「未分類」カテゴリーアーカイブ

明日からのボディリマインドレッスンのご案内

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

 

私がレッスンさせていただいている
ジョイフィット苫小牧様・・

ジョイフィット全店かな・・

今の期間スタジオレッスンはお休みしています。

 

私はボディリマインドを作ったきっかけは

フィットネスクラブではできないことをしよう

これがきっかけです。

お休み中いろいろ考え
SNSでレッスンも配信し、

日曜日には
さっほろでイベントレッスンも行いました。

 

4月ころには従来通りのスタジオレッスンが
再開されると思いますが、

 

そこまでの期間、
運動習慣がある方、またはこれを期に体力
免疫力を上げたいと思っている方の

その想いをカタチにする場を

私が作るべき!

勝手に使命感を持って

明日から再開します。

 

まずは
従来通りのグループレッスンの再開

と、同時に
特別ブログラムとして

定員4名のレッスンを
期間限定でスタートします。

まずは明日

3月17日 火曜日
11:00~11:45ラテンエアロビクス
12:00~12:45ピラティスヨガ
15:00~15:45からだジャンプ®
16:00~16:45からだバー®

3月18日 水曜日
11:00~11:45ZUMBA
12:00~12:45スーパーストレッチ
15:00~15:45優しいエアロビクス
16:00~16:45ピラティスヨガ
20:30~21:15からだバー®

3月19日 木曜日

11:00~11:45からだバー®
12:00~12:45からだジャンプ®
15:00~15:45優しいエアロビクス
16:00~16:45ピラティスヨガ
20:30~21:00からだジャンプ®→こちらだけ開催時間が短いため
1500円税別です
21:00~21:45ピラティスヨガ

3月20日 金曜日
11:00~11:45ピラティスヨガ
12:00~12:45ZUMBA
15:00~15:45からだバー®
16:00~16:45スーパーストレッチ
20:30~21:15ZUMBA

土曜日パーソナルトレーニング等の
ご依頼おまちしています。
(登別しんた21でのサークルは中止になりました)

予約入り次第開催いたします。
いない場合は

ZUMBA以外は
SNSでのライブ配信を一人で行います。

金額は

1回のみ3000円
10回チケット21600円
6回チケット14500円

です。

パーソナルトレーニング
は一回のみだと8000円

4回チケットだと30240円です。

 

上記レッスンの申し込みは
kida0331@gmail.comまで。
お名前と希望レッスンをご連絡ください!
LINE、メッセンジャーなどで繋がっている方は
そちらでの申し込みも可能です。

定員が決まっています。

参加にあたり
消毒、うがい手洗い、体調管理をしっかりし
万が一感染した場合、発症の場合の責任は
負いかねることを

ご理解の上

お申込みお願いいたします。

 

3月22日
アイビープラザでの
ゆるフィットネス
姿勢改善
ラテン・レゲトンWSは開催予定しています。

 

16:15~17:30ラテン
17:40~18:50レゲトンwsを開催いたします。
そちらは2500円です。

 

です。

申し込みはkida0331@gmail.comまで。


私が運動指導者を絶対にやり続けなくてはいけない理由

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

先日、長男のよしきが中学の卒業式を
無事に・・・(笑)

無事かな・・・(笑)

おえました。

 

長男よしきの体育大会は私は一度も見たことがなく
結果しか聞いていなかった・・・。
モットたくさん見て居てあげたかった・・・

 

って終わってから気付くんですよね。
なんでだろな・・・。

その時は
働かなきゃって想いが先に来てしまう・・・。

 

働いて頑張って家族を養わなきゃ・・

って。

それが親の仕事って思っちゃう・・
私はもしかしたら
お父さん気質かもしれません・・

養うために身を粉にして働く・・
働きバチ的なタイプ‥(笑)

いいのかな・・・・。

人の為に尽くすことが生きがい・・。
いいのかな・・・

 

欧米的な
ルーズな働き方は

私には合わないと思う・・・(笑)

それがダメなわけではない
私に合わない・・というだけ。

だけどいつまでも肉体労働だけだと
身体も壊すし、
横展開していくのが大変なのを
今回のコロナのお陰で知れました。。。

 

私は運動指導者という仕事はお医者さん並みに
大切な役割だと思っています。

 

私がフィットネス施設でスタジオレッスンのみで
仕事していた時は

それが全てだったので

完璧にコリオをこなす(当時はプレコリオばかり・・

かっこよく動く

みたいなことをお客様にも求めがちだった・・
安全面に考慮してとは言いつつも

より高くより強く、自分の限界にチャレンジ
みたいな感じだった

 

あれは10年以上くらい前・・

 

 

フリーランスになり
パーソナルトレーニングの
学びをし始めて

身体の使い方、仕組みを知り

個別に人を見るようになり

見ていくとみんなからだの悩みや

改善すべき点があるコトを見つけた

 

そこを改善するお手伝いができると
その人の日常が、その人の生き方が
その人の競技成績が・・・

アップする

 

ことに気づいた。

 

私はスタジオという枠を越えたインストラクターに
なろうと決めました

そして今があります。

 

私の息子、ヨシキとアツシは二人とも
サッカーをしています。

私は自宅で一切指導しません

そこら中にフィットネスツールは置いていますが
使うのを待っています(笑)

使い始めて、使い方が分からなくて
聞いてきたら

教えます

 

二人ともサッカーの練習から帰宅すると
いつも脚やからだがガチガチで、

絶対肉離れするよ?って思うくらい
ハムストリングスは
固まっています。

 

ヨシキが中学生になるとき

はじめて

「パーソナルトレーニング受けたい」

と言ってきました。

 

自分で自分の今のサッカーの動作で
改善すべき点を見つけたみたい・・

そこを治したいけど
治せない

 

だから見てほしい

・・・からだを見てほしいと。

 

 

パーソナルをして
身体の仕組みを理解させ
癖を伝え

改善すべきエクササイズを伝えました

 

そしたら
まだ中一ながらに
コツコツ言われたことを継続していたらしく

すごく変わってきたと・・。

 

数か月して

お母さん見て・・

 

ほら・・

変わってきたと思わない?
と見せてきた・・・。

 

ホントだ!すごい!

やってたの?
うん!意識してた!

と。

 

ヨシキはサッカーの動きも変わってきたらしく
すごくパーソナルトレーニングの価値を理解しました。

 

たまに今でも

やりたいと懇願してきます。

 

サッカーのクラブチームに入れたので
Jリーガーとか目指すのかと思っていたら

就職することを選びました

 

だから工業系の高校を受験しています。

結果はまだ・・・。

 

どんな職種につきたいの?と聞いても
明確な答えはなく・・

苫東にあるような
大手の企業名を出してくるだけ・・。

 

ん~・・・・なんか
腑に落ちす゛にいました・・

そんな工場で働きたいの?
モット中学生って

夢があるんじゃないの?
無理だけど
こんなことしてみたい・・・みたいな

目標ってあるんじゃないの?

 

ってこの前、
受験の前に聞きました。

そしたら

お母さんがやるような
運動指導者の働く環境を
作れるような会社を作りたい・・・と。

 

実はこの話、

3年くらい前に
パーソナルトレーニングをした後に
言ってきました。

 

お母さんのやってることって
お医者さんみたいな立場にあると思う

たくさんの悩んでいる人を助けると思う
もっと地域や
いろんなところで

運動指導者は認知されて
もっと世の中の役に立っていいはず・・と。

 

中一の息子に言われました。

お母さんがやってることすごいよ。って。

 

じゃあ、パーソナルトレーナ―になったら?
養成しようか?(笑)

と聞いたら

いや、俺は指導者にはなりたくない

 

だけど
そうゆう人たちをお母さんが育てて
そんな人たちが
働く場所を見つける、作り出す役割になりたい

 

と。

 

すごくうれしくて

うれしくて

 

ただ・・・でも

半信半疑で聴いていた‥私。

 

 

いざ将来を見据えて進学か就職か?
の選択肢を迫られたとき

息子は就職を選んだ。。。

 

その先に

実は
お金をためて
起業したいと。。。

 

できるだけ、早く・・
私がまだ現役で指導している間に

運動指導者のサポートができる会社を
作りたいと・・・。

 

そのために安定した会社に就職し
お金を貯めたいと。。。

 

 

ちゃんと息子は考えていました・・。

もはや
運動指導者として
苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康をまもる

 

私だけの目標ではなく
息子の目標にもなっていました。。

だから

私は何としてでも
運動指導者としてしっかりと形を作り

活動のモデルケースを作り

後世に伝えられる形を作り出さなきゃいけない

 

いつかどっかで
小料理屋でもやりたいななんて
言ってましたが

 

そうもいかなくなりました・・・。(笑)

だから
コロナウイルスなんかに負けてられないの

置かれた立場で
しっかりと健康を守る取り組みをしていかなきゃ
いけないの

それが息子の夢でもあり

 

私の親としての務めでもある

こんな親・・・なかなか受け入れられないよね
世間的には‥(笑)

アツく語りすぎました・・(笑)
スミマセン・・。

 

 

 

 


ネガティブが良くないなんて思わなくていい

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

 

嫌なことがあったり、悲しい気持ちになったり
失敗しちゃったとき・・・

どんな気持ちになりますか?

ケロっとして、
なにも考えず次に進む人も中には

いますが、

 

トコトン落ち込んだり、
気分転換したり

人によっていろんな捉え方を
すると思います。

 

いい気持ちではなく
向き合っていることで
マイナスな感情になる・・

反省しちゃう・・
自分を責めちゃう・・・

こんなネガティブになっていてはダメ

ポジティブにならなきゃ!

 

と、マイナスなことを考えている自分すら
責めてしまう

ネガティブ思考=ダメ
ポジティブ思考=良し

ではないと思うんです

 

ネガティブな思考・・・これ、仕方ない(笑)

もう、そう思えばいいと思っています

逆に
あ、今マイナスな思考にあるなぁ~

と、自分を客観的に見て

 

そしてここからが大切

 

じゃ・・・つぎどうしていく?

これを考えられるかどうかが
運命の分かれ道・・・かと。

ネガティブは進化チャンス
ネガティブは伸びしろ

と、捉えます。

 

そしたら
ウエルカムになるから(笑)

そして
いい子ちゃんで居ようとしなくていい

全てにおいて
ポジティブで、完璧で
ハッピーでいようとなんて

 

しなくていい。

 

何に対して自分はハッピーでいたいか・・
全てにおいてじゃなく

何に対してハッピーでいたいか・・
そこだけを押さえておけば

全て受け入れられる!
ポジティブとネガティブは表裏一体。

その時の自分の状態をちゃんと
受け止めて
許して、

次の一手を考えていきましょ♪

 

 

 

 


生まれつき身体が硬い人なんていない

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

人間にはそもそもの身体の本質の能力、機能が
あります。

動くことでその機能は保たれていきます

栄養を取り入れ、からだが動き、そうして
機能が保たれるのです。

運動と栄養の両面をサポートするトレーナーとして
皆さんの相談に乗ったり
できることをお伝えしていますが、

痛みで相談に来る方、
または身体を変えたいと食事の相談を
してきてくださる方

の多くが

そもそもの本来の状態を維持できていない

 

というのが現状です。。

運動に関しては

ご自分の筋力、柔軟性よりもハードな動きをしている
何かが不足している

やらなくていいことをやりすぎていて
やるべきことをやれていない(:_;)

 

 

栄養に関しては
何かを制限しなきゃと考える前に
本来摂取すべきもの

正常にからだを動かすために必要な
栄養がいきわたっていない状態

 

その状態で思い通りの身体にならない・・
と来てくださる・・。

そもそも、そうならないような状態を
自分で作り出している・・・。

 

身体のコトって自分ではわかっているとは言うけど
全然知らないです

 

私も運動や栄養については

ちゃんと学ぶまで知らなかった・・
間違った解釈
メディアのコトバ・・

ばかりだった・・・。

 

生まれつき身体が硬いんです・・
って言ってくる方がいますが

そんな人いません(笑)
先天的な病気でもない限り・・。

ただ子供時代、育った環境によって
自分ではどうしようもなく
からだが使えなくなっている場合はあります

身体が動かなのは

身体をちゃんと使わなかったからなんです

 

動かさないものは動かないです

 

動きが悪い理由は

動き方がわるいから

動いていないからです。

 

じゃあどうやったらちゃんとうごけるようになりますか?

 

それは
ちゃんと動ける位置を理解し
そのために必要な筋力
インナーとアウターをつけ、

 

身体に学習させる必要がある

とわたしは思っています。

 

黙っていたら退化するだけです・・。

 

生ものですから・・私たち。

 

よく、痛くなったら
電器かけに行く、針しにいく・・っていう方がいます

 

それを否定するわけではありません。

 

目的によって選択するだけです。
一時的な痛みをとるのが目的なら

電器かけて血行よくすればいい
針打って一時的に刺激を与え炎症を起こし治癒力
を高めればいい。

 

じゃ一時的な痛みが回復した後はどうするの?

またおんなじ痛みが出てきたら電器と針いくの?

ずっとその繰り返し?

 

おかねかかるわぁ~(*_*;(笑)

対処療法じゃなくて
予防医学的な考えしていきませんか?

そうならないための
身体づくり
栄養管理・・

 

これができるのが
私たち運動指導者

だと思っています。

 

もちろん時と場合で
痛みに対して
フィットネスアプローチで改善できることも
あります

最近は股関節の痛みにたいして

からだバー®️でのリリースとして

挟んで外旋する動きを促してます。

痛みが減るみたい🎵

 

 

運動指導者が増えたら
整形外科はいらなくなる日がくるかもよ♪

運動指導者が増えたら
病院に行く回数は減るかもよ♪

医療費は削減できるかもよ♪

 

身体の悩みはまず、
連絡ください

大人も子どもも・・・♪

kida0331@gmail.comまで(^_-)-☆

 

 

 


きっとみんなが何かしらの先生

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

仕事柄、先生と呼んでいただくことが
多いです。。

木田ちゃんとか、麻美ちゃんと呼んでいただくのも
うれしいですが、

 

木田先生と呼ばれることが一番多いです。

 

FBで新年のご挨拶をしたら

多くの方から

木田先生、あけましておめでとうございます。
と、コメントをいただきました。
ありがとうございます。

 

1つずつご挨拶を返しましたが
木田先生の

先生・・・

という言葉が
なんだか気になりました。

 

せんせいって
えらい人だって子供ころは思っていましたが

先を生きている人・・
他のヒトより
その道を先に生きている人

または、先を進んでいる人

っていうだけで
上とか下とかじゃないんですよね

旦那は栄養のことが私より詳しい
講師です

私より栄養を学ぶのは後でしたが、
学びで言うと私よりたくさん先に進んでいます

 

息子たちは私より
サッカーが詳しいです

私はサッカーのことについて子供たちに
学ばせてもらいます

サッカーの道を私よりも
どんどん先に進んでいるから、

私の先生です

 

やはり先に何かを経験し
何かを理解し、それが誰かを介して
より良いものに進化したものは

どんどん次の人に伝えていくべきですね

 

そして人に何かを伝える以上
先生として

何かをお伝えしていく以上
責任がともなう

だから自分が発する一言一言を
大切に
想いを込めながら

しっかり伝えていきたいと感じました。

そして私もいろんなことを学んでいきたい♪

スポンジのように吸収したいです★

 

 

 

 

 

 

 


フィットネスインストラクターにありがちな心の中の現象③

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

フィットネスインストラクターになり
18年です。
私のインストラクター人生の中で
起きてきた

様々な心の現象を
同じように悩んだり
かんがえたりしている人がいたりしたら

ちょっとでもその方の
参考になったり
気付きになってもらえたらうれしい・・。

一人で考えこまないで・・
きっと誰もが通るはずの

道だから。。
そして理想論でもなく
想像でもなく

私の心に起きた現象しか言いません(笑)
ただ自論です・・・(笑)

 

何か挑戦したいとき
何か新しい環境に身を置いてみようと

考えていながら
行動に起こせない時・・

 

コンテストみたいなものに出たいけど
自分なんかが出てもいいのだろうか・・・と

勝手に自分を下げてしまう

 

その結果
何もできない、なにも進まない

何も変わらないどころか
周りは進んでいる分
退化している・・・・

 

そんな時
よく、

 

自信がないから
自信を持てるようになったら
チャレンジしてみます

と言ってしまったことがある

 

え。。。いつ自信つくの?

 

私なんかがまた゛そこの場に行くのは
速いので・・・。

と言ってせっかくの素晴らしい学びの場を
逃したことがある

 

 

クラブスタッフからフリーランスになるとき
2年くらい考えた・・

今、自分なんかが
フリーになったら
誰も参加してくれない

 

自分なんかが・・・と言ってる時点で
アウト(笑)

それは、自分で自分の商品をダメといっている

 

ダメということで
自分が楽になろうとしているだけ・・・。

そして自信は勝手につくものではなく
厳しい環境に身を置いて

挑戦し、失敗し、また挑戦して・・・
なんども繰り返し努力した結果

得られたものが
自信なんだと思う

そして成果なんだと思う

結果はただの最終状態のこと

 

成果は行動した結果、成し遂げられて得られたこと。
それが自信になる

だから行動しない人は
自信がつくわけがない

行動せずに自信を持てている人は
自意識過剰・・・(笑)?

その環境に身を置かず
そこに挑む自信なんて
つくはずがない・・・。

 

やりもせずに
不安を口にするのは
ただそうして自分が自分から
逃げていて、楽な方に行こうとしているだけ。

あとは物事には
タイミングがあります

条件がトントン整うときはGOすべき時

なかなか進まない時は
それもそれでじっくり吟味しなさいってこと

 

昔自分がまだ知識がなくて
たくさんの学びをしたいと思っていたころ
北海道を牽引している方に

貴方がこれからの北海道を引っ張ってほしい
と言ってくださり
エグザミナ―、コンサルタントの試験を

何も準備せず受けたことがあった・・・

結果はもちろん不合格
5点足りなかった・・・

 

だってまだ自分の意識がそこまで行けてなくて
なりたいとも思っていなくて

半ば強引に受けた感じ・・・。(笑)

 

ただそれをしたことで
あと5点でそこに行けるんだ!と
その時の自分の実力を知ることができた。

10年くらい前かな・・・・。

 

これは行動から得られた成果だった。

結果は不合格・・(笑)
結果と成果の違い・・。

 

やりたいときがやり時

とも思っています。

ただ、生半可な気持ちではなく
覚悟を持つこと

その動機は何なのか
何のために
誰のために・・・

をちゃんと考えて・・・。

自分軸をちゃんともって
胸に手を当てて
周りに左右されず

人の目も気にせず
何のために、誰のためにそれが
したいのか・・・

そして、

タイミングも見ながら
進むと決めたときに
しっかりダッシュしたらいい。。。

選んだ道に失敗も成功もない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大きく動かなくてもいいんじゃない?自分にあった動きをみつけよう

苫小牧市民17万人
北海道民560万人

日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです
身体の関節可動域が人それぞれ
違うのは皆さん知っています。

 

柔軟性や筋力も違うのは
知っています

その人にあった動きって
あると思うんです★

こうあるべき
もっとこううして!

先生のようにかっこよく動きたい!

そんな感じで
自分のキャパを越えて

無理して動くことで
どこかに負担がかかり
痛みやケガに繋がる思うんです

大きな動きがいい動きとは限らない・・
出力ではなく調整力

です。

私昔、ものすごくパワーがあって
筋トレいっぱいしていたし
体力ものすごくあったし

大きく強く激しく動いていました

外側の筋力ばかり使って
ガツガツ動いていました

そのお陰で
股関節はすぐ痛くなる

膝も痛くなる

こんなんでいいのかな・・
痛みはストレスです

やりたいことがやれなくなる・・

意味なく
無理なく

楽しいことしていたい

し続けていたい。。。
あの人にはできて私にはできない

別にいいじゃない

自分が楽しけりゃ。。
自分が自分らしくいて
誰が文句言うの?

自分が自分らしい動きをして何が
悪いの?

あの人みたいな動かなきゃダメ・・
って

誰が決めたの?
自分の痛みがないいい位置で
動き続けられたら

それが一番いいじゃん?

長く続けることで
それが習慣化し、
無意識になり

次の段階に行けます

私がこれからフィットネスを通して
皆さんに提供していきたいこと
伝えたいことは

もっとうまくかっこよくなることではなく

貴方があなたらしくいられるように
貴方にあった動きを
見つけ出してあげること!

だと

最近すごく思います。。

最近お菓子作りばかりしていたら
つまみ食いしすぎて
少しからだが緩んでしまいました・・・(笑)

 

冬に向けて
綺麗なからだに戻していきます(^_-)-☆

自分が自分らしく居られることが

一番輝けるんです\(^o^)/

 

 

 

 


フィットネスインストラクターにありがちな心の中の現象①

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

私はインストラクターとして活動し
18年になります。

決して長い指導歴ではないですが、
ずっといろいろ行動してきました。

行動はみんながしますが
前に、上に、後ろに、右に、左に・・・

たまに真っ逆さまに・・・・・(笑)

 

そしてたくさん必要な遠回りをして
今現在にいます。

 

今は毎日が平和・・・?!

 

 

というわけではなく(笑)

むしろ毎日が上げ下げ↓↑です(笑)

 

いろんなことが毎日毎日おきます。

だけど、・・・・
何だろう・・・・

 

ちゃんと軸に戻ってきます。

レッスンに迷いが出ることは
なくなりました。

事務的な部分とか、
業務的なことに
あたふたしたりしちゃうことは

あっても

レッスンを提供する上で
心がぶれることは
なくなりました(笑)

 

これは経験とか、そうゆうことなのかな?
とも思ったけど
そうじゃなく

根本の部分だったことに気付けたのです。

それは、

手段と目的

私たちはフィットネスインストラクターに
なって何かのエクササイズを提供することになります

エアロビクス
ピラティス
ヨガ
ダンスフィットネス
ストレッチ
マーシェルエクササイズ
からだバー®
からだジャンプ®

 

全て違います。

全て違うけど全てに共通しているのは

健康のために取り組むための
フィットネスの一つの手段だということ

 

サークルや、フィットネスクラブでのレッスンを
提供するとき

そこに初めて参加する方は
実は

そのエクササイズを目的に来ている・・・

というわけではない(方がほとんど)

みんな最初は何にもわからず
身体のことを考えて
痩せたくて
筋力つけたくて
ストレス発散したくて
何かを変えたくて
自分を変えたくて・・

そこに来ています

 

そして偶然初めて体験する
何かが自分のレッスンだった・・

というパターンが多いです。

お友達の紹介とか、
そうゆうパターンも多いけど
最初はレッスンそのもののことなんて

 

よくわからない。。。

つまり、

エクササイズは目的ではない

 

 

手段なんです。。

目的はその先にある。

そして参加していくうちに
レッスンそのものが楽しくなって
目的がレッスンになっちゃうんですけどね♪

 

そしてインストラクターは
自分のレッスンに誇りを持っていて
そのレッスンにしっかり忠実に

良さを伝えようと
親切丁寧に

一生懸命伝える

 

伝えれは゛伝えるほどに

もっと知ってほしいと思う
もっとうまくなってほしいと思う

うまくいかない場合、

逆にうまくいっていても
この先皆さんはずっと来てくれるのだろうか・・・

なんてゆう不安が心に走るときがくる

 

不安になって
もっと知識をつけてお客様に向き合って
いいレッスンをしようと考える

 

でも大事なのは知識じゃない

あ、知識は大事(笑)

 

知識を身に着けた状態で

何が目的かの
ボタンが掛け違わないように

手段と目的を
もう一度考えていく・・・・。

 

エアロビクスを教えるプロだけど
エアロビクスがうまくなることを
目的に教えてしまっては

 

きっと

不安が生まれてくる

エアロビクスインストラクターなのか
ダンスインストラクターなのか
ヨガインストラクターなのか

運動指導者なのか・・・

 

私は昔、この質問に
堂々とエアロビクスを通して
エアロビクスの良さを伝えたい!

ヨガのすばらしさを伝えたい!

ピラティスのすばらしさを伝えたい!
ダンスの感動を伝えたい!

と言い張っていました。。。

 

そのころはよくレッスンを提供する中で
心がゆらゆら揺れていました。
不安にさいなまれていました。。

だけど、
私はなんで運動指導者をしているのか?
どうして学ぶのか・・

皆さんに、大切な人にどうあってほしいのか・・・

を考えまくって
書き出しまくって
言いまくっっていたら

不安がなくなった!

 

手段と目的が明確になった!

毎日が楽しくレッスンできるようになった
大人数でも、少人数でも・・。

 

もし、、自分のレッスンに迷いや
不安が出始めたインストラクターさんがいたら

それは

ダメなんじゃなく
成長するために進んだことで起きた
証です!

次の段階に進む証です。

 

だからダイジョウブ!

もう一度自分のスタンス、在り方を
かんがえてみましょ。。。

また、お伝えします(^_-)-☆


私大きく動きません・・・全然動きません(笑)

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

 

私は自分の動きが大きく見えるとよく言われ
実際にあったときにこんなに小さいの?

と驚かれます。

 

私自身、実は大きく動いているつもりはなく

実に小さく

実に省エネで
軸の最初の動きしか意識していない・・・。

でんでん太鼓わかりますか?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

こんなかんじで動いています

背骨
肩甲骨
骨盤
あたりでしか動いている意識がなく

その辺りを

どの角度で
どこでヒットさせれば

そのあとに四肢が流れるようについてくるか・・・

という感じで動くので

動き始めだけ意識をしていて
あとは流れるように繋いでいるんです。。

 

アウターマッスルを使わない感じ

だから骨で動く・・をよく言います

 

だけど

アウターマッスルは使っていないんじゃなく
緩めて固めない状態でいるだけ

 

そして四肢の根元はちゃんと体幹に
いんなマッスルを介してくっついているので

いくら四肢が動いても
もげない・・・(笑)

だから
そんなに動いてすごいスタミナですね・・

 

と言われますが

疲れない(笑)

動いてないもん(笑)

 

となります

昔は、パワーパワーで動いていました

だからすごくお腹もすいた・・。
今は動かないから

お腹すかない(笑)

いつも驚かれますが
8時間くらいなんも食べなくても
普通に4レッスンくらい

やれます

たいていイベント一日やるときは

朝の5時に少しなんか食べたら
そのあと夜の9時くらいまで何も食べなくても

 

ダイジョウブ(笑)

アドレナリンで出ますしね・・・・(笑)

ってなくらい
省エネです。

筋肉で固めてしまうと
ホントに怪我しちゃう・・

 

何のために筋肉をつかうか
何のために筋肉が必要か・・・
私の場合

固めるためではなく
四肢の関節を滑らかに動かすために
緩めながら

メリハリつけるためにつかう。
そんなからだの使い方をみんなに知ってほしい

これからはそうゆう使い方を伝える機会を
多く作っていきます。


子どもたちの心と身体が一気に成長するコツ

苫小牧市民17万人
日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

私は子供時代結構厳しく育ててもらえた

記憶があります

 

母に聞くと
私の誕生日は3月31日で

4月生まれの子と比べると1年遅く生まれていて
それで同じ学年でおんなじ教育を受けるため

オムツやら、歯磨きやら、ボタンかけやら
靴ひもむすびやら・・・

結構幼いうちから

出来なくて
置いていかれて困らないように

厳しく教えてこられたようでした。

 

 

だからその名残というか、
褒めて育つタイプではなく
ケチョンケチョンにされて

何くそ根性で這い上がるタイプと自覚しています

 

とは言え、

大人になっても
褒められる、認められるのはうれしいこと

 

結局それを自分自身が素直に聞けない・・
受け入れられないだけで

メンタルブロックがかかってしまっている
のかも・・・。

現在SMILE KIDSというフィットネス&ダンスサークル
を苫小牧AVROS沼ノ端プールで

展開しています。

3歳から6年生まで40名程度が参加してくれています

 

 

未就学児と小学生は分けていますが
どちらの子たちも
できない壁に直面したとき

 

できないことを責めたり
できないことばかりを練習したりすることは

しないです

 

これは人それぞれ教育の仕方が違うので
あくまで

私が今までのキッズフィットネスから

導いた指導法なんですが、

できていないところは基本

 

無視

 

だけどできていないんじゃなくて
間違っている場合、。。は

ちゃんと正しいやり方を教えます

 

間違っているのか
あっているけどできていないのかは

見れば一目瞭然

 

そしてその過程の中で
ほんの少し。。ほんの一瞬の

 

出来た!

 

を見逃さず・・・

いや‥むしろ出来たを見つけ出す作業に
力を注ぐ

 

些細なことでいい

本人はそれはできていることを気付いていない
くらいでいい

 

出来ちゃっているということに
わざわざ褒めてあげると

自分はできている!という自信にあふれて
そこを意識して取り組むようになり

 

そのうち、出来ていないことが
できるようになってくる

そんなに現象をたくさん目の当たりにします。

その時の子供たちの目の輝きと言ったら
もう涙が出そうになるくらい
うれしい・・・

もっともっと自分に自信をもって
のびのび動ける子供たちが

苫小牧にたくさん増えますように!

興味がある方はご連絡ください
kida0331@gmail.com