「家族のこと」カテゴリーアーカイブ

年に一度の親孝行☆

昨日は、1年〜1年半に一回行う
ピアノ発表会でした。

親子3代でお世話になっているご近所さんから💐 色合いがなんとも綺麗なお花をいただきました✨

うちの母と、その仲間の先生方が共催しています。

母は70超えてますが(自称50)
娘の私が呆れるくらい、”娘” です。笑

自宅でささやかなピアノ教室をしています。
もう40年近くになるのかな?

継続年数以外に何の肩書きも実績もない母。

人十倍努力家で負けず嫌い、
学生時代の成績は常にトップクラスをキープ、
就職先で容姿端麗さを見出されたおかげで第一線で活躍したものの
超ど貧乏な農家生まれのため進学は断念、
父に出会うまで、ピアノなんて高価な楽器に触れることなんてなかった。

雑で不器用な母の腕前は決して達者ではありませんが、
この40年で、少しづつ少しづつ、本当に少しづつですが
上達しているのがわかります。

母には或る想いがあります。
私は幼少の頃からずっと聞かされていました。

まるでそれを知っているかのように
近所の子たちが
入れ替わり立ち替わり
常に通ってきてくださり
「〇〇さんに勧められたので」と
また小さな生徒さんが新たに来てくださいます。

昔から母の生徒にはピアノを持たない子がたくさんいます。
(貧乏だからじゃないですよ笑)

楽器の中でも高価でサイズも音量も大きい方ですから
自宅に1台クラシックピアノを置くことは
今の社会・生活環境にはそぐわないのかもしれないですね。

生徒さんたちが是非にと背中を押してくださっているおかげで 毎年弾いてる母。ありがたい‼️これからもこの老女に刺激を与え続けてください!✨

「下手だし恥ずかしいから人前で弾きたくない」と
毎年ぼやく母。
けれど
「やるからには全力で楽しむ」母。
なんだかんだとワガママに、周りを巻き込んでいってます。
(犠牲者続出。すみません。汗)

目も耳も身体も脳も老化が顕著ですが
たどたどしいながらも、響く音色が年々、深みを増しています。

身内のひいき目ではなく
本当に感心しています。

”好きこそものの上手なれ”

40年間、見続けてきた母に感じたことです。

母は、永遠の娘。永遠の3歳児です。笑

5年前に低身長症と診断された娘が、治療無しでこんなに大きくなってます(笑)二人で苦しんだ日々も今では笑い話です✨

全く練習しないのに
出演要請を引き受けるヘルプ要員の二人。笑

けれど二人並んで弾く姿は母の喜びであり
年に一度の親孝行になっています。

そして私にとっても
あんなに大嫌いだったピアノが
”楽しい”と思える、唯一で大切な日となっていることは間違いないです。

練習は、、、やっぱり来年もしないかも!笑

めぐりん

その人なりの☆

毎年、年末年始は

大自然の中で家族と過ごします。


何をするでもなく

集まって

それぞれが気ままに過ごします。


日が落ちたら眠り、

日が昇ると目が覚める。


たった1日半、

そう過ごすだけで

体が軽くなり、

心は平らに、

頭はクリアになります。


健康ってなんだろう。


幸せってなんだろう。

めぐりん

夢中へ☆

img_1104

娘の寝相が悪過ぎて

眠れないフクちゃん。

それでも一緒の布団に入るべく

タイミングをはかるフクちゃん。

諦めないフクちゃん。

好きなんやなぁ。

娘に夢中。

娘は夢中。

わたしも夢中。

めぐりん