「キッズアスリートフィットネス」カテゴリーアーカイブ

体育がなくなる・・子供達どうなる・・

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の

健康を守る木田ちャンです

私が子供達の運動能力を懸念して
立ち上げた

キッズフィットネスサークル

 

コロナ渦に置いて泣く泣く解散してしまいました

 

 

 

子供達は昔の環境と比べて
豊かな日常になり

からだを使わずして生活できるようになってしまったため

楽に生きられる様式に慣れてしまった

 

だから

本来の身体の機能は使われないまま

 

そのまま中学、高校とあがって専門スポーツに入った時
無理にからだを動かすから
怪我をしてしまい

メンタルも病んでしまう・・

 

バスケ部にトレーニング指導に行きましたが
ウォーミングアップの捉え方を
変えていかないと

指導者がちゃんと子供達の身体のことを把握しなしと
選手生命を縮めてしまう

子供の可能性を
伸ばせずに終わらせてしまう・・と言うことをひしひしと感じました

 

 

東胆振の地震が起きて
苫小牧の隣の町

厚真が被災した時

直ぐに子供達の避難所に行きました

自由を規制され
のびのびと生活できない
大人達のイライラを間近で感じている子供達は

みんなメンタルが崩壊寸前だった

協調性や自己表現などが
うまくできない

自立神経失調してしまう・・・

この時に
心と身体のつながりをとても感じました

 

きっと今のコロナはもっとひどい

学校で体育がなくなりました
オンラインで体育ですって・・

テレビでラジオ体操をオンラインの体育授業で
伝えているのをみました

 

オンラインで運動を伝えるのはいいけど
ちゃんと何をどう伝えるかが
把握できているだろうか・・・

以前、中学校の体育のダンス指導に行った時に
一時間の授業でエグザイルのライブDVDを観せる

という授業がありました

 

いやいやいや・・・

それ、体育❓笑

 

コロナで外に出られないのは仕方ない
もう、国がそう言っているのなら

できる範囲でできることをちゃんと伝えていかないといけない

体育、徳育、知育をオンラインでちゃんと伝えられるようにして
子供たちが輝ける未来に進めるようにしてあげたいです。

キッズのオンラインパーソナルやグループレッスンも
お伝えします。

是非、ご連絡ください。

 

 


ダイエットがうまくいかない理由

苫小牧市民17万人
日本国民1億2000万人の健康を守る

木田ちゃんです

この写真・・驚愕でしょ・・笑

これどちらも臨月・・

16年前と14年前・・・

わたし、甘いもの食べちゃうし
自分に甘い時もある・・

自己肯定感も低い・・・😅

どうせ自分なんか・・・って言ってすぐ逃げてた

 

インストラクターとして働くって決めた時に
絶対この仕事やめられないって思ったんです・・

 

それはなぜか・・

 

太っちゃうから・・・笑

運動しなくなっちゃったら
絶対太っちャウモン・・

仕事にしていればずっと運動する
そしたら

少しは増えたりするだろうけど

抑えられる・・・

 

そんな考えて続けてる部分もありました笑

今は違います

 

楽しいから続けてる

 

楽しいからやめたくない

継続できるから
効果が後からついてくる

 

みんなダイエットする時って
楽して痩せたいって思うでしょ❓

 

楽して痩せられるダイエットなんて

 

 

 

ないよ❗️

これだけは言っておきます

 

私、運動をかれこれ
30年し続けていますが

楽して身体なんて変わらないから・・・笑

すぐに効果が出そうなものは
いっぱいある・・・

 

だけど、

続かなかったら戻るの・・

2倍くらいになってね・・・。

 

 

 

継続していけるかが大事・・

継続できるのって
楽しさとか、やりやすさとか・・
いろんな要因があります

 

継続できる運動を私は一緒に取り組んでいきます

木田倶楽部オンラインレッスン
そして、リアルでは

苫小牧日新町でボディリマインドで
大人のパーソナルトレーニング
キッズアスリートパーソナルトレーニング

してます

 

ダイエットしたい、身体を変えたい

痛みを改善したい

自分を変えたい❗️

 

そんな方はまずはご連絡を❗️

木田倶楽部公式ライン@もしくは
kida0331@gmail.comまで

ご連絡ください


子供の競技成績を伸ばしてあげたい・・・

苫小牧市民17万人
北海道民560万人

日本国民1億2000万人の健康を守る木田ちゃんです

私が子供の時代・・

今のようにコロナなんてなかった・・
もっと言えばインフルエンザ❓なんてあった❓

おたふくとか
水疱瘡とか

そうゆう感染症はあったけど・・
そんな時代になってしまいました・・。

大切に大切に安全に
怪我なく病気なく、
クリーンで汚れない

綺麗な時代を作りすぎたおかげで
私たちの身体の機能は

どんどん退化していく

 

この前、
スポーツクラブの扉が重くて引けなくて

開かないという方がいた・・

自動ドアが便利だから

背中の筋肉を使って自分の方に引いて開けたり
横にスライドさせて扉を開ける

 

という
感覚や
そのための力が衰えてきていた・・

食べ物は手っ取り早く
スムージやプロテインになりすぎて
咀嚼機能は衰えて

 

顎の力は弱くなり

顔が小さい子たちが増えた

脳時代もちっちゃくなって・・・。

 

そのうちしゃべらなくても
文字が全てを伝えてくれるようになるから

口もちっちゃくなって
歯もなくなって

人間は最終的に
達磨さんみたいな形になっちゃうんじゃないだろうか・・

だって達磨さんは
修行してあぐらをかいたままでいた形の

達磨大師のすがたでしょ

9年間壁に向かってあぐらをかいて修行していたら
手や足は腐っていく

人間は自分たちの豊かさを求めすぎた結果
自分たちが生きにくい環境を作る羽目になってしまった・・

私が昔していた
山登り
川遊び

木登り

裸足で砂利の上を駆け回る
危険入るな❗️と書いてある岩の山で遊ぶ・・これは今もダメよ笑

公園でボール遊び
雲梯での競争

道路に直接軽石で絵をかく

そんなことも全部全部だめになった

そのおかげで子供たちは身体を使えなくなつた

 

いざスポーツをはじめて

身体を動かそうとしたとき
指導者はできるだろうといろんなテクニックを

教えるけど
自分の時代と今の時代の子供たちの身体の変化に
気づけていないと

子供たちに怪我をさせてしまい
その子の心を折ってしまう
できないことを親は責めてしまう

あんたやる気あるの❓

やりたくないならやめなさい。。

なんでこんなことできないの❓
他の子はできてるのに
どうしてうちの子だけできないの❓

コーチのいう通りにできないのはなぜ❓
黙って立っていられないのはなぜ❓
精神疾患❓
発達障害❓

 

そんなことがおきます

私はそんな子達やそんなことで悩む親御さんを

助けてあげたい

 

子供たちの輝く未来を

私たち大人の力でちゃんと開いてあげたい
無理やりさせるんじゃないんです

責めて本来の子供たちのあるべき姿を
思い出させるサポートをしたい

過保護とかじゃないの

 

贅沢じゃない

わたしは
私たちの責任と思っています

いろいろ規制させすぎた
規制した方が安心だから

子供たちを安全の輪の中に囲いすぎた自分たちの都合・・

だから
ちゃんと

ちゃんと動き方を思い出させてあげたい

それも
楽しく
遊ぶような、本来の人間の本能の動きで

ワクワクしながら
ドキドキしながら
ワイワイしながら・・・

身体を動かすってこんなに楽しいんだって
思うような

そんなことを
思い出させてあげたい

体育の授業はそこに行けていない

体育の授業で怪我させてどうする・・・
私は学校の先生にはアプローチできないことを

運動指導者として教えます。

競技成績が上がらないということの理由は
身体の使い方に問題があることが多いです

ボディリマインドでは
私がしっかり子供たちの身体を使えるように
提供します

興味ある方は木田倶楽部公式LINE@または
kida0331@gmail.com

までお気軽にご連絡ください