ショック~(^▽^;)

第一回 健幸長寿うべ市民集会 に行って来ました

講演の内容にショック…(^▽^;)

宇部市の健康づくりの現状
充実した医療機関や健康推進事業‼️

なのに…
健康寿命は県内の平均以下
1人当たりの医療費は全国平均の1.3倍…
生活習慣の改善意欲のない市民は全国や県内の他の市町の1.5倍…

介護保険料も県内の他市に比べて月に1,000円、1年で12,000円も高いという現実

宇部市の皆さん知っていましたか!?

*何かあったら、病院にかかればいい
*お医者さんに任せていたら、なんとかしてくれるだろう
*介護申請してデイサービスに連れて行ってもらおう
*健康講座や運動教室、タダだから行こう

恵まれているからこその依存状態

これでは健康になるどころかますます健康寿命が短くなるのでは…((+_+))

これからは
市民1人1人が健康意識を持って恵まれた資源を生かせる健幸なまちづくりを・・・

【令和元年の第1回大会アピール】

健康は、人々の元気と安心の源であり、希望あふれる社会の礎であって、健康を維持し、
又は向上させることで生活の質を高めることは、市民共通の願いです。
(平成26年制定 宇部市健康づくり推進条例前文)

わたしたちは、本日、ここに
「自分の健康は自分でつくり守る」ことを基本とし、共に支え合いながら健幸長寿を目指します。

「う」うきうきと、心豊かに生きがいづくり励みます。
「べ」便利な車に頼らずに、歩くことを心がけます。
「し」食塩減らし、おいしく食事をいただきます。
「みん」みんなで声をかけ合って、健康づくりを進めます。

私たち運動指導者も頑張らないと!!

 

 

関連記事一覧