたい。

 

自分のため

家族のため。

 

地域のため。。。。

 

人は自分のために生きることが 原動力になる人もいれば、

誰かのために生きることが原動力になる人もいます。

 

どちらでいいと思う。

 

思った後に行動に移すかどうかが、人生の幅を持たせる・・・。。

 

そんなあなたの生き方が人に勇気を与え、元気を与えることもある。

 

栗城さんのように私も、進み続けたい・・

 

栗城さん・・・亡くなっちゃったのはダメです・・・。山で死ねたら本望と思う人もいるかもしれないけど、本人はきっと悔しいはず・・・。

指を9本失っても、挑戦した彼なんだから、悔しいはず・・・

 

彼の分も…。なんて大きなこと言えないけど、未来のために今何を選択することがベストか、をちゃんと考え、生きていこうと感じました。

 

栗城さん、ありがとう・・・天国でエベレストを上から見ていてください。

熊本の皆様、今回も様々なレッスンご参加いただきありがとうございました!

緒方さん

徳山さん、

サポートありがとうございました★

そして今までからだワーク協会で1級2級を受講してきてくれたたくさんの皆さん、

 

皆さんの勇気と行動に拍手・・・そして、そこから、活動を始めたり、誰かのために生きていたり

自分自身がキラキラ輝けている方・・・・

あなたは素敵です。

 

全国各市区町村に頼れる運動指導者を。。。

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

明日から熊本に伺います。

毎週末、今は地方に行かせていただいたいます。

以前はイベントレッスンの一コマの担当プレゼンターとして呼んでいただいたりして地方に行っていました。

そこにやりがい、ステイタス、自分の存在価値を感じていました。

伝えたいことは自分の発信するコリオだったり、雰囲気だったり、みんなとの 一体感だったり感動だったり・・・。

もちろん、今でもその取り組みはしています。

 

 

し、そうゆう取り組みもお客様のニーズとして存在していますので、そのためにしっかり取り組んでいるインストラクターさんもいますし、やり続けていくといいと思うのですが・・・

その先に何があるか・・・・なんのためにそれをしているのか?

 

を自問自答するようになってきました。

自分たちが発信した内容によってケガをさせてしまったり、翌日、脚、腰を痛めてしまったり

からだを使えないまま、コリオに合わせようとして、無理な動作をさせてしまい、感動どころか、からだに支障が出てしまう・・・そんなのを今でもよく見ます・・・。

 

すごく悲しい・・・

 

すごく残念・・

すごく罪悪感・・・

提供している人はなんとも思わないのかな?と思ってしまいます。

なんのためにそれを提供しているのか?誰がどうなってほしくて、それをえらんでいるのか?

 

ちゃんと考えていくと、最低限知っておきたいこと・・指導者として頭に入れておきたいこと、知識、、があると思います。

知識は、学べば身に付きますが、身についているかどうかは

 

実際に提供してみて、その方にちゃんと伝わって結果として反映されているかどうか見てみないと身についているなんてなかなか言えない。。

 

学んで満足・・・というのがありがち。

 

知識は活かすことで知恵となります。

学んで活かす。。そのために今は

からだバー®、からだジャンプ®というツールを開発し、育成し、全国各市区町村に頼れる運動指導者を作るという取り組みをしています。

私たちの心と体は私たち自身の意識で変わる

 

 

本当のこと・・・②

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

 

前回の続き、そのみんなで作る楽しい空間・・・

そこがたくさんの方の演出により、今やいろんな選択肢ができました。

自分もその一人。

 

たくさんの提供する人が増えてきたけど、参加する人は実は結構おんなじ人ばかり・・・

 

健康な人を増やしたい・・・・はずなのに

健康な人はどんどん動き、動きすぎ、偏りが出て、傷んでしまう・・・

 

健康を損ないそうな方にアプローチしきれていなかったり・・・・。必要な人、待っている人に届いていなかったり・・・

 

フィットネスインストラクターは数は増えるけど、同じお客様にアプローチかけている気もする

 

 

そうじゃない人ももちろんいます。

 

むしろこれからはそうじゃない人。。。

今まで届かなかった方たちへアプローチできる人たちを増やしていきたい。

 

経験なんて最初はない。当たり前です。

 

ゼロから一緒に取り組み、その方のやり方、その方のペース、その方のフィールドでその方ができる健康のアプローチをサポートしたい・・・。

 

環境づくりとして今自分がしたいのはそこです。

 

そして、最近、やっと学ぼうと思えたこと・・・

 

今まで自分が体感してきた こと

身体に起きている変化・・・

 

 

私の周りの大切な人たちに起きているからだの変化・・

 

そこを理解し、次に進むために学びをまた始めました。

ベースはだいぶつかめてきた。

今度はそこから、からだがどう動いていくことが、いい状態・・・ほかに負担をかけず、

長く維持していくコツなのか・・・

 

そしてそのためのコンテンツ作りをしていきます。

 

何かを作るのは大変・・・

 

 

ここ2年・・・ずっと作ってる・・・・

 

だけど頭の中にはずっと皆さんがにこにこいつまでも笑いながら楽しくからだを動かしている姿が浮かぶ・・

 

だから大変でもできる

 

とゆうか

 

やらなくては・・・・と思う。

 

 

みんな、・・・・・みんなね・・・自分にできることは何か・・・

考え生きていけたらいいと思う。

非日常空間は楽しいけど、実は危険も伴う・・・

 

私は非日常空間も作りたい

 

だけど、ほんとはそのままではもうみんなが危険なのもわかってる。

 

知っちゃったから・・あとはやるしかない・・・

 

黙っているのは罪になる・・・自分に嘘をつきたくない・・

 

 

人が痛い、、(>_<)って言ってるのみたくない・・・泣いてる姿、落ち込んでいる姿は見たくない・・・・。