「水の特性」カテゴリーアーカイブ

線維筋痛症と水中運動②

以前このブログで、線維筋痛症について書きました。
線維筋痛症と水中運動①

私がこの病気について知ったのは昨年のことです。
興味を持ち、「線維筋痛症友の会」主催の勉強会に参加しました。

日本の推定患者は200万人(50〜60人に1人)
女性に多い
全身の痛みが特徴(骨折時の痛みに相当することも)

50〜60人に1人と、決して珍しくないこの病気。
しかし、適切な治療を受けられている方はごく一部です。

また、比較的新しい病気(日本で厚生労働省による研究が始まったのが2003年)であるため、医者の中にも詳しく知らない方や他の病気として診断されてしまうこともあるそうです。

また、この病気の一つ大きな特徴として私が感じたのが「周囲の理解」。
病院の検査では異常が発見されなかったり、激しい痛みがあるものの命に関わる病気ではない(精神的な辛さは、命に関わる場合もあるかもしれません)という点で、人によっては身近な方から病気について理解され難いということもあるようです。

痛みの原因は、「脳の誤作動」と考えられています。
過去の痛みの経験が、何らかの刺激(心身へのストレス)によって脳に刻まれた痛みの記憶が再現されるという仕組みです。

治療に関しては薬物療法とそれ以外の方法がありますが、その中には運動療法もあります。

運動が好きなわけではありません☺

にも書きましたが、線維筋痛症の方は「痛みによって動かせない」ことによって筋肉や関節の状態がかわり(廃用性筋萎縮)、運動機能そのものが障害され、動こうとしても動けないという状態に陥ってしまうことがあるのです。
そこで大切なのが

痛みがあっても、薬での抑制をはかりながらできるだけゆっくり動く

そうすることで、

痛みはあるけど動ける、という自信を得る

⇒痛みの軽減につながる
(中程度の有酸素運動が、痛みの改善につながることが示されているそうです)

やりすぎて痛みが増してしまっては元も子もないですが、線維筋痛症そのものでなくそれが原因の運動機能の低下で疲れやすくなり、さらに動くことが難しくなる…といった悪循環を少しずつでも改善していくために、運動療法は効果が期待できるそうです。

私が担当しているプールのパーソナルトレーニングの方にも、線維筋痛症と診断された方がいます。
以前から水中運動に親しんでいた方なので、その日の状況に合わせて水中でのリラクゼーション(WATSU)やストレッチやハイドロなどを話し合いながら行っています。

人にもよりますが、

やさしい運動(順応可変性抵抗という、マイルドな抵抗)

関節への負担が少ない

リラクゼーション、有酸素運動も可能

といった特徴は、線維筋痛症に対する運動療法としてとても向いているのではないかと感じています。

《参考文献》
全身を激しい痛みが襲う 線維筋痛症がよくわかる本
/東京医科大学八王子医療センター リウマチ性疾患治療センター教授 岡寛、NPO法人線維筋痛症友の会 監修


【火曜日 横浜西スポーツセンター】5月スタート

✨運動が嫌いな人のための30分呼吸講座✨

🎶4月12日㈮ 申し込みスタート🎶

《実施場所》横浜市西スポーツセンター 研修室(横浜駅よりバス)
《朝クラス》第1・3火曜日 8:00〜8:30
《昼クラス》第2・4火曜日 13:45〜14:15
《料金》500円/1回
《持ち物》からだを動かしやすい服装(締め付けなどを感じない方がいいです)
《実施内容》 世界4大水中セラピー Aichi を、初心者向け陸上で行います。

「肩がこる、最近なんだか疲れが取れず、気持ちがふさぎがち💦」
「運動をしたほうがからだにいいことはわかっているけど、激しい運動が苦手…」
「怪我をしたくはないけど、健康のためにからだを動かしたい」
「久しぶりにからだを動かすので、まずは緩やかな運動から始めたい」
など、運動初心者・久しぶりの方におすすめです。
簡単な動きなので、自宅で実施もできます!
汗をダラダラかくわけでもないので、普段着のままで参加も可能☺
疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

クービック予約システムから予約する

プール≠水泳🏊 水泳≠競泳🏊

「運動が楽しいと思ったのは、生まれて初めてです☺!」

年末年始の休館日によっては、そろそろ今年最後のレッスンの施設がちらほら。
クリスマスソング&サンタの格好でレッスンをした後に「良いお年を〜」「来年もよろしくお願いします!」なんて挨拶を交わしたりします。

なんとなく一年の総決算という感じで、レッスンの感想をおっしゃっている方もいます。
今年からアクアビクスに参加してくださったお客様から、↑の言葉をいただきました。

すごいな、と思います。
「体のために運動をしなくては」という義務感を楽しむことにご自身で変えられる才能というか素養があって、「継続」という健康のために一番必要な運動の仕方を手に入れることができているんです。
私は食わず嫌いの一点集中型で、この「楽しむ」というのが苦手なのもあり、レッスンを楽しんでいる方を尊敬してしまいます。

この人にとっての「楽しいと思えた運動」がアクアビクスで、その初めてに関われたのがとても嬉しい。

私とプールとの関わりは「水泳」に始まり→「競泳」ですが、

プールは水泳をするためのものだけではないし、
水泳はタイムを競って速く泳ぐ「競泳」だけではない

水泳をずっとやってきた私でさえ、25歳でアクアビクスに出会うまではこんなこと思いもしませんでした。

楽しむ才能のある方が初めてアクアビクスを、水中ウォーキングを、アクアセラピーを受けに来たとき
食わず嫌いの方が何かのきっかけでプールでのレッスンに参加しようと思ったとき

「楽しい水中運動」「楽しい水泳」を伝えられるインストラクターでありたいと思います😊

******************************************************************************************************

2月より、動画配信を始めます!

YouTubeチャンネルはこちら

🏊水泳のための動画 🎵手軽に行う水中運動 を配信予定です!

レッスン(水泳、WATSU、水中運動)も再開予定!

こちらのブログ、Facebookでお知らせしていきます😊

******************************************************************************************************

線維筋痛症と水中運動①

線維筋痛症という病気をご存知でしょうか?

最近では、歌手のレディ・ガガさんが患っていると公表したことで知名度が一気に上がったように思います。

線維筋痛症とは、全身的慢性疼痛疾患であり、全身に激しい痛みが起こる病気です。
全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
 その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いです。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活は困難になりますが、重症化する前に早めに受診して対策することが必要です。
随伴症状として、こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、自律神経失調、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、レストレスレッグス症候群などが伴う事もあり、症状は個人差があります。
中には、リウマチや他の膠原病に伴って線維筋痛症が発症している場合もあります。
痛みによって不眠となりストレスが溜まり、それがまた痛みを増強させる場合もあると考えられています。
死に至る病ではありません。
線維筋痛症は男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気です。そのため自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴などど他の病気と診断されることも少なくありません。
現在人口の1.66%、約200万人の患者がいるのではないかと疫学的に発表されています。
                         〜線維筋痛症友の会 HPより抜粋〜

先日、NPO法人線維筋痛症友の会主催の「よこはま交流会In上大岡 リハビリ運動を取り入れよう」に参加してきました。

今年に入ってから本を読むなどして少し勉強を始めたのですが、運動療法、特に水中運動は効果的な場合があるというのを知っていたので何かヒントになるものがないかと思い参加しました。読んでいる本は海外の方が書いたものですが、監修しているのは日本の医師の方で友の会の顧問もされています。

講師は理学療法士の佐治先生。参加者は私以外は線維筋痛症患者の方御本人とそのご家族の方でした。

医師の方ではなく、理学療法士の方が講師ということで、「治す」ではなく(完治の方法は現在のところ見つかっていません)「生活のために自分たちでできることをどのように行っていくか」というテーマになっており、運動指導者の私にとってもとても理解しやすい進め方、内容でした。

この病気にかかる方は、真面目な方が多くリハビリをお伝えしてもやりすぎてしまうことが多いそうです。なので佐治先生が仰っていたのは、「お茶の子さいさい」レベルで行いましょう、ということ。

また、現在完治の方法が見つかっていないので、この病気に対して「治します」とぃう人がいたら「詐欺師」。

運動によって行うのは線維筋痛症そのものへのアプローチというより、病気によって動かしたくなくなる体を、いかにして動かし筋力を維持するのか、という点でした。

「線維筋痛症により体が動かなくなる」のではなく、「痛い→動かしたくない→動かなくなる」という負のスパイラルチェーンが続くことによるのです。そのチェーンを断ち切るのに、運動によるリハビリが有効ということでした。

なので、

●痛くて動けないときがある→痛くても動かせることがあれば動かしてほしい

動かないと筋肉が落ちる→動かしづらくなった体を動かすために力がいるから、痛くなる→動かしたくなくなる の悪循環を断ち切るため

→そうすることで、筋力の低下が遅くなり活動的なことが可能になる!

●「痛みをゼロにしよう」と考えない

ゼロにしよう(完璧に使用)と考えると、自分を責めて苦しくなってしまう

痛みの肯定から始める→「じゃあどこが動かせる?」などできるところから始める(例えば、『呼吸はできる!』なら腹筋を鍛える運動ができる!)

この点を踏まえた運動を、佐治先生は実際に行いながらご紹介してくださいました。

先生のお話を聞く中で何度も、「これは水中運動がいいのでは?」と思う場面がたくさんありました。佐治先生にも水中運度に関して聞いたところ「体幹を安定させる運動」「頸部をリラックスさせる」ということを水中運動では効果的に行えるのではないかと仰っていただけました。(WATSUのことも少しご存知で、あれはとてもいいと思うとのこと!)

参加者の方にもWATSUに興味を持っている方がいたため、連絡先をお伝えしておきました。

交流会のことを知ったのは、当日の朝。レッスンをしている場所と交流会の場所がとても近かったり、代表の方の返信がとても早かったので今回の参加が実現しました。これもなにかの縁だと思います。

自分の持っているものを「届ける」ことも、できることを増やすことと同じくらい大切だと感じる出来事でした。

届ける方法を、今後は考えて発信していきたいと思っています。もし詳しい方、興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

リハビリかフィットネスか

☺10月〜モニター開始😄 9月25日㈫告知・募集開始

30分 × 肩甲骨&股関節(膝)&体幹 × 3つの動き

水中セルフケア

〔火曜日コース〕15:00〜17:00 横浜市西スポーツセンター

〔水曜日コース〕13:30〜15:20 烏山中学校温水プール/梅ヶ丘中学校温水プール

※「65歳以上の方」もしくは「障害者手帳をお持ちの方」のみ

〔土曜日コース〕17:00〜19:30

※「65歳以上の方」もしくは「障害者手帳をお持ちの方」のみ

🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊🏊

水中運動、アクアセラピー、アクアエクササイズ、水中リハビリ…

プールで行われる運動は様々で、多くの方がそれに携わる活動をされています。

昨年〜今年にかけて、そういった方々のところにお邪魔して実際の活動を見学させていただいたり、レッスンに参加させていただいたりしました。

また、今年の5月にはIAFC(国際アクアフィットネス総会)に初めて参加し、”アクアフィットネス”を中心とした様々なアクアエクササイズを体感して来ました。

春からは、昨年学んだ水治運動療法をもとに、フィットネスクラブのお客様の水中でのリハビリ〜水泳大会出場までの水中トレーニングを担当させていただきました。

未来を生きるためのリハビリ

チーム

これらの活動をカテゴリー分けすると、普段私が担当しているフィットネスクラブのレッスンのほとんどと5月のIAFCは「アクアフィットネス」(アクティブな運動)、春からは担当しているフィットネスクラブのお客様の個人レッスンや水治運動療法は「アクアセラピー(リハビリ)」となると思います。

高齢化が進む日本においては、後者の「アクアセラピー」の需要が高くなると言われています。私自身も、アクアセラピー・リハビリの分野を今後もっと深めていきたいと考えています。

フィットネスクラブのスタッフとして働いていたときからレッスンしているクラブでは、昼間の45分のアクアビクスの参加者がかつては一番多かったのですが、現在は午前中の30分のウォーキング&30分のアクアビクスへその人数のピークがずれてきています。

ウォーキングのみで帰る方も多く、日によってはウォーキングの方が人数が多かったりします。

けれど単純に「体力のなくなってきた方がウォーキング」「体力のある方がアクアビクス」ではないようです。

ゆったり自分の体に目を向けて動かすのが好きだからウォーキングをしたい、音に合わせて陸上ではできないような動きを思い切りしたいからアクアビクスをしたい、という人もいると思うのです。

体力がある方でもウォーキングの仕方によっては十分な運動になりますし、自分で運動量を調整すればアクアビクスは杖をついてプールサイドに来る方にも楽しんでもらえるものだからです。

体の状態だけでなく「これが好き」という個人の好みで選ぶことができる部分が多い、そこがプールでの運動の素敵なところだと思っています。

アクアビクスでもリハビリになるし、ウォーキングでもトレーニングになる。

「リハビリかフィットネスか」ではなく、その方の「やりたいこと」と「必要なこと」を提供できるよう、どちらも深めていきたいです。

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

エントリーしています↓

ベストブレインウェルネスアワード

現在10月の二次審査に向けてプレゼン準備中です。

ファイナルは11月23日㈮ 名古屋にて!

観覧はどなたでも。9月24日までの申込みで割引価格、それ以降は通常価格になります。

 

クロールの泳ぎ方と効果②(動画付き)

息継ぎなしのクロール「クロールの泳ぎ方と効果①」が習得できたら、いよいよ息継ぎです。顔を上げるとどうしても体は沈みやすくなるので、いままでどのくらいしっかりクロールの形ができていたかがとても大切になってきます。

クロールの息継ぎは〇〇が9割

息継ぎをできるようになるためには、息継ぎの練習をしてはいけない!

「息継ぎをする」というのは、顔を水中から外に出す時間ができるということです。そのため、顔の体積分体は沈みやすくなります。

そのため、いかに効率よく、推進力を保ったまま息継ぎを行えるかが息継ぎをスムーズに行うために大切になってきます。

推進力を保つてるかどうかは、いかにたくさんの水を捉えて泳げているかにかかってきます。

つまり息継ぎを成功させるためには、息継ぎなしのクロールの完成度がとても重要になってくるのです。

また、息継ぎをしているときは手が水の外に出ている状態です。この手の動きが大きすぎても体が沈む原因となるので、水の上に出たあとの手の動きをいかに「省エネ」で行えるかも息継ぎを成功させるカギとなります。

吸いたいなら吐こう

呼吸というと、とうしても「吸う」という方に意識が向きがちです。けれど、息を吸うにはまず「吐く」ということが大切になります。しっかり水中(+顔が上がった直後)に息を吐けているかどうかで、どれだけ吸えるかが決まってくるのです。

息継ぎが苦しい理由

「息継ぎしても苦しい」「吸えている気がしない」、息継ぎに関してこんな声を聞くことがあります。息継ぎが苦しい理由は、主に以下の3つが考えられます。

①息継ぎの形ができていない

⇒上達度合いに合わせたフォーム練習が必要(息継ぎなしのクロールの段階でつまづいているかもしれません)

②余計な力が入っていて、息を吸っても酸素の供給が追いつかない

⇒筋肉を動かすには酸素が必要になります。余計な力が入ってしまっていると筋肉も余計に使ってしまい、そのためにいくら息を吸っても酸素が足りないため苦しく感じることが考えられます

③息を吐けていない

⇒前項でお伝えしたように、吸うには吐くことが大切です

クロールで肩こり・腰痛予防

肩こり予防とクロール

クロールは前から後ろに手を回す動きです。手の動きは方からだけでなく、肩甲骨と鎖骨の動きも使われて行います。

肩甲骨は周りの骨と接している部分が少なく筋肉によって支えられています。長い時間同じ姿勢をとって肩甲骨と周りの筋肉が癒着してしまうと、その姿勢のまま肩甲骨の位置が固まってしまいます。肩甲骨周りの筋肉が緊張してしまうと血行が悪くなりこれがコリや痛みをもたらします。

肩甲骨を意識したクロールを行うことで、肩甲骨周りの筋肉を動かすことができ、肩こりの予防・改善につながるのです。

練習法のバリエーション

クロールを習得するには

上達具合によりますが、クロールを正しい形で習得するには当然ですが「習う」のが一番です。プール付きのフィットネスクラブや公共プールでは無料のクラスがありますし、有料のスイミングスクール、個人指導などもあります。

泳ぎの形はそれぞれのコーチや生徒さんの体の様子によって異なりますので、周りで泳いでいる人の形を単純に真似をしても上達しないこともあります。

知り合いが習っているのなら評判を聞いて、もしいなかったら体験レッスンを受けてみて判断してもいいでしょう。

その際、できれば不安に思っていることをしっかりと聞いてしまった方が判断しやすいです。なんの目的で習うのか、期限はあるのか、体で気になるところ(ケガや障がいなど)についてなど…

コーチによって目指す泳ぎの形が同じでもアプローチの仕方が違ったりするので、基本的には一人のコーチをメインに教わり、もしどうしても合わなかったり機会があれば他のコーチのレッスンを受けて取り入れられるところを真似たり自分の担当コーチに「こんなやり方はどうでしょうか」と聞いてみるのもいいと思います。

一番効果的な練習法

さまざまな練習方法がありますが、一番効果がある練習法は「自分の泳ぎを自分で見ること」だと思います。自分が行っている「つもり」になっていないかどうか、自分の思い込みと実際の差を埋めることで、次になにが必要かコーチに聞かなくても自分でわかってしまう方も多いです。

プールという不特定多数の人が水着でいる中ではなかなか撮影の許可がおりませんが、たまにイベントで「ビデオ撮影会」を実施しているフィットネスクラブがありますので調べて参加してみてもいいと思います。

また、こちらで主催している横浜国際プールでの個人レッスンではビデオ撮影も可能です。