「募集」カテゴリーアーカイブ

インストラクター×介護

昨年の夏に介護の資格を取得しました。
(介護職員初任者研修)

・介護に関する最初の資格(以前は「ヘルパー2級」という名称でした。)
・通信+通学で、一日7時間くらい。通学は15日間ほど。(通信は添削課題の提出あり。)
※私は週2日×2ヶ月ほどで取得しました。
他にも集中して連続で短期間のコースや週1日のコースもあります。
・区の制度や取得した会社の制度によって、受講料が9~10割(全額)還ってくる。(条件があります。)

この資格を取ると、介護の仕事の他に「移動支援」というものを行うことができます。

【移動支援】
移動が困難な障害者(児)が充実した日常生活を営むことができるよう、ヘルパーを派遣し、社会参加等に必要な外出時の支援を行います。
(世田谷区HPより)

これも区によって異なるので、世田谷区の例を挙げると

・視覚障害者(児)
・全身性障害者(児)
・知的障害者(児)
・精神障害者(児)
・高次脳機能障害者(児)
※ 高次脳機能障害者(児)に対する移動支援は、区が指定する高次脳機能障害者に対する移動支援従事者養成研修課程の修了者に限る。

障害者総合支援法にもとづく生活支援事業サービスの一つであり、初任者研修修了者であれば介護保険の対象である方以外を対象としたサービスも可能なのです。

実際、講習の中では視覚障がいをお持ちの方の移動の際の介助の仕方も学びました。

また、介護の学びは私の本業であるインストラクターの仕事ともリンクする部分があり、そういった意味でも取得してよかったと思えるものでした。

この資格を取ろうと思ったのは「プールに行きたい人をつれていきたかったから」です。

昨年さまざまな方との出会いがあり事業所の方と初任者研修の資格と掛け合わせた内容を考えてきました。

来年度辺りから少しずつ実行に移せそうかなと思っています☺️

専門職同士が連携する大切さも感じますが、今の自分の持っているスキルや得意と他の分野のスキルを少し掛け合わせることで、対象とできる人の種類(数ではなく)を増やすことが可能なのかなと思っています。

まだ実験段階ですが、チャレンジして可能性を広げて行きたいです。

また、一緒に頑張れる仲間も増やしていきたいです🎶
ご興味のある方は、お気軽にご連絡くださいませ!

詳細はこちら

 

15.7%を減らすには

公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団開催世田谷区スポ・レクネット 基礎講習会に参加してきました。

世田谷区で運動指導をする方の登録制度です。
私は今回初めて受講したのですが、世田谷区のスポーツに関する計画や現状を知ることができました!

世田谷区民で1年間スポーツをしなかった人の割合…15.7%
(出展 世田谷区スポーツ推進計画概要版)

週一回以上スポーツをしている人は50%前後。世田谷区は民間のスポーツクラブはもちろん、公共のスポーツ施設が多くあるのでそういったところでの活動も多いのかもしれません。(ちなみに、実施場所第一位は「道路」でした)
世田谷区では、10年後に成人の週1回以上のスポーツ実施率65%以上とする目標を掲げています。

この「15.7%」の人たちをどのようにしてスポーツと結びつけるのか。
「いつでも」「だれでも」スポーツに参加できる取り組み(これまでにあった競技スポーツや健康の保持・増進という役割のほか、地域の課題を解消するような、新たな役割や新たな価値の創造)が求められているとしています。

「スポーツ」が、「健康」のためだけでなく「地域」のためにも活用されるべきだとしているのです。

また、「指導者に求める能力」(出展:体力・スポーツに関する世論調査 2013)は

1位 スポーツの楽しみ方やスポーツへの興味・関心がわくような指導ができる人
2位 健康・体力つくりのための運動やスポーツの指導ができる人
3位 年間を通して定期的に指導ができる人

との結果でした。

↑で挙げた「地域の課題」など、他の切り口からスポーツを提供することで「運動する」ということから心理的にも環境的にも遠い人々へアプローチすることが可能になるのではないかを考えさせられました。

「スポーツ」「運動」ですぐに連想される「競技」「健康の維持」だけでなく、もっと大きなくくりでスポーツや運動を提供する方法を考えることが、潜在的に運動指導を求めている人との出会いに繋がるのかもしれません。

世田谷区では「ボッチャ」の普及にも力を入れています。健常者・障害者・年齢関係なく楽しめる競技として、大会を行ったりボッチャのできる施設を増やしたり、道具の貸出も行っているそうです。

水中運動の普及にとっても、「区×指導者」「スポーツをしない人×指導者」の掛け算をうまく使って行けたら、と考えることのできた講習会でした。

家族のおもい👪

世田谷区のいくつかの公共プールでは

・65歳以上の方
・障害者手帳をお持ちの方
・未就学児

を対象に、事前に申し込みをすることで指導行為を行うことができます。

普通公共のプールでは指導行為(営利目的など)は禁止されているのですが、世田谷区はプールという資源をきちんとルールを設けて有効活用しており素晴らしいと思っています✨

私が提供しているプールでのレッスンは40分間。
待ち合わせて着替えをしてなどを含めると1時間程度になります。
泳法指導ももちろん承りますし、顔をつけない水中でのトレーニング(関節が大きく動くようにする内容や、バランス・筋力トレーニング)も行っています。

レッスン前後で送迎をされるご家族の方にお会いすることがるのですが、私の知ることができない普段の変化(前より歩くのが早くなった、この間はハードだったみたいです☺ など…)を知ることができ、それも今後のレッスンを組み立てる上で重要な要素になってきます。

「こうなりたい」と体に関して思うのは、ご本人の希望ももちろんあると思います。

でも、普段一緒に暮らしているご家族にとっても「元気に生活してほしい」という願いがあり、ご本人も「家族に元気な姿を見せたい」という気持ちがあるのだと感じます。

叶えるのは本人の努力ですが、その後ろにある家族の思いも知り、私にできる限りのことを提供できたら。

他にもいい指導者の方はたくさんいらっしゃるけれど、様々な条件や理由(場所や時間など)でお会いできた方との時間を大切に、40分の中でできることでその後の時間も豊かにすることができたら、と思っています。


世田谷区プールで個人レッスンを承っています。(65歳以上、もしくは障害者手帳をお持ちの方対象)

詳細はこちらをご覧ください!

移動支援と組み合わせた取り組みを始めます

昨年より、港区の訪問介護事業所ヘルパーステーションレッズの方と話し合い、以下の取り組みをスタートさせることとなりました!

https://reds-recruit.jbplt.jp/

「初任者研修」という以前のヘルパー二級の資格が必要ですが、条件を満たせば資格取得にかかる費用は「無料」になります。(一度支払って後から戻ってくる、という形になります)

簡単に言うと

介護資格を持ったインストラクターが利用者の方の自宅→プール→自宅の移動とレッスンのすべてを行う。

という取り組みです。

まだ始まったばかりですが、水中での活動を必要とする方とそれを提供できるインストラクターを近づけることができたら…という思いでスタートさせました。

詳細が知りたいなど興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください!

 

【歩行】水中トレーニングで目指すもの

先月に入ってから、腰と首をそれぞれ一週間おきに痛めました。

定期的に体のメンテナンスに行っていますし、毎日朝夕のストレッチは行っています。

が、歳を重ねるとどうしても同じ行動でも体へのダメージの頻度や程度は多くなってくるというのを、身を持って実感しました。(気温の変化が大きかったり、直前の休みがほとんどなくちょっとオーバーワークだったのも原因だと思いますが…)

幸い、それほどひどくならないうちに時間を取ってメンテナンスをすることができたので、すぐに回復し仕事を休むこともありませんでした☺

先日から個人レッスンを受けている70代の男性の方も、「ケガや病気をしたわけではないけれど、体が動きにくくなった」と、年齢による変化を理由にお申し込みをされました。

初回の30分体験1,500円を受講後、週2回の予定でレッスンをすることに。
(体験後は40分税込3,000円で承っています。お着替えの時間は含みません。別途利用料80円とリターン式のロッカー代100円がかかります。)

陸上での動きを拝見した所、足の裏の面がほぼすべて同時についているようでした。
また、足があまりあがっていないので歩幅が少し小さく感じられます。

①もっと柔らかく足の裏をつくようになり ②脚が上がるようになれば 歩き方にも変化が見られるのではないか、と判断し以下の内容で進めています。(姿勢はとてもきれいな方です✨)

・足首の動き
・股関節からの足の上げ下げ
・壁を使っての膝の曲げ伸ばし、腿裏のストレッチ

水中での運動は、陸上では上がらないところまで脚が上がったり関節が大きく動いたりします。(水の特性「浮力」がそれを可能にします)

陸上での歩行の質を良くするための運動を、水中でしかできない動きを使うことで行う。
そのことで体がスムーズに動くようにするのが、水中運動の大きな目的です。

私の目視でしかありませんが、待ち合わせで歩いてきた歩き方と終わった後の歩き方には明らかに変化が見られました。
歩幅が少し大きくなり、歩くスピードも速くなっています。

私の意見に左右されてはいけないと思いご本人にはお伝えしませんでしたが、ご本人からも「体の調子が良かった」とのご意見をいただきました。

プールにいる時間はほんの30〜40分ですが、その僅かな時間での体の使い方の変化が普段の陸上での動きを改善し、普段の動きそのものが体を元気にする運動に変わっていく。
プールでの運動が上がった後にも体に変化をもたらしてくれるというのを感じていただけるよう、レッスンをしていきたいと思います。

世田谷区では、

●65歳以上の方
●障害者手帳をお持ちの方

を対象にしたプールでの個人指導が認められています。
(プール開放の時間内なのでコースを貸し切りではなく、事前登録が必要です。実施不可な時間もあります。)
温水プールを持つ中学校もあり、以下の6つのプールがその対象となります。空き状況がそれぞれ違いますので、ご希望のプールや日時のお問い合わせだけでもお気軽にどうぞ!(メール、LINE@、コメントなどから可能です☺)

季節が変わっていく前に、積極的に動かせる体作りをしていけたらと思います✨

LINE@始めました!
友だち追加
レッスン最新スケジュールなどを配信。お問い合わせも受付ています。