「木田のつぶやき」カテゴリーアーカイブ

なんでインストラクターになったの❓って・・聞かれたの

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の

健康を守るキダちゃんです

 

インストラクターになる人って
インストラクターに憧れて、なっている人や

プログラムが好きになって

指導したくて

そうなったという人が

多かったりします

 

この前、中学生の子に
木田先生はどうしてインストラクターになったんですか
と聞かれました

わたしはね・・・

 

誰かに憧れたとか
プログラムやレッスンに惚れたとかじゃなかった・・

スケートの選手していた時に
トレーニングしていて
前の年と全く違うトレーニングの方法に変えたら

次の年に

感覚がかわって

出来ていたことができなくなり

できなかったことが出来た

 

 

それにびっくりしたの

 

簡単にいうと
スクワット100kgとかを高校時代にガンガンやっていて
その時は
ダッシュとか

ジャンプとか

早く動くことが出来たのに

 

実業団に入って
60kgを30回✖️3セット

みたいな

持久系のトレーニングに変えて
重いものを持たなくなった

 

そしたら
全くダッシュすることが出来なくなつた

 

その感覚が分からなくなった

 

その代わり

乳酸に強くなった・・

だから短距離は遅くなり
長距離は速くなった・・

 

感動した

 

トレーニング・・特異性の原則っていいます

 

フィギュアスケートの選手はスピードスケートのトレーニングしても
うまくならない

その種目にあったトレーニングをすること

 

 

それで感動して

これは
体の不調や
改善したいと思っている人とかに

ちゃんと計画しながらトレーニング提供したら
お医者さんとかいらないんじゃないか・・・って

フィットネスは人を救うんじゃないかって・・

だから
引退したら
フィットネスクラブで働こう❗️

運動を指導しよう❗️

って決めたんです

 

 

それがバイトで入ったら
いつの間にスタジオインストラクターになっていたけど・・・・笑

ただ根本はそこなので
いつも自分が進化するきっかけは
その部分の想いと向き合う時です

 

そうやって根本に帰れる

もっといろんなこと学んで
いろんな人と触れ合って

いろんなこと感じて聞いて

試して

みんなの心と体を
豊かにしたい・・

改めて感じています・・・。。

フイットネスインストラクターになって
パーソナルトレーナーを目指して
本当に

よかった・・・。

 


他人の人生を自分ごととして生きる

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

テレビなどでアスリートたちの栄光を
特集したりしますよね

優勝した・・・
負けた・・・

勝てば称えられ、認められ

負ければたたかれる・・なんとことも。

 

 

今、出張中ですが、

全国区のテレビで
清水宏保選手の過去の栄光、長野オリンピックの
優勝シーンが出ていました

宏保さんは
私たちの中では超偉大❗️

リスペクトの中のリスペクトです

リンクでお会いしたこともあったし
カナダ合宿などでは
ホテルが同じことも多々ありました

 

私は宏保さんが・・というか
スピードスケート選手の
半端じゃなく過酷なトレーニングを経験してきています

ありえない坂道をずっとダッシュ
ありえない段数の階段をダッシュ
ありえない負荷の自転車を漕ぐ(わたしは一度酸欠で倒れました笑)

ありえない重さでスクワット
心臓が破裂する勢いで400メートルインターバル8✖️3セット

こんなのが当たり前

この過酷な経緯を理解しているから
努力の量、汗と涙の量を理解しているから

表彰台で流す涙の意味を理解できます

 

他にも様々な試練があったはず・・

目に見えた結果だけで判断しがちになるけど
そこまでの経緯を知り

分かち合い
理解し合うことで
実際に自分が他人の人生を生きることはできなくても

自分ごととして捉え
擬似的に

近い感覚で感動や感情を共有し合うことはできるのではないか・・・と

思います。

 

フィットネスインストラクター
パーソナルトレーナーは

お客様に寄り添いながら
共に進んでいく役割です

引っ張る、押し上げる・・・
というより道標を出し

歩き方を教えて
その方が自らの歩み方、歩むスピードで
進めるように

伴走していく

 

たった一つのできた❗️
を流さず
共に分かち合い

その積み重ねが大きな進化につながる

 

最初から完璧にできる人なんていない

ちゃんと成果の前には努力があったはず

努力は必ずしも望んだ成果に結びつくとは限らないけど
何かしらの結果を出してくれます

結果は努力しなくても出る
成果は努力しないと出ない

努力の仕方が大事ですが、

誰かが何かに挑戦したい❗️
と思っているときに
自分ごとのように共に

寄り添い

成果につながるサポートをしていきたい

インストラクターになりたいんですという方から
メッセージいただいたりすることがあります

軽い気持ちでいいじゃん やりなよ〜

じゃなく
人生の進む方向を左右するような
判断をしている時は

自分ごとのように一緒に考えていきたいですね


心の中に入り込む新型ココロウイルス

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の

健康を守る木田ちゃんです

ちょうど一年前のこの時期に
360いいねをいただいた記事💦

https://yumeblo.jp/fitnesskida/date/2020/04/07

去年の今頃、大切な皆様の健康を願って
何をすべきかを考え・・

考え

考えて・・

 

悩んでいました・・。
一つの扉がしまった時
もう一つの扉が開くことを

この時に気付きました。

 

この時、当たり前が当たり前じゃなくなった時

現状維持が。。。すでに衰退になることを
知った時

覚悟を決めて

今までさけてきた苦手だった部分に
取り組む覚悟を決めました。

この一年
じつは自信をつけるばかりか

落胆することの方が多かった・・

私・・・こんなこともできないのか・・
こんなことも知らなかったのか・・。

今までしてきたことは
ほんの一旦の楽な部分でしかなかったんだなぁ〜って。

 

楽して得られるものなんて何もなくて

できるかわからない
やったことのない未開の地に

足を踏み入れて
手探りで挑戦して動いてみることで

今の自分の現状を知ります

 

前は
他人事のように捉えて
わからないことは避けてきた

うん・・・

上手く逃げてきた
それは
そのものから逃げたんじゃなく

自分から逃げてたんだよね。。。😭

そのツケがこの一年でたくさん回ってきて

 

ものすごくいろんな事態が自分に起きて

 

鍛えられました。。

変わらなきゃいけない自分の弱い部分

 

気付くためには
気づかせてもらうためには
自らそこに身を投じて

今の自分の力のなさを実感する

今の自分のダメなところをちゃんと理解する

 

新型コロナウイルス

ならぬ、新型ココロウイルスは
人の心の中に入り込み
自分でそのウイルスと戦えた人は

きっと
新しい自分を

見つけることができる

 

私はまだまだウイルス抵抗できる免疫つけきれてないけど

自分のどこが弱いか
何がダメかを

少し気づけてきました

そして
何をしていくべきか・・を

気づかせてもらえています。

進化には変化がついてくる
変化するには化学反応みたいなものがついてくる

爆発したり
消えたり
生まれたり・・

 

この前、

39歳になりました

38歳から39歳の一年で
6年分くらい生きた感じがしました

 

だから

そのくらいのレベルに上がっていて欲しい・・・笑

この一年関わっていただけた
出会っていただけた

叱咤激励してくれた
全ての皆様に感謝

そして
新型ココロウイルス・・・
どうか攻略できますように・・。

木田倶楽部オンラインサロンを
開設しています。

https://kidaclub.jp/salon/product/subscription/?fbclid=IwAR359u3gue6-FZT05C4dfkgQtpU-vJzNU5Crj90zD1XeugHaqXoC1w4Z698

自宅で自分のペースで運動をしたい・・
短時間だけでも動きたい・・

そんな方に

毎月少しずつ増えていく運動のコンテンツをお楽しみいただけます。

日常にフイットネス取り入れて
楽しい人生をいきたい・・。

ね❤️