カテゴリー別アーカイブ: 怪我予防

怪我予防は筋力と柔軟性のバランス

筋力と柔軟性のバランス

筋力はなければ動くことはできません👊

でも硬いと動く範囲が狭まってしまいます

怪我予防の為に柔軟性を上げたいと思っている方は多いです

【怪我予防は筋力と柔軟性のバランス】

柔軟性が高いのに怪我をするケースってあります

仰向けで寝て片足を上げてみます

この状態を覚えておきましょう

立って同じ運動をした時に足が上がってこない人は

怪我が起こりやすくなります🏥

本来は寝ても立っても同じ角度まで持ち上げられるはずなのですが

上げられないのは

重力に負けている

体の硬くても怪我をしない方は

硬いなりの柔軟性と筋力のバランスが取れているケースです

体が柔らかいだけでは怪我が予防できませんので

重力に逆らえる筋力

はつけましょうね

 

ジュニアアスリートもおしりを鍛えよう

ジュニアアスリート体幹育成塾では

体幹トレーニングをお伝えしていますが

セルフケアの仕方もお伝えしています

圧倒的に多い悩みが

膝 痛🏥

オスグッド、成長痛が多いのです

【ジュニアアスリートもおしりを鍛えよう】

痛みを持っている選手は

腿の前
腿の外側

が硬い選手が多い

セルフケアの重要性はだんだんですが伝わってきているようです

セルフケアしているだけでなく

再発予防には

おしりの強化

が重要です

おしりを鍛えることによって

膝への負担を減らすことができます

ジュニアアスリートもおしりってすご〜く大事ですよ💪

怪我によってはできることもある

日曜日のGOingの番組で

内村航平選手の怪我の状態の話が出てきました

世界選手権で怪我をして40連勝が途絶えてしまいました

現在でも痛みがあるそうですが

【怪我によってはできることもある】

内村選手はつり輪が苦手だそうです

ここで内村選手は

上半身を鍛えられる

と発言していました

怪我したのは足首

怪我を気に今まで強化できなかったところをトレーニングするそうです✋

 

ジュニアアスリートも怪我をしたと報告を受けて

休む子もいますが

怪我をした場所を教えてもらいたいです

この時期に動かせるところを動かさないでいると

筋力も低下していく一方で↘

怪我が完治した時に

怪我する前には戻れません👊

 

怪我したとしても

呼吸はできます✊

ドローイン

は怪我してもどこでもできます

怪我の箇所は使うことができませんが

できそうな事って本当にありませんか⁉

慢性の怪我が多い人の特徴

慢性の怪我っていい時もあれば辛い時もありますね

そんな時の対処はどうされていますか❓

湿布を貼ったり

お風呂でマッサージしたり

ストレッチしたり

【慢性の怪我が多い人の特徴】

慢性の痛みが出るのはどんな時でしょうか?

サッカーすると必ず出る

重たい荷物を持つと出る

など何かをした時に出ている事がありませんか?

 

慢性の怪我が多い人は

大きな筋肉をいつも使っている

大きな筋肉は確かに大切です

代表的なところで言うと

太腿

ここは歩く、走る、立つ、しゃがむ、蹴るなど

かなりの頻度で使われています👊

そんな時に重要になるのは

細かな筋肉を使う

なぜか⁉

大きな筋肉をサポートしてくれる

すると大きな筋肉は頑張らなくてよくなります

慢性の痛みを持つ方にやってもらいたい事があるのです

足関節捻挫の後のトレーニング

サッカーをしていた自分は⚽

足首の捻挫がしょっちゅう起こっていました

今思えば捻挫を甘く見ていました

捻挫した後にお医者さんに見せたことはありませんでした

捻挫しても痛みが引いたらすぐにサッカーをやっていた影響で

今は片足立ちがグラグラするのです

【足関節捻挫の後のトレーニング】

接骨院に行けばテーピングはしてくれると思います

問題はその後です

捻挫が完治したらどんなトレーニングをするべきか❓

一番衰えるのが

足の裏のアーチ

土踏まずが落ちていないか⁉

土踏まずが落ちない為のトレーニングが必要です

代表的なのは

『タオルギャザ』

足裏にタオルを敷いて

足指を使ってグーパーしてタオルを寄せてきます

自分が特にオススメするのは

足指ウォーキング

このトレーニングは

足関節捻挫後のトレーニングに最適です✊