(問)腰痛 (正解)ハイドロ

 

「今日はちょっと腰が痛いから、途中で上がるかもしれないわ」
ハイドロトーンのクラスにご参加の方から、レッスン前に言われました。
聞けば、クーラーをつけて過ごしていたところ冷えたせいか腰が痛くなってしまったとのこと。
痛みの種類をお聞きし(鈍痛か鋭痛か)、ご自分で判断してとりあえず半分は参加することに。

様子を見て進めましたが、半分の時間が過ぎてもそのままレッスンを受け続け、最終的には最後までご参加されました。

そして次の週。
「先週のハイドロ、正解だったわ!あの後腰がすごーく軽くなったの!」

と、嬉しい報告をいただきました☺
ハイドロ歴の長い方であり、普段から自分の感じた変化をすぐ言葉にして伝えてくれる方なのですが、私個人的にはそれに加えて「基礎(下地)がしっかりしている方」なのではないかなと思います。
体力が落ちていると、何かのきっかけでケガをしてしまったとき回復するまでに時間がかかりますが、普段から体のケアをしていると何かケガをしてしまっても回復する時間が早い。

自分の体を振り返ってみても、不摂生をしたり体のケアを怠ったときに体調不良(私の場合はアトピーが悪化します)やケガ(軽いぎっくり腰や足底筋膜炎のなりかけ)をすることが多かった。

別のハイドロのクラスでは、病気をきっかけに運動を始めた方がいました。
薬などの副作用で体重が増えてしまうとのこと。
けれどそれも「基礎を作るきっかけ」になるのではないかなと思います。

今から自分の体をいい状態に保つ基礎作りをすれば、また何か体の不調が起こったときも回復する力がついているので長く患わずに済むと思うのです。

リセットボタン一つですぐに回復!というわけには行かない私達の体。
たまにサボってもいいから、長く楽しくコツコツ「基礎」「下地」を作ることの大切さを、お客様の声から改めて感じました。


こちらで発表を行います!

水中リハビリシンポジウム
11月9日㈯ 開催

これまでの活動をお話しします。
他にもいろいろな方の発表が行われます。
当事者の方、トレーナー・介護関係の方の情報交換やアイデアを得られるのではないかと思います!
お誘い合わせの上、ぜひお越しください☺

15年ぶりの中国語🐼

こちらで発表を行います!

水中リハビリシンポジウム
11月9日㈯ 開催

これまでの活動をお話しします。
他にもいろいろな方の発表が行われます。
当事者の方、トレーナー・介護関係の方の情報交換やアイデアを得られるのではないかと思います!
お誘い合わせの上、ぜひお越しください☺


先日の中国出張後、ちょっとずつですが中国語の勉強を始めました。


実は大学では第二外国語で中国語を一年間だけ選択していたんです。
なので、中国語を勉強するのが全く初めてというわけではないのですが、挨拶と自己紹介くらいしか覚えていませんでした…

主にアプリを使って移動中に勉強&家でスピーキングを気まぐれにやっています。
(英語の勉強も兼ねて、英語バージョンに設定してみました☺)

中国語の文法は、英語のようであり日本語のようであり、私個人の感覚では英語より理解しやすい気がします。
(複数形で単語の形が変化するなどがないし、漢字が日本とほぼ同じ、意味も似ていたりするので)
日本人以外の方が勉強するとき、漢字って結構大変なんだろうなーと思いました💦

前回のブログ記事では「言葉ができなくても…」と書きましたが、技術だけでなく気持ちを理解し合うのにはやはり喋れるに越したことはないと思って、マイペースですがこれからも勉強していきたいと思います!

介護に関する資格(初任者研修)を活かした仕事に関しては現在、どのような方法があるのか介護職の方や当事者の方にお話を聞いたりしています。
どこかに所属しての活動と個人での活動を並行して行っていく予定でおりますので、「プールでこんなことをしてほしい」「移動支援でプールに連れて行ってレッスンをしてほしい」などがありましたらご連絡いただければと思います!

上善如水 中国出張で感じたこと

上善如水 ーじょうぜんみずのごとしー

最高の善は水のようなものである。万物に利益をあたえながらも、他と争わず器に従って形を変え、自らは低い位置に身を置くという水の性質を、最高の善のたとえとしたことば。
【「老子」8章より】

8月の半ばに5日間、中国で開催された「水治運動療法士養成講座」と中国のプール視察のため、広州と深圳に行ってきました。

養成講座は2日間行われ、私はそのうち実技を一コマ担当させていただきました。
対象者は、中国の理学療法士の皆さんです。
NPO法人日本水治運動療法協会の一員としての中国出張でした。

中国では、水中での運動(および運動療法)はまだまだ身近ではありません。
だからこそ、その魅力を伝えていくことができたら…と実際に受講生の方々や協会が契約している現地の会社(JC)の方々とのやり取りで感じました。

良いか悪いかも私にはまだわからないけれど、現地にいると感じる中国のパワーやエネルギー。
そのエネルギーは行く前に思っていたものと違って、透き通る湖底のように深く先を見据えているように感じました。

 

 

 

 

 

 

 

「上善如水」
養成講座の後に訪れた、JCの社長室に飾られていた言葉です。
「誰に」「何のために」水の良さを伝えるのか。
これは日本でも中国でも、どこの国に行っても変わらないはず。
そしてこれがあれば、国を超えて届けることのできる水の力があるのだということを改めて感じた、今回の訪中でした。

介護職員初任者研修

7月〜8月の2ヶ月間、「介護職員初任者研修」を受講し、先週無事修了、テストにも合格しました!

講義・実技・自宅学習となかなかみっちりの2ヶ月間でしたが、同じクラスの方々にも支えられて通い切ることができたと思います。

市区町村によって異なりますが、この資格で障がいを持つ方や高齢者の方への介護や移動支援のお仕事ができるようになります。(知的障がいの方や他のガイドヘルパーの資格が必要な市区町村もあります)

私がこの資格を取ろうと思ったのは、「自宅からプールにお連れする」→「プールでセッションをする」→「家に送る」までができるようになりたかったからです。

水中で体を動かしたい方の中には、どなたかの助けがないとそれが難しい方もいます。
また、連れてきてくれる人がいないがためにプールで受け入れてくれる人がいても行くことができない人もいるかもしれません。

そういった方々に対応できるようになりたい、そういった考えで資格を取得しました。

まだ具体的にどのような形になるかはわかりませんが、必要な人に届けられるよう、行動に移して実現していきたいと考えています。


【LINE@/メールにて】9月スタート

✨オンライン水泳レッスン✨

水泳に関する質問を、LINE@、メールで受け付けます。
🔷3往復まで無料(1メールおおよそ500文字程度)

🔷ドリルなどの動画は、1本につき200円(税込)
🔷4〜10往復までは500円(税込)
🔷11〜20往復までは1,000円(税込)
※すべて期限はこちらからの返信から3ヶ月

支払いは【銀行事前振込】
三井住友/三菱UFJ/みずほ/ゆうちょ/りそな よりお選びください。

※振込手数料はご負担ください。

お申込みは LINE@ メールにて!

夏に向けて🏊成人泳法個人レッスン(撮影付き)

夏に向けて、泳法個人レッスンのご依頼をいただくようになりました。
横浜国際プールでは撮影ができるので、その場でとった映像を見てアドバイスをすることが出来ます。
ご自身の泳ぎを見ていただくことで、言葉での説明より理解が早く、どこが良くてどこを改善すれば良いのかを理解していただきやすいと感じています。

なんとかクロールもどきで25メートル泳げるレベルですが、スキンダイビングやフリーダイビング(初級講習済み)に、生かせるように、海で楽に泳げるようになりたいです。

この方は平泳ぎをご希望で、現在2回目のレッスンを終えました。

1回目は体験で30分のレッスン。
平泳ぎのキックを中心に、現在の泳ぎをどのように変えていきたいか、泳ぎ方を変えたらどのような変化を感じられたかをお聞きしながら進めました。
レッスン後は、撮影した動画にレポートをつけて送っています。

《1回目》
平泳ぎのキック(アドバイス後)です。
①膝を曲げたとき、足首をしっかり曲げる(足の指を少し開く感じ) ②外に開きながら閉じる(内ももで水を挟んで推進力にする)を意識していただきました。
「進むとき」「そうでないとき」の差が大きいのが平泳ぎの特徴なので、一回のキックで進めるような泳ぎ方を習得されると楽に長く泳ぐことができると思います。

・足の開閉(膝の曲げ伸ばしなし)
・三角キック(伸ばしきってから挟む)
などのドリルをしていただくといいと思います。

プル(手の動き)でもう少ししっかり水を抑える動きを身に着けていただけると、その後のステップである「手と足のタイミングを合わせる」→「体重を前に乗せてより進む平泳ぎにする」といったステップに進んでいけると思います。
次回はプルを中心に進められたらと考えています。
遅い時間にご参加ありがとうございました。

2回目はプルの練習を中心に練習。
次回のレッスンまで間が空いてしまうので、自主練習できる内容をお伝えしたり、陸上での練習の方法をお伝えしました。

《2回目》
平泳ぎのプル(手のかき)の練習ドリルです。
①水をおさえる②おさえた水をはさむ
の2点に注意することで体(首からでなく肩)が上がり、それが水の中に落ちるスピードを進む力に変えることで、ぐんと進みの良い平泳ぎにすることができます。

①に関して
小指と親指の高さに差ができすぎる(手の平が外に開きすぎる)と、水をおさえるのではなく押したりなでたりする動きになってしまいます。
●後ろや横ではなく、「下」への意識を持つこと(おさえる)
●そのために、小指が親指より高くなりすぎないこと
が大切になります。

②に関して
肘が背中のラインより後ろに行ってしまうと体が早目に前に落ちてしまうので、挟んだときに肘が後ろに行かないようにできるといいです。
この動きはよくできていらっしゃるのですが、時々後ろに流れることがあるので気をつけてみてください。

自主練される際は、プールでは同じドリルを、陸では鏡を横に見て【肘の位置】【小指の高さ】そして【手首の角度(指先が少し下を向く、中指のみ伸ばすくらいの力で手を広げる)】に気をつけて行ってみてください。

7月〜8月も実施予定です。プールが確保できたときのみの不定期ですが、映像を参考に自主練習も可能なので単発でのレッスンも大歓迎です☺


●泳法指導🏊 〔6,000円/40分間〕(横浜国際プール)

顔を水につけるのが苦手な方〜4泳法を習得したい方、フォームを改善したい方

クロールの泳ぎ方①姿勢〜手のかき方(動画あり)

クロールの泳ぎ方と効果②(動画付き)

《不定期イベント》🏊わが子の水泳コーチになろう!〔40分/6,000円〕

好評につき、復活しました!お父さん・お母さんとお子さんとコーチでレッスンすることで、復習するときにお父さん・お母さんがコーチになってくれます。

あとで見返せるよう、動画とレポートもプレゼント🎁

7月15日㈪ 19:30 ~ 20:10/20:10 ~ 20:50

7月22日㈪ 18:45 ~ 19:30

7月29日㈪ 18:45~ 19:30

7月31日㈬ 18:45~19:30

※この中にない日程で、ご希望の日時がありましたらお問い合わせください。

〔実施場所〕

横浜国際プール(動画撮影可能)

クービック予約システムから予約する

LINE@始めました!
友だち追加
レッスン最新スケジュールなどを配信。