線維筋痛症と水中運動②

以前このブログで、線維筋痛症について書きました。
線維筋痛症と水中運動①

私がこの病気について知ったのは昨年のことです。
興味を持ち、「線維筋痛症友の会」主催の勉強会に参加しました。

日本の推定患者は200万人(50〜60人に1人)
女性に多い
全身の痛みが特徴(骨折時の痛みに相当することも)

50〜60人に1人と、決して珍しくないこの病気。
しかし、適切な治療を受けられている方はごく一部です。

また、比較的新しい病気(日本で厚生労働省による研究が始まったのが2003年)であるため、医者の中にも詳しく知らない方や他の病気として診断されてしまうこともあるそうです。

また、この病気の一つ大きな特徴として私が感じたのが「周囲の理解」。
病院の検査では異常が発見されなかったり、激しい痛みがあるものの命に関わる病気ではない(精神的な辛さは、命に関わる場合もあるかもしれません)という点で、人によっては身近な方から病気について理解され難いということもあるようです。

痛みの原因は、「脳の誤作動」と考えられています。
過去の痛みの経験が、何らかの刺激(心身へのストレス)によって脳に刻まれた痛みの記憶が再現されるという仕組みです。

治療に関しては薬物療法とそれ以外の方法がありますが、その中には運動療法もあります。

運動が好きなわけではありません☺

にも書きましたが、線維筋痛症の方は「痛みによって動かせない」ことによって筋肉や関節の状態がかわり(廃用性筋萎縮)、運動機能そのものが障害され、動こうとしても動けないという状態に陥ってしまうことがあるのです。
そこで大切なのが

痛みがあっても、薬での抑制をはかりながらできるだけゆっくり動く

そうすることで、

痛みはあるけど動ける、という自信を得る

⇒痛みの軽減につながる
(中程度の有酸素運動が、痛みの改善につながることが示されているそうです)

やりすぎて痛みが増してしまっては元も子もないですが、線維筋痛症そのものでなくそれが原因の運動機能の低下で疲れやすくなり、さらに動くことが難しくなる…といった悪循環を少しずつでも改善していくために、運動療法は効果が期待できるそうです。

私が担当しているプールのパーソナルトレーニングの方にも、線維筋痛症と診断された方がいます。
以前から水中運動に親しんでいた方なので、その日の状況に合わせて水中でのリラクゼーション(WATSU)やストレッチやハイドロなどを話し合いながら行っています。

人にもよりますが、

やさしい運動(順応可変性抵抗という、マイルドな抵抗)

関節への負担が少ない

リラクゼーション、有酸素運動も可能

といった特徴は、線維筋痛症に対する運動療法としてとても向いているのではないかと感じています。

《参考文献》
全身を激しい痛みが襲う 線維筋痛症がよくわかる本
/東京医科大学八王子医療センター リウマチ性疾患治療センター教授 岡寛、NPO法人線維筋痛症友の会 監修


【火曜日 横浜西スポーツセンター】5月スタート

✨運動が嫌いな人のための30分呼吸講座✨

🎶4月12日㈮ 申し込みスタート🎶

《実施場所》横浜市西スポーツセンター 研修室(横浜駅よりバス)
《朝クラス》第1・3火曜日 8:00〜8:30
《昼クラス》第2・4火曜日 13:45〜14:15
《料金》500円/1回
《持ち物》からだを動かしやすい服装(締め付けなどを感じない方がいいです)
《実施内容》 世界4大水中セラピー Aichi を、初心者向け陸上で行います。

「肩がこる、最近なんだか疲れが取れず、気持ちがふさぎがち💦」
「運動をしたほうがからだにいいことはわかっているけど、激しい運動が苦手…」
「怪我をしたくはないけど、健康のためにからだを動かしたい」
「久しぶりにからだを動かすので、まずは緩やかな運動から始めたい」
など、運動初心者・久しぶりの方におすすめです。
簡単な動きなので、自宅で実施もできます!
汗をダラダラかくわけでもないので、普段着のままで参加も可能☺
疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

クービック予約システムから予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です