Aichi(アイチ)と脳卒中①

Aichi(アイチ)について

水中4大セラピーをご存知でしょうか?

・障害者水泳などが中心の ハロウィック(静的緊張性)
・麻痺のある方に向けた バッドラガーズ(筋収縮)
・無重力下で行われる究極のリラクゼーション ワッツ(筋弛緩)
そして
・経絡(気の通り道)にそった動きを行う Aichi(アイチ:動的筋調整)

このうち「Aichi」は日本人が考案したメソッドであり、世界中で一日10万人が行っていると言われています。
にもかかわらず、海外での方が盛んに行われているという現状があります。
そのせいか、Aichiに関する研究も海外からのものが多いようです。

先日、

「慢性脳卒中患者のバランスに対するAichiの効果」

という内容の論文をFacebookで今野先生が紹介されていました。

グーグル翻訳を駆使して読んでみましたが、

結果として、Aichiは従来の水中運動(water based excercise)と比べて、特にバランストレーニングにおいて良い結果を示した
特に前後軸の重心移動・機能バランス・下肢制御を改善することが可能

その他に…
・従来の水中運動も、陸上での介入と比較すると体重移動能力・動的バランス・機能的可動域性が大幅に改善した。
・脳卒中以外にも、多発性硬化症の患者の筋力・持久力・機能的可動性・疲労の重症度に対する8週間のAichiトレーニングが、プラスの効果を示した。
・従来の理学療法グループよりも、ハロウィック療法グループを組み合わせたAichiのバランスパフォーマンスと膝屈伸筋力がより向上。
パーキンソン病の人々のバランスと機能的能力に関するAichiの実現可能性を示した。
・water-based excercise(従来の水中運動)は脳卒中患者のバランスのパフォーマンスに有益。
・Aichiトレーニング後の前後運動量の増加は、より早い歩行速度をもたらす可能性がある
・Aichiは、従来のwater-based excerciseよりも前後バランスの制御と下肢の運動機能の改善をもたらした。
・両方のwater-based excerciseにより、BBSスコアが改善されたが、Aichiトレーニングのみが転倒のリスクを低減した。

慢性脳卒中患者のバランスに対するAichiの効果
Pei-Hsin Ku、Szu-Fu chen2、Yea-Ru Yang1、Ta-Chang Lai3 *およびRay-Yau Wang1 *

より

つまり

従来の水中運動自体も陸上と比較して脳卒中の方のバランスの向上などに有効だが、
Aichiを取り入れるとより良い(前後のバランス制御、転倒防止)

ということでしょうか。

Aichiは水中ではもちろん、陸上でも可能です。
座ったままでも、寝たきりでも行っている方もいます。
決まった動きがあり、誰でも行える簡単なものでありながら繰り返すほどにその奥深さを感じることができると思います。

日本には、考案者である今野純先生が養成コースにいらっしゃいます。(指導してくださるのは、経験豊かなナショナルトレーナーの方々です)

「一度受けてみたい!」という方は、ぜひご連絡ください☺
水中でも陸上でも、一人でもグループでもできるAichiを、ぜひ一度体験してみてください。

「指導者になりたい!」という方は、こちらをご覧ください。

「どんなものか興味がある」という方は、You Tubeで「Aichi」で検索していただくといろんな動画を見ることができると思います。


世田谷区のプールでは、障害者手帳をお持ちの方、もしくは65歳以上の方でしたら提供が可能です。

現在は

(火)14時~16時
(水)13時30分以降
(土)午前中
(日)17時以降

プールによって利用時間が異なりますが、実施可能です。(事前に予約が必要となります)

4月以降はもう少し枠を増やすことができますので、ご興味のある方は情報をお待ちください😊

ご予約・お問い合わせは
メール
LINE
Facebookページ
で受け付けています!

内容に関すること、受講料や体験に関することなどありましたらお気軽にお問い合わせください☺

脳卒中の方の歩行①

先日、理学療法士向けのセミナーを受講してきました!

「バイオメカニクスから見た脳卒中片麻痺患者へのアプローチ戦略の考え方」

私は理学療法士ではないので、全て理解はできたかといわれると自信はないのですが、この一年で学んだこと(水中運動)の理解を深めるのにとても役立ったと思います。

特に「バッドラガーズ」(世界4大水中セラピーで、片麻痺の方への水中でのメソッド)で行っていた動きと同じことを目的としたことが必要だというのが、さまざまな理論的背景で説明されていて、「だからバッドラガーズなのか!」と受講しながらうなずく場面がたくさんありました。

バッドラガーズは水中で顔をつけず、浮遊具をいくつか使って実施します。

浮いているのでリラクゼーションに見えるかもしれませんが、その状態でセラピストが適切な方法で支持すると、かなりのトレーニングになります。

今回の講習会を浮け、より自信をもって「バッドラガーズ」の良さをお伝えすることができると思えました!

バッドラガーズ始め水中運動は、世田谷区のプールにて 障害者手帳をお持ちの方、もしくは65歳以上の方 でしたら提供が可能です。

現在は

(火)14時~16時
(水)13時30分以降
(土)午前中
(日)17時以降

プールによって利用時間が異なりますが、実施可能です。(事前に予約が必要となります)

4月以降はもう少し枠を増やすことができますので、ご興味のある方は情報をお待ちください😊

ご予約・お問い合わせは
メール
LINE
Facebookページ
で受け付けています!

内容に関すること、受講料や体験に関することなどありましたらお気軽にお問い合わせください☺

インストラクター×介護

昨年の夏に介護の資格を取得しました。
(介護職員初任者研修)

・介護に関する最初の資格(以前は「ヘルパー2級」という名称でした。)
・通信+通学で、一日7時間くらい。通学は15日間ほど。(通信は添削課題の提出あり。)
※私は週2日×2ヶ月ほどで取得しました。
他にも集中して連続で短期間のコースや週1日のコースもあります。
・区の制度や取得した会社の制度によって、受講料が9~10割(全額)還ってくる。(条件があります。)

この資格を取ると、介護の仕事の他に「移動支援」というものを行うことができます。

【移動支援】
移動が困難な障害者(児)が充実した日常生活を営むことができるよう、ヘルパーを派遣し、社会参加等に必要な外出時の支援を行います。
(世田谷区HPより)

これも区によって異なるので、世田谷区の例を挙げると

・視覚障害者(児)
・全身性障害者(児)
・知的障害者(児)
・精神障害者(児)
・高次脳機能障害者(児)
※ 高次脳機能障害者(児)に対する移動支援は、区が指定する高次脳機能障害者に対する移動支援従事者養成研修課程の修了者に限る。

障害者総合支援法にもとづく生活支援事業サービスの一つであり、初任者研修修了者であれば介護保険の対象である方以外を対象としたサービスも可能なのです。

実際、講習の中では視覚障がいをお持ちの方の移動の際の介助の仕方も学びました。

また、介護の学びは私の本業であるインストラクターの仕事ともリンクする部分があり、そういった意味でも取得してよかったと思えるものでした。

この資格を取ろうと思ったのは「プールに行きたい人をつれていきたかったから」です。

昨年さまざまな方との出会いがあり事業所の方と初任者研修の資格と掛け合わせた内容を考えてきました。

来年度辺りから少しずつ実行に移せそうかなと思っています☺️

専門職同士が連携する大切さも感じますが、今の自分の持っているスキルや得意と他の分野のスキルを少し掛け合わせることで、対象とできる人の種類(数ではなく)を増やすことが可能なのかなと思っています。

まだ実験段階ですが、チャレンジして可能性を広げて行きたいです。

また、一緒に頑張れる仲間も増やしていきたいです🎶
ご興味のある方は、お気軽にご連絡くださいませ!

詳細はこちら

 

15.7%を減らすには

公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団開催世田谷区スポ・レクネット 基礎講習会に参加してきました。

世田谷区で運動指導をする方の登録制度です。
私は今回初めて受講したのですが、世田谷区のスポーツに関する計画や現状を知ることができました!

世田谷区民で1年間スポーツをしなかった人の割合…15.7%
(出展 世田谷区スポーツ推進計画概要版)

週一回以上スポーツをしている人は50%前後。世田谷区は民間のスポーツクラブはもちろん、公共のスポーツ施設が多くあるのでそういったところでの活動も多いのかもしれません。(ちなみに、実施場所第一位は「道路」でした)
世田谷区では、10年後に成人の週1回以上のスポーツ実施率65%以上とする目標を掲げています。

この「15.7%」の人たちをどのようにしてスポーツと結びつけるのか。
「いつでも」「だれでも」スポーツに参加できる取り組み(これまでにあった競技スポーツや健康の保持・増進という役割のほか、地域の課題を解消するような、新たな役割や新たな価値の創造)が求められているとしています。

「スポーツ」が、「健康」のためだけでなく「地域」のためにも活用されるべきだとしているのです。

また、「指導者に求める能力」(出展:体力・スポーツに関する世論調査 2013)は

1位 スポーツの楽しみ方やスポーツへの興味・関心がわくような指導ができる人
2位 健康・体力つくりのための運動やスポーツの指導ができる人
3位 年間を通して定期的に指導ができる人

との結果でした。

↑で挙げた「地域の課題」など、他の切り口からスポーツを提供することで「運動する」ということから心理的にも環境的にも遠い人々へアプローチすることが可能になるのではないかを考えさせられました。

「スポーツ」「運動」ですぐに連想される「競技」「健康の維持」だけでなく、もっと大きなくくりでスポーツや運動を提供する方法を考えることが、潜在的に運動指導を求めている人との出会いに繋がるのかもしれません。

世田谷区では「ボッチャ」の普及にも力を入れています。健常者・障害者・年齢関係なく楽しめる競技として、大会を行ったりボッチャのできる施設を増やしたり、道具の貸出も行っているそうです。

水中運動の普及にとっても、「区×指導者」「スポーツをしない人×指導者」の掛け算をうまく使って行けたら、と考えることのできた講習会でした。

【理学療法士×インストラクター】マイナスを0に、0を10に

昨年開催された「プールリハビリシンポジウム」で知り合いになった、
理学療法士でありYokogaku株式会社代表取締役 横山三純さんにお会いしてきました。

「プールでのリハビリをしたい!」という思いから理学療法士を目指された横山さん。
実際に以前勤めていらっしゃったクリニックでは、プールに入られていたそうです。

今回横山さんとお話して感じたのは、「連携」(繋がり)の大切さでした。

私自身は理学療法士の資格を持っていません。
ただ、「リハビリが必要な状況の方に、水中の特性を用いた運動は効果がある」という思いでさまざまな勉強をしたり講習会に参加してきました。

しかし正直、リハビリに関する資格もなくリハビリをしたいというのは難しい面があるのではないと思っていました。

一方、日本では理学療法士が水中に入ることはあまりないそうです。横山さんのように「水治療法がしたい」と理学療法士になる方も、実際にプールの中で活動されることも珍しいのだとか。

プールに入る理学療法士が少ない、そもそもプールのある施設が多くない、あっても維持費用がかかって運営が難しいという問題のほかに、患者さん(リハビリを受ける側)をプールに入れるまでにも様々な問題があるとのことです。
プールに入るのに何人かの人の助けがいる、入った際の体の適応の問題など…

今現在、日本で水中のリハビリ(水治療法)を行うには、さまざまな課題やクリアしなければならない事柄があるのだと、改めて感じました。

ただ、今回横山さんとお話していて一番印象に残ったのはこれらの問題ではありませんでした。

「理学療法士は−(マイナス)を0に戻す仕事、インストラクターやトレーナーは0を1や10にしていく仕事」

この横山さんの言葉を聞いて、理学療法士とインストラクター・トレーナーが繋がり、それぞれの強みを活かすことで患者さんの状況を途切れなくサポートしていくことが可能になるのだと感じました。

専門職である理学療法士が動作分析を行う。
さまざまな運動メニューに精通しているインストラクター・トレーナーが、その動作分析の結果をもとに実際の運動指導を行う。

そのことで、マイナスが0に、0が患者さんそれぞれの望む10や20へとつながっていけるのではないかと思います。

違う池でそれぞれが泳いでいるのではなく、それぞれの池が繋がって大きな池となり、その中でたくさんの人々(リハビリを提供する側、受けたい方々)が繋がることが、私達が水中運動を提供する大きな意味をもたらすのだと感じたのが、今回の横山さんとの出会いでした。

この日夜に夜行バスで東京に帰る私に、パンのお土産だけでなくこんなプレゼントもくださいました。

シンプル理学療法学シリーズ 高齢者理学療法学テキスト(南江堂)

横山さんも執筆されている部分があるとのことで、勉強中の私にとってはとても嬉しいプレゼントでした☺

来月は少し背伸びして、理学療法士さんも参加されるセミナーに参加する予定です。

小さな池から少しジャンプをして、隣の池に飛び込んでみようと思います。