おじいちゃん

昨日、

埼玉に住む、母方の祖父が亡くなりました。

通夜、告別式は土日。

こんなご時世なのもあり、

私と娘はお留守番です。

なので

通常通りお仕事させていただきます。

こんなご時世でなければ、

生きているうちに

会いに行きたかった

本当に悔しい

祖父は、

私がこの世で一番尊敬する人でした

私が心理士目指したのも

祖父の生き方をみて

影響受けたからでした

祖母が末期癌になり、余命宣告を受けた際、

「なったものは仕方ない、あらゆることを試そう!」と

ありとあらゆる、当時

癌に効くと言われていたものを

全て試しました

アガリクス、太陽光線、瞑想療法などなど

そして

祖母は、奇跡的に回復

今でも祖母は元気に生きています

そのことがきっかけで

私は人間の心に興味を持ちました

祖父は、

幼稚園に論語の読み聞かせに

ボランティアで行ったり

意識が戻らない友人の足裏刺激をしに

毎日病院に足を運んだり

たくさんの勉強を常にし

人のためにと

生きていました

祖父は

「この世で果たしたかった自分が設定してきた課題は、もう十分果たした。思い残すことはない」と

言っていたそうです。

おじいちゃんが大好きでした

滅多に会えなかったけど

おじいちゃんは、

色んなお手紙を書いてくれました

一つ一つが私の学びとなった

そう考えればいいのかぁって

気持ちが豊かになった

悲しいけど、

おじいちゃんは自分のやってきたことに満足して旅立っていきました

本当に尊敬します

私のおじいちゃんは、こんなに

凄い人だったんだよーって

自慢したくて

投稿します。

おじいちゃんみたいに、

人生最期の日に

「悔いなし!!もう満足!!」って

思って旅立てるように

思いっきり生きてみせます。

関連記事一覧