カテゴリー別アーカイブ: パフォーマンス向上

骨盤コンディショニンでパフォーマンスアップを

骨盤は上半身と下半身を繋ぐ重要な部位です❗

【骨盤コンディショニングでパフォーマンスアップを】

骨盤がいい状態だと

片足立ちの質が上がります↗

 

じゃあ骨盤ってどんな状態がいいのか⁉

歪みがないのがいいのか?

骨盤の傾きは?

 

骨盤の本来の役割をできればいいって事です

競技をしていて

特に大切なのが

片足立ちの質

質が高いと

ピッチャー、バッターはタメを作ることができます⚾

早く走りたいのであれば

下からの床反力をうまく利用できるといいです🏃

 

骨盤の状態が出るのが片足立ちです

パフォーマンスアップの為に骨盤注目してみるといいですよ

 

片足立ちを磨く

自分のレッスンでは

『片足立ち』

高齢者、美姿勢、ピラティス、ひめトレ、ジュニアアスリート

全ての方に伝えています

【片足立ちを磨く】

痛みを持っている方に伝える時に

つま先と膝の向きの話をします🏃🏾

 

要は立ってればいいのではなく

痛みなく立てるようにするには⁉

できるようになったら

不安定なところで立つ

ブルブル震えながら立つことで

片足立ちして落ちないように

普段使わない筋肉が働く

 

ちなみに片足立ちができなくなると

歩くのが大変に🏃🏿

アスリートで言えばプレーの質に関わりますよ⛹🏾

皆さんは片足立ちは磨いていますか?

上半身側に体重を乗せられない

上半身と下半身のバランスを見るのに有効なのが

『四つ這い』

四つ這いを取るまでには

赤ちゃんは頭側からトレーニングを始めています👌

成長の過程で上半身側が鍛えられているはずですが

四つ這いを取らせると

肩の真下に手を置けないケースが多いのです

【上半身側に体重を乗せられない】

上半身側に体重を乗せられないと

投げたり

鉄棒を掴んだり

腕を上げたり

が苦手になる傾向があります😭

 

ハイハイ不足

 

が考えられます

ハイハイは上半身側で言うと

肩甲骨周り(肩甲帯)強化💪

それも重心を移動させているので

体の動きもスムーズになっていきます

 

上半身側に体重を乗せられないのでしたら

成長の段階をやり直すことで

鍛え直すことができます

競技をしていて競技力向上につまづいている方

怪我予防に繋げたい方

お仕事依頼はこちらからどうぞ

https://yumeblo.jp/kenchan/contact

テニス選手のショットの安定

自分が見ているジュニアアスリートは

ソフトテニスをしている子がたくさんいますが

【テニス選手のショットの安定】

ジュニアアスリートから聞く言葉です👂

体幹トレーニングの成果だと思います

テニス選手に必要なトレーニングは

寝返り運動

体幹の力で回る運動は

上半身の筋力に頼った動きでは獲得できませんね

もう一つ効いてると思われる

スパイダーマン

それも自体重でできる✊

重りに頼ったトレーニングではなく

動きの質を引き出す

『赤ちゃんトレーニング』

がテニスのショットの安定に効いています

ジュニアアスリートの指導はお任せ下さい

仕事依頼はこちらからどうぞ

https://yumeblo.jp/kenchan/contact

 

特に柔軟性をあげたい〇〇と〇〇

柔軟性をあげたいの記事です

https://yumeblo.jp/kenchan/2017/archives/19509

【特に柔軟性をあげたい〇〇と〇〇】

柔軟性をあげたい関節は共通点があります✊

それは関節の形状にあります

この2箇所は『球関節』と言われ

要は360度動けないといけない関節なのです

 

 

 

〇〇=肩関節

 

 

 

 

 

 

〇〇=股関節

この2つはかなり重要です

肩関節の動きが悪くなると肘、手首に負担がかかります🙀

股関節の動きが悪くなると、膝、腰に負担がかかります🙀

特に柔軟性をあげたい2箇所です

この2箇所の柔軟性が上がると

パフォーマンスアップに🏌

怪我予防になります

皆様のストレッチはどこのストレッチしているか意識したことありますか⁉