「Aichi」カテゴリーアーカイブ

Aichi(アイチ)と脳卒中①

Aichi(アイチ)について

水中4大セラピーをご存知でしょうか?

・障害者水泳などが中心の ハロウィック(静的緊張性)
・麻痺のある方に向けた バッドラガーズ(筋収縮)
・無重力下で行われる究極のリラクゼーション ワッツ(筋弛緩)
そして
・経絡(気の通り道)にそった動きを行う Aichi(アイチ:動的筋調整)

このうち「Aichi」は日本人が考案したメソッドであり、世界中で一日10万人が行っていると言われています。
にもかかわらず、海外での方が盛んに行われているという現状があります。
そのせいか、Aichiに関する研究も海外からのものが多いようです。

先日、

「慢性脳卒中患者のバランスに対するAichiの効果」

という内容の論文をFacebookで今野先生が紹介されていました。

グーグル翻訳を駆使して読んでみましたが、

結果として、Aichiは従来の水中運動(water based excercise)と比べて、特にバランストレーニングにおいて良い結果を示した
特に前後軸の重心移動・機能バランス・下肢制御を改善することが可能

その他に…
・従来の水中運動も、陸上での介入と比較すると体重移動能力・動的バランス・機能的可動域性が大幅に改善した。
・脳卒中以外にも、多発性硬化症の患者の筋力・持久力・機能的可動性・疲労の重症度に対する8週間のAichiトレーニングが、プラスの効果を示した。
・従来の理学療法グループよりも、ハロウィック療法グループを組み合わせたAichiのバランスパフォーマンスと膝屈伸筋力がより向上。
パーキンソン病の人々のバランスと機能的能力に関するAichiの実現可能性を示した。
・water-based excercise(従来の水中運動)は脳卒中患者のバランスのパフォーマンスに有益。
・Aichiトレーニング後の前後運動量の増加は、より早い歩行速度をもたらす可能性がある
・Aichiは、従来のwater-based excerciseよりも前後バランスの制御と下肢の運動機能の改善をもたらした。
・両方のwater-based excerciseにより、BBSスコアが改善されたが、Aichiトレーニングのみが転倒のリスクを低減した。

慢性脳卒中患者のバランスに対するAichiの効果
Pei-Hsin Ku、Szu-Fu chen2、Yea-Ru Yang1、Ta-Chang Lai3 *およびRay-Yau Wang1 *

より

つまり

従来の水中運動自体も陸上と比較して脳卒中の方のバランスの向上などに有効だが、
Aichiを取り入れるとより良い(前後のバランス制御、転倒防止)

ということでしょうか。

Aichiは水中ではもちろん、陸上でも可能です。
座ったままでも、寝たきりでも行っている方もいます。
決まった動きがあり、誰でも行える簡単なものでありながら繰り返すほどにその奥深さを感じることができると思います。

日本には、考案者である今野純先生が養成コースにいらっしゃいます。(指導してくださるのは、経験豊かなナショナルトレーナーの方々です)

「一度受けてみたい!」という方は、ぜひご連絡ください☺
水中でも陸上でも、一人でもグループでもできるAichiを、ぜひ一度体験してみてください。

「指導者になりたい!」という方は、こちらをご覧ください。

「どんなものか興味がある」という方は、You Tubeで「Aichi」で検索していただくといろんな動画を見ることができると思います。


世田谷区のプールでは、障害者手帳をお持ちの方、もしくは65歳以上の方でしたら提供が可能です。

現在は

(火)14時~16時
(水)13時30分以降
(土)午前中
(日)17時以降

プールによって利用時間が異なりますが、実施可能です。(事前に予約が必要となります)

4月以降はもう少し枠を増やすことができますので、ご興味のある方は情報をお待ちください😊

ご予約・お問い合わせは
メール
LINE
Facebookページ
で受け付けています!

内容に関すること、受講料や体験に関することなどありましたらお気軽にお問い合わせください☺

プールの世界〜広くて狭い〜

11月9日㈯開催された、プールリハビリシンポジウムに参加してきました。

 

 

 

少しですが、発表もさせたいただきました。

会を主催されているのは、インストラクターでも指導者でもない プールに関する情報を発信しているHP水夢王国主宰 藤木さんです。

集まったのは、藤木さんが声をかけたからこそ、一堂に会することができたのではないかという方々ばかりでした。

水中での運動・リハビリの可能性を感じ、各地で活動される方々。
その活動の熱量に比べると、水中運動・リハビリは周りの方に広がっておらず、もどかしい思いを皆さん抱えられているようでした。
今回のこの会は、私にとっては今まで知ることのできなかった活動を知り今後の自分の在り方について考えるとてもいいきっかけになりました。
自分の世界は大いに広がったと感じています。

けれど、参加される方がもっと広がってほしいとも思います。たくさんの先人の方々がチャレンジしては難しかった問題(周知・継続)を、工夫と協力で少しずつでもいいから解決していけたら…

自分の世界の広がりを、他の人にも伝えられうようにする必要があるのだと、改めて感じました。

出来て初めて、出来てないとわかること

運動が嫌いな人のための30分呼吸講座

西スポーツセンターにて実施しました。
ご参加いただいたのははじめての方々だったので、基本の5つの動作のみを行いました。

最初は椅子に座って、その後立位で。
様子を見ながら声をかけさせてもらいました。

(写真NGだったのでリラックマ相手に座っているだけに見えますが、お二人いらっしゃいます☺)

ご感想をいただきました↓

また、下の動画だと結構楽に見えたそうなのですが、実際に行ってみるとしっかり身体を動かす感じもしたとのこと。

私も一緒に行ったのですが

背中が柔らかくなった感じ(スルスルと動く)
肩甲骨から楽に手が上がる
気分が落ち着く

これが夜のレッスンまで続きました✨

深い呼吸をしたときに初めて、呼吸が浅くなっていたと気づく

動くようになって初めて、動きづらくなっていたのだとわかる

ただ「息を吸って吐く」ということは、こんなにも心身両面に影響を与えているのだなと改めて実感しました。

本来は水中で行うものなので、今回の参加者の方からのリクエストもあったので時期を見てプールでの実施もできたらと考えています。

毎週第2・4火曜日 13:30〜14:00
次回は✨6月11日㈫✨です!


【火曜日 横浜西スポーツセンター】5月スタート

✨運動が嫌いな人のための30分呼吸講座✨

《実施場所》横浜市西スポーツセンター 研修室(横浜駅よりバス)
《朝クラス》第1・3火曜日 8:00〜8:30
《昼クラス》第2・4火曜日 13:30〜14:00
《料金》500円/1回
《持ち物》からだを動かしやすい服装(締め付けなどを感じない方がいいです)
《実施内容》 世界4大水中セラピー Aichi を、初心者向け陸上で行います。

「肩がこる、最近なんだか疲れが取れず、気持ちがふさぎがち💦」
「運動をしたほうがからだにいいことはわかっているけど、激しい運動が苦手…」
「怪我をしたくはないけど、健康のためにからだを動かしたい」
「久しぶりにからだを動かすので、まずは緩やかな運動から始めたい」
など、運動初心者・久しぶりの方におすすめです。
簡単な動きなので、自宅で実施もできます!
汗をダラダラかくわけでもないので、普段着のままで参加も可能☺
疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

クービック予約システムから予約する

呼吸のちから② 呼吸の仕組み

運動が好きなわけではありません☺
呼吸のちから①
の続きです。

肺に空気が届くには、どのような仕組みがあるのでしょうか?
肺は、自分で膨らんだりしぼんだりすることはできません。

肺の動きを助けているのは

肋間筋(あばらの間の筋肉)

横隔膜(胸の内部と腹の内部の間にある筋板)

胸郭(胸骨、背骨、肋骨からなる、肺を覆っている骨格)

です。

胸郭と横隔膜でできた部屋の中の肺が、肋間筋と横隔膜の動きで部屋の圧が変わることで膨らんだりしぼんだりして呼吸が行われます。

酸素が取り込まれるのは内臓である肺ですが、その動きを実際に行っているのは「筋肉」と「関節」なのです。

この動きがきちんと行われていればよいのですが、うまく行われないと「浅い呼吸」になってしまいます。

その原因が「不良姿勢」「猫背」です。

猫背になると、胸郭が下向きになり胸郭がうまく持ち上がりません。胸郭が持ち上がらないと、肺が膨らむ動きもうまく行われなくなります。

そういった姿勢が続くことで、徐々に胸郭が膨らみにくくなり、「浅い呼吸」となってしまうのです。浅い呼吸では、肺の機能の70〜80%しか使えていないそうです

《参考文献》
身体運動の機能解剖(改訂版)/Clem W.Thompson,R.T.Floyd 中村千秋、竹内真希 訳
日経グッディ「浅い呼吸」が体の不調に深く関係するワケttps://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/15/060800017/061000001/


【火曜日 横浜西スポーツセンター】5月スタート

✨運動が嫌いな人のための30分呼吸講座✨

🎶4月12日㈮ 申し込みスタート🎶

《実施場所》横浜市西スポーツセンター 研修室(横浜駅よりバス)
《朝クラス》第1・3火曜日 8:00〜8:30
《昼クラス》第2・4火曜日 13:45〜14:15
《料金》500円/1回
《持ち物》からだを動かしやすい服装(締め付けなどを感じない方がいいです)
《実施内容》 世界4大水中セラピー Aichi を、初心者向け陸上で行います。

「肩がこる、最近なんだか疲れが取れず、気持ちがふさぎがち💦」
「運動をしたほうがからだにいいことはわかっているけど、激しい運動が苦手…」
「怪我をしたくはないけど、健康のためにからだを動かしたい」
「久しぶりにからだを動かすので、まずは緩やかな運動から始めたい」
など、運動初心者・久しぶりの方におすすめです。
簡単な動きなので、自宅で実施もできます!
汗をダラダラかくわけでもないので、普段着のままで参加も可能☺
疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

クービック予約システムから予約する

「水中運動って効果があるの?」

★☆プールリハビリサミットは6月29日開催予定でしたが、会場の都合により延期になりました☆★

普段陸上で生活しているのに、水中で運動する必要はあるんですか?

そう思われる方に、ぜひ来ていただきたいです。

プールリハビリサミット

まったく関わりのない方でも、興味があればご参加いただけます☺

指導者・セラピストの講習会や当事者の方の集まりはあると思いますが、このプールリハビリサミットの特徴はそのどちらの方もが参加するものだという点です。

2017年に参加したときの私は、「プールでのリハビリっていい気がするけど、需要があるのかな?」というレベルの気持ちでの参加でした。

前回のサミットをきっかけとして様々な人と関わってきての自分自身の考えを、拙いながらも発表させていただく予定です。

このサミットに関して、私は一つの願いがあります。

それは、「関係者だけ」の会にしたくないということです。

主催者の藤木さんのことを知らない

このような会に参加したことがない

水中運動自体に現在関わっていない

知り合いにリハビリを必要とする方がいるわけでもない

そして冒頭で言ったように、「水中運動なんて効果があるのだろうか?」という疑問を持っている方

水中運動の良さを知っている人だけで「いいよね」と言っていては、ちょっとつまらないような気もするのです。(偉そうに言ってしまいましたが、私も水中リハビリに関しては勉強中の身です💦)

まだ出会えていない、けれど必要とする人たちに届けたい。

質問・疑問どんな小さなことでも構いませんので、このサミットや水中でのリハビリに興味のある方はぜひご連絡ください。

教えあい、一緒に考えていけたらと思っています😊