球技を大好きに✨✨

​ずっと球技が苦手でした❗
それを大好きに変えてくれたのがこの仲間💕
嫁ぎ先の横島町は球技が盛んで、今日は球技大会ビーチボール大会❗
準優勝できて、大好きな仲間と打ち上げ🎶🍺🎶🍺
玉名市横島町に嫁いでよかった💖
みんな大好きーー❗❗❗
苦手でいい❗仲間と一緒に汗を流せる幸せ💕

健康未来へ届け❗からだバー®✨✨

からだバー®に出会うまでは、ツールをなるべく使わずに指導していました。
なるべく参加者や利用者さんに、お金をかけずに体を動かしてもらえたらと。
「ペットボトルや枕でも代用できますから」
と伝えてきました。
しかし、だからできなかったことがある❗
筋肉でいうと、インナーマッスルにまでアプローチできていなかった感じです。
からだバー®は!
筋力、バランス、コーディネーション、ストレッチ、ほぐし
5つの要素を含んだプログラムができるツール
☆股関節周囲筋を、ほぐして(弛緩)、しっかり使う(強化)。
☆脊柱起立筋を感じながら動かすことができる。
☆正しい起動で行え、コアにも効く。
高価なマシーンがなくても、
体位、方法、強度等を変えるだけで、
400gの木製のからだバー®は、その人に合わせて、偉大な威力を発揮します。
そのよさを、伝えることがからだワーカーの役割

からだワーカーの指名は大きいと思っています。

これから健康未来に向かって行く為に❗
私が今までやってきたことを、からだバー®にのせてお届けしていきたいと思っています✨
株式会社 えがおファクトリー
からだワーク協会
NBIのいつこSHOP
http://minitoma.nbinfinity.com

8月後半からだバー®ご案内✨

マイからだバー®やDVDで、生活化している方々が増えてます(^^)
体内年齢若くなった、骨格筋や基礎代謝アップ、体脂肪が減った、前の洋服が着れるようになった、肩まわりがほぐれた、腰の調子がいい 等々❗
続けている方は、変わっておられます❗
喜んでいただけるので❗
ずっと愛用していただきたいので❗
もっと変わっていただきたいので❗
お盆明けもやりますっ💖
8月後半からだバー®EXのご案内です(^^)
⬇⬇
★福岡 筑紫野市 アロマの杜にて✨
【ダイエットフィットネスアロマ】
からだバー®&リズムEXとアロマのコラボで、効果抜群✨✨大満足✨✨
8月17日(金) (明日)  19時~21時
★熊本 玉名にて✨
【子連れでママとからだバー®💖】
8月22日(火)  13時半~15時ごろまで
徳山家の座敷に集まって、わいわいしながら、からだバー®の使い方のご紹介💕
【横島女性部からだバー®サークル】
8月23日(水)  19:30~20:30
玉名市横島町JA総合支所 隣 農機具2階
【座敷でからだバー®サークル】
徳山家の座敷で行います😊
8月30日(水)  19:30~20:30
※ お気軽にメッセンジャーか、お電話、ラインにてお申込み、お問い合わせください❗
㈱えがおファクトリー I-fit代表
からだワーカー 徳山 いつ子
全国で、講習会が開催されています✨
是非、からだワーカーになって、一緒に広げていきましょう✨
喜んでいただけるから✨
広げたい✨✨
日本からだワーク協会

【農家の嫁だからこそできること】後編

……後編

また、子育てにも最適です。子供にとって、畑は最高の遊び場になっています。土や葉に隠れている根菜類や豆類も、葉っぱを見るだけであててしまいます。

一緒に野菜を収穫できることは、親として何よりもの喜びです。

田舎育ちではない私は、のびのびと遊べる子供が羨ましいです。

    変わったことは、日常生活だけではありません。その1つが横島フレッシュミズの会員になったことです。

結婚して半年くらいたってから、フレッシュミズの活動を知り、不安を胸に入会しましたが、そのお陰で人との繋がりもさらに増えました。

周りに同世代のお嫁さんがおらず、子供も保育園に通わせていなかった私にとって、フレッシュミズが心の支えになりました。

「同じ町に相談できる同世代の仲間がいることは、こんなに心強いことなんだ。」と実感しています。

農家のことや、子供のこと、家族のことを相談すると、とても前向きになりスカッとします。

特に、妊娠中つわりや切迫早産で辛い時や、実母が大病を患った時は、フレッシュミズの仲間にずいぶん励まされました。

また、勧誘して入会してもらった新しいメンバーから、「フレッシュミズに入るまでは、あんまり家から出ることもなかったし、友達もおらんかったけど、入ってから楽しか。」という言葉を聞けるのも、とても嬉しいことです。

    横島フレッシュミズの会員は、現在21名です。退会された後も、すぐに新しいメンバーをみんなで勧誘するので、人数の変動もほとんどなく、活気に満ち溢れています。

月1回はみんなで集まり、楽しく過ごしています。その中でも、トマトケチャップづくりと、町で行われるいちごマラソンの際の出店は、毎年欠かさず行っています。

みんなで地元のトマトや自家菜園の玉ねぎやにんにくを持ち寄って作るケチャップは絶品です。たくさん作るので、友達や親戚にお裾分けするのも楽しみになっています。

私は、そのビンを手に、フレッシュミズの活動内容や農家のよさを伝えるようにしています。「町内の人には、横島のフレッシュミズのことを知ってもらい、町外の人には、農家にお嫁にきてもらう機会になれば。」という期待を込めて。

さらに、いちごマラソンでも、横島の特産品であるいちごやトマトを使った料理やデザートを、その年ごとにみんなで相談して、試作を重ねて出店しています。

この活動は、地域の方のみならず、全国から参加された方々に喜んでいただいており毎年大好評です。

このように、結婚する前は何も知らず、不安でいっぱいだった私も、今では横島町も農業も大好きになりました。

私や実父のように、農業に携わってこなかった人間は、農業によいイメージを持っていない人が多いです。その人達に、農家にお嫁に来ることのよさを伝えられるのは、お嫁に来た私だからこそできることだと思っています。

これからも、少しでも多くの人に横島町に来てもらい、フレッシュミズで一緒に活動してもらえるよう、頑張っていきたいです。

そしてもうひとつ、私の目指していることがあります。それは、農業の分かる健康運動指導士として、体と心を元気にするお手伝いをしていくことです。

農機具と同じように、体も心も手入れをしなければさびや歪みが出てきます。

「毎日頑張って生産物にばかり愛情を注ぎ、体がだるい・重い・きついと感じている方に、農業を楽に行える体の使い方や運動を知ってもらいたい……」

この思いから、農業の傍ら、玉名フレッシュミズでの活動や、横島女性部会の中で、体操の講座を組み入れさせていただいています。参加者の方から、

「ほんに体の軽なった~!」

「毎日体操しとるけど、全然体の違いますよ!」

等という言葉をかけていただくことが、私の喜びと励みになっています。

これからも、多くのJA女性組織やフレッシュミズ組織の方々に、懲りや痛みのない体で、はつらつと農業ができるような支援ができればと思っています。

   このように、『農家の嫁になったからこそできること』を考え始めるとわくわくしてきます。そして何より、いろんなことをプラスに考え、行動させてくれる夫と義父に心から感謝しています。

“ありがとう,いい気持ち,嬉しい,笑顔,お陰様”この”あいうえお”の言葉は、結婚してから自然と自分の中に湧いてきた言葉です。

私は今幸せものです。この幸せが自分のものではなく、一人でも多くの皆さんと分かち合えるものになるよう、これからもいろんなことに挑戦していきます。

株式会社 えがおファクトリー

http://www.egao-factory.com

【農家の嫁だからこそできること】前編

「私には子供が3人います。そして、毎日ミニトマトを育てています。農家の嫁もいいですよ。皆さんも是非どうぞ。」

冗談交じりに同窓会や会合の中で、この言葉をよく言うようになりました。 

私が農家の嫁になったのは、今から約6年半前です。それまでは、全く農業には縁がなく、熊本市内のどちらかといえば街中に住んでいました。

農業に興味を持ち始めたのは、10年ほど前からです。

   私は、大学を卒業後、健康運動指導士として、様々な市や町での健康づくり事業に携わり、運動プログラムの開発と指導を行っていました。

その中で、介護予防教室に出向くことも多く、参加者の方から、家庭菜園や農業の話を聞くことがよくありました。

教室の後に用意してくださる食べ物は、取れたて野菜を使った田舎料理。

その料理に、私はスーパーで買って食べるのとは違う美味しさとエネルギーを感じました。

そして、次第に農家の方を尊敬し、憧れるようになりました。 

   嫁ぎ先である横島町の、総合保健福祉センター・ゆとり~むでも、週に1度、トレーニングルームやプールで、教室や個別指導を行っていました。

今の夫と出会ったのは、ゆとり~むで働きだして1年目のころです。

お付き合いをしながら、農業について少しずつ話を聞くようになりました。

その中でも、「農業は子育てと一緒たっ!しっかり見てやらんと病気にもかかるし。でっ、風邪を引いたかな。と思った時に消毒するとええとた。子供にも、元気なのに薬は飲ませんどが。」という言葉は、今でもよく覚えています。

夫が育てたミニトマトは、ほんとうに甘くて、たくさんの愛情を感じました。

そして、だんだん「この人とこの町で、一緒にミニトマトを育てていきたい!」と思うようになりました。

しかし、結婚を決めてからが大変でした。
1年間、実父の大反対を受けたのです。「大学まで行って、仕事も持っとるのに、何で農家に嫁がなんかっ。苦労するのは見えとるぞ。」とずいぶん言われました。

そんな実父も、今では「徳山家に嫁いでよかったな。」と言ってくれていて、たまにミニトマト契りを手伝いに来てくれています。

   結婚してからは、仕事はもちろんのこと、家事や育児等、180度生活が変わりました。

例えば、料理の前には、畑に植えてある野菜をとって洗うことから始めます。

1日30品目食べることより、取れたての旬の野菜を食べることが、どれだけ体にいいかを知りました。

1年を通して、義母の作ってくれている野菜は、20種類以上です。

いつも甘味があって美味しい新鮮野菜と、義母に感謝しながら食べています。

こんな経験は、田舎にお嫁に来なかったら味わえなかったことです。

また子育てにも最適です……
後編に続く……✨✨
⬆⬆

7年前に、JA熊本県女性大会の主張コンクールで、発表させていただいた内容です。

私の想いを書かせていただきました。

この想いが、今少しずつカタチになっています✨

後編までご覧いただけたら、幸いです✨

株式会社 えがおファクトリー

http://www.egao-factory.com