「パフォーマンス向上」カテゴリーアーカイブ

片足立ちがふらつく

ロコモティブシンドロームって言葉聞いたことありますか?

筋肉、関節、腱、靭帯など衰えることで介護の道に流れてしまうこと

通称 ロコモ

ロコモを判定するのに有効なのが

片足立ち

【片足立ちがふらつく】

片足立ちが苦手な方が多い・・・

最近はお子さんも苦手な子多いんです

若年者もロコモを疑われているくらいです

 

片足立ちを上達させるのに何をすればいいのでしょうか?

 

スクワットをすれば改善できるのか・・・

お客様には

最低限体重を片足で支えられるだけの筋力は欲しい

とお伝えしています

でも筋力を鍛えているだけでは難しいのです

キーワードになるのが

『姿勢』

姿勢が悪いといくらトレーニングしていても

片足立ちでふらつきます

お子さん

大人

アスリート

高齢者

全ての方に重要なことなんです

皆さんは片足立ちでふらつきませんか?

 

ハイハイは歩きを洗練させる

最近赤ちゃんの立つのが早い子もいると言われています

原因になる

ハイハイ不足

ハイハイが少ないと後になって困ってしまいます

手をうまくつけないので

跳び箱で手首を骨折

重心を上半身側にかけられないので

腰に負担がかかる

 

【ハイハイは歩きを洗練させる】

大人の方にもハイハイをやってもらうケースもあります

すると手足の動きがぎこちないことも

みなさん歩く時右腕を前に振ったら左足が出ますよね?

これって誰かに教えてもらいましたか?

赤ちゃんは勝手にやるのです

いつやるか?

ハイハイ

の時にしているのです

赤ちゃんも最初は右手と右足、左手と左足で動きますが

ハイハイをしているうちに対角線の動きに変わっていきます

ハイハイ不足は

ぎこちない歩きになってしまう可能性があります

歩きを洗練させる為に大人の方にもハイハイをしますが

体の不調がある方にはすごく大切な動きです

 

 

思うように動けてる?

トレーニングしていても

競技に活きているか?

パワーアップしたいと思い筋トレをしたら

動きづらくなった・・・

【思うように動けてる?】

筋肉は重いので体脂肪率が減っても

動きがぎこちない・・・

自分も最大8%まで体脂肪率が減ったことがあります

体力はついていましたが

思うように動けない・・・

 

自分がトレーニングで大切にしているのが

『連動性』

1つの筋肉を鍛えるで終わらせずに

連動して動いているか?

例:歩くのも色々な筋肉が使われるはず

1つの筋肉をつけてバランス悪くなっていないか?

特に

上半身と下半身の連動性

思うように動けているかわかりやすいです

そこでも

体幹

が重要になります

皆さんは思うように体動かせていますか?

競技外のトレーニングの重要性

ジュニアアスリート体幹育成塾を開催していて

特に最近は小さいころから一つの競技に絞る子が多いです

親の心情としては

何個も塾やクラブに通わせるのも大変ですし

金銭的にも大変です

でも中には毎日何かの塾があるって子もいるのです

自分が行っているトレーニングは

その競技に特化しないトレーニングがほとんどです

【競技外のトレーニングの重要性】

少し前はJリーガーが腕立て伏せできない・・・

競技外のトレーニングはしてないケースがほとんど

 

最近世の中の傾向として

危険なもの(遊具)は撤去
ボール投げは公園で禁止

正直ダメダメと押さえつけられています

お子さんも思いっきり遊べる環境がなく

おまけにゲームをやっている子も多く

動き方を知らない

1つの競技の動きはわかるが

その影響で使われてくる筋肉が決まってくるので

疲労が溜まり怪我に繋がってしまいます

だからこそ

競技外のトレーニングをすることで

普段使わない筋肉が働き

今までできなかった動きができる

怪我の予防

パフォーマンス向上

に繋がってきます

 

怪我に悩まされているジュニアアスリートの親御様

競技外の大切さが伝わってくれたら嬉しいです

仕事依頼はこちらから

https://yumeblo.jp/kenchan/2018/archives/22403

ランナーは姿勢が大切

自分のお客様に

市民ランナーの方

国際大会にエントリーするランナー

ジュニアアスリートにもランナー

がいます

【ランナーは姿勢が大切】

長距離を走る選手でも体幹が重要

それも長い時間姿勢を保つことが必要

タイムを目標にされている方が多く

共通して言われるのが

疲れると姿勢が悪くなり疲れる

 

体幹トレーニングが重要ですが

特に自分が大切にしているのは

横ぶれを防止すること

マラソンは前にしか基本進まない競技です

前後ブレはタイムに影響するのはわかりやすいですが

横ブレも疲れやすくなる原因です

 

手足が動いてもブレず

長い時間に耐えれる体幹を身につけることによって

目標タイムクリアが見えてきます

まずはランナーの方に意識してもらいたい姿勢

どうすればいい?早く走れるようになりたい

仕事依頼はこちらからどうぞ

https://yumeblo.jp/kenchan/contact