今日のレッスン

台風から2晩明けた今日のレッスン、某クラブに到着し社員の方に様子を聞くと「避難所のようになっています」とのこと。

クラブ周辺には、まだまだ停電が続く家も多く、冷房がないので1日クラブで過ごされる方も多いそう。

マンションなどでは、電気が止まると水も出なくなってしまう。

スポーツクラブはお風呂もシャワーも水もあるし、避難するにはとても良い。

そのクラブは要望があれば、会員でない家族の方にもお風呂を解放するとのこと。素晴らしい!

準備をしてジムに上がると、いつもレッスンに出てくださっている方が「先生、レッスン出たいけど、今日はこれから水を汲みに行かないといけないから帰るわ」と。

スタジオには、いつもよりちょっと少ないくらいで、それでも大勢のお客様。連日の停電で寝不足、ストレスや疲れがたまっている方も多いだろう。

私はどんなレッスンをするべきか?

普段なら安全に運動効果をお伝えするのが私のお仕事だけれど、ライフラインが途絶えた不自由な生活の中でもスタジオに足を運ぼうと思ってくださった方には、今は運動効果より心のエナジーチャージをちょっとでもしていただきたいと思った。

どんな言葉を選ぶべきか?音楽はどんなのがいいかな?いろいろ考えながら、全身全霊でレッスンをさせていただきました。

こんな時、私はいつも蛍をイメージします。蛍がどんなメカニズムで光っているか知らないけど(笑)、んーって全身でがんばって光を放つ感じ?

自分の中にある愛とプラスのオーラを全部集めて、カメハメハーッ!って外に向かって放つ。

微々たる光、微々たる力なんですけどね。その小さな一筋の光でも、それがみんなに届くと、みんなからも光が返ってきて私のパワーになる。

ふと、レッスン前に「まだ停電で…」と話していた方の顔を見ると、笑ってる✨

ありがとう。

娘の幼稚園はまだ停電が続き、先生達は暑い中首にタオルを巻いて保育をしてくださっている。

不眠不休で作業にあたっている関電の方、炎天下の交差点に立ち、手信号で交通整理をしてくれる警察官

ありがとう。

今日、友人から「やっと電気ついたー!」と連絡をもらったときは、涙がでそうになった。

きっと関西はもう少し。。。

北海道のニュースを見ていると胸が苦しくなる。

祈ります。