「からだワーク協会講習会情報」カテゴリーアーカイブ

各地に指導者認定講習会をしに行くワケ

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人

の健康をまもる木田ちゃんです

北海道苫小牧市にずっと住んでいますが

インストラクターになって18年
一番感じていたのは

 

学びにいくことへの障壁でした

もちろん主婦ですし
いまでこそ子供たちはもう大きいので
私が4.5日いなくても

旦那と息子二人でご飯作ったり
家事をしながら

私がいる時よりも

楽しそう?(笑)

 

に生活していますが

まだまだ子供たちが小さかったころ
何かを学びたい

何か取得したい・・

 

そんな時東京、関西まで学びに行かなくては
行けませんでした

札幌で開催することもありますが
スケジュールが合わない

北海道は特に

広すぎで交通機関が少ないため
車で5時間移動なんてこともあります。。

これだと
指導者を増やそうにも
増やせない・・

 

どうしたらいいだろう・・

苫小牧でフィットネスを盛んにする

その取り組みはフリーになって
8年かけてできてきた

 

行政とできたパイプ、
講座などの認知

教育団体からの依頼・・

繋がりはできて
依頼も出始めたのに
人材を育成する人がいない

 

 

あ!

そうか・・・

 

なればいいんだ!

作ればいいんだ!

そのタイミングでからだワーク®協会が発足
からだバー®
からだジャンプ®の

展開がスタート。

 

その当時実は、某フィットネスクラブから
クラブスタッフ向けの研修業務や
プログラム開発の依頼の話も

在りましたが、

 

クラブ外での育成の方・・

まだ見えてない道の方を

選択しました。

 

 

苫小牧でからだバー®の1級講習会を開催し

取得した
まだインストラクターとしては駆け出しの
人材を育て

今は

からだバー®をはじめ
それ以外の学びも自身で取り組み

仕事の幅を広げて

活動しているインストラクターがいます。

 

都会では
クラブがあふれ
ブログラムがあふれ、

人材もあふれています

 

私は自分の置かれた環境を糧に
同じような環境にいて

想いはあるけど一歩踏み出すには

障壁が高い・・・そんな思いをいだいている
インストラクターや

運動指導に興味がある方の

 

力になりたい!

一人しかいないから開催しない

 

そんな講習会がほとんどです

最少催行人数ってどんな講習会でもあります

 

でもそのたった一人が
ものすごく頑張ってたくさんの方を
健康にする、人生を変える人になるかもしれない

 

いや、

その人自身もすでに人生をかえる一歩を
踏む決意をしている。。。

そんな思いに応えたい・・

 

だから
小さな芽を踏みつぶさず
ちゃんとその目を大切にし

水をやり
目が出て

大輪の花を咲かせられるように

 

全国各地で
声を上げてくれたかたのもとに行きたいと

行く行動をしようと決めて活動しています。

何かに挑戦しようと思う気持ちに
ストップかけさせるのは
ホントにもったいない

 

だったら
その気持ちにそぐうように
私も決断し行動する!

運営は正直大変です( ;∀;)

赤字になることもそりゃありますです(*_*;(笑)

 

でも、

 

それ以上の報酬が必ずある

そしてその時の投資が必ず
かえって来る

それは受ける側も伝える側もです(^^♪

 

ちゃんと世の中は循環する・・
循環させるためには
稼働させる!

これにつきます

開催できないと決めるより
開催できるようにするにはどうしたらいいか・・

を考えて

講習会をちゃんと企画します。

 

今私自身は
グランドマスターとして
からだバー®
からだジャンプ®の講習会を

全国各地で開催しています

https://karadawork.jp/training/

ほかにからだワーク®協会では

からだコトバ®
からだカラー®

があります。

他ではない

完全オリジナルのプログラムです。

 

海外輸入ものでもなく

現在
運動指導している現場で活動中の
インストラクターたちが

 

リアルな立場でお客様のニーズに応えるべく

作り上げた4コンテンツ

 

私はからだバー®をし始めて
ラテンの動きが変わり
ウエストというものが出てきました(笑)

 

からだジャンプ®をし始めて
反張膝が改善し始め

周りの参加者様は
姿勢がよく、細くしなやかな
締った筋肉が付き

スキニーパンツが似合うお尻に
なりました

だから

私は伝えたい

伝え続けたいし、ほかにはない
この身体の変化、感覚をより多くの方に
知ってもらいたいし

 

取得した後、
毎月動画で教育継続プログラムが

配信されるという

このコンテンツの良さを

 

知ってほしい

 

 

取って終わりじゃない

活かし方が分かる

 

それが他にはない
からだワーク®協会のつよみです。

今月は埼玉
来月は岐阜でからだバー®講習会を開催します

是非。ぜひ、、ぜひ。。。。

インストラクターの方に受けていただきたい・・・

よろしくお願いいたします。

 

 

 


小さな町から日本中に響かせる

苫小牧市民17万人
日本国民1億3000万人

の健康を守る木田ちゃんです

苫小牧は17万人都市で
小さな町です。。。

フリーランスになったころ
る―名刺を配って歩いていたら
こんな方が苫小牧にいるんですね!

今まで運動の講師は札幌や東京から呼んでいました

とびっくりしていました

 

私は何の躊躇もなく
これからは私に全て連絡ください!

 

と言ってしまった・・・(笑)

 

いうことだけはデカい私です(笑)

内心ちょっと焦った・・(笑)

 

内容はまだ何もないや・・・( ;∀;)
そこから7年デス・・・・。

小さなこの町で作り発信していこう!

と決めて何の躊躇も遠慮もなく
やったもん勝ち!と行動しています(笑)

失敗は恐れない・・
失敗したらその時、検討材料として考えます。

失敗の方が多かったけど・・・。(笑)
でも失敗するということは
それだけ次のステージ、新たなステージに挑戦しているってこと!

っていう究極のポジティブ♪

来年、苫小牧では
健康の取り組みをたくさん開催します。

裾野を広げていく取り組み・・そして
指導者を増やす取り組み・・・

やりたい!という声があるわけじゃないけど
挑戦する場所がここにあるんだよ!

貴方もできるんだよ!と

出さないと動き出せないですよね!

 

貴方の人生の挑戦を一緒におうえんします!

 


北海道の広い地域に簡単で効果的な運動を伝える仲間を増やしたい!

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

聞いてください・・・
本当に今、命を懸けて伝えたいことがあります

 

命を懸けてというと大げさに聞こえますが
もし、

私が明日いなくなったとしたら
私しか伝えていなかった身体の大事なこと・・・

もう伝える人がいなくなる・・

これは今主語が私・・になっていますが

お医者さんはいるのに

身体の使い方を伝える指導者が少なくて
焦っています

フィットネスクラブにしかそんなプロがいないのは
まずいです

 

フィットネスクラブに通っているのは
100人の中で3人です・・

まずいです・・・・

やばいです・・

予防医学の一つとして
運動をちゃんと取り組まなきゃ・・

太ったから

食事制限・・

 

それだけじゃダメなんです

身体は動くことで機能が保たれます
作ったからだは、動かさなきゃダメなんです・・

そこで皆様に力を貸してもらいたい

踊れとか
テンション上げて

とか
腰をふれとか
そんなことは言いません・・・

難しいステップしてとか

リズム感とか・・・そんなこと求めません。

 

北海道のみならず
昔運動をしていて、今、何かしら運動のコーチ
をしている人って

いますよね?

お父さんコーチ、お母さんコ―チ。。

あとはコミュニティなんかを持っている方
運動が好きで
なんかのサークルに入ったりしている方

 

貴方のそのパワーを
皆にちゃんと形として伝えていただけませんか?

方法、手段があります。
貴方のその力で
たくさんの方が健康になるのを

私は応援したい

 

貴方の力を貸してほしい・・・

出張で都会に行くとスポーツクラブの多さにびっくりします

人口密度高いから仕方ないのかも

 

でも北海道も動ける方はたくさんいます

施設に頼らず
個人で動くことはできると信じています

 

12/28に北海道の中心
旭川でからだバー®の指導者認定講習会を
開催します。

何かの指導をしている方
ぜひ力を貸してください

 

北海道を。。。日本を。。。
貴方の住む地域を・・・

大切な人の健康を一緒に守りませんか?

からだバー®講習会


私がからだワーク協会をみんに知ってほしい理由

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです。

今、現在
一般社団法人日本からだワーク協会
の理事の一人として

協会の発展、そして各指導者への
教育コンテンツのための
準備など

尽力させていただいています。
以前ブログで理事になった時に
こんなことを発信していました。

命をかけて取り組みたいと思えるもの

なんでこの協会をみんなに知ってもらいたいか・・

ブログラム内容の良さ
教育システムの充実、
それらももちろん力を入れているので

大事な部分ですがが、

資格を取って終わりではなく、
人間としての成長を加速させてくれる

様々な取り組みがあること

こんなにアフターの充実がある協会は
他にない自負しています。

 

そもそもの協会の目的
ミッションが

人間としての成長だったりするからです

プログラムや指導者としての成長が
ゴールではなく

人として魅力ある人材でありたい

との思いが山田代表はじめ

私たち理事や
他のマスターたちにも行き届いています

 

もちろん楽なことばかりではなく
時には自分に課す気持ちで

力以上のことをする必要がそれぞれに
求められたりしますが

あくまでやるかどうかは自分次第

 

だから
まだまだ4年目の伸びしろたっぷりな協会ですが

パワーをつけたい魅力ある人材が自然と集まる
協会でありたいし

そんな人に来てほしい

 

と感じます。

 

 


なぜからだバー®の効果がすごいか知ってる?

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康

をまもる木田ちゃんです

 

筋トレ

筋トレ

筋トレばかりしてません?

筋トレが悪いわけじゃないんです。。

筋肉って大事ですから(笑)

筋肉がないと動かすポンプがないから。

筋トレしただけで満足してない?
何のためにしてるの?その筋トレ・・
そこに筋肉つけなさいって言われたから・・・・

その場所が脂肪が多いから・・

そこを細くしたいから。。
ですよね?

身体を動かすのは
筋肉インナーマッスル、アウターマッスルですが
そのからだの使い方を知らないと

筋肉でからだがガチガチに固まるだけに
なっちゃう気がします。

知っての通り
私はNO筋トレ

もう4年以上していません。

だけど
普段からだをしっかり動かしているので
筋肉は自然に維持されます

 

しっかりうごいていない方
動けていない方が

筋肉だけ付けたら

 

どうなる?

鎧で固めて
動きが固くなっていくだけに
なっちゃうかも・・・・・(;’∀’)

インナーマッスルがないままだから
軸がずれて状態で

重い負荷をかけた筋トレで
アウターだけ付けたら・・・

どうなる?
関節の中心がずれたままアウターで
動かされて
関節に痛みが出るかもよ・・・?

 

からだは緩めることと
絞めること

 

の両方が必要です。

緩めること
そしてからだがガチガチなら
ほぐすこと

そして最後は締め上げる。

 

からだバー®はからだを

ほぐす

伸ばす

締め上げる

 

の3つの要素もしっかり盛り込んでいます。
緩めるに関しては私は今
スーパーストレッチを独自で展開しています。

からだバー®一つで
ほぐして
伸ばして
締め上げるから

必然的に姿勢はよくなり
身体の使い方は劇的に変わる!

パーの力を借りることで
自分一人のストレッチでは限界なところも

乗り越えられる!

だから
いつも声を大にしてみなさんに伝え続けいます。

なんども言います!

私はからだバー®を始めた4年前から
今までNO 筋トレです

今日はこれから
からだバー®1級講習会です

また伝わる!
みんなに伝われ!

 


37年かけて培ったものを8時間で伝える

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康を守る

 

木田ちゃんです

昨日は
青森でのからだジャンプ®1級指導者認定講習会

でした。

青森は過去2回行きました

 

短命県とは思えないくらい

フィットネスフリークはアツく🔥

ただ、冬場、外に出ない方たちは
引きこもってしまいがち・・・

 

そんな方たちには

これからはフィットネスも手を差し伸べて
行きたいところ・・・

北海道も同じ・・・
北国は冬場、外にでない・・・。

大人も子どもも・・。だから
体力の低下が叫ばれます

 

大自然があっても
その大自然が猛威を振るうので

手も足も出ない・・・( ;∀;)

だからこそ、
からだバー®、からだジャンプ®を広めたい地域

ってあるんです!

 

からだジャンプ®は講習会を開催するたびに
私自身、

じぶんの根本に返ります。

 

初心にかえるというのは正直

難しい・・・。
はじめては一度しか体験できないから・・・・

 

いくら思い出してもそのころの感覚とは
経験がふえて、
もう違うから。

だけど根本を見直す、見返すことはできる

わたしがトランポリンを使って
新しいプログラムを
作ろうと思ったのは
なぜだっただろう

 

誰のことを考えて、
誰がどうなってほしくて考えただろう

 

これを提供することでわたしの心やからだ、
環境はどうなるだろう

 

沢山の想いを
カタチにするために
過去の経験、、
過去の努力、

過去の学び、
をすべて入れ込んだ

それをカタチにしてのが
8時間講習会

8時間で
からだジャンプ®のノウハウだけじゃなく、

指導者として

とか

 

解剖学的な視点とか
メンタル的な視点とか

ホスピタリティとか
コミニュケーションとか

パッションとか

動作スキルとコリオグラフィだけじゃなく

沢山の37年の過去の得たものを
わずか8時間で伝えます。

 

37年間かけた得たものは
きっと37年かけなきゃおんなじ風に得ることは
できない

これはほかのマスターたちも一緒

 

ある程度の基準はありますが、
そこを伝えるためにはその人が
生きてきた分の人となりが

そこに加算される

 

それを

8時間に集約してわかりやすく

簡潔に
みんなが活かせて

ちゃんと提供できて、

結果も出せる・・・・

 

そこまで来てはじめて
私たちマスタートレーナー

が学んだことを伝えられた

 

私がグランドマスターとして
形を作ったもの、
そこに至るまで学んできたこと
が活きた・・・

 

となります

 

資格は取って終わりではない

 

実践して終わりではない

その結果誰かほかのヒトの幸せを
見て、感じて

自分が次のステップを踏んで

そこから始まる気がします

 

 

8時間。。本気で伝え・・
8時間本気で向き合い取り組んだ
同志に

賛辞・・拍手・・

そして感謝です

 

 

 


想いもよらない効果

苫小牧市民17万人
日本国民1億3000万人のけんこうをまもる

木田ちゃんです。

この土曜日、

日曜日は

ねぶたで盛り上がる青森県青森市の

 

青い森のBE(美)魔女スタジオの美魔女の皆様に

からだジャンプ®のブラッシュアップを伝えてきました。

飛行時間みじかっ!通える♪(笑)

 

3時間の短い時間ですが、
からだジャンプ®の基本を見直して

そこから引き出しを増やすべく、

変換要素をどう使うか・・・
をたたきこむ

 

どうしても

いつものレッスンだと

 

いつも通りの動き

になりがちです。

やりやすいほうに行く

 

 

ストレッチもなんでもそうですが、
どうしてもからだは動きやすいほうに

行ってしまいます。

自分のキャパへ広げるには

いつもやらない方を

あえてやる!

 

いつもと違うことをやってみる。
それが新たな自分を作り出す。

もちろんそれは楽じゃないし

やりづらかったりします

でも自分の壁を超えるには
ある一定の強制感が必要だったりします

やっぱり一人だと楽な方に行っちゃうから・・・

 

そして
その方法をお伝えし、
活用できるように実践し

身につけた3時間

 

一回身につけたことを
実践したうえで

もう一度聞くと

捉え方、しみこみ方が変わる!

 

ブラッシュアップってすごーく大事♪

そして、からだジャンプ®の楽しさを伝えたくて
運動が苦手な方でも取り組みやすい・・・

 

とか、踊るのが苦手・・
でも汗がかける

 

みたいなのを
伝えたくて提供したのに

膝の調子がよくなってきた

痛みが減少してきた

人によってはできなかったことができるようになり

生き方が変わった・・

という声まで・・・・☆

 

これはまさに想いもよらない効果☆

もちろん万人がその効果を期待できる
わけではないから

それを表の効果として出すことはなかなか難しいけど、

そんな効果を聞くのは指導者としてはとてもうれしい♪

からだジャンプ®やっぱりすごい♪
まだまだ広めたいよ~


命をかけて取り組みたいと思えるもの

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

 

日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

この度、
一般社団法人 日本からだワーク協会
理事に就任いたしました。

正直、理事・・・なんていう言葉は
生きている中で自分についてくる言葉では
ないと思っていました。

個人で活動してるので、
・・
スタジオオーナー
先生

とか、

そうゆう言葉は出ても、

 

何かの団体の理事になるということが
自分の中では想定外でした。。。

 

が、、、、

からだバー®、からだジャンプ®の
開発、人材育成を始めて4年目

先日のスポルテックでたくさんの方の
良い反応を見たり

お声をいただいたり、

 

何より

全国各地で活動してくれている
1級指導者の皆様の頑張りや

その活動によって喜んでくれている
沢山の参加者様の笑顔を
SNSなどで見た時。。。。。

 

もうひとりのものではなく

その方たちの未来を創っていきたい

という想いがより強固になりました。

 

こうゆう発信をすると
苫小牧離れちゃうの?とか
もう、レッスンしなくなるの?とか

パーソナルで個別に見てもらえないの?

という心配の声をいただきます・・。

 

大丈夫!

私にとって、すべてが木田麻美です。

木田ちゃんの時もありますが、
何一つかけてはならない

今の私をつくるもの

であり

 

全てが大切なものであります

ある一方のために学んだもの、
得たものは
逆側の一方の取り組みにも

絶対活きる

 

いや活かす

 

3年間で全国各地に
からだジャンプ®、からだバー®の指導者を
輩出し

その方たちに対しての
ブラッシュアップや、
参考動画の配信を毎月提供しています

 

毎月皆様に直接何かを提供できなくても
間接的ですが、

確実に形を作って目に見える成長ができる
コンテンツを作っています。

私自身ももとはただのインストラクター

 

そこから、
バー®、ジャンプ®を実践し、学び

理論立ててきています。

 

自分自身が学んだことは
必ずすべて皆様に伝えようと思っています

 

独り占めする気はありません。
健康未来へのそれぞれの取り組みが
必ず身を結び、
より多くの皆様の笑顔につながるように

安全で、安心で、効果的な

素晴らしい協会になるよう・・
繋がるみんながキラキラ輝けるよう

理事として
代表の山田さんをしっかりサポートし
もう一人の理事の中島さんと協力、理解しあいながら

 

尽力させていただきます。
なにとぞよろしくお願いいたします。

 


一人はみんなのために・・みんなは一人のためにではない

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

スポルテック2019に

からだワーク協会が初出展しました。

からだワーク協会のメンバーは
4年目に入り、より洗練された仲間が
今のチームを作っています。

 

会社ではありません。

なのでトップダウン方式ではない

もちろん最初は何もないところからスタートしたので
こうしてみてほしいということに対して
まずはそのまま

やってみる

 

できないようなこともやってみる

一度やってみたらそこからケーススタディが生まれ
気付きが生まれ

何が必要か、
何をしていくべきが見えてくる

 

そこへのたくさんのハードルを
越えられず、マッチしなくて違う道を
進んでいく人たちもいました

 

その人たちは消していけないわけではなく

ただ進む道が違うだけ。
より自分に合う道を選んで次に進んで
行きました。

私たちがそこでできるのは次の道を応援すること。

 

今のこっているメンバー

特に初期からのマスタートレーナー
今のグランドマスター陣は

ここに至るまでたくさんの波を越えてきました

何回泣いて、何回辞めると言って

何回、笑って

何回励まして

 

私は最初のころ・・・ものすごい雨、やり、風、を
うけた・・・今ではいい思い出です

 

 

それが自分の役割だから。。。
と腹を決めていました。

昔、
イタリアに行ったときに
ある方に

貴方はジャンヌダルクね

と言われたことがありました。

 

最後は民衆のために
自分を武装し、先頭に立ち、進み
最後は火あぶりの刑に処されたジャンヌダルク

そんな自分の役割というのを
みんなそれぞれが感じ、

 

そこをみんなで認め合い、
相手を信じ、委ねる

それができ始めたのはこの半年くらい

 

そこから、なんだかみんながより一つになり
動き始めていました。

からだバー®は特に何もなかったので
作る作業にものすごい知識と労力を注ぎました

それをみんなが納得するように

理解できるように
実践に実践を繰り返し、
理論をつけ、

ヒトの手に渡るようにしました。

そうしたものを言葉にし、
文字にし、
計画を立て、

世に出す・・

 

そこをがっちり行っていただいたのは
山田代表

どちらか一方だけが頑張ってもダメ

どちらもそれぞれが役割を自覚し
全うすることで
他の方も使えるものになる

他の人に渡ると更に素晴らしい形に変わる

 

その過程を見てきたこの3年

 

スポルテックの出展が決まり
ぎりぎりの準備でみんなワタワタでした。

私は以前ラディカルの方でブース出展のお手伝いを
していたことがあり、

どんなものかを知っていたので、

初参加の方たちの不安をぬぐうために
人肌脱ぐ覚悟を決めました。

 

ブースの雰囲気は外から見たらすぐに伝わる

ブース内よくないものは

ブースの外から見たもよくない

 

ブース内が一つになっていたら
ブースの外から見ても

一体感があるものになる

私はまずチームのみんなのやる気スイッチと
不安なんて感じないスイッチ
自分に自信を持っていいんだスイッチを

ONにするところからスタートしました。

 

なんでそこまでできるの・・

 

 

そこまでできるんでしょうね

他の皆さんの頑張りもそう・・・
なんでそこまでできるんでしょうね

 

わたしは4日間来ているので
ホテル、飛行機、代行分・・・考えたら
ものすごい金額の投資・・です

 

きっと価値があるし、

まさに未来への投資・・・なんでしょう

 

なんでそこまでできるか・・
そこにはちゃんと一つの目的があるから

そして、みんなその目的が明確にできていた

進み方は人それぞれだけど、目的は明確

一人はみんなのために、みんなは一人のために

ではなく

 

一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために

が正解です。。

 

 

素晴らしいチームになりました。
続く・・・

 


自分を信じる・・・それが自信になる

苫小牧市民17万人
日本国民1億3000万人のけんこうをまもる

木田ちゃんです

土曜日と日曜日は

砂川に行ってきました。
砂川ではからだバー®1級講習会

そして2日目は

千石なつみインストラクターの
サークル2周年を記念してのスペシャルレッスンとして・・・

からだワーク協会のからだバー®からだジャンプ®は

2級を取得すれば、
そのあと1級を受けて合格となることで

運動指導者ではなかった方でも
指導が可能になります。

もちろんインストラクターとして。

 

ただ、8時間やそこらで完璧なインストラクター
なれるわけではありません

8時間の中で身につけるにはどのようなトレーニング
したらいいかの方法を学び、
適正かどうかを見抜き
合否をつけていきます。

そして実践しながら
成長するのです。

今までもそうでしたが、
現在愛好者として、からだバー®を受けていた方

またはからだジャンプ®を受けている方
がその良さを身をもって感じ、
これをより多くの人に伝えたい!

 

という想いで、
取得に来てくださいます。

これはものすごくうれしい

 

そこに年齢、性別、バックボーンなんて
何も関係ありません。

人によっては

試験なんてするのが30年ぶり・・

とか、
違う分野では
教育する側なの

生徒側として取り組むことが
ものすごく新鮮なのと、
勉強になる・・・と。

いう方もいます。

 

そもそも最初から皆さん、自身なんてない(笑)

自信がないから自信をつけるために
学びにきます。

そして、

自分は大丈夫だ、これでいいんだ

と自分に納得して、受け入れて
自分を信じることができて
はじめて自身がつく。

 

 

最初から自身があることなんていません
出来なくて当然・・

 

そして知らなくて当然なこともいっぱいある

 

見ようとしないものは見えてこない

見ようとして初めてしることができる

 

だからできないこと、
知らないことが悪いわけではない。

立場や環境が人を

指導者になるということはそうゆうこと

今まで
わたしより一回り以上、上の方まで
養成させていただきました。

 

久しぶりの勉強で
全然頭に入らない

覚えるのが大変・・

 

わかります・・

8時間見ているとその方の
しぐさ、目の感じ、
声のトーン

そして雰囲気が少しずつ変化してくのが

わかる

 

 

それに伴ってメンタルの波も激しく訪れる

私は、相手がだれであろうと
からだバー®、からだジャンプ®の指導者に
なるのであれば

しっかり厳しく伝える部分もあります

それが動作であるときもあるし、
時に思考、マインド、在り方、などの時も

ある

 

もはや、からだバー®やからだジャンプ®という
コンテンツを通して
その人の人間磨きになっていくんです

強い部分、弱い部分が露呈してきます。

自分の中の潜在部分に自分が気付くことになり、
自分自身に向き合う時間になる

 

自分にはこんな強みがかあったんだ!
と新たな自分の魅力に気付く時間にもなる

 

そんな講習会になります
そして今回も再受講の方が一名と
2級から1級を取得にきてくださった方。が受講者

 

ご自身がからだバー®を受けて
これは価値があるものだと感じ

自分の時間、労力をそこに注いで
ヒトに伝えていきたいと

来てくれました

とてもうれしい✨

まさにそれは挑戦です。

 

だから、私も全力で向き合いました✨

受講いただいたかたも

しっかり自分に落としこむように

ものすごい集中力!!

 

最初は自信がなかったようですが

指摘を受け入れ

 

 

取り組んでいき

8時間でとても進化しました✨

 

感動でした✨

 

自信なんて最初からあるものではなく

向き合い、取り組み、

自分を信じられるようになって

 

実践して初めて自信になる✨

また一人からだバー®️の素敵な指導者が増えました✨✨✨✨