「木田のつぶやき」カテゴリーアーカイブ

強みは弱みの中から生まれる・・・

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

先日、受講した効き脳セミナー

これは単に自分の脳の特徴を知るということで
良し悪しではなく、

どんな分野が得意で、どんな分野が苦手か・・・を
しるということ。

そしてそれを自分自身が活かせていけるか
が大事なんだと思います。

 

バランスの良い人間になりたい

 

と何度おもったことか・・・。

ということは自分自身、バランスが良くないと思ってる
ということ・・・。

何かに突飛しているわけではなく、
何でも万能な
人間に何度あこがれたことか・・・

 

 

あぁ~これはあなたは向いてない・・・。

そんなことを何度言われ、何度感じたことか・・・。
じゃ何が向いてるの?

何が自分なの?
そんなことを迷っていた時期がありました。

それを気付かせてくれたのは、
人前で自分のプレゼンをし、

フィードバックしていただいたこと。

 

自分自身は普通とおもって出したことが
他者からの評価で

自分の特徴を知りました。

 

え?!そうなの?

コレ、普通だと思ってた・・・・。
普通はあくまで自分の中の普通・・。

 

どんなことでもきっと自分基準に考えると
他人は普通じゃない・・・になる

 

そこから、

人はみんな違う

違って当然

となりました。
だから比べることがバカバカしくなりました。

ないものをねだるより
あるものを活かそう

そしてないものは
誰かにゆだねながら

更にあるものを伸ばそう

 

木田家は家族みんな性格、性質がバラバラ
まあ、当たり前(笑)

 

この兄弟

全然違う・・

 

わたしと旦那、全然違う
正反対・・・・(笑)
だけどツボがあう・・・(笑)

 

 

全然違うのがよくて、
あ、生きていくためにこの方がきっと必要・・・

と本能的に感じて
一緒になりました。

私はちょっと変わっているかもしれないけど
家族は一つ・・・とは思ってなくて、

 

家族は

4人の人間の集まり

と思っています。
みんな一人ずつ違う人間

息子たちは血がつながっているけど、
彼らには彼らの思考、性質があり、

彼らの道がある、

 

家族っていうのは単なる場所で、
個人個人の道を進むための停留所・・

その停留所がみんなおんなじところ

だから、互いの性質の違いを今は楽しんでいます。

 

組織や会社、団体で何かするときって、
どうしてもきっとトップダウン方式になりがち

時にはそれも必要なのかもしれないけど、

トップは指針や明確な目的、を表示し続けていて
あとは

そこに集まった個々が自分の強みをそこで
活かしあう

力をのびのび伸ばしあう

そんな場であったらなと感じます

 

貴方の役割はこれです。
これをやりなさい
あれをやりなさい・・

も最初は必要なのかもしれない

そこから
やっていく中で、自分の特性を知り、

自分の何がやりたいか、
何をしているときがワクワクし

何をしているときに苦痛を感じるか。。

そして、何をすることが自分の能力を伸ばせるかを自覚し
それを実行して、結果をだして

はじめて強み

 

と言える

のかも・・・・と。

 

性質を知ったところでやはり、それをもとに
動き出さなくては、伸びるものも伸びない

何を誰にどう委ね

支えあっていくかわからない・・・

動き続ける中で見つけていくのを感じました。。

皆さんにあえてお伝えします‥(笑)私の性質

革新的な思考で物事を直感的に捉え、
人間関係を重視しながら物事を進められる人です。

豊かな創造力で新しいアイデアを生み出し
戦略を立てることが得意
前向きに可能性を追求する未来志向で
何事においても創意工夫を凝らします。

その反面規律を重視した管理体制においては意欲を
失ってしまうことも。また新しいことに興味が
強い代わりに、気が変わりやすく長期的に
継続することが苦手

一方高いコミュニケーション力を発揮し全体を
まとめるのが得意。
だけど感情や感覚フィーリングを重視するあまり
合理的に解決することを苦手と感じ

決断力に欠ける面もあります。

です。
私は隠さず、いい悪いでなく
自分を知ってもらうのにいいと思って出しました

あぁ~…そんな感じ・・・と
思ったでしょ♪(笑)

2019年5月27日にセミナーを開催します!

興味があるかたはこちらから。↑

 


実はね・・・本音と建前の話

苫小牧市民17万人
北海道民560万人

日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

 

あんまり普段からママ友とか
飲み友達とかいないから・・・(笑)

まあそんな時間がないのもある(笑)

あ、いや友達がいない・・・(笑)

 

ボディリマインドにレッスン受けに来てくださる方・・

みんな心の内を話してくれます

実はね・・・

ほんとはね・・・

あの時はこう言ってたけど、ほんとのところ・・

 

 

みたいな。。

悪口を言うのではなく、
自分心の内をはなす。

打ち明ける。。

 

私に言ってきてくれる

お客様同士で分かり合う

 

きっとボディリマインドは
守られた空間の感覚があり、

ありのままの自分を受け入れられる
受け入れてもらえる

そんな感覚になるんです。

 

自分に向き合えてるんですね

片意地張らないというか・・・。

以前にもこんな記事書いたことあるんですが

 

 

本音と建て前

これはどちらもホントの話。
どちらも間違いじゃない

 

建前で話すことがなんだかよくないイメージ
ありませんか?

嘘ついているような感じ・・・。

 

嘘っていうのは
自分の利益を優先し、相手をだましたり
おとしいれること。

 

建前は相手の立場に立って

自分との価値観や捉え方の違いを相手側に
わかりやすいように変換して伝えること

 

 

そんな気がしています。

だから本音を言うのがよくて

建前で話すのがよくないことではない

 

自分を使い分けていることは
自分を偽っていることではなく
相手本位になって考えて伝えていること

 

私は仕事柄、

建前で話すことが多いのかも・・・(笑

 

たまに出すブラックな感じの本音に注目です(笑)


難度を上げるのをもうやめます。。。

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人

の健康を守る木田ちゃんです

この記事を出すにあたり、ものすごく
長い期間・・そして、

これからの自分がどうありたいか…を
ものすごく考えました。

 

誰のために何のために・・・を
今一度考えました。

https://yumeblo.jp/fitnesskida/2019/archives/5730

↑この記事を自分で書いて改めて腑に落とした。。。

 

今、ジョイフィット苫小牧柳町で
水曜夜にダンスエアロのレッスンをしています。

夜はそこだけ。

昼間は木曜日に朝イチエアロをしています。

木曜日のエアロは
その場で作っていくので
一話完結で、毎回ギリギリみんなができるところを

作っていきます。

最初から完璧ではなくても

少しずつ展開して、丁寧に進めて
できたら次に進んで、

最終的に繋がる・・

 

だから
最後は気持ちよくできる。。。

初、中級あたりです。

 

水曜日の夜は
今2か月スパンでコリオを変えています。
多分、中上級あたりです。

最初は一か月でした。。。。

リトモスを卒業した際に、
リトモスに負けないくらい
みんなが楽しんで没頭できる魅力あるクラス
にしたい

 

そしてリクエストで、

『一か月だとできたと思ったら終わっちゃう』

完璧になってもう少しそれを続けていたい

 

との言葉をいただき、
プレコリオの感覚の方が多かったので、

2ヵ月かけて展開していくことにしました。

最初は皆さん、まだエアロビクスも
慣れていない部分もあったので、

最初はベースから作り
レイヤーをかけ、

ブロックを入れ替え、

面を変え、、、

差し込み、、、

更に付けたし・・・

 

 

という作業を2か月かけて少しずつ少しずつ
増やしていきました。

もちろんずっと出でいる方は
毎回最初から戻るし、
前回の動作を変換していくだけだから

できる。。

だけど、

途中で入ってきた人には、
いくら最初に戻しても
やはり、展開はスムーズに進んでいくので
ついていけない

 

しかも一か月じゃなく、2か月も待たなきゃいけない

その結果出る方がかぎられ、

 

脱落する方も増える・・

私の中では

できていない方たちを導きたい反面
次の展開を期待する方たちの希望にもこたえたい・・・

 

きっと、私のこのブレが自分で自分を
迷わせたんだと思います。

できる人にはいいけど・・・

 

みんながみんないいとは限らない。

 

そして、できた方はちゃんとレベルがあがる。

もうエアロをやり始めて、
5年くらいたちますが、

キャッチは早いし
皆さんすごくからだの使い方

うまくなりました。。。

 

そうだ・・・私
からだの使い方を上手にさせてあげたくて
そのためにエアロという手段を使っていたんだ

 

いつの間に、エスカレートしすぎて、
即興で皆さんを見ながらコリオを作る
その手法がまた、

悪循環を産んだ・・・かもしれない

 

2か月あるからどんどん、どんどん
もっともっととボリューミーになり
もう最後は誰が生き残るか・・・

 

みたいになる

どんどん増築し、新しく建てた部分も
また形を変え、
ずっと作り続けている感じ・・・・。

うーーーん

なんか違う

なんか違うな・・。

私のリードがまだまだ未熟なのもあるけど、
私が何ためにそれをやっているかが
見失いかけているな・・・

 

いかん!

難度はこれからも上げたりします
もちろん

だけど、どこまで上げられるか・・・

みたいな、チャレンジしていく難度のあげ方じゃなく
ストレスなく、余裕があって

気持ちよく終われて
また来月も参加したい!と思うクラス

からだと心が気持ちいいクラス

 

をやっぱり提供したい。

私のクラスが物足りないと感じてしまう方がいたら、
満足できるクラスを
探していただいて

そちらを受けていただくことをお勧めし、
私が思う満足、
私がフィットネスで求めることは

こころとからだに無理なく

気持ちよく、

ともに成長していけるもの。

 

難度を上げるのは簡単です。
しっかり丁寧に進めていくことの方が
繊細です。

ということで

今月が終わったら、またコリオ展開を

1か月スパンに戻し、
みんなが気持ちよく終わり
全4回で少し心と体に
余裕があるくらいのクラスにしていきたい

と思います。。
勝手言ってスミマセン。。
もっとみんなが喜ぶレッスンを
していこうと思います!

そして難度を求める方も
満足できるような流れを
超絶な難度だけに頼らずに

進められるようにしたいと思います。

 

 


私がステップをしない理由・・・

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人のけんこうをまもる

 

木田ちゃんです。

どんなレッスンができるんですか?と聞かれたら
いつも

ステップ以外なら何でもできます

と答えます・・・(笑)

え?!なんでステップできないんですか?
あえてやらないんですか?

 

うーーーん、
向いてないから(笑)

実は・・・

ステップをしないんじゃなく
できない・・・・(´;ω;`)

私の中のでっかい壁です。
がもう、そこを越える道を選ばず

回避して違う道を進んでいるので
わざわざ立ち向かうことを今は選んでいません。

(というと、かっこいい感じでしょ(笑))

昔、インストラクターになったばかりの17年前

はじめてスタジオに入ってお客様として体験したレッスン
それがステップでした。

そのステップはノンバーバルで
あっという間に進み
多分もう月の終わりころだったのか、

 

みんなは完璧

後ろ見たり

違う方にいったり、

 

とにかくわけがわからない

開始3分くらいでもうわけがわからない

 

私はいままで大体のスポーツはできました

そんな自負もあって
そして、隣の60代くらいのおばさまにはできて

わたしにはできない・・

 

そんなことがあるのか?!とかなりの衝撃

と、同時に
できないものがある楽しさ

に駆られてやる気になろうとしましたが、

ウォーミングアップ?と思われる動作の途中で
全然ついていけず、

しゃべらないから何もわからず

そのまま台から落ちまして、
そして軽く捻挫もして・・

 

そして、台を片付ける力もなく、
そーっとスタジオを出ました

 

レッスン終わってから
台を片付けに行って

先生に謝りました・・・。

出来なくてスミマセン・・迷惑かけて
ごめんなさい。

その返事になんていわれたか覚えていませんが、
なんか感覚として残っているのは

私はこうゆう指導をしないようにしよう

でした。

 

きっとその進め方はその先生だから成り立っていて
そこにきているかたも、その進め方だから
ついていくんであって

 

信者的な感じで、

先生もその方たちのためにレッスンしている感じで
はじめての自分が入る世界ではない

入ってしまった自分が悪い・・

 

ただ、ステップ台は怖いところ

ケガするところ

と自分の中で壁ができました。

 

その後、レズミルズのボディステップなどの
資格を取るチャンスもありましたが
怖くてできなかった・・・

 

もう、あの台に登るというのが

わたしには
がけに立ってつま先立ちしているくらい
怖い感じで、

完全にメンタルブロックしています。

 

これは私、あるあるなんですが
『なんでもできそうだよね』

と言われる・・
何でもできる人なんていないぞ・・・(笑

 

できることは

できるように努力したの

 

それでもできないものもある・・・。

イタリアでリードを取る機会を得られた時、
ある巨匠に

『木田ちゃんはステップしないの?海外プレゼンター
目指すなら、エアロとステップはセットだよ』

と教えていただき、

なんで?

と理解できず、
エアロもままならない私は
ステップなんてもってのほかでした。

周りで教えてくれる人いなかったし、
レッスンもなかったし・・

 

だけどイタリアコンベンションで
その意味が分かりました・・・。

ステップ人気すごい・・そして
なんだ。。。。この人たち

異様な光景でした

そのあと、お客様からのリクエストもあって
実は養成も受けたんですが、

理論はわかっても
なぜかステップ台に上がると怖くて、

跨ぐ

越える

入れ替える

 

みたいなことがもう、

あの狭ーく限られたスペースで行われることに
恐怖心でしかなく

動きは小さくなり

ステップが踏めませんでした。

だから、エアロのように
次々に動きが思いつく・・みたいなこともなく

リードを変えるだけで精いっぱいでした

だからそんなストレスためて取り組むより
できることに力を注ぐと決めて

ステップは断念しました。

その後何回か、お客様として参加し、

少しずつ恐怖心を克服しましたが、
やはり落ちるんじゃないかとの
恐怖はいまだにぬぐえず、

 

 

できればやりたくない・・・。

もし、やるなら
養成受けて、ちゃんと脚の位置から、

アライメントから
重心の乗せ方から学びたい・・

 

というより、
そのはじめて出たインストラクターさんのお陰で
私は

こうゆうリードを取らないようにしよう

とその後何度も思いました

 

その先生に感謝です

 

私はステップが苦手というか怖くて

もうできない・・・と感じました。

 

自信を無くしました

ちゃんと導くようにしよう・・・
私はちゃんとみんなをできるようにしてあげたい・・

 

 

 


インストラクターとしてどうしたいの?どうありたいの?

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

 

37歳の誕生日を迎え、
岐阜の地で皆様に祝っていただき、

更に使命感に燃えている木田です。

 

岐阜での3日間、

全部違うことをしてきました。


一日目はからだワーク協会の
インストラクターたちの教材となる

 

動画の撮影

 

2日目は自分で主催する
からだバー®、からだジャンプ®の
1級、2級の講習会

そして3日目は
私のオリジナルレッスン5本立

 

さあ・・・

 

これだけ見たら、

え?!木田ちゃんって

何がしたいの?、

 

何ができるの?

 

なにが目的なの?

 

と思うかもしれません(笑)

 

 

昔、私は
今ほど、皆様の健康のために・・・

 

と考えていませんでした。(笑)

ただ、トレーナーになりたくて・・
トレーナーとしてもからだのことを
いろいろ教えたくて・・・

そうすることで誰かが
喜んでくれたらいいな・・

 

くらいでした。

だから、目的はトレーナーになることでした。

 

最近、いろんな人と話するとき、

なんで木田ちゃんはそれをやるの?
と聞かれます。

エアロビクスを伝えたいの?

ダンスを伝えたいの?
からだバー®を伝えたいの?
なんでワークショップをやるの?

 

そして、よく、、

コンテストに出る人に
コンテストに出でどうするの?

なんで東京に進出するの?

という話も聞こえてきます。

 

私があるコンテストに出た目的は、
いろんな人を見たかったから・・(笑)

今の時代の流行を知りたかったから・・

 

でした。

その時はそれでよかった・・。

結果的に出ることで、今の流行をしり、
反映させたりしました。

ヒトとつの繋がりも生まれました。

 

問題はそのあと、

 

様々な活動をしていくとだんだん自分の中に
1つの筋見えてきます。

痛みが消えました。

からだの調子がいいんです。

痛くないない方法を教えてください。

 

貴方のレッスンでからだの使い方を学べて
動きが楽になりました

 

 

そんな声をたくさんもらい始めて、
そのうち、視点がそこに行くようになりました。

からだの使い方を伝えるために
いろんな種目に取り組んでいる。

からだの機能を高めるために

エアロビクスを行う

ZUMBAを行う
ダンス、コンディショニングを行う

 

手段はなんでもよくなりました。

できるものなら何でも使い、
そこにからだの機能が高まる知識、要素を
オリジナリティで入れ込む。

からだの機能が高まるのがメリット

 

その結果、生活の質が上がり、
その方の人生が変わり、できることが増える
生き方が変わる

それがベネフィット

 

そこまで考えるようになりました。

自分が何をしたいか・・

ではなく、どうありたいか・・それによって
何を手段にするか・・

 

に変わりました。

これは、最初から身につくものではなく
様々な行動、取り組み、いろんな意見、

自分と向き合う

 

そうして18年インストラクターをしてきて
見えてきたんです。

もちろん、お客様の参加の目的は、
私のエアロビクスを楽しみたい、
私のZUMBAを受けたい・・

 

 

ただそれだけでいい。

私は、その結果、その方たちがからだの調子が
よくなり、日常が豊かになるのが目的

だから、今は、やっていることに
違和感や、疑問がない!

求められたことに対し、
自分が目的としていることをしっかりはめたら、

 

どんなことにも適応できます。

 

何のためにこれをしているのだろう・・・
と考えた方。。

一歩進むチャンスです。

いろいろ考えてみてください。
行動してみてください。

沢山見えてきます。

 

 

 

 

 


治療院に通いながらまた、イベント行くんです・・辞めれないんです

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人

の健康を守る木田ちゃんです

先週末は熊本ツアーにいっていました

もう3年間取り組んでいます

一番継続している取り組みです。。

 

私一人で取組んでいるのではなく、
現地でサポートしてくださる方がいるので

ここまで継続できています。

地方にお仕事に行った際には必ず
誰かのお手伝い、サポートが必要であり
応援が必要なので

皆様に感謝しています。

独りでできることなんてない・・・
いつも感じます。

 

最近、いろんな地域でおんなじ話題になります

『せんせい・・・

治療院通いながら、イベント行って、
そしてまた、痛い痛いって言って治療院いくんです。
でもイベントやめられない

 

けど

これじゃ続けられない、だから減らしてく』

 

こんな話。。

多分、私がそうゆう発信しているから
相談してきてくださるんだと思います。

ずーっと私も提唱していますが、
クラブ内、クラブ外でのフィットネス活動は

とても素晴らしいし、

インストラクター、プレゼンターも
お客様の満足していただけるレッスンを考えるのために

いつも努力し全力で取り組んでいます。

『先生たち、いつもあんなに激しいレッスンして
よくからだが持ちますね』

 

こんなことも言われますが、

私たちインストラクターは担当するのは
1,2レッスンだったりして・・

5本だてのイベントなんかでは、
お客様がフル参加し、私たちインストラクター
は自分のペースで

ウケたり、準備したりしているので

からだは余裕なんです。

 

もちろん神経は使うけど(笑

 

ズンバなんかもはしご、はしご・・・

 

よくはしごなんてできるな・・・と尊敬しちゃいます。

今私はからだのことを考えたフィットネスと
心と体のチャレンジ的フィットネス

の二つの取り組みをしています。

 

 

皆さんには大好きなインストラクターさんがいるかと
思います。

本当なら、その大好きなインストラクターさんが
激しいレッスンも、メンテナンスするレッスンも
どちらもしてくれたら

きっと皆さんはからだの負担を考え
ちゃんと調整しながらフィットネスに取り組めるはず。

だけど

インストラクターの中には、
〇〇を極めたい!

 

とそれだけのレッスンを強みにして取り組んでいる
インストラクターもいます

 

それがダメじゃないんです

それが私たちの商品だから
インストラクターの武器でもあり、強みだから
それしか取り組まないことに否定はないし、

極めるために努力するのは素晴らしい。
喜んでくださる皆様のために。

どうかフィットネスの愛好者として
皆さんは少しでも長く続けていくために

ご自身で選択する・・・という感覚や
必要性を感じてほしい。

 

楽しくてやめられなくて依存してしまっている

そんな感覚もわかります。

もう、フィットネスは麻薬です・・・(笑
いい意味で。。

アドレナリンも出るし、ワクワクドキドキしてる感じや
できないことができていく感覚

少し自分に鞭を打っている感覚

私も大好きです

 

だけど、そのあとに故障して
悔やんでいる姿ほど
悲しいものはなくて・・

 

本来のできることができなくなることを
見ているのが苦しくもなります

そう。。。

本当は私たち、プロのインストラクターが
アフターケアや、からだづくりの云々も
お伝えするのが理想です。

 

だけど、インストラクターによっては
手段が違う場合もある

そうなると、
からだを扱うご自身が、どこかで見極めて取り組まなくては
いけない・・・

私がお客様向けに
ワークショップをしたり
お客様に向けてコンディショニングの

養成講習をするのはそこなんです。

 

インストラクターが高い意識をもって
楽しんでいただけるフィットネスと
からだのためを考えた

フィットネスの二つをお伝えできるように
なるための取り組みを

 

私もし続けていきます。

皆さんのからだが痛みなく元気で

いつまでも動き続けていけますように・・・。

 

 

 


きつく感じるストレッチに効果があるのか・・・?

苫小牧市民17万人
北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです。

私は今ストレッチをしません・・・(笑

 

しなくても大丈夫・・というか(笑

 

運動の前後に、ストレッチをしっかり行ってください!
とよく言われています。

ストレッチって何か?、

筋肉を伸ばす?

筋肉を伸ばすのがいいのか?
なぜ筋肉を伸ばすといいと感じるのか?

ストレッチをしたら痛くて筋肉痛に
なるんです。

ストレッチってそもそもどうあるべき?

競技前のストレッチは
関節の可動域を上げたり、
からだが動きやすくなるように
できるだけアクティブな

ダイナミックストレッチという動的ストレッチ
を行うのがいいと考えています。

いきなり激しくではなく、
歩くような動作から過ごしずつですが。

 

そこにじわーっと15秒くらい静止する
スタティックストレッチはどうなんだろう・・

と最近思うのです。

 

よく質問されます。

ストレッチなのに痛いと感じます

と・・・

 

力士の股割のように、強制的に押し付けて
筋を切る・・?(笑)

みたいな話を聴いたことがあります。

あとは、昔、グングンっと勢いをつけて
バリスティックなストレッチをよくしていました。

それがいいと思っていた。

インストラクターになる前ね・・・。

本来、筋肉をほぐすのは
揉むとか、伸ばす・・とかじゃなく

緩める

という状態になることかな・と思います。

 

緩める

は意識してできるものではない。。

 

緩んでしまうような状態に持っていくのが
本当の緩む…なんだと思っています。

フォーカスしている場所を
緩めようと意識して何かをしている状態で

もう意識が入っているから緩まない(笑

 

脱力しようとしている段階でもう脱力できてない

フォーカスしている筋群に対して
そこじゃない部分を動かしていった結果

緩んでしまう・・

 

それこそが筋肉が緩み

張りづらい状態、
からだが楽に使える状態になるんじゃないかな・・と。

 

そこで、いろいろと学び、
スーパーストレッチを自分で開発しました。

名前はスーパーストレッチだから
きつそうなストレッチに感じますが、

無理やり筋肉を引っ張るとか
伸ばすとかじゃなく、

重心の移動や、重さやテコの原理を
利用して、からだが自然に
緩んでいくようなストレッチ

 

来月からジョイフィット苫小牧で
レギュラーレッスンに導入します。

火曜日12:30~13:15
スーパーストレッチ ホットスタジオ

木曜日11:00~11:45
ピラティス ホットスタジオ

ピラティスはいつも行っているピラティスヨガの
ヨガを抜いて、しっかり行うピラティスのクラスです。

皆様のご参加をお待ちしています

 


個性とは・・・。

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

 

健康を守る木田ちゃんです。

土日は北海道の真ん中あたり、
滝川市に行ってまいりました。

からだバー®2級講習会
からだジャンプ®のスペシャルレッスン
そしてアイソレーション&ジョイントZUMBA

の二日間

二日間、ご参加いただいた皆様、

お手伝い頂いたやっち、
そして、もともと生徒さんだった、なつみさん
今は素晴らしい指導者になっていて
感動しました。

一緒に活動できて、活躍をこの目で確認出来て
うれしかったです♪

ありがとうございました

 

 

北海道以外のたくさんの地域に行かせていただくことも
苫小牧市内での活動も

北海道の中での活動も

私にとってはすべてが大切な自分の

使命

 

何が優先で・・とかそんなものありません。

冒頭でいつも言っているように
日本国民1億3000万人の健康を守る
と公言しています。

 

今私はプレゼンターとして様々なカテゴリー
の自分の強みを活かすレッスンのスタイルの提供、

その他に参加者様たちに目的に合わせた

パーソナル

 

または皆様のからだに重点を置いて構成していく
ワークショップ

そしてそのからだの機能を高くあるための
コンテンツの開発と人材育成をしています。

プレゼンターとしてステージに立ってなにか
レッスンを提供するとき、

 

重んじるのは
私自身の個性だと思っています。

私の個性を、私のスタイルをカタチにし、
それをわかりやすく皆様が受け取りやすい
形で提供していく。

 

そして逆にワークショップや講習会
などの手段を提供するものに関しては
私の個性・・ではなく、

参加者様の個性、を引き出してあげられるように
見抜いていき、

頭の中で形を作り、言葉や、動きに瞬時に
反映させていたきます

 

だから毎回内容は変わるし、
おんなじことを毎回できないし
誰かに真似なんかできない・・

 

唯一無二なんです。

私は今自分のスタンス、スタイル
形になっているものに疑問や不安など、

何もありません。

何年か前まではまだ
自分のやれることを模索している時期も
在りましたが、

今はもう軸が定まりました

軸のもとで様々な取り組みをしていけるようになりました。

いろんなインストラクターさんとお話させていただいたり、
お客様との会話の中から

 

自分らしさ

 

というものに気付けていない方が
沢山いるのを感じます。

私は個性的・・・とよく言われています。

し個性は素晴らしいと思います

 

個性ってそもそもなんだろう・・・

・身につくもの?
・磨くもの?
・探すもの?
・生まれ持って備わっているもの?

個性とは

自分自身の持っている性質

だと思っています。

個性がある。ない。。。

 

なんてこと、まずない・・。

それは自分の性質に気付いてないだけ。

 

自分の性質には先天的なものと
後天的なものがあります。

生まれ持った顔や、声、体質など・・
これは先天的なもの。
でも、これもね、ちゃんと自分の性質を
知れば、

 

どんなメイクが合うか、
どんな服装が似合うか・・

どんな時に何をそれば、からだがいい感じが・・・

を自分でコントロールできる。

逆に
成長過程で身に付いた個性、性質
ヒトとのかかわり、コミュニティでの
自分の表現や、接し方、、

考え方・・

が磨かれる。

 

独りで閉じこもるスタイルではなく、

外にでて、人とかかわっていく中で
自分のコ思考がコントロールできるようになり、
きるようになり、
その中で自分の特性を理解し

何がしたいか、

何が向いているのか。

どうありたいか

何ができるか・・

 

誰のために

 

何のために・・

 

いつ・・・どこで・・・

 

どんな形で

・・

 

 

それをする目的は何か?

が見えてくる。

性質を見抜く目を養うために
必要なことを学ぶ

後天的な性質を受けいれるために
大きな心を持ち、
ヒトの良いところを、受け入れる

 

 

毎週末出張したり何かしらのイレギュラーな
お仕事をさせていただいていますが、

そこから学べることがたくさんあります

狭いコミュニティーの中では

何も生まれなかった・・

 

私自身の個性、性質は、
自分を外に出して、

アウトプットすることで
自分自身の性質を理解出来てきました。
これからもどんどん人と関わり

いろんな話を聞き、そこで生まれる自分の感情
思考を大切に

書き残していき残していきたいと思います。

 

貴方の個性は何ですか?

 

 

 

 


逆境力・・レジリエンスとは・・。

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

逆境に強い人・・・っていますよね

 

はい!

 

私(笑)

多分強い気がします。

 

褒めて伸びずに

逆境の後に驚異的に進化します。。

 

昔っから(笑

 

逆境ってマイナスイメージです。
ネガティブな感じ

 

ただ大事なのはそのネガティブの中に
実はそのあと飛躍する要素がかくされている・・・
ということなんです

 

逆境力ともいいます…レジリエンス

外からのストレスに対して折れない心
またはすぐに立ち直る心

これがレジリエンスです

ではどんなタイプが・・・というか、
どうしたら逆境力がつくか・・

考えてみました。

 

どんな状況でもポジティブに考える楽天的な心や、物事を様々な角度から考える思考力、柔軟性

 

あたりかなと。。

私は自分で言うのもおかしいですが、
こうゆう感覚がより引き出されてきました。

以前から起きた出来事に
ポジティブに捉える楽天家では
在りましたが・・

 

 

そうじゃなきゃやっていけない・・
悩んでる時間がもったいない・・

 

と感じた・・中学生あたりのころに・・(笑

そして何か壁が出てきても

ピンチが来ても

 

うまくいかなくても

 

そのあと爆発的に自分の中で進化します。。

起きた物事をどうとらえ、どう生かすかは
センスですね。

それによって歩む人生が変わる

見える景色が変わります。

 

 

 

 

 


陽の気を出す人

おはようございます

苫小牧市民17万人
北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

 

先週の金曜日から

広島→香川→岡山のあたりを
くるくる回ってきました。

 

 

この地は3~4年前に私が自分のスタイルをさらに
確率するために修行した地の一つ

いろんなスタンス、物事の捉え方が見えた

場所の一つです。

 

最近、よりお客様に寄り添えるレッスンが
自分のスタイルだなと感じられるようになりました。

レッスンスタイルには人それぞれのものがあり、

どれがいいとか、どれがよくないとかじゃなく、

 

それがそのヒトのスタイルとしてマッチしていれば
キラキラ輝きいい空間になると感じています。

 

最近きっと自分の能力、潜在部分と
顕在部分が理解でき、

それをカタチにして外に出すことができている感じ
がしています。

 

だからパワーの出し方もコントロールできてきた。

今回またゆっくり人と向き合い話す時間取れました。

 

人と話す、人を聴く

その方の人生から学ぶ

想像で何かを考え、不安ばかり口にする
会話はあまり最近好きではなく、

実際に動いた結果から、そこで見えた
かんがえをシェアしあうことが好き

 

 

最近特に、話

すだけでパワーもらえる

と言っていただけます。

 

自分に自信がつく。とか背中を
押される感じになる・・とか。

陽の気を感じるとか。。。。

 

これはそうしようとしているわけではないですが

自分の中の陰陽に気付けてきたから
コントロールできるのかな・・と。

 

物事には陰と陽
動と静
潜在と顕在

 

相反する性質もちゃんとみんな持っています

いつまでも陰で居続けることはなく
いつまでも陽で居続けることもなく

どちらもいつまでも循環していく。

どちらがいいとか悪いとかそんなのはない

そして自分の潜在部分に気付かせてくれるのは
他者だったりします。。

 

 

自分は自分のことわかっているようで

当たり前すぎて気づけていない時がある
自分ではネガティブに捉えている部分も
見え方によってはポジティブに見えている

かもしれない

 

それは誰かの声にちゃんと耳を傾けて

心をひらく・・

 

しかない

 

とおもっています

私が話す事って想像じゃなく

自分がじっさい実践して得た知恵や
起きたことから出た結果

しかない・・。

それは木田さんにしかできないよね・・

 

 

と言われたらそれまでですが、

逆にあなたがやることは私にはできません

 

ただ、こんな考え方があるんだ・・

とか、

こんな方法でもいいんだ・・

 

という感覚で聴いてもらいたい

そして、そんなことを求めて話す時間を
くださる皆さんに感謝しています。

 

いつも言います。

悩んでいる人のほとんどは

たいてい他と自分を比べてしまう。

比べるのは自由だけど、比べたときに
自分にしかないものじゃなく、

自分にはないものの方を引き合いに出して、
自分を責めることだけはしない方がいい

 

あほみたい・・・(笑

 

だって人は違うんだもん・・

当たり前。。

でも気になっちゃうのわかります・。。

早く自分の強みに気付けたらいいですね♪

私はあなたの強みを見抜くの得意です♪(笑)