カテゴリー別アーカイブ: 怪我予防

しゃがめないと起こること

ロコモティブシンドロームのチェックにも

しゃがむチェックがあります

人間は『立つ』『しゃがむ』『歩く』ができないと自立で動けません

【しゃがめないと起こること】

<生活編>

・和式トイレに入れない

・正座ができない

<痛み編>

・ふくらはぎがつる

・膝が痛くなる

<パフォーマンス編>

・アキレス腱に負担がかかる

・重心が後ろになる

最近はお子さんでもしゃがめない子が増えています

皆さんしゃがむトレーニングはしていますか

IMG_0220

ジュニア世代は色んな事にチャレンジして怪我予防

ジュニアアスリートは目が輝いていていいですね

競技をやっている姿を見ると真剣に取り組んでいるかわかります

【ジュニア世代は色んな事にチャレンジして怪我予防】

野球をやっていてもマラソンが得意な選手もいます

野球だけでなく

駅伝のメンバーに選ばれたり

色んな経験ができると体の使い方も変わります

怪我予防に繋がる可能性もあります

長友選手は最近ヨガの本も出していて

『サッカー』と『ヨガ』

この2つで怪我予防に繋げていますね

水泳選手も水だけでなく

陸でのトレーニングも大事になりますね

ジュニア世代の時は1つの競技に特化せず

色んな種目にチャレンジしていくと

将来に活きます

やりたいことをやらせてあげるといいですよ

DSC07437

ストレッチは1つのポイントで変わる

体の硬い方(硬くなった方)が増えています

最近色んなレッスンでストレッチを導入しています

ジュニアアスリート達も競技によって違いますが

比較的硬い子が多いのです

家でストレッチしているとの事で実際ストレッチを見させてもらうと

全然伸びていない・・・

10分ストレッチしていて効いているのか不安になりました

【ストレッチは1つのポイントで変わる】

股関節周りのストレッチは特に重要ですが

『背筋を伸ばす』

これができるかできないかで伸び方が全然違います

何個か背筋を伸ばしたストレッチをするだけで

開脚前屈の質が変わるのを自分自身で感じてくれたようです

最近背中が丸まった子が増えているので

背筋をどうやって伸ばさせるかも指導の中に必要になっています

ストレッチ後の筋トレと

ストレッチ無しでの筋トレでは

効果が全く変わりますので

ストレッチのポイントは特に重要ですよ

IMG_4764

 

足首捻挫のリハビリに体幹も

自分は左足首の捻挫癖を持っていました

ここ数年ですが捻挫は全くなくなりました

フットサルは足首の捻挫が多い競技なので

足首にサポーターをしてフットサルをしています

IMG_3138

足首の捻挫をした方にはわかるかもしれませんが

片足立ちがとにかくフラフラするんです

【足首捻挫のリハビリに体幹も】

特に足首捻挫は横への動きに弱いので

体の横についている筋肉を鍛える必要があります

自分が特に力を入れたのが

お尻の横についている

『中殿筋』

この筋肉は片足立ちを支える筋肉です

このトレーニングが有効になります

是非足首捻挫からの復帰を考えている方は

お問い合わせからコンタクトしてくださいね

https://yumeblo.jp/kenchan/contact

トップアスリートは基本を大事にしている

トップアスリートはすごいトレーニングをしてるか

確かに特殊なトレーニングもしていますが

【トップアスリートは基本を大事にしている】

野球選手もキャッチボールを大事にしているそうです

自分が伝えている

『体幹トレーニング』

DSC05183

相手がどんな方であれ

基本を大事にしています

トップアスリートも同様です

基本ができるようになってから

負荷を上げたり

難度を上げたり

左右バランス

上下バランス

対角バランス

などバランスを取るようにしています

基本を大事にしている選手がトップに駆け上がっているんです

基本のフォームはできていますか

トレーニングが正確にできているか見てもらっていますか