「2.マイ・ワーク」カテゴリーアーカイブ

2018年!始動!

2018年、本年もよろしくお願いいたします。

年末年始のスタジオ休館中は、
仕事は完全オフとは行きませんでしが、

自分の好きな時間に
毎日2時間、ピラティスに取り組めました。
大満足!

部屋にはアウトレットで
デロンギのヒーターも追加でき、
自宅のピラティス部屋も快適になりました。

キャンセル待ち20人の席が
奇跡的にまわってきて、
快適な施設にも宿泊できました。

5日からは、ロリータズ・レガシー
受講生向けの特別セッションを開催しています。

コラムにアップしたので、
こちらをご覧ください。

また、たくさんの想いを込めて企画した
スタジオビジネス実践講座もスタートし、
初回から嬉しいお声をいただいています!
こちらのコラムをご覧ください。

というわけで、すでに今年も本格的に
指導しております。

どうぞ、2018年もよろしくお願いいたします。

 

Junko

2018年最終営業日と「遊」

今日は、2018年最後の営業日でした。

本当に、最後の最後まで、
たくさんの方にご来店いただき、
ありがとうございました。

スタジオでの私のレッスンは週に2回。
パーソナルがメインですが、
今年もなんとか、グループクラスも
担当させていただくことができました。

今年も、たくさんのドラマが生まれ、
一つ一つが本当に、嬉しく、励みになりました。

「このスタジオで、人生が変わりました。」
「長い期間の身体の悩みが解決しました。」

こういった言葉は、お客様だけではなく、
ピラティスを指導しているスタジオのインストラクターも、
皆、同じ経験をしているのです。

インストラクターの先生にも
「来年も、櫻井先生について行きます!
頑張ります!」
と宣言をいただき、本当に嬉しかった。

特に、Lolita’s Legacy受講生と
スタジオインストラクターに対しては、
本気で向き合っているだけに、
「鬼」に見えているに違いないからです!(汗)
自分の不器用さも、なんとかしたい(汗)

一つ一つをピックアップするには
時間と紙面が足りませんが、
こんなお客様の声の日々の積み重ねが、
本当に励みになりました。

そして、年末の最後の最後まで、
本当にありがたい言葉をいただきました(涙)。

また、全国各地からも、毎月、
いや、毎週、たくさんの方にお越しいただきました。

「沼津に行くのは大変だと思っていたけど、
ここに来ないとできないことがある」

「最初は遠かったけど、櫻井先生の米国通いを見たら、
すっごく近い!」

と、泣ける言葉をたくさんいただきました(号泣)

私は、私自身が武者修行とも言える道を歩んできた結果、
皆が「しなくてもよい苦労をしないように」提供したい、
と心から願っています。

子供が0歳からピラティスをスタートした私は、
1秒の大切さを、誰よりも実感しているつもりです。

なので、このような言葉をいただくと、
本当に嬉しいです。

最終営業日ではありましたが、
今日は、毎月開催している致知出版の

「社内木鶏会」の日でもありました。

どんなに忙しくてもこの時間をとることで、
多くの深い気づきがあります。
そして、仲間同士で語り合う時間を持つことができ、
これも大きな財産だと感じています。

毎月深く感銘を受けますが、
今月のテーマ「」が座右の銘になるよう、
2018年はさらに精神性を高め、全力でやり切ろうと
実感しました。

スタッフや、新たに手を差し伸べてくれた仲間ができ、
経営者は孤独でありながらも、
結局は人に助けられ、人に育てられ、
人は人として生きて行くものだと、
実感もしました。

道無き道を歩み続け、これからは、
さらにその道を深めます。

このような中、一緒に頑張ってくれる仲間がいることが
奇跡のようにありがたいです。

今日でスタジオを卒業するスタッフもいました。

自分の人生を見つめ直し、
切羽詰まった表情でスタジオを訪れてきた彼女は、
たった1日で、初めて体験したピラティスを選びました。
そして、当スタジオでインストラクターの階段を歩み始め、
多くのお客様に暖かく育てていただき、
祝福され、卒業して行きました。

スタッフの成長とともに、
暖かいお客様が育ててくれたことに、
感謝の思いが込み上げます。
改めて、お客様に感謝です。

女性が働く職場として、
本当に嬉しい寿♡退社です。

ですが、当人も継続してレッスンを受講にくると
張り切っていますので、その際は、
引き続きどうぞよろしくお願いします♪

とりとめもないブログになりましたが、
今日もスタジオが営業できていることへの奇跡を忘れず、
「本当に大切なもの」へ直球勝負で、
邁進してまいります!

今年も、たくさんの方にスタジオをご利用頂き
ありがとうございました。
心より、御礼申し上げます。

どうぞみなさま、よいお年をお迎えくださいませ。

櫻井淳子

ベストブレイン・ウェルネスアワード2017

ベストブレイン・ウェルネスアワード2017

今年の優勝者は、
「脳卒中専門 保険外リハビリ事業と新たな仕事づくりを通じて
みんなを笑顔にするビジネスモデル」
を発表した、生野達也さんでした。

第二位:「集客を変革する パーソナルジムポータルサイト
”YASE LABO”」斎藤隼生さん

第三位:「地域の人びとを元気にする新しい健康づくりのカタチ
あへあほロボットプロジェクト」霜野まさひろ さん

昨年に引き続き、11/23開催された
ベストブレイン・ウェルネスアワードの審査員を、
務めさせていただきました。

審査員には業界外でご活躍されている方も多く、
多角的な視点で、また、客観的な視点で捉えることができました。

これだけ熱気と情熱で熱すぎるイベントにもかかわらず、
想いをしっかりと受け止めながらも情に流されることなく、
クールな視点での審査が続いて行きました。

↓審査員席の様子。

審査員一同と、発起人梅村社長⇩

2回目となる今年は、次世代に向けた企画、
融合、テクノロジーが印象に残りました。

時代の中で変化することと、
自分の確固たる変わらない価値。

ビジネスとして成立させる売上と利益など。

上記以外にもいろんな要素があり、
それらの塩梅が必要ですが、
プレゼンターの皆さんの熱意は相当なものがあり、
感動しました。

審査員として遠慮なく質問もさせていただきましたが、
熱のあるお話を頂き、さらに色々伺いたくなりました。

このアワードの、もう一つの素晴らしい特徴があります。
それは、参加者みなさんの結束力が、すごいということです!

同じ部活で3年間戦ってきた仲間同士のように、
ライバルであり、仲間であり、本気で応援する姿がありました。

いろんなアワードがありますが、これは、
他にはない特徴と言えると思います。

このアワードに出場するためには、
いくつかのステップを踏まなくてはいけません。

このステップを踏むことで、
プレゼンテーションができなかった人ができるようになり、
曖昧な部分が明確になり、よりミッションが定まって行く。

一定期間、本気で自分で向かい、
本気で他人から評価され、指摘され、アドバイスをもらい、
そして、勝ち残り、本線へと続いて行くのです。

このため、ただのアワードではなく、
いつも自分が代表として動いている人たちが、
良い意味で切磋琢磨しあい、
良い意味で成長する、
お金では買えないような貴重な時間となっているのです。

この中で、事務局からたくさんの指導やアドバイスを
惜しみなく提供してもらえる。
どんなに素晴らしいビジネス書を読むよりも実践的で、
ある意味、本当に自分のものになるのだと思います。
(事務局の労力は計り知れませんが・・・)

何かチャレンジするということは、
こういう経験が最大の宝となるのではないのでしょうか。

しかも、優勝すると100万円もらえちゃいます♡

今年もたくさんの方にお会いでき、
ありがとうございました。

審査とは別に、審査員から「この人を応援したい!」という
1名に、審査員賞を送ることができます。
一人に決めることは大変ですが、
今年は敗者復活枠から上がってきたという

「楽に上手に動けるからだ作りで日本の子供達をもっと元気に!!」
臼井美由紀 さんを選ばせていただきました。

確固たる実績が、素晴らしいです。
賞は、今後のビジネス的な発展を願って!

また、主催のメッツの皆様、本当にお疲れ様でした。
発起人の梅村社長、新しいパワーを生み出す
このような機会をゼロから立ち上げられ、すごいです!
(梅村社長の写真がないのが残念!!)

さて、気がついたら今年も12月になりました。

今年は5回の渡米が終わり、
4年間続けてきた勉強コースも先日終了し、
いくつかのプロジェクトを同時に進めながら、
スタジオに居られる時間は通常レッスンのほか、
指導者養成コース日以外にも
指導者を目指す方へのレッスン日を設け、
一番大切な「ピラティス」の提供に励んでいます。

そして、海外との連携・企画が多くなり、
早朝からのミーティングが当たり前の日々。

そして、3年後、5年後のために、
日々多くの打ち合わせなどをこなしています。

ブログも、少しずつ復活していきたいです。

 

JUNKO

数時間で満員御礼!小さなスタジオが選ばれ続ける「成功の法則」

昨日、寝る前にアップしたブログでご紹介した

「小さなスタジオが選ばれ続ける『成功の法則』」

ビジネスセミナーが、数時間で満席となりました。

全国各地からお申込み頂いた皆様、
本当にありがとうございました。

わたしは、年間多くのエクササイズ指導者を育成したり、
勉強会などで情報提供をさせて頂いています。

その中で、受講者の中には
・独立している方
・独立を考えている方
・スタッフの一員として会社を繁栄させたいと思っている方
が圧倒的に多くいらっしゃいます。

そんな中、エクササイズプログラムを提供するだけではなく、
そのスキルを生かして
「絶対に成功してほしい!」
と願い続けてきました。

利益が出ていても、お金が読めずにどんぶり勘定では
その程度までしか発展しません。

毎月運営がまわっていても、経営の基礎を知らなければ
趣味のレベルから抜けきれません。

どんなに高度なエクササイズプログラムを習得しても、
それだけでは良い指導者とは言えません。

  • 自分が何に対して本気で向き合っているのか。
  • 何をお客様に伝えたいのか。
  • その対象は誰か。
  • 自分のコミットメントは何か。

このようなことが本当の価値であり、
それらを明確にして、自分だけの価値を伝えていくこと。
そして、その価値が対象とするお客様に、
明確にメッセージとして届くこと。

これが、ブランディングの基礎だと思っています。

でも、そういったことを明確にするということは、
自分を知ることでもあり、
そんなことが簡単にできるなら、
誰も苦労しないわけです。

クールな知識・考え方、人間としての要素・想い。

こういったことを、的確に、明確に、
どうしたら手に入れられるのか。

ずっと考え続け、自分が取り組み続けた中で、
ようやくそういった場を提供できるようになったのが、
今回のビジネス講座なのです。

そして、私がこれまで数多く勉強し取り組んできた中で、
「絶対にこれだけは必要!」
「ここを押さえないと、意味がない!」
「ここさえ押さえていれば、
いかようにも発展できる自分基盤となる!」

と言う、実践的な内容でもあり、
実際に、わたし自身も取り組み成果を上げていることでもあります。
そして、スタッフ全員と同じ方向を向けるようになったことも、
大きな収穫でした。

もし、本当に人を助けたいなら、
助けられる自分にならなくてはいけません。

もし、人に喜んでいただきたいなら、
喜ばせてあげられる、
確固たる自立した自分にならなくてはいけません。

そして自分は、
誰を助けてあげられるのか。
誰を喜ばせたいのか。
具体的にどういったことを、どのようにして助けてあげられるのか。
社会に何を約束しているのか。

自分と関わった人は、
自分と関わったことでどうなっていくのか。

こういったことを、明確に持つのは、
本当に大切なことだと痛感しています。

そのためには、今より成長せざるを得ません。

わざわざ時間をとって各種講座を受けて頂いた皆様と、
一緒に繁栄し続けることができて、
ようやく私の役割が達成でる。
ずっと、そう思ってきました。

本当に、満を持して、新しい形でお役に立てる機会を
設けられるようになり、うれしい気持ちでいっぱいです。

実は、12/9の7周年記念イベントで話す
「ピラティスの歴史」についても、根底は同じ想いです。

自分で実際にいろんなところに足を運び、
実践し、得てきた膨大な情報量の中から、

お客様にとっては、もっとも無駄なく効率的に、
その核心を提供する。そいいうスタイルでいます。

育児、家庭、嫁としては、周囲に迷惑をかけ、
協力なしでは今はありません。

そうして苦労もしてきたからこそ、
全力で、皆様にお届けすることで、お役に立ちたいと思っています。

最後に話が「ビジネス講座」から「ピラティスの歴史」に
それてしまいまいましたが(笑)、

自分で労力をかけて得てきたものの中から
本当に良いと思うことを提供していく、
というスタンスが、わたしの根本にある在り方です。

是非、次回もまた企画していきたいとおもますので、
SNSやスタジオサイトなど、チェックして頂ければ幸いです。

講座情報はこちら

 

JUNKO