「痛み予防」カテゴリーアーカイブ

セルフケアにこじこじボール

アスリートが疲れる部位は

足裏

ふくらはぎ

太もも

が多いです

次の日に疲れを残さないために

【セルフケアにこじこじボール】

こじこじボールのいいところは

不調部位がわかる

自分でできる

色んな箇所のケアに使える

ジュニアアスリートの怪我の予防に

セルフケアの重要性を伝えていますが

こじこじボールすご〜く有効です


ジュニアアスリートにもストレッチポールを

ジュニアアスリート体幹育成塾では

ストレッチポールを使用し

『セルフケア』

を伝授しています

【ジュニアアスリートにもストレッチポールを】

ジュニアアスリートにストレッチポールを伝授していますが

お腹が硬くなっている選手が多く

眠れないという選手もいました

練習はしているのに

ケアが足らないorやっていない選手が多いのです

ストレッチポールに寝ると

体の疲れが取れる
よく眠れるようになる
怪我予防になる
次の日の練習に全力でいける
是非ジュニアアスリートにもストレッチポールを使っていただきたいです


疲労が残っているのに・・・

練習、試合、仕事、家事の後疲れていませんか?

【疲労が残っているのに・・・】

翌日起きるとどっと疲れが溜まっている

このような経験ありませんか?

練習した後ストレッチしていますか?

体が硬い人に多いのが

人に見せたくない →やらない →疲労が残る

悪循環になっていきます

ストレッチは人と比べるものではありません

柔らかい人と比較する必要はありません

即効性があるわけではないので

継続

が必要です

皆さんの疲れが残る部位っていつも決まっていますか?

このような場合は特にその部位のストレッチ重要です

疲労が残らないように

ストレッチをするといいですよ


アフターケアできてる?

皆さんはスポーツの後のケアってできていますか?

【アフターケアできてる?】

日曜日JCCA特別勉強会の後に岩崎先生の

アフターケアセミナーを受講させていただきました

怪我が起こる原因は

その場で起こっているだけではありませんね

疲労の蓄積

ジュニアアスリート体幹育成塾でも

セルフケアも伝授していますが

トップアスリートを見ていた岩崎先生のお話を聞いて

やっぱり大切なんだな〜と実感しました

疲労を取り除くためにできることってたくさんあります

運動の後にはケアも忘れずにしましょう


靴紐の結び方で左右する

皆さんは靴を履く時どんなタイプを履きますか?

マジックテープ

ファスナータイプ

靴紐タイプ

靴紐をどうしていますか?

【靴紐の結び方で左右する】

色々な方に話を聞くと

靴に当たらないように靴紐をきつく締めない

このような方が多いのです

靴の中で自分の足が動いてしまう

すると

自分の足は靴の中で動いてしまう

足が安定しないので

足の裏のアーチが落ちてしまいます

すると

膝痛、腰痛、肩こりの原因に

 

靴紐はなんのためにあるのか?

アーチを形成するため

にあるのです!

アーチがあるとしっかり体を支えられます

痛みがある時は靴紐の結び方も重要です

 

でもそれだけでなく

靴のサイズもあっているか?

自分の体のためには靴、靴紐のことも知っておく方がいいです