「うれしい♪」カテゴリーアーカイブ

卒業!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

早いもので、あの事件から3年が経ちました

https://yumeblo.jp/norimon/2017/archives/1646

受傷した方の右肘関節の可動域は、完全には戻っていないけど、日常生活には全く支障を感じないし、筋力も十分回復し、以前と変わらない重量でのウェイトトレーニングもできるようになりました

それでも、この3年間定期的な通院は継続していました

昨日は数ヶ月に一度の診察日

ちょうど3年ということもあり、X線とMRI検査を受けました

 

右が3年前、受傷直後のMRI画像で、丸で囲んだ部分の黒いくの字状に見えるのが、切れた内側側副靭帯を含む組織です

左が昨日撮った手術後、3年経過した画像です

その黒い帯状の線が、しっかり上腕骨に向かって伸びています

断裂した靱帯を手術で縫合したのですから、当然と言えば当然ですが、改めてこうして画像で比較すると、回復したんだなぁ、と実感

そして、昨日で3年間にわたる通院が終了となりました

長かったですね

まさかこんなに長くなるとは予想もしませんでした

でも、リハビリで支えてくださった先生方のおかげで、一度も通院を苦に感じたことはありません

だから、この『卒業』も、嬉しさの中に、ほんのわずかにさみしさが混じります

船橋整形外科クリニックの先生方、事務の方々、長い間お世話になり、ありがとうございました


初体験からの教訓

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

休業要請が解除され、多くのフィットネスクラブが業務を再開してから、一ヶ月が経ちました

しかし、まだまだ様々な制約の下でのレッスンは続きます

その一つが、マスクを着けてのレッスンです

レッスン中のインストラクターや参加者の方々のマスク着用は、施設によって対応が異なります

私の場合、マスク着用を義務付けられたのは一ヶ所だけで、レッスンも本来はエアロとステップ、有酸素プログラムの担当でしたが、飛沫の飛散を懸念して、そのクラブでは当面の間有酸素プログラムは休止となり、ストレッチのクラスに変更して実施しています

ストレッチなのでマスクをしてレッスンしていても、息苦しさを感じることはありませんでした

ところが、今月からマスク着用となったクラブが

今日はつくば市の健康増進センターACTでレッスンでしたが、ACTではこれまで窓と入り口のドアを開放し、十分に換気をしながらレッスンをしてきたのですが、気温が上がると冷房が効きにくくなることや、梅雨時の雨の吹きこみを考慮して、今後は定期的な換気の時間は設けるものの、窓を開けっぱなしでのレッスンは控えるとのことで、その代わりのマスク着用となりました

これまでの経験で、不織布性の使い捨てマスクよりも手作りの布マスクの方が、汗をかいた時の不快感がなく、呼吸もしやすいと感じていたので、先日作ったこのタイプのマスクを着けて、今日は30分のステップと、45分のエアロをやりました

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトルのお茶のおまけのガーゼハンカチで作ったマスクです

鼻の凸に合うようにプリーツを入れてあります

で、いざレッスンを始めると、しゃべりながらのせいか、マスクがだんだんずれてきます

そして、このプリーツの折り目がちょうど鼻の頭にくると、折り目の下が鼻の下に食い込んで、鼻の穴を塞いでしまい、鼻から息が吸えない!

何度もずれを直しながらのレッスンでした

このタイプは、普段はいいけど、運動には不向き、特に私たちのように動きながら絶えずしゃべり続ける指導者には・・・

そんな話をレッスン後にしていたら、レッスンに参加していた会員さんがこれを下さいました

 

 

 

 

 

 

 

お手製のガーゼのマスクで、立体裁断の二枚の生地を縫い合わせたタイプのものです

これは二つに折りたたまれた状態ですが、このマスクの真ん中に相当する、二枚の生地の縫い合わせたところの曲線がポイントですね

これなら鼻のラインにフィットするし、ずれても鼻の穴を塞いでしまうことはありません

いただいたこの一枚はもちろん大切に使わせていただきますが、これをモデルにして、近々自作してみようと思います

そして、クラブからもこのようなものをい

ただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスシールドを作るためのキットです

ACTは筑波メディカルセンター病院という医療法人が運営するクラブですが、なんでも病院の方にこのフェイスシールドキットが大量に寄付されたとのことです

その一部を私たちインストラクターにも支給してくださいました

マスクでのレッスンがしづらい場合は、フェイスシールドでもよいとのことです

まだ飛沫感染に考慮しながらのレッスンがしばらく続きそうなので、マスクにしてもフェイスシールドにしても、自分にとって快適なものを試行錯誤しながら見つけたいですね

どんな状況下でも、レッスンのクオリティを落とさないために


ご厚意に甘えます

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

コロナウィルス感染による自粛は、大勢の人が集まるイベントばかりでなく、私たちの学びの場にも影響をもたらしています

今月末に予定していた、jafaエキスパートWorkshopも、残念ながら中止となりました

https://yumeblo.jp/norimon/2020/archives/2495

以前にも綴ったように、このセミナーで講師を務める予定でした

配布資料作りやデモレッスンのプログラム作りなど、少しずつ準備を進めてきた中、開催まで2週間を切っての中止の知らせ

覚悟はしていたものの、ガッカリしました

そんな中、ちょっと嬉しいことも

今回のセミナーには、フィットネスインストラクターならお馴染みの、エクササイズ用音源を販売しているブラボーミュージック様が、協賛企業として各講師に講座で使用するCDを無償提供してくださることになっていました

私もそのお言葉に甘え、ブラボーミュージックのサイトで視聴を繰り返し、この3枚のCDを選びました

 

 

 

 

 

 

そして、このCDが自宅に届いたのと同じ日に、jafaからセミナー中止のメールが・・・

なんとも皮肉なタイミングでの、中止決定でした

そんなわけで、届いたCDは、すぐには開封せず、ブラボーミュージックの担当者の方にセミナー中止の旨と、返送についての相談のメールを送ると

 

CDはそのままお使いください

 

とのお返事をいただきました

 

お心遣いに、感謝です

 

早速聴いてみましたが、それぞれがそれぞれの違った良さと使い勝手があり、良いセレクトでした

ブラボーミュージック様には感謝してもしきれません

なので、これからじっくりこの三枚のレビューを綴ってみたいと思います

 

 


相棒

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

昨日、愛車1号、ウイングロードのメーターが、25万キロに達しました

 

 

 

 

 

 

新車で乗り出してもうすぐ12年

その間、トランスミッションが壊れたり、エンジンが壊れたりと、普通なら車を乗り替えるような事態も乗り越えて、ここまでやってきました

メーターの数字がぴったり250000を示したのは、午前中のレッスンを四街道で終え、40㎞弱離れた茨城県龍ヶ崎市のクラブへの移動中

ちょうど、千葉と茨城の県境、利根川にかかる若草大橋の手前の田んぼ道でした

 

 

 

 

 

 

まさに、チバラキです(笑)

 

 

 

 

 

 

たぶん、こいつと走ってきた25万キロの大半は、千葉県から茨城県にかけて

そんな2県に敬意を表して?!こんなステッカーが貼ってあります

これからも、チバラキを走り抜け、たくさんの方々に楽しく効果的なエクササイズをお届けします

あ、チバラキに限らず、お呼びであればどこでも参ります

こいつと一緒なら、道がある限り、どこへでも行けそうです(笑)

 


合格!そしてご褒美

先週は、3日続けて日本フィットネス協会から封書が届きました

 

1日目は、来月開催される研修会の案内

2日目は、同じ研修会の中で行われる任意参加の講習会の資料

3日目に、やっときました

ずっと待っていたものが

 

 

 

 

 

 

先月末に受けた、GFIエグザミナー試験の結果通知書です

昨年はストレッチエクササイズのみの合格で、残りの2種目、エアロビックダンスとレジスタンスエクササイズを再受験したのですが、晴れて追加合格、これで3種目コンプリートとなりました

はめ残したパズルのピースを埋めて、やっと完成した気分です

この結果通知が届いたのが、23日の土曜日

 

そして、25日から2泊3日で、志賀高原で羽を伸ばしてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

万が一不合格だったとしても、行きましたが(笑)、やはり合格してからの解放感は格別です

3日間、好天に恵まれたのも、お天道さまの祝福?

いや、恵まれすぎて、雪が少なかったのが、ちょっと残念でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間でエネルギー充電出来たので、来月は、TORIDE DANCE & PERFORMANCE DAYの開催、そして、健康体力づくり事業財の研究助成報告書提出と、忙しくなりますが、頑張ります!