アラフォー矯正日記①☆

40代半ばにして歯列矯正に至った経緯についてはこちら「矯正日記・序」をどうぞ。

ちなみに、わたしの場合は前歯が噛み合わない「開咬」というもの。
よくある不良習癖から起こる開咬は歯列矯正で治るそうですが
わたしは先天性の骨格異常から起こるものだったので
完治するには外科手術しかないそうです。

「学会の資料に残せる」と言われたくらい最悪のケースだそうで(笑)
こんなケースは滅多にはないらしいので、歯列が気になるかたは
安心してなるべく早めに矯正歯科へ相談に行かれることをおすすめします。

そんなこんなで(笑)
あろうことか健全な歯を5本抜くことを余儀なくされました。

正直、抜歯に関してかなり躊躇いまして(かなりの小心者。笑)
手術することに比べたらこれくらい、、、と
自分に言い聞かせてました。笑

体調も限界が見えるところまできていたので
いまさらもう背に腹は変えられません。

<2018年10月29日>
右下親知らず抜歯。

麻酔は効いていたけど
めちゃくちゃ痛かった!!泣泣

抜歯後も10日間うずきました。泣

唯一綺麗に生えた親知らずだったので
温存していたのですが、実は
これが一番の曲者だったんです。
親知らずは残さず抜いたほうがいいですよ!

<2018年11月27日>
インビザライン開始。
アライナー1号、装着。
※装置のことを”アライナー”と呼ぶらしい。

1日20時間以上の装着命令。
なんと、装着中は飲食禁止。

初めて入れた感想は、
とにかく、痛い。泣

アライナーのバリ(切り取ってある縁周りのザラザラ)が
舌や唇内側に擦れたり切れたりして
口の中血だらけ。泣

そして、、、しゃべれない!
三種類ある装置の中では一番ラクにしゃべれますよって聞いてたのにー!!泣
口閉じれないし、唾液はやたら溜まる。汗

<2018年11月28日>
上犬歯2本抜歯。

アライナーのバリ取り(ヤスリのようなもので削る作業)開始。
食事のたびに歯磨きや手入れで1時間かかる。
仕事や他のことが手につかない。
食事がおっくう。

奥歯が噛み合いすぎて顎がだるくて痛い。

装着時の圧迫感、
着脱時は痛すぎて涙出る。泣

サ行が発音できない。

口の中が怪我だらけ。
たまらず口内炎軟膏で処置。

びっくりするくらい疲労感が半端ない。
いろんなことに神経使ってるからなのか?

ーーーー
こんな感じでしばらく不自由さに悩まされ
日常を取り戻す工夫に試行錯誤する日々が続きます。笑
ーーーー

<2018年12月1日>
下犬歯2本抜歯。

麻酔が切れたあとの痛みに耐えきれずロキソニン服用。

<2018 年12月7日>
アライナー2号、装着。

アライナーは10日ごとに変えていきます。

<2018年12 月17日>
アライナー3号、装着。

<2018年12月27日>
アライナー4号、装着。

顎の窮屈感がなくなってきました。
歯磨きやアライナーの手入れも30分でできるようになった。
バリ取りも慣れてきて、口の中の怪我がなくなってきた。

ストローだったらアライナー装着してても珈琲飲める。
(ホットは無理。笑)
変色防止に水と交互に飲めばOKということがわかった。

食事の内容・回数・時間が、スケジュールの重要項目になった。笑
外食の回数は、かなり減った。

体調は不思議なくらい良くなってきて
飲み続けていた漢方薬から完全に廃薬✨
(この不調と矯正の関係性はいずれまた)

相変わらず「し」「ち」が発音しにくいけれど、
みんな優しい✨
おかげで人前で話す恥ずかしさは
前より少しマシになりました。
聞き取りずらくてごめんなさい。


口を動かさずに発音するコツを
腹話術士から教わりたい😂笑

今後も不定期にレポしていきます。

つづく

めぐりん