「生徒たちのこと」カテゴリーアーカイブ

コンテストに挑む理由☆

今年年明けに有志を募り、積極的に集まった5人。

通常は先生が、
テーマ・ストーリー・構成・選曲・振付・フォーメーションを考え、
生徒に伝えて練習をさせます。

部分的に、生徒に任せることはあるでしょう。

わたしが覚悟を決めたのは
全てをこの子達に考えさせよう
でした。

しかも、中学生が1人いるので
小学生部門出場資格はなく、
中学生部門で応募するしかない。

それらを最初に5人に伝えてみると
「うんうん!やる!この5人で出たい!」
と全員一致の即答でした。

パソコンを使った曲編集や書類作成など、
こどもの年齢では不可能な作業のみ私がサポート。
それ以外は本当に5人だけで全てをやってのけた8ヶ月間!

作品創作に関する、

・テーマ

・ストーリー

・選曲

・構成

・振付(ルーティン)

・フォーメーション

・練習方法

など、チームリーダーを筆頭に
こども達でどんどん話し合い、

考え、

アイデアを出し合って、

怒り、

ケンカし、

笑い、

泣き、、、

私はというと、そんな5人をただただ本当に、見守るだけに徹底してきました。

毎回毎回、出したい口を抑えるのに必死でした(笑)
苦しかった!(爆)

その度にコンテストに挑む ”真の目的” を、
脳に心に肝に、
何度も何度も言い聞かせてきました。

金賞獲って5人を悦ばせたい!という気持ちはもちろんありますが、

その金賞はどうやって獲ったのか?という過程を、
のちのち本人たちが語れるものとして残してあげたい!
という想いのほうが飛び抜けて強いんです。

金賞を目指したからこそ得られたこのチャレンジを、
心の底から良かったと、
本当の意味での“糧”になると、
そんなふうに今後身に起こるさまざまな経験をも
自ら意味を見出だし歩んでいってほしい。

 

結果は銅賞でしたが
とっても嬉しいコメントを
審査員からいただけたのでした❤

私もこども達も親御さん達も
まるで全国大会優勝したかのような
はしゃぎよう(笑)

Mario’sやな。僕、27年間ダンスやってきてますが、
あんな(Mario’sの)ルーティン(振付構成)初めてです!
こういう新しい発想が、こういう子達が
これからの新しいシーンを作っていくんだなぁと思うんです!

リスペクトして止まないドミニクさんからの言葉に
胸が張り裂けそうでした✨😭

ダンスを通してこども達に現れる現象を
偶然と捨て去らず
可能性に変えていくこと、
これから先もずっと諦めません。

確信をカタチにしていきます。

めぐりん

クレバー☆

絶対に発表会は出たくない!!と

ずっと頑なに拒む子がいました。

ただ人前が恥ずかしかったり、

失敗が怖かったり。

けれどマイナス思考とは違う、と私は思っています。

そんな子は、とても優しくて賢くて想像力が豊か。

今まで見たり聞いたりしてきたことをとてもよく覚えてて、

それらをまるで自分が経験したように捉えるから、

いろいろ考えちゃうようです。

こういった子の中には、ポテンシャルが高くて自立心が強い子がたくさんいました。

内心は、ホントは、出てみたい…というのは皆んなわかってるし、一度出れば変われることも皆んな知ってる。

何ヶ月も前からママと連携して

入念に打ち合わせをし、

なんとか舞台に立ってもらう計画をしてました(笑)

レッスンでは小さい子のリーダーとして同じクラスで練習してもらい、

言葉巧みに当日のリハーサルまで誘導し(笑)、

結果、舞台にはどうしても立てませんでしたので、

急遽お願いした小道具係として舞台袖で頼もしい姿を披露してくれました。

終えたあとはドヤ顔で、とても嬉しそうでした!笑

作品を創り上げて成功させるためには、

スポットライトの下に出る以外に

大事な役割りを担う人が沢山あることを、

この歳で知れたことは

貴重な経験だと。

本人もご家族も私も、

なんだか少し斜め上な達成感を

分かち合いました(笑)

周りからしてみたら些細なことでも、

当事者には大変なこと。

今回の大変な一歩は、

絶対大きく変われる一歩にできる!

他にも、

なんとしてでも与えられた限りある7分間を、

みんな一緒に踊りたかった私のワガママから

全クラスメドレーにし、当日振り渡しなどいろんな無茶振りをしてしまい(笑)

大らかに受け止めてくださる保護者さまには

足を向けて寝れません。笑

でも、、

楽しかったでしょ?!笑笑

これからもよろしくお願いいたします!笑

めぐりん

開花するタイミングはそれぞれ違う☆

舞台で踊るのは、ほんの一瞬。

その華やかな一瞬を

味わう直前までに繰り広げられる、

笑いと涙のドラマが最幸!

今日は過去最高に感慨深かったです!!!

今年はなんだか私たち親に対する試練か?!?と思いたくなるくらい、手厳しい状況の連続(汗)

けれど、

最終的に全てを笑いに変えてくれる

保護者の方々の潜在パワーが凄すぎて感謝!!

そして生徒たちが頼りになりすぎて感謝!!!

フィナーレのシナリオを直前まで知らないヤバい先生を助けてくれる生徒。笑

謎の晩ご飯ローテーションに誰も突っ込まないほど、全力尽くした感満載の保護者グループLINE。笑

本当に素敵なママ達です(笑)✨✨

舞spaceを開催して下さってるひさよ先生と、お世話になっているdooneさんと、関係者の皆さま。

あたたかいご対応に救われました!

おかげで素晴らしい1日となりました!

心から感謝します!

ありがとうございました!!!

舞台の様子はまた改めて。

めぐりん

KOOKiesの強み☆

今週末はいよいよ舞台発表会!

レッスンに練習に張り切ってます!!

学校行事やご家庭の都合もあり全員が出演できなかったりもします。

もともとひとクラス少人数制なので

出演できるのがクラスに1人だけ、

ということも過去何度もありました。

こういうときは必ず本人とよく話し合います。(年齢問わず)

少しでも、出たい気持ちがあるなら全力でフォローします。

人数が足りないクラスの出演者に「めぐりんも一緒に踊ってほしい?」と尋ねます。すると、

「うちらだけで大丈夫!」

「でも、出れない○○ちゃんの部分はどうしよう」

「そこは、こうこうこうしたらいいんちゃう?」

と生徒たちが口々に相談始めます。

もちろん以前は違いました。

みんな恥ずかしがってたし不安がってた。

フォローし続けてたら、自立する子が増えてきた。

そんな子たちが今度は、まだ慣れてない恥ずかしがり屋さんをフォローできるようになってきた。

こんな風に少しづつ連鎖が起こってるのが目に見えてはっきりわかる。

確実にみんな成長するし、いちはやく強くなれる。

少人数だからこそ経験できる

仲間の強みです。

めぐりん

成したプロセスと結末☆

結果というのは単なる通過点に過ぎない。

何か取り組んでる物事に対して
思わぬ方向から成果が出ることもある。

昨日はKOOKiesキッズの2チームが、ダンスコンテストに出場✨

カタチに残す結果は得られませんでした。

けれど、
大きな難関を突破できた達成感があります✨

というのも、
KOOKiesにはとってもユニークな子たちがたくさんいます💕
発育過程の凸凹ちゃんとか、
個性たっぷりなパワーをいっぱい持ってる、
なぜかそういう子が集まってきます✨


今回チームメンバーの中には、メンタル面から学校に通えなくて長年ツラい日々を送っていた子がいます。
詳しい記述は控えますが、
「KOOKiesに出逢ってからこの子は激変しました✨」
とご家族はおっしゃいます。

KOOKiesにとっては、一般にあるガチのコンテストへの挑戦は無謀かなと、正直思わなくはなかった。

けれど、
いま皆んなが楽しく関わっているカルチャーが
日本や世界では一体どんなものなのかを見てほしい✨

ダンサーになれと言ってるのではなく、
ダンスを通して自分の人生の可能性を感じてほしい✨

もしかしたら畏怖してしまって逆効果になるかも…という不安もありましたが、
絶対にそうはならせないよう、ご家族とともに今出来る全力でサポートしています💪🏻

なかなかわちゃわちゃな面が多々ありますが💦😅

ダンスには「楽しく乗り越え生きる術」のカラダとココロの要素が詰まっています。

個性や特性をもった子やどんな子にも未来への道を等しく広げていきたい❗️✨

めぐりん