「Aichi」カテゴリーアーカイブ

出来て初めて、出来てないとわかること

運動が嫌いな人のための30分呼吸講座

西スポーツセンターにて実施しました。
ご参加いただいたのははじめての方々だったので、基本の5つの動作のみを行いました。

最初は椅子に座って、その後立位で。
様子を見ながら声をかけさせてもらいました。

(写真NGだったのでリラックマ相手に座っているだけに見えますが、お二人いらっしゃいます☺)

ご感想をいただきました↓

また、下の動画だと結構楽に見えたそうなのですが、実際に行ってみるとしっかり身体を動かす感じもしたとのこと。

私も一緒に行ったのですが

背中が柔らかくなった感じ(スルスルと動く)
肩甲骨から楽に手が上がる
気分が落ち着く

これが夜のレッスンまで続きました✨

深い呼吸をしたときに初めて、呼吸が浅くなっていたと気づく

動くようになって初めて、動きづらくなっていたのだとわかる

ただ「息を吸って吐く」ということは、こんなにも心身両面に影響を与えているのだなと改めて実感しました。

本来は水中で行うものなので、今回の参加者の方からのリクエストもあったので時期を見てプールでの実施もできたらと考えています。

毎週第2・4火曜日 13:30〜14:00
次回は✨6月11日㈫✨です!


【火曜日 横浜西スポーツセンター】5月スタート

✨運動が嫌いな人のための30分呼吸講座✨

《実施場所》横浜市西スポーツセンター 研修室(横浜駅よりバス)
《朝クラス》第1・3火曜日 8:00〜8:30
《昼クラス》第2・4火曜日 13:30〜14:00
《料金》500円/1回
《持ち物》からだを動かしやすい服装(締め付けなどを感じない方がいいです)
《実施内容》 世界4大水中セラピー Aichi を、初心者向け陸上で行います。

「肩がこる、最近なんだか疲れが取れず、気持ちがふさぎがち💦」
「運動をしたほうがからだにいいことはわかっているけど、激しい運動が苦手…」
「怪我をしたくはないけど、健康のためにからだを動かしたい」
「久しぶりにからだを動かすので、まずは緩やかな運動から始めたい」
など、運動初心者・久しぶりの方におすすめです。
簡単な動きなので、自宅で実施もできます!
汗をダラダラかくわけでもないので、普段着のままで参加も可能☺
疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

クービック予約システムから予約する

呼吸のちから② 呼吸の仕組み

運動が好きなわけではありません☺
呼吸のちから①
の続きです。

肺に空気が届くには、どのような仕組みがあるのでしょうか?
肺は、自分で膨らんだりしぼんだりすることはできません。

肺の動きを助けているのは

肋間筋(あばらの間の筋肉)

横隔膜(胸の内部と腹の内部の間にある筋板)

胸郭(胸骨、背骨、肋骨からなる、肺を覆っている骨格)

です。

胸郭と横隔膜でできた部屋の中の肺が、肋間筋と横隔膜の動きで部屋の圧が変わることで膨らんだりしぼんだりして呼吸が行われます。

酸素が取り込まれるのは内臓である肺ですが、その動きを実際に行っているのは「筋肉」と「関節」なのです。

この動きがきちんと行われていればよいのですが、うまく行われないと「浅い呼吸」になってしまいます。

その原因が「不良姿勢」「猫背」です。

猫背になると、胸郭が下向きになり胸郭がうまく持ち上がりません。胸郭が持ち上がらないと、肺が膨らむ動きもうまく行われなくなります。

そういった姿勢が続くことで、徐々に胸郭が膨らみにくくなり、「浅い呼吸」となってしまうのです。浅い呼吸では、肺の機能の70〜80%しか使えていないそうです

《参考文献》
身体運動の機能解剖(改訂版)/Clem W.Thompson,R.T.Floyd 中村千秋、竹内真希 訳
日経グッディ「浅い呼吸」が体の不調に深く関係するワケttps://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/15/060800017/061000001/


【火曜日 横浜西スポーツセンター】5月スタート

✨運動が嫌いな人のための30分呼吸講座✨

🎶4月12日㈮ 申し込みスタート🎶

《実施場所》横浜市西スポーツセンター 研修室(横浜駅よりバス)
《朝クラス》第1・3火曜日 8:00〜8:30
《昼クラス》第2・4火曜日 13:45〜14:15
《料金》500円/1回
《持ち物》からだを動かしやすい服装(締め付けなどを感じない方がいいです)
《実施内容》 世界4大水中セラピー Aichi を、初心者向け陸上で行います。

「肩がこる、最近なんだか疲れが取れず、気持ちがふさぎがち💦」
「運動をしたほうがからだにいいことはわかっているけど、激しい運動が苦手…」
「怪我をしたくはないけど、健康のためにからだを動かしたい」
「久しぶりにからだを動かすので、まずは緩やかな運動から始めたい」
など、運動初心者・久しぶりの方におすすめです。
簡単な動きなので、自宅で実施もできます!
汗をダラダラかくわけでもないので、普段着のままで参加も可能☺
疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

クービック予約システムから予約する

「水中運動って効果があるの?」

★☆プールリハビリサミットは6月29日開催予定でしたが、会場の都合により延期になりました☆★

普段陸上で生活しているのに、水中で運動する必要はあるんですか?

そう思われる方に、ぜひ来ていただきたいです。

プールリハビリサミット

まったく関わりのない方でも、興味があればご参加いただけます☺

指導者・セラピストの講習会や当事者の方の集まりはあると思いますが、このプールリハビリサミットの特徴はそのどちらの方もが参加するものだという点です。

2017年に参加したときの私は、「プールでのリハビリっていい気がするけど、需要があるのかな?」というレベルの気持ちでの参加でした。

前回のサミットをきっかけとして様々な人と関わってきての自分自身の考えを、拙いながらも発表させていただく予定です。

このサミットに関して、私は一つの願いがあります。

それは、「関係者だけ」の会にしたくないということです。

主催者の藤木さんのことを知らない

このような会に参加したことがない

水中運動自体に現在関わっていない

知り合いにリハビリを必要とする方がいるわけでもない

そして冒頭で言ったように、「水中運動なんて効果があるのだろうか?」という疑問を持っている方

水中運動の良さを知っている人だけで「いいよね」と言っていては、ちょっとつまらないような気もするのです。(偉そうに言ってしまいましたが、私も水中リハビリに関しては勉強中の身です💦)

まだ出会えていない、けれど必要とする人たちに届けたい。

質問・疑問どんな小さなことでも構いませんので、このサミットや水中でのリハビリに興味のある方はぜひご連絡ください。

教えあい、一緒に考えていけたらと思っています😊

運動が嫌いな人のための30分呼吸講座

【火曜日 横浜西スポーツセンター】5月スタート

✨運動が嫌いな人のための30分呼吸講座✨

🎶4月12日㈮ 申し込みスタート🎶

《実施場所》横浜市西スポーツセンター 研修室(横浜駅よりバス)
《朝クラス》第1・3火曜日 8:00〜8:30
《昼クラス》第2・4火曜日 13:45〜14:15
《料金》500円/1回
《持ち物》からだを動かしやすい服装(締め付けなどを感じない方がいいです)
《実施内容》 世界4大水中セラピー Aichi を、初心者向け陸上で行います。

「肩がこる、最近なんだか疲れが取れず、気持ちがふさぎがち💦」
「運動をしたほうがからだにいいことはわかっているけど、激しい運動が苦手…」
「怪我をしたくはないけど、健康のためにからだを動かしたい」
「久しぶりにからだを動かすので、まずは緩やかな運動から始めたい」
など、運動初心者・久しぶりの方におすすめです。
簡単な動きなので、自宅で実施もできます!
汗をダラダラかくわけでもないので、普段着のままで参加も可能☺
疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

クービック予約システムから予約する

呼吸のちから①

先日の記事(運動が好きなわけではありません☺)の続きです。

呼吸によって、私たちのからだでは何が起こっているのでしょうか?

そもそも呼吸とは?

呼吸によって行われているのは大まかにつぎの2つです。

酸素を体内に取り込む

二酸化炭素を体外に排出する

私たちはからだを動かすエネルギーを酸素から得ています。

酸素は、空気中の20%を占めています。酸素を体内に取り込み肺から心臓に渡され、血液が酸素を体中に運びます。

そしてその酸素をエネルギーに変えることで、私たちは生命活動を維持しているのです。

では、何らかの理由で酸素がうまく体内に取り込めなくなったらどうなるのでしょうか?

からだを動かす「エネルギーのもと」が不足してしまうのですから、からだが動かしづらくなります。

疲れを取るのにも脂肪を燃焼させるにも酸素は必要なので、酸素が不足すると疲れが取れにくく痩せにくくなることが考えられます。

各臓器の働きも低下する可能性があります。

また、肩こりの一因にもなっていると言われています。

酸素不足⇒血液中の酸素も不足する⇒筋肉が血行不良になる⇒疲労物質が蓄積する、というサイクルです。

人は緊張すると呼吸が浅くなったり視野が狭くなる傾向がありますが、逆に浅い呼吸から不安やストレスを感じてしまうこともあるそうです。

では、呼吸をしているのになぜ酸素が不足してしまうのでしょうか?

疾患や場所にもよりますが、それら以外で一つ考えられるのは

普段の呼吸が浅くなっている

ということが考えられます。

そして呼吸が浅くなる原因は

不良姿勢

ではなぜ、姿勢が悪くなると呼吸が浅くなってしまうのでしょうか?

呼吸が具体的にどのように行われているのかを交えて、次回お伝えしていきたいと思います。

《参考文献》
・いちばんやさしい生理学/成美堂出版

・NIKKEI STYLE記事
悪い姿勢が招く「隠れ酸欠」 呼吸筋ほぐして深い息に
(https://style.nikkei.com/article/DGXKZO42760450S9A320C1W10600/)

・タカハラ整形外科クリニックブログ
肩こりと呼吸の関連性
(http://takahara-clinic.com/column/201801.html)