「未分類」カテゴリーアーカイブ

クラウドファウンディングにかける想い・・・

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

私は昔から
想いを口に出す習慣がありました。

選手時代から目標を紙に書いて
壁に貼って

毎日目の届くところにおいて・・・

大人になってからもずっと想いは言葉にしてきました

 

外に出して
自分に課すようにして・・・

いつの間にかそこに近づける自分がいました。

 

想像できることは大抵できる❗️

というかやる❗️

 

妙な正義感というか
変な責任感を抱きやすく

誰もやらないなら
自分がやるしかない・・といつも
奮い立たせて動いていました。

 

上に立ちたいわけでもなんでもなくて
でも道のないところを進んで道をつくって

次の人がその道を歩くのを見るのが喜びだったりして・・・

今回のクラウドファウンディングの取り組みは
オンラインサロンを開設するための資金

https://camp-fire.jp/projects/view/348186

こちら見てください↑

 

そして
何よりも運動をしていないような方達

いわゆるフィットネス愛好者ではないような方達も

 

気軽に運動を取り入れるコンテンツ

 

として

 

 

新しい取り組み

を行う・・・そのための挑戦です。

 

私は
インストラクターってすごい仕事だと思います。

オンラインになって

ほぼ毎日レッスン配信しました。
今までずっとリアルでしか動いていなかったけど

画面を通して
向こう側にいる人たちを健康にできる・・・

 

これってすごい

しかも届けるだけではなく
受け取り

また返すこともできる

 

それによって救われた人もたくさんいる

 

 

そして何より
わたし自身が救われた

今から5年くらい前
はじめて東日本大震災の地にボランティァ活動に

行った時

 

言われた言葉

 

健康でいることは自分を守ることもできるけど
誰かを助けることもできる

だからあなたのしている仕事は素晴らしい

そんな人を増やしてください

 

私の人生、生き方、歩み方を変えた言葉です

 

それまで
自分にしかできないことにこだわりを持ち
そこに価値を見出してきました

 

もちろんそれも大事

だけどそれじゃ

自分に何かあったとき、大切な皆様を守ることができなくなる

 

 

そこから
次に繋がる取り組みを

先を恐れず
やっていこうと決めたんです。

 

いつもサポートしてくれる人がそばにいて
いつも応援してくれる人がそばにいて

いつも叱咤してくれる人がそばにいて

いろんな方に囲まれながら
活動できることは

とてもありがたい・・・・

目の前の大切な人に届けたい想いが

どんどん大きくなって
気づいたら

 

日本国民の域まで行ってました

 

大それたこと言ってます

何言ってるの・・と笑う人もいます

 


気持ちに嘘はない

 

ほんとに日本の人がみんな・・なんなら

世界の人がみんな
健康で笑顔溢れる

豊かな人生をおくってほしいと思っています

 

そのために自分ができることに
全力を使うだけです

 

今日で最後です。

皆さん、ご支援、シェアのほど
心から
よろしくお願いいたします。

 

 

 


咲ける場所に行くのもいい

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る

木田ちゃんです

置かれた場所で咲きなさい

という言葉もあります。
私は今まで置かれた場所で自分の最善を尽くす

 

ということをしてきました。
きっと皆さんそうですよね?

それは
自分の強みがなんなのかをあまり理解できていなかったから・・
最初は自分には何ができて

 

何をしている時か喜びで
何を求められているか分からない・・

そんな感じ

そんな時は
そこにくる環境に自分から身を投じて
そこでできることを見つけて

そこに尽力していく・・・

と言う時期が必要

 

 

そうしていくと、
自分には何ができるのか

何をしたいのか

だんだん見えてきます。

 

それが見えてきて自分の強みを磨いて

それを伝えたい❗️とわかり始めたら
置かれる場所を探すんじゃなくて

 

咲ける場所を自ら見つけにいく・・・
それがいいのかもと考え始めました。

どんな生き方をするか
誰と生きるか
何をするかは

自分で選ぶことができます。

まだまだ何がしたいか
どう進んでいくか分からない時は
直感を信じて、自分となんとなく波長が合う・・とか

 

おんなじ方向をみている感じがする人と
時間を共にしてみるといいかもです

 

自分一人で自分に向き合うのもいいけど
誰かと対峙することで
自分を知ること、みることができます。

 

今週末登別で木田ちゃん登別サークルです

まだ参加できますよ❗️

 

また、着物きたい・・・⭐️着れる場所にいきたい・・

 

 

 

 


手放すこと

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

 

毎月月末になると今
オンラインのレッスンの皆さんの
翌月への継続か
終了かの

 

ご連絡をいただきます。

 

はや、半年、
オンライン事業を取り入れ初めて

そんなに長い期間がたっていました。
私にとっては

長くて
あっという間

 

必死そのものでした

必死ってこうゆうことをいうんだなと感じた

今ままで当たり前だと思っていたことが
当たり前じゃなくなる

当たり前にご飯食べれて
当たり前に仕事ができて
当たり前のように何かを買い

当たり前のように誰かと会い

当たり前のように何かを手に入れる

 

 

当たり前のような毎日に溢れていた

けど

その時は気づかなくて
何かを強く制限されたときに

事態が変わった時に
当たり前が当たり前じゃなくなった時に

そのものの大切さに気づく

 

そうならないと気付けなかつた

そして
それにより手放さなくてはいけないもの

 

も出てきた

 

 

手放さなくてはいけないのではなく

 

手放すべきもの・・・
だったのかもしれないです

 

イカダに乗っていて
沈没しそうな時、

いつまでもそのイカダにしがみつき
泳いで岸を渡ろうとする勇気を

振り絞らずに

 

共に沈没するか

 

はたまた
持ってきた重たい荷物を

持ったまま逃げようとして
その荷物ごと

海の底に沈んでいくか・・

 

 

はたまた

今までの荷物をそこに起き
一か八かだけど

泳いでみようと
飛び込んでいくか・・・

私は手放すべきものを決め
それは見捨てたわけではなく

 

必ずもっといい状態にして
ちゃんと取り戻しにいくことを心に決め

勇気を持って飛び込んでみた

 

 

結果・・・

ものすごく
きつかった・・・・・笑

きつかったけど、
生きてる

 

生きてるし

誰かのために生きるのに
力を出せる

みんながやらないことでも
そんなの無理だよと思われても

可能性が0じゃないのなら
1パーセントでも可能性があるなら
やってみようと思う

そしてそんなふうに頑張ろうとしている人を応援したい

手放すものって物理的な物もあるけど
気持ちの中の

何かに依存してしまつている

安心の安定の中の
何か・・・・ってこともある。

 

この半年

皆さんのおかげでたくさん学ばせていただいています

 

本当に感謝です
そして、これからはそれを形にしていきたいです。

11月からの木田倶楽部新規メンバー募集中です❗️

からだバー®️プレゼントします