カテゴリー別アーカイブ: 怪我予防

体幹トレーニング前にストレッチ

体幹トレーニングが最近よく聞くのではないでしょうか?

体幹・・・頭、腕、足を除いたところ

体幹を鍛えることで怪我予防につながり

パフォーマンスアップになります

【体幹トレーニング前にストレッチ】

皆さん体幹トレーニングの前にストレッチはしていますか

これから使うところをあらかじめ伸ばしておくことで

体幹トレーニングの効果を上げてくれます

怪我予防に繋げるには鍛えるだけでなく

柔軟性が上がることで

関節の動かせる範囲を広げる

特にお尻周りのストレッチ

脇腹のストレッチ

硬くなっている方が多いので

是非試合、練習前やトレーニング前にもストレッチは重要です

IMG_4764

 

怪我明けはどこから着手する?

怪我から復帰後動きを見直さなければ再発するの記事

https://yumeblo.jp/kenchan/2017/archives/17990

怪我をすると怪我した場所が気になってしまいますね

心配であることもわかります

【怪我明けはどこから着手する?】

怪我明け自分が1番にすることは

『姿勢を整える』

怪我をすると色んなところでかばってしまいます

すると姿勢はどんどん崩れ痛みが違うところに出てしまう可能性も

姿勢を整えるといいことがたくさんあります

①負担を分散できる
②色んな筋肉が働くようになる
③背骨周りの柔軟性が上がる
④内臓の働きが良くなる

スポーツをするとあるところが疲労する傾向があります(競技によって違うが)

そんな時に有効なのが

最近テレビで高梨沙羅選手、ベッキーさんがやっていたこのエクササイズ

DSC07665

体重が直接床に触れないからいいんです

怪我明けですぐに競技復帰でなく

怪我したからこそ姿勢改善は是非おすすめします

仕事依頼はこちらからどうぞ

http://ws.formzu.net/fgen/S39590306/

怪我から復帰後動きを見直さなければ再発する

怪我をしない体と心の使いかたの記事

https://yumeblo.jp/kenchan/2017/archives/17960

【怪我から復帰後動きを見直さなければ再発する】

なぜ怪我をしたのか

ここがわかっていないと

復帰後のプランって見えませんね

単純に相手のせい・・・

雨降っていて滑ってしまって・・・etc

ではそこを交わすことはできなかったのでしょうか?

捻挫癖で悩んだ自分は

昔治ったらすぐにサッカーしてまた捻挫の繰り返しでした

今思えば捻挫を回避するトレーニングしていませんでした

怪我をしたことは

怪我と向き合うきっかけになり

更にプレーの質を高くなる可能性もあります

苦しい時期を過ごすことでメンタル的に成長するチャンス

怪我予防への意識も高まります

怪我はスポーツしていると付き物です

だからこそ動きの見直しは必要です

DSC07639

怪我をしない体と心の使いかた

最近読んでいるのが

【怪我をしない体と心の使いかた】

DSC07512

いきなり目に入ってきた言葉が

怪我=怪しい我が怪我をする

怪我の原因は自分である

深いな〜と読んでいて感じました

体の使い方のことや

顔の表情の話

膝を抜く話などなど

為になる本ですよ

是非怪我が多い選手にオススメです

ジャンプの多い選手は怪我予防に何してる?

ジュニアアスリート指導をしていますが

ジャンプの多い選手をたくさん見させてもらっています

ジャンプの多い選手に多い怪我が

膝痛

【ジャンプの多い選手は怪我予防に何してる?】

①柔軟性

特に股関節、足首

やってますか

②脚部トレーニング

ジャンプすると体重の3倍強負荷がかかると言われています

股関節周りのトレーニングをしていますか

③体幹トレーニング

膝に負担をかけさせない為に体幹が強くなれば負担が減ります

やってますか

確かに技術練習は大切です

でも怪我をしてしまったら大好きな競技もできなくなる日も出てきます

怪我をしてしまったら見直していきたいポイントです

DSC07410