「美姿勢、美脚」カテゴリーアーカイブ

姿勢を意識しないトレーニングは

自分が教えているレッスン、パーソナルは

姿勢重視

しています

【姿勢を意識しないトレーニングは】

マシントレーニングは座席の高さが調節できます

座席の調節を日によって変えてしまったり

面倒臭くて前の人の座席でやってしまったり

すると

違う筋肉を使ってしまう

違う筋肉を使ってしまう時に出る言葉は

効くはずの筋肉じゃないところが効いている

この状態が続くと

痛みの原因に

要は

使いすぎ

ってことです

 

姿勢を意識してトレーニングすると

今まで使ってない筋肉を使い

結果その筋肉の働きで

怪我予防!痛み予防!

につながります

 

皆さんはなんのためにトレーニングしていますか?

姿勢意識してトレーニングしていますか?


痛みのある時は姿勢からトレーニング

姿勢のトレーニングをメインで行っていますが

グループレッスンすると

人それぞれ調子の悪いところが違う

生活環境も違う

でもテレビで〇〇やってたには興味津々です

【痛みのある時は姿勢からトレーニング】

痛みがある時は

セルフチェックを取り入れて

自分自身で動きを確認してもらいます

前屈が曲がらない

右に体が倒しづらい

などなど

この状態からいきなり筋トレすると

痛みがより出てしまう可能性があります

そこでやってほしいトレーニングは

『姿勢のトレーニング』

自分は

ピラティス

体幹トレーニング

をメインで行っているので

姿勢をかなり重要視しています

すると

動きに左右差があったり

体が硬かったり

筋肉が弱い

など色々わかってきます

是非痛みのある時は姿勢のトレーニングからオススメします


姿勢を見ると普段の癖が見えてくる

姿勢チェックは興味津々の記事

https://yumeblo.jp/kenchan/2019/archives/23533

【姿勢を見ると普段の癖が見えてくる】

姿勢チェックをすると

背骨の歪み

体の傾き(前後、左右)

が見えます

姿勢を見てもらうと

お客様から

バックをいつもこちらに掛けている

足を組む癖がある

首をこちらに見る癖がる

などなど

自分自身で言ってくれます

それが痛みの原因だなんて・・・

すると姿勢のトレーニングは威力を発揮します

何か不調を感じるときは

『姿勢チェック』

が有効です

仕事依頼はこちらからどうぞ

https://yumeblo.jp/kenchan/contact


光明ふれあいセンター美姿勢講座開催中

先週火曜日から

【光明ふれあいセンター美姿勢講座開催中】

動く前にウエストチェックしてから

ストレッチポールでゆがんだ背骨を整えていきます

骨盤を締めるエクササイズや

胸郭の動きを引き出すエクササイズや

姿勢の安定性を高めるトレーニングなど取り入れました

ハーフカットを使いストレッチ

痛そうでした

全11回コースですが楽しみながら

姿勢改善!美姿勢目指して頑張ってもらいます


腿の前側の硬さは・・・

最近どのレッスンでもお尻の重要性を話します

ジュニアアスリートには怪我の予防

美脚にするポイント

お尻がうまく使えない原因になるのが

腿の前側

【腿の前側の硬さは・・・】

美脚を邪魔する腿の前側の硬さ

最近ピラティスのレッスンでもチェックします

お尻を使うために

腿の前側をストレッチします

 

ジュニアアスリートは

腿の前側が硬くなると

立ち姿勢で腿の前側が活躍しすぎて

腰が反り

姿勢が崩れる原因になります

腿の前側をストレッチすると

怪我予防に繋がってきます

 

お尻を使えるポイントとして

腿の前側をストレッチすることは重要です