「メンタル」カテゴリーアーカイブ

トップアスリートは物を大事にしている

ジュニアアスリート体幹育成塾で

物を大事にする

とどこのクラスにも伝えています

トレーニングしていっぱいいっぱいになると

ツールを蹴ったり殴ったり

【トップアスリートは物を大事にしている】

自分は製造業出身なので

市販されるまでの製造業の苦労はわかっているつもりです

一生懸命作った物を粗末にする姿が

自分の中では信じられませんでした

でもその辺りは伝える必要があるんだなと

 

トップアスリートはメーカーから支給されますが

使わずにファンにプレゼントしたりしています

野球選手がデビューした当時のグローブを

引退するまで使っているってケース多いんです

物を大事にする事は

作ってくれた方への感謝の気持ち

作っている方もすごく嬉しいと思います

 

トップアスリートの心構え

物を大事に使う事皆さんは意識されていますか?


どんまい精神

ジュニアアスリート体幹育成塾を運営していて

会場内にピリッとした空気が流れることがあります

トレーニング中チームを作って対戦してもらうことがあります

ミスが起こると

「何やってるんだ!」

と叱咤するケースがあります

勝負事なので勝ちたいと気持ちがあるのはいいのですが

ミスした選手は

落ち込んでしまったり・・・

本来の動きができなくなってしまったり・・・

 

叱咤した選手がミスすると

物に八つ当たりしたり

人に文句を言っていたり

ジュニアアスリート体幹育成塾でよく見かけるシーンです

【どんまい精神】

ミスした選手はしたくてミスしたのではありません

一生懸命やって出たミスなので

周りがどうやって声をかけるかで

雰囲気は良くも悪くもなります

逆にその選手に助けられることもあります

ミスした選手への声かけは

チームにとって大きな影響を及ぼします

どんまい精神持ってますか?


仲間の活躍に刺激をもらう

ジュニアアスリート体幹育成塾では

目標設定→振り返りを習慣化していますが

しつもんメンタルトレーニング

も導入しています

『6ヶ月の成果・結果発表』『自分の課題』を発表

【仲間の活躍に刺激をもらう】

みんな6ヶ月で成果も結果も出ていました

何より

みんなの聴く姿勢がすごい

仲間であり味方でもないのですが

色んな競技の子が集まるので

どんな活躍をしているのか興味津々なんです

トレーニングする時は

切磋琢磨してもらっていますが

同じ時期にスタートしているので仲も良くなってきました

 

教室を開催させてもらい

子ども達の成長を感じています

今後の世の中に必要になるであろう

自主性

自分で考えて行動する

社会に出て困らない人格も育てています

トレーニングしていてうまくいかないこともあるでしょう

試合の結果についてこないこともあるでしょう

でもそんな時に一押しできるトレーナーになりたい


応援される選手になろう

ジュニアアスリート体幹育成塾は

小学4年生〜中学3年生までを同時に指導しています

メンタルトレーニング

を導入し心を鍛えてもらっていますが

他人をけなす

助けない

何か間違いがあるとすぐに噛み付く態度を取る選手も

【応援される選手になろう】

競技をしていると

いい時期も悪い時期もあるでしょう

最近は小中学生が忙しく

学校行事

地域行事

塾通い

とストレスを溜めている子も多そうです

 

共通して心が整った選手は

周りを応援する

何かあると助ける

積極的に動く

声を出す

心が整ってくると

周りは応援してくれます

そんな心の成長を見るのも

ジュニアアスリート指導している自分は楽しみなんです

 

 

 


勝つための作戦!負けて気づく課題

ジュニアアスリート体幹育成塾で

目標設定を習慣化しています

目標に優勝を掲げる子がいます

結果が悪かった時に・・・

【勝つための作戦!負けて気づく課題】

最近は情報がすぐに入ってくるので

マークすべき選手

調子のいい選手

得意なプレー

苦手なプレー

それを加味して作戦を立てたが歯が立たない・・・

負けて気づくことってたくさんあります

目標設定→振り返り

を習慣化していますが

負けた原因は出ないのです

 

勝つにはどうしたらいい?と質問しました

自分でできること

もっと体力をつける

ディフェンス力をつける

など負けて気づく課題ってあります

ぜひ負けた経験を無駄にせず

振り返ってみてほしいです

自分も失敗から学ぶことたくさんあります