書道教室

書道教室!

全国レベルの生徒も在籍している
京子さんの書道教室。

今回イベントとして
単発でレッスンできるということなので
行ってきました!

(京子さんの書道教室の
展示会の様子はこちらから↓)
https://yumeblo.jp/mika08/2018/archives/6315

(京子さんとわたしの
共通の生徒さんを交えての
飲み会の様子はこちらから↓)
https://yumeblo.jp/mika08/2019/archives/8311

京子さんはわたしのレッスンに
来てくださっているので
わたしにとっては
「生徒さん」ですが
書道業界では超すごい人で
展覧会とか行くと
「握手してください」とか
お願いされるレベルの方です。
すごい。

そんなすごい方のもとで
『ペン習字だから筆ペンは持参』
ということをすっかり忘れ
何も持たずに
出向いてしまったわたしは
筆ペンを借りてのスタートです

美しいお手本…

綺麗な字というのは
その人の美的センスによるところが
大きいのかな?と思っていましたが

ひと筆ひと筆の長さや角度など
綺麗な字には
綺麗であるが故の
きちんとした裏付けというか
わかりやすい理論があるというのが
ものすごくおもしろかった

マルもらうとやっぱりうれしい

たしかに言われたことを漏らさず
気をつけて書けば
お手本に近い綺麗な形に仕上がるし
ダメだったときにも
何がダメなのかわかる

ただその言われたことに
気をつけて書くというのが難しい
なぜなら気をつけることが
たくさんたくさんあるから

わたしもレッスンでみんなに
ものすごい量の注意事項を
動きながらしゃべりまくっているので
やればやるほど
難しくて面白いのは同じだった

1時間半のレッスンで
のしの表書きを練習したけど
わたしはひたすら「大」ばっかり
練習してました。

1時間半かけた「大」がこちら

「大」は難しい

「美」は小さく書くのが難しかった

やったらやっただけ
きちんと自分に返ってくるのが
すごくおもしろかったです

 

そして驚いたのが
隣で受講してた知らない人が
中学の同級生だったこと。
お互いびっくりでした

彼女もわたしのことを
すごく覚えていてくれて
芋づる式にいろんなエピソードを
(「すごく仲良くしてた」とか
「体育とか一緒にやった」とか)
思い出してくれたけど
いちばん嬉しかったのが

「どっちかっていうと
 幼いっていうか、
 おしゃれとかに
 興味があるタイプじゃなくて
 休み時間も校庭で
 ドッジボールしてるような
 タイプだったよね!」

って言ってもらったこと

元気なイメージで
心に残ってるようで嬉しい

ZUMBAに興味があるようで
やったことはないけど
単発レッスンに行ってみたいと
言っていました。
嬉野サークルもしくは
サンアリーナZUMBAの
情報をお伝えしようと思うので
もし来られたら
皆さまよろしくお願いします。

 

お習字後は
京子さんとランチに行く予定でしたが
急遽その同級生も誘い3人で。

大好きなおなじみ永楽座です

習いに行ったのにおごってもらい
しかも
さつまいもまでもらって帰ってきた。
そして大将は相変わらず
ダンディで腰痛。

こうしてご縁がつながっていく。
不思議!神様ありがとう!