「怪我予防」カテゴリーアーカイブ

ゆめりあ1、2月・3月体幹育成塾開催告知

11月からスタートした

キッズ、ジュニア体幹育成塾が定着しつつあります

【ゆめりあ1、2月・3月体幹育成塾開催告知】

〈1,2月開催〉

キッズ(1~3年生対象)

1月21日,2月4日 月曜日 16:30~17:30

ジュニア(4~6年生対象)

1月28日,2月18日 月曜日 16:30~18:00

 

〈3月開催〉

キッズ

3月4,18日 月曜日 16:30~17:30

ジュニア

3月11,25日 月曜日 16:30~18:00

 

定員 :15名づつ

参加料: 2000円

内容: メンタルトレーニング、ビジョントレーニング、赤ちゃんトレーニング、KOBA式体幹バランストレーニング、セルフケア

1月からは日本代表の長友選手、金崎選手や競泳池江璃花子選手もやっている

チューブトレーニング

も導入していきます

体幹トレーニングだけでなく

ウォーミングアップにも使えるチューブも学べます

他の選手と差をつけたい

世界を目指す選手

お待ちしていきます


怪我して体幹の重要性を知る

新規に入ってくるジュニアアスリートに聞いてみると

「◯◯を怪我している」

「親に言われてきた」

半数以上の選手が体幹って知らないって答えます

【怪我して体幹の重要性を知る】

ジュニアアスリートの親御さんが連れてくることが多いのですが

怪我して接骨院へ→治癒→再発

この流れを断つために体幹をと思ってくれる方が多いです

ジュニアアスリート体幹育成塾では

怪我の起こりそうな原因は

体幹に多い

情報を知れればなるべくトレーニング中に

この痛みを予防するトレーニング

と伝えてから行います

そのトレーニングを覚えて

家でやってくれる選手もいます

怪我をしたから体幹の重要性を知るんですね

体幹を鍛えに来る子、親御様は

もっと上を目指したいと思っています

是非競技だけでなく体幹も鍛えてもらいたいです


競技以外の動きが必要なわけ

ジュニアアスリート指導をしていて

体幹トレーニングになぜ赤ちゃんトレーニングするの?と

特に最近1つの競技に絞るのが早い傾向になっています

1つの競技に絞ると

競技の動きしかしなくなる

【競技以外の動きが必要なわけ】

赤ちゃんは常に体幹の筋肉を使いながら

重力に逆らってトレーニングしています

特に立つまでの約1年間は

体の土台を一生懸命鍛えています

それも誰に指図されるわけでもなく

土台が強い子は

どの運動でも満遍なく動けます

特に腹這い、ハイハイ、高這い

上半身と下半身の連動性

重心移動

を学んでくれます

1つの競技しかしないと

同じ運動の繰り返しにより

怪我、慢性痛が起こりやすくなってしまうのです

競技以外の動きは怪我予防に

痛みの予防に最適です!


キッズアスリート体幹育成塾12月開催初日

ゆめりあで12月から新規のキッズアスリート体幹育成塾スタート

【キッズアスリート体幹育成塾12月開催初日】

今月は9名参加

リピートは2名

自己紹介してもらいましたがサッカーの子が多かったです

ビジョントレーニングスタート時に

姿勢を取ってもらいましたが

ずっとこの姿勢はきついと・・・

赤ちゃんトレーニングでどんどん動いてもらいました

寝返りは効果がてきめんに出ていました

腹這い

ハイハイはスピーディーでした

雑巾掛けしました

やったことある!って子が多かったです

白熱したレースもしました

小学1、2年連合対3年生

ハイハイ+腹這いレースも罰ゲームかけて頑張りました

KOBA式体幹トレーニング

サッカー選手が多かったので意識高かったです

体幹力チェックで1時間終了

あっという間ですがどんな選手がいるのか?

体の使い方をどんどん学んでもらい

怪我予防につなげてもらいたいですね


痛みをトータルで改善する

ジュニアアスリート体幹育成塾で

「ここが痛いんですけどどうすればいいですか?」

「ここ怪我したのでどんなトレーニングがいいですか?」

この2つの質問が多いです

【痛みをトータルで改善する】

痛いところがあったら部位にもよりますが

休む必要はありません

できることがあるからです

例:足首捻挫しても呼吸トレーニング(ドローイン)はできます

 

痛みがある場合

原因がどこにあるのか?
原因がわかれば何をするべきなのか?

この2つでどんな運動が必要なのかわかってきます

でも1つをやって改善するのは難しいので

トータルで考える必要があります

体幹を鍛える

硬くなった筋肉をストレッチする

バランストレーニングをする

痛みがある場合はトータルで考える必要がありますが

自分のクラスでは

個人個人での気づきを大切にしています

早くなんとかしたい方は是非教室にお越しください

ブログにクラスがレッスンスケジュールがありますので

興味のある方は見てみてください

問合せはこちらからどうぞ

https://yumeblo.jp/kenchan/contact