「くるま」カテゴリーアーカイブ

若者の○○離れ

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

昨日、研究発表という大きな山を越えたので、今日は自分の息抜き、一日マーチとジムカーナの走行会へ

 

 

 

 

 

 

 

 

暑くも寒くもない今の季節、そして晴天に恵まれ、モータースポーツ日和

そのためか、いつもより参加台数が多く、特に今日は複数の大学の自動車部の学生さんたちが、たぶん20人くらい参加していて、若者の姿が目立ちました

学生たちなので、おそらく部の先輩から譲り受けたと思われる、かなり年式の古い車が多く、もしかしたら、彼らよりも先に生まれたと思われる車を、1人一台ではなく、数名で交代で走らせていました

その中で、1人だけなんとポルシェで来ていた学生が

まあ、親の車かもしれませんが(笑)

その男子、見た目は濃いめのイケメンなんだけど、甲高い声で話すものだから、いやでも彼の会話の内容が耳に入ってきます

その彼が、午後のコースの完熟歩行をしている時に、仲間の一人と話していた会話

 

俺ほとんど街乗りしないから

首都高か関越しか走んない

200km/hくらいで

 

 

はいはい、すごいすごい

 

でもね、このサーキットに来る大人の人たちは、ひとたび公道に出ると、皆さん安全運転のマナーの良いドライバーさんばかりなんだよ(含む自分、笑)

君の(お父さんの)車のハイスペックなパフォーマンスは、ぜひサーキットで披露しようね

 

と、心の中で語りかけていました(笑)

 

このビッグマウスくん、本当に痛い目に遭う前に、大切なことに気づいてくれるといいな

 

まあ、そんな彼は置いといて、普段は社会人、それもどちらかというと中高年寄りの男性がほとんどの走行会に、こんなに若い子たちが集まったのを目にしたのは初めてです

若者の車離れが進んでいると言われていますが、まだまだこれだけ車好きな若者がいるのを目にして、嬉しくなりました

 

そのサーキットからの帰り道、高速を降りて国道を走っていると、バックミラーに私のマーチと同じ型、同じシルバーのマーチが、べったり張り付くようについてきています

これはよくあることで、私のマーチはかなり珍しいため、同じマーチに乗る方からよくガン見されます(笑)

少し走った先の信号が赤になり、私は直進車線に、そして後ろのマーチは隣の右折車線に、2台並んで止まりました

ものすごい視線を感じたのでチラッと横を見ると、2人の若い男性が乗っていて、助手席の子どころか、運転席の子まで身を乗り出してこっちを見ています

そうなると、無視するのもなんだか冷たい気がして、窓を開けて軽く会釈をしました

 

カッコいいっすね

 

と、運転席の子が声をかけてきました

 

その彼らの乗っていたマーチも、実はただのマーチではなく、5速マニュアルトランスミッション、特別にチューニングされたエンジンやマフラー、サスペンションを搭載したカスタムカーでした

 

そして、信号が青になると、野太い排気音を轟かせて走り去って行きました

 

まだまだ、ここにもいた

車好きな若者たちが(*^_^*)

 

 

若者の車離れを食い止めるために、自動車メーカーや販売店がさまざまな手を打たなければなりません

 

 

若者のエアロ離れは、私たちがなんとかしないと

 

上総城めぐり

先月末は、ダンス発表会、研究助成報告書の提出と、怒涛のごとく時間が過ぎていきました

この二つを全力で乗り切った自分へのご褒美は、ドライブ(笑)

昨年秋に乗り換えた2号車マーチで、春の房総半島へ

そう言えば、この子で遠出をするのは初めてかもしれません

今度のマーチもナビがついていないので、数日前から地図を見ながらドライブ計画を立て、iPod のメモにこんなふうに道順を記しておきました

 

 

 

 

 

 

 

 

私のいつもの作戦です(笑)

このメモのおかげで迷うことなく最初の目的地、久留里城に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場の桜はほぼ満開

そこから天守閣まではかなり歩くのですが、ルートは2つ、舗装された道か、未舗装の遊歩道

迷った末に後者にしました

雨上がりなので、土の上に落ち葉が積もった山道は滑りやすく、誰もこのルートを昇ってこないのがよくわかりました(笑)

汗ばみながら登っていくと、こんな風景が

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてようやくお城とご対面

 

 

 

 

 

 

復元された天守閣は、3重の造りでやや小ぶりですが、青い空に白い壁が映えます

久留里城を後にした後、次に向かったのは大多喜城

お腹が空いていたので、登城前に腹ごしらえ

 

 

 

 

 

 

駐車場の隣の茶屋で、とろろ定食をいただきました

季節の筍の木の芽和えとわらび餅が美味しかった(*^_^*)

ここからまた5分ほど急坂を昇り、天守閣へ

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと曇ってきたので久留里城のような写真は撮れませんでしたが、やはりここでも桜は満開

 

 

 

 

 

 

この大多喜町は、まさに房総半島のど真ん中

ここからさらにまた東に向かっ走り、いすみ市に向かいしました

外房の海はもう目の前

内房の君津市から外房のいすみ市まで、まさに房総半島のど真ん中横断ドライブです

ここまで来ると、海を見ずに帰るのはもったいない

当初のドライブプランにはなかった大東灯台や一宮の海岸に寄り道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、マーチが主役になっていますが(笑)外房沿いを九十九里まで北上し、千葉東金道路経由で家路につき、トータル245㎞走破

ひさしぶりにバッテリーと自分に充電できました

 

半世紀

先日、誕生日を迎え、50歳となりました

写真の胡蝶蘭は、実家の母からもらった誕生日プレゼントです

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が子供の頃の50歳って、おばさんを通り越しておばあちゃんだったような気がします

自分がその年齢になってみて、果たしてそれだけの貫禄、歳を重ねてきた年輪のようなものがあるのかどうか(笑)

半世紀という人生を振り返るのはちょっと大げさなので、とりあえず40代を振り返ってみて、私の40代を象徴するキーワードをいくつか挙げてみます

 

まずは、クルマ(笑)

もともと学生の頃から車好きで、大学1年で免許をとると、実家の父親の車を好き放題に乗り回していました

ペーパードライバーとは無縁のまま、運転歴は30年を超えました

そして、30代の終わり近くになってから出会ったのが、2台目のマイカー、今のウイングロードです

 

 

 

 

 

 

この車か私の人生を変えたといっても過言ではありません

ウイングロードに乗り出したのをきっかけに、車つながりの友人がたくさんでき、その友人たちに刺激されて、20年近く乗っていなかったマニュアル車に乗りたくなり、その翌年、40歳になる自分への誕生日プレゼントと称して中古で購入したのが、つい2ヶ月前まで乗っていた先代のマーチです

 

 

 

 

 

 

そのマーチがきっかけで、今度はジムカーナというモータースポーツにはまりました

特に誰から指導されるわけでもなく、がむしゃらに走ってタイムが縮むのが、最初の頃は楽しくて仕方なかったのですが、次第に頭打ちになってくると、今度はいかに速く走るかというテクニックを身につけたくなり、上手い方の走りを観察したり、同乗走行させてもらったりと、さらに奥深い楽しみ方を味わうようになりました

でも、これは同時に車を酷使することにもつながり、先日このマーチとサヨナラ、廃車となりました

そしてまたやってきた同じマーチ

 

 

 

 

 

 

先代のマーチとともに40代を走り抜けてきたので、今度のマーチで還暦を迎えたいですね(笑)

 

通勤用のウイングロードは、新車購入から9年目にはトランスミッションが壊れて交換、11年を迎えた今年はエンジンが壊れて交換と、壊れては直しを繰り返してただいま23万4千キロを過ぎたところ

まだまだ乗ります

ウイングロードは毎日の通勤の相棒であり、仕事でもプライベートでも、私を支えてくれています

レッスンを終えてどんなに疲れていても、こいつが駐車場で待っていてくれたのを目にすると、ホッとします

「待っててくれてありがとう、一緒に帰ろう」

という気分になれるのです

頼まれればフットワーク良くいろんなところに出向いていけるのも、こいつのおかげです

この車を買った時は、まさか50歳まで乗るとは思っていませんでした(笑)

車も私も年数なりの歳をとりましたが、壊れても直す復活の精神で、これからも二人三脚、いや、二人二脚&四輪で走り続けたいです

 

 

て、1つ目のキーワードだけでえらく長くなってしまったので、続きは次のブログにアップしますね

 

古きよきもの

マーチを手放してから3週間、新しい中古車?がやってきました

 

 

 

 

 

 

え?

はい、またマーチです

それも、同年式、同仕様(笑)

 

 

 

 

 

 

後姿も全く同じ

それはそのはず、もともとのマーチのリアウィングをバックドアごと移植しましたから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給油口の蓋まで移植(笑)

外観だけでなく、元のマーチに装着していた様々なパーツを乗せ換えての納車となりました

なので、元のマーチとサヨナラしてから納車まで、丸々三週間かかりました

その三週間の間に、間の悪いことに、通勤で使用しているウイングロードのエンジンが不調になり要交換

エンジン交換て、新品エンジンと工賃を合わせると、中古の軽自動車が一台買えるくらいの費用がかかります

なので、普通の常識ある人なら、諦めて車を乗り替えます

 

エンジン交換しました(笑)

と言っても、さすがにマーチを買い替えた後だけに、新品には手が出せなかったので、ネットで見つけた中古エンジンに

 

 

 

 

 

 

 

 

私のウイングロードが23万キロも走っているのに対して、3万キロも走っていないので、私からすれば新品同然です

これでお亡くなりになりかけていた愛車が息を吹き返し、また元気に走れるようになりました

後は車検を通って戻ってくるのを待つだけです

 

私の二台の愛車たちは、どちらも最新の装備を何一つ持たない、減税の対象にもならない、一昔前の車です

そして、そんな2台を愛してやまない私も、エアロとステップ一筋の、昔ながらのインストラクターです

だんだんスタジオプログラムの中に占める割合が減ってきて、他の様々な機能改善系エクササイズや、プレコリオに押され気味なエアロビクスですが、最新のグループエクササイズプログラムのほとんどは、もとはと言えばエアロビクスをベースに分化、発展してきたもの

そして、人間の身体は、いくらインナーマッスルを鍛えたり、様々なファンクショナルトレーニングと言われるエクササイズと行って機能改善を図っても、

 

心肺停止したら終わりです

 

だから、心肺機能を鍛える有酸素運動=エアロビクスはこれからも絶対必要!

ガソリン車は、環境保全のために、いずれは消滅してしまうかもしれませんが、有酸素運動がフィットネスプログラムとして存在しなくなることは、絶対にありえません

だから、これからも自信を持ってエアロビクス、ステップを指導していきます

 

 

 

ラストラン

この前の三連休、久しぶりに二号機マーチでジムカーナの練習会に参加しました

 

そして、間もなくマーチとサヨナラします

10年前、どうしてもマニュアル車に乗りたくて、中古で手に入れたマーチ

地元の中古車販売店に見に行き、一目惚れした車です

巨大なリアウィングが特徴的な、インパル仕様のマーチを、『インパルちゃん』と親しみを込めて呼び、可愛がってきました

通勤にはそれほど乗りませんでしたが、気付けばメーターは13万キロを超え、最近はエンジンからの異音、冷却水の激減などの不具合が増え、もう長くは乗れないかもしれないと思っていました

そんな時、中古車検索サイトで見つけた次なる車(まだ内緒です)

思い切って乗り換えることにしました

その乗り換え前のラストラン

 

 

 

 

 

 

前日までの雨の影響もなく、路面コンディションもまずまず

気持ちよく全力疾走し、思い残すことはありません

ありがとう、インパルちゃん♥