魔法のランニングとの出会い。

昨日京都に向かったのは、日本ランニングファシリテーター協会の、魔法のランニングフォームマスターコースを受講する為。

何となく、陸上部のトラック練習を思い出しました^_^💦

学生時代からの自分のマラソンやトライアスロン経験を活かしたことを、何かカタチにしたい。

そんな想いを抱いている中で、学生時代からご縁のあった、日本ランニングファシリテーター協会理事長の木村克己さんとの再会を経て、この夏、ランニングコミュニケーターの認定コーチとなりました。

20代は『笑顔でフィニッシュすること』を目標にしてきました。

もちろん、そこにはタイムや順位が求められることも。

自分でも追求していました。

早く走りたい。

前へ。前へ。

フィニッシュした先には、称賛、達成感、安堵感。。

想像している以上のものが自分の感情応援してくれた人が待ってくれていました。

でも、少し走ることから離れていた間に、私の価値観が変わりました。

『一緒に笑顔でフィニッシュすること』がしたい。

誰かの為に。

困難や苦しさ、フィニッシュした先にあるものを、一緒に分かち合える走り方をしたい。

4度のホノルルマラソンでのサポートランナー経験から11年。

小学校で子供がかけっこをするようになり、一緒に走るようになってからその想いに気付きました。

ランニングコミュニケーターとは、

『ランニング×コミュニケーション×リーダーシップ教育』の専門家。

教育とは勇氣を与えること。

何かを踏み出す一歩のきっかけは、ちょっとした小さな勇氣です。

誰かの『やってみたいな』と思った想いを、一緒にカタチにできるきっかけを、まずは作っていきたいです✨

#日本ランニングファシリテーター協会

#ランニングコミュニケーター認定コーチ

#魔法のランニング