立つ鳥跡を濁さず

20代の頃、たくさん失敗しました。

特にフリーインストラクターになって、

「自分が正義」

なんて思ってた時がありました

人と喧嘩したこともたくさん笑

なぜなら自分が正しいと思ってたから笑

お客様のために‥って思ってたけど

自分のためだったかもしれないなぁ

なんてようやく振り返る

経営者になって

経営者側の気持ちがわかりました

経営者になったら

自分だけの問題ではなくなる

そこに働く人を守らなければ、とか

そこに来てくれる方の想い、も考える

これまで応援してくださった方の顔が浮かんだり

考え方が変わり、

ベクトルが変わった

もしも、ここがダメになったら‥

そこで働く人が

路頭に迷わないように

ちゃんと他でも受け入れてもらえるように

私がちゃんとよこの繋がりを大切にしておかなければ‥とか

最近思うようになったり

たくさんのことを考えます

自分のために働くことをやめたと言ってはいましたが、

実際自分中心だったことに

最近気づいたのでした

フリーインストラクターとして、個人事業主として活動してると

自分しかいないから

人と喧嘩しても自分に返ってくるだけです笑

だからこれまではそれで良かった

経営者はそれではいけない

「その人が選んでこの道を歩いてきた

どんなことが起ころうとも、その人が選択した人生だから関係ない」と

私は突き放すことは無責任なこと

私は

私が関わる全ての人を守りたいと強く思う

最近感じたこと

その人がちゃんと、他でも良好な働き方ができるよう、ちゃんと見守る必要がある

私は人間的に成長できるように

この時代を楽しんで生きる

全てを楽しんでやる

そう強く思っています

関連記事一覧