(問)腰痛 (正解)ハイドロ

 

「今日はちょっと腰が痛いから、途中で上がるかもしれないわ」
ハイドロトーンのクラスにご参加の方から、レッスン前に言われました。
聞けば、クーラーをつけて過ごしていたところ冷えたせいか腰が痛くなってしまったとのこと。
痛みの種類をお聞きし(鈍痛か鋭痛か)、ご自分で判断してとりあえず半分は参加することに。

様子を見て進めましたが、半分の時間が過ぎてもそのままレッスンを受け続け、最終的には最後までご参加されました。

そして次の週。
「先週のハイドロ、正解だったわ!あの後腰がすごーく軽くなったの!」

と、嬉しい報告をいただきました☺
ハイドロ歴の長い方であり、普段から自分の感じた変化をすぐ言葉にして伝えてくれる方なのですが、私個人的にはそれに加えて「基礎(下地)がしっかりしている方」なのではないかなと思います。
体力が落ちていると、何かのきっかけでケガをしてしまったとき回復するまでに時間がかかりますが、普段から体のケアをしていると何かケガをしてしまっても回復する時間が早い。

自分の体を振り返ってみても、不摂生をしたり体のケアを怠ったときに体調不良(私の場合はアトピーが悪化します)やケガ(軽いぎっくり腰や足底筋膜炎のなりかけ)をすることが多かった。

別のハイドロのクラスでは、病気をきっかけに運動を始めた方がいました。
薬などの副作用で体重が増えてしまうとのこと。
けれどそれも「基礎を作るきっかけ」になるのではないかなと思います。

今から自分の体をいい状態に保つ基礎作りをすれば、また何か体の不調が起こったときも回復する力がついているので長く患わずに済むと思うのです。

リセットボタン一つですぐに回復!というわけには行かない私達の体。
たまにサボってもいいから、長く楽しくコツコツ「基礎」「下地」を作ることの大切さを、お客様の声から改めて感じました。


こちらで発表を行います!

水中リハビリシンポジウム
11月9日㈯ 開催

これまでの活動をお話しします。
他にもいろいろな方の発表が行われます。
当事者の方、トレーナー・介護関係の方の情報交換やアイデアを得られるのではないかと思います!
お誘い合わせの上、ぜひお越しください☺

15年ぶりの中国語🐼

こちらで発表を行います!

水中リハビリシンポジウム
11月9日㈯ 開催

これまでの活動をお話しします。
他にもいろいろな方の発表が行われます。
当事者の方、トレーナー・介護関係の方の情報交換やアイデアを得られるのではないかと思います!
お誘い合わせの上、ぜひお越しください☺


先日の中国出張後、ちょっとずつですが中国語の勉強を始めました。


実は大学では第二外国語で中国語を一年間だけ選択していたんです。
なので、中国語を勉強するのが全く初めてというわけではないのですが、挨拶と自己紹介くらいしか覚えていませんでした…

主にアプリを使って移動中に勉強&家でスピーキングを気まぐれにやっています。
(英語の勉強も兼ねて、英語バージョンに設定してみました☺)

中国語の文法は、英語のようであり日本語のようであり、私個人の感覚では英語より理解しやすい気がします。
(複数形で単語の形が変化するなどがないし、漢字が日本とほぼ同じ、意味も似ていたりするので)
日本人以外の方が勉強するとき、漢字って結構大変なんだろうなーと思いました💦

前回のブログ記事では「言葉ができなくても…」と書きましたが、技術だけでなく気持ちを理解し合うのにはやはり喋れるに越したことはないと思って、マイペースですがこれからも勉強していきたいと思います!

介護に関する資格(初任者研修)を活かした仕事に関しては現在、どのような方法があるのか介護職の方や当事者の方にお話を聞いたりしています。
どこかに所属しての活動と個人での活動を並行して行っていく予定でおりますので、「プールでこんなことをしてほしい」「移動支援でプールに連れて行ってレッスンをしてほしい」などがありましたらご連絡いただければと思います!

上善如水 中国出張で感じたこと

上善如水 ーじょうぜんみずのごとしー

最高の善は水のようなものである。万物に利益をあたえながらも、他と争わず器に従って形を変え、自らは低い位置に身を置くという水の性質を、最高の善のたとえとしたことば。
【「老子」8章より】

8月の半ばに5日間、中国で開催された「水治運動療法士養成講座」と中国のプール視察のため、広州と深圳に行ってきました。

養成講座は2日間行われ、私はそのうち実技を一コマ担当させていただきました。
対象者は、中国の理学療法士の皆さんです。
NPO法人日本水治運動療法協会の一員としての中国出張でした。

中国では、水中での運動(および運動療法)はまだまだ身近ではありません。
だからこそ、その魅力を伝えていくことができたら…と実際に受講生の方々や協会が契約している現地の会社(JC)の方々とのやり取りで感じました。

良いか悪いかも私にはまだわからないけれど、現地にいると感じる中国のパワーやエネルギー。
そのエネルギーは行く前に思っていたものと違って、透き通る湖底のように深く先を見据えているように感じました。

 

 

 

 

 

 

 

「上善如水」
養成講座の後に訪れた、JCの社長室に飾られていた言葉です。
「誰に」「何のために」水の良さを伝えるのか。
これは日本でも中国でも、どこの国に行っても変わらないはず。
そしてこれがあれば、国を超えて届けることのできる水の力があるのだということを改めて感じた、今回の訪中でした。