カテゴリー別アーカイブ: KOBAトレ

KOBAトレAライセンス講習会磐田第2期開催告知

【KOBAトレAライセンス講習会磐田第2期開催告知】

日時:9月17日(日) 9:30〜19:30

   9月24日(日) 9:30〜18:00

※2日間コースになります(認定試験含む)

※認定試験不合格の場合、再認定試験が当日にあります

場所:しおさい竜洋新休憩室(磐田市)駐車場完備

講師:佐藤健(KOBA⭐︎トレSライセンスマスタートレーナー)

定員:6名(先着順)

費用:50000円(テキスト代、税込み)

この講習会は条件を満たさないと受講することができませんのでお気をつけください

・Bライセンス取得が必須

試験に合格すると

『KOBA式⭐︎体幹バランスAライセンス』

の資格をいただけます

この資格はアスリート,子供に使えます

お申込みはこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S77816943

詳しくはこちらから

http://www.kokuchpro.com/event/8f3787066727dc02c533a892de9f93ff/

お待ちしております

KOBAトレBライセンス講習会2日目終了

KOBAトレBライセンス講習会1日目終了の記事

https://yumeblo.jp/kenchan/2017/archives/19149

【KOBAトレBライセンス講習会2日目終了】

先週に引き続きKOBAトレBライセンス講習会を開催させていただきました

1週間空くと学科の勉強もできるし

実技の復習もできます

2日目は新たにファンクショナルマットを学びます

ファンクショナルマットは色んなトレーニングができて

怪我予防にかなり役立ちますが

なかなかやってみると難しいんです

皆さんライセンス取得へのモチベーションが高く

指導もだいぶ上達してくれました

午後からは学科試験30分

実技試験も課題がありますが

2日間で学んだ成果を出してくれました

4名全員合格しました

おめでとうございます

今後の活躍を心から楽しみにしております

 

KOBAトレは色んな対象者に教えることができる体幹トレーニングです

是非ご興味のある方はベーシック講習会から参加できます

7月23日(日)
13:30〜16:30
しおさい竜洋新休憩室

お申し込みはこちらからどうぞ

http://www.kokuchpro.com/event/293249cf3817f91a76721cf28e58824a/

KOBAトレBライセンス講習会1日目終了

日曜日は講師業でした

【KOBAトレBライセンス講習会1日目終了】

 

 

 

座学終了後ストレッチからスタート

指導練習は何度も繰り返す事で上達していきます

1対複数での指導も練習します

ストレッチポールもKOBAトレにはあるんですよ

休憩が入ってから体幹トレーニング

トレーナーとして指導力だけでなく

見る力も必要になります

サイドブリッジも姿勢を見てもらいながら

自分の体の左右差、筋力差も知ってもらいます

だいぶ体が疲労した状態でチューブトレーニング

チューブ指導も見せ方、声かけも大切になります

 

9時間お疲れ様でした

来週もみっちりありますが

皆さん笑顔で合格証書をもらえるように頑張りましょう

体幹トレーニングの時間って長ければ効果あるの?

ジュニアアスリート体幹育成塾では KOBA式体幹バランストレーニングを採用しています

塾生から

「学校でこのトレーニング3分やらされた」と

【体幹トレーニングの時間が長ければ効果あるの?】

KOBA式は長い時間はやりません

その代わり

姿勢

はすごく大事です

しっかりした姿勢を取れないのに

長い時間をやるのは

怪我予防ではなく

怪我をさせてしまう恐れもあります

特に姿勢の悪い子は

肩周りが硬い子が多いので

体幹トレーニング後に

首、肩が痛いと言われるケースが多いのも事実

KOBA式体幹バランストレーニングは短時間でOK

それを可能にしている理由もあるのです

体幹トレーニングを長くやるには姿勢が維持できているか重要です

 

インナーマッスルってどんな役割?

昨日のインナーマッスルだけでいい?の記事

https://yumeblo.jp/kenchan/2017/archives/19032

【インナーマッスルってどんな役割?】

生きていくにはアウターマッスルも大事だと言いました

アウターマッスルがいなければ動く事が出来ません

じゃあインナーマッスルなくたっていいじゃないかと・・・

インナーマッスルは

体を支える役割

があるのです

体の支えが強いと

アウターマッスルは楽を出来ます

参観会で立っているのもインナーマッスルが強いと

長い時間立っていられるのです

マラソンで言えば

インナーマッスルが強ければ疲れづらく

最後まで走り抜ける

インナーマッスル強化にはトレーニングの仕方にもポイントがあります

ただ単にインナーマッスルを刺激に入れるより

効果的な方法があります

『KOBAトレ』

ジュニアアスリートにも採用しています

最近サッカーのU-20代表になった久保建英選手も小学生の時からやっていました

インナーマッスル強化したい方にはオススメです