変化を受け入れる心を育てる

たくさーんの

あまりの早い

周りの変化に

翻弄されて

乱されて

疲れちゃってる方も多いのではないでしょうか

皆さんの心は元気ですか?

相手を思いやる

相手を認めてあげられる

そんな

優しい隙間、余白、ありますか?

「変化を受け入れる心を育てる」

最近聞いた言葉です

自分の心が喜ぶ

好きなことを

ちゃーんとしてあげて

心に栄養を満たしてあげるんだって

自分が喜ぶことを選択して

その穏やかな、優しい心を育ててあげるんだって

そしたら、

周りに色んな情報が溢れ

多数の選択に迫られて

環境が脅かされても

惑わされず

ちゃんと軸を持って

変化を受け入れられる土台が

自分を守ってくれる

私もつい最近まで、

恥ずかしいほど、ブレブレでした

今はね、

どんなことが起ころうとも

動じない自信があります

私は今

自分の心が喜ぶことをしているから強いの

何度も言いたい

私は運動提供するという手段を利用して

皆さんの心が喜ぶお手伝いをさせて欲しいのだと

コロナ禍においても

運動諦めない環境を提供し続ける

それは無理矢理今の形を続けるというのではなく

皆さんが安全に運動できる手段を探り、

見つけて

良いもの見つかったら共有するっていう

常に変化を受け入れて

その時代に適したものを提供していく

「こんなもの‥」と馬鹿にされてもいい

必要だと思って待っている人がいるなら

周りの目は気にならないからね

関連記事一覧