最強寒波到来なれど、心は動かされるお話 (^^)

節分も終わり、ウエルネス スタジオにはこんな絵ハガキを飾らせていただきました😉

寒椿と紅梅、この季節のお花です。

 

今日は、本当に寒い日。

♫ 北風ぴいぷう吹いている・・♫

風に流されたのか、ドラゴンっぽい長〜い雲あり🐉

 

さてさて、今日は日本奇祭の1つである「国府宮はだか祭り」の日。

(画像は、Wikipediaより)

年によっては、雪降る中で開催される事もあります。今年は雪こそ降りませんでしたが、最強寒波到来の中、開催です😵

国府宮はだか祭りというのは、神男(しんおとこ)と呼ばれる一人の儺負人(なおいにん)に厄災や穢れを負わせ、それらを土餅(どべい)と呼ばれるお餅に移して土に埋めることで厄落としをする神事です。

儺負人は、儺追神事の祭典が終わった国府宮拝殿から、儺負人に触れることで厄災や穢れから逃れようとする裸男たちの中に飛び込み、儺負人に触れようと凄まじい押し合いへし合いが繰り広げられる中、もみくちゃにされながら「儺追(なおい)殿」に引き揚げられます。

ずっと愛知県に住んでいるけれど、行ったことも見たこともなかった「はだか祭り」

今日はたまたま家にいて、夕方テレビをつけたら、生中継が始まったところでした。

他事をしながら、テレビ画面もチェック📺

裸男の方々のものすごい勢いと盛り上がりと熱気。裸が擦れ合うために怪我しないよう、水を潤滑剤として撒くのですが、熱気のために湯気へと化します。寒風の中でも・・。すごいです😮

 

そして、儺負人が儺追殿に引き揚げられる瞬間をばっちり観ることができました😃✌️

たくさんの方々の一切の厄難を一身に受け、揉みくちゃにされながら儺負人が儺追殿に引き上げられるその迫力に、めっちゃ感動😌✨

毎年この行事を楽しみにしていらっしゃる方の気持ちがわかりました😊

 

ちなみに今年は、儺負人が国府宮拝殿から裸男達の中に飛び込んでから儺追殿に引き揚げられるまで、わずか53分と、過去5年間の中で最短の速さだったみたいです。

アップで映像を流してくれるので、雰囲気とか進捗具合がとってもよくわかりましたが、儺負人は素っ裸なので、引き上げられる瞬間はさすがにモザイク入りでしたね😆 

 

夜道にふと気づいた、蕾から一輪・二輪と咲き始めていた白梅。

もうこんなに咲いていました。

深夜に降る白雪のよう・・なんて言ったら言い過ぎですか?(笑)

この丸っこい可愛いらしさにも、「わあっ💕」って心が動かされました😃

 

 

ところで、アンパンマンはご存知だと思います。

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

(バンダイ公式HPより)

http://www.bandai.co.jp/character/anpanman.php

 

お腹がすいて困っている人がいたら、自分の顔であるアンパンの一部を与えます。そうする事で自分の力が半減すると分かっていても、目の前の人を見捨てることはしない、正義の味方・正義のヒーローですね。

これはJRの車内に貼られていたポスターです。

アンパンマンの生みの親は「やなせたかし」さん

この展覧会を紹介していたサイトから、引用させていただくと

【やなせたかしさんの生誕100周年を記念して、彼の多彩な創作活動の歩みを、「アンパンマン」など代表作の絵本原画やタブロー画、創作活動の原点とも言える漫画や、多くの人々の心を捉えてきた詩、30年間編集長をつとめた雑誌『詩とメルヘン』の表紙原画などから辿ります。やなせの温かい人柄やその人生観に、作品を通して触れてみてください。

大人から子どもまで楽しめる展覧会です。この冬、親子ではじめての展覧会デビューをしませんか? 】

http://www.artagenda.jp/exhibition/detail/4035

 

たくさんのお子ちゃま達が、アンパンマンに勇気づけられたり、心を動かされたり、知らず知らず学んだりしてきたと思います。

「親子で初めての展覧会」

すごくいいなって思います。小さなお子様がいらっしゃる方、アンパンマンに思い出のある方、是非足を運ばれてはいかがでしょうか?😊

 

心を動かされる事・物って、いろいろありますね😊