「やっちゃった」カテゴリーアーカイブ

怪奇現象???

数日前に体験した、不思議な現象です

 

その日はダンナが早出で、まだ私が寝ている時間に出て行きました

たぶん、その物音で眠りが浅くなっていたのだと思います

ウトウトとしていた時、突然左腕を誰かにつかまれたような感覚を覚え、ハッと目が覚めました

すると再び左の前腕部に人の指が触れるような感覚が

 

ひぃ〜💦

 

と思った瞬間、それが自分の右手の仕業であることに気づきました

両手をバンザイしたような変な姿勢で寝ていた私の右腕は、おそらく前腕部を支配する神経が圧迫され、一時的に感覚が麻痺してしまっていたのです

その、全く触覚を感じなくなっていた右腕に、何かの拍子に左の腕が触れたため、まるで他人の手に触られたような異様な感覚を覚えたのでした(笑)

 

ここで、しびれの生理学的な小話を(笑)

 人の神経には大きく分けると4種類あり、筋収縮を起こす運動神経、筋肉や皮膚の様々な感覚を伝える感覚神経、血管や汗腺などの働きを調節する遠心性自律神経、そして内臓などから様々な感覚を伝える求心性自律神経です

これらの異なる役割を持つ神経が1つの束になっているのが神経束と言われ、坐骨神経などは異なる役割を持つたくさんの神経が束になっている、神経束と言われるものです

正座などで体の一部が長時間にわたって圧迫されると、その部位を通る神経束も圧迫され、麻痺が生じます

その際に、圧迫の影響を受けやすいのが、運動神経や触覚を伝える感覚神経で、最も影響を受けにくいのが痛覚だと言われています

だから、痺れるとうまく動かせないし触られても感覚が麻痺しているのに、ピリピリとした嫌な感覚だけは感じるのです

 

そういえば、昨年夏、右肘関節を脱臼、靱帯断裂した時も、受傷直後は右前腕の感覚が全くなくなっていたのに、痛みだけはしっかり感じていましたね

あの時は、しびれとは異なりますが、肘関節に受けた強い衝撃で、一時的に感覚神経麻痺が生じていたのだと思います

あれからもうすぐ10か月になります

今も通院リハビリは続いていて、完治までには想定外に時間がかかっていますが、頑張ります💪

 

 

復帰に向けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://yumeblo.jp/norimon/

↑先日の診断から、トントン拍子に来週手術となりました

今日、紹介状と画像のCDRをもってこちらの外来にかかりました

http://www.fff.or.jp/seikei/

そこでさらに、X線透視下での関節の状態を、Dr自らの手で外反ストレスを加えながら撮影し、明らかに正常な左に比べて右の関節の動揺が大きかったことから、このままだと関節の不安定性が残ってしまうということで、手術ということになりました

来週の金曜に手術となります

そして翌日退院、早っ!

仕事復帰に向けてのリハビリに、思ったよりも早く入れそうでよかったです

早くレッスンしたい!

 

 

症例報告(笑)

https://yumeblo.jp/norimon/2017/archives/1639

↑から3日目を迎えました

まだ右腕はシーネで固定されたままですが、左手でキーボードを打ち、マウスを操作することにだいぶ慣れてきました

受傷直後のX線画像はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

上腕骨が明らかに尺骨後方にずれています

肘関節脱臼の大半を占める後方脱臼です

そして整復後のX線画像

 

 

 

 

 

 

 

きれいに尺骨のくぼみに上腕骨がはまっています

そして、整復後に撮ったCT画像から合成された肘関節の3D画像です

 

 

 

 

 

 

 

すごいですね、こんな鮮明にわかるなんて

これを見て、細かなひびも含めた骨折がないことを確認したようです

ちなみに、こんな詳細な撮影をし、CDRに焼いてもらい、紹介状をいただいた上、時間外診療だったため、健康保険を使ってもかなりの出費となりました(笑)

診断技術の向上は、医療費の増加につながるのを痛感!

不覚!

昨夜、生まれて初めて脱臼しました

帰宅して洗濯物を取り込むため、ベランダとリビングの間を往復していた時、背後に転がっていたバランスボールにつまづき、そのまま倒れるだけならよかったのに、バランスボールで思いきりバウンドし、跳ね上がってからフローリングの床に叩き付けられたので、こんなことになってしまいました

倒れた直後は右の前腕の感覚が全くなく、手がありえない方向を向いていたので、自分でも完全に脱臼したとすぐわかりました

痛みで寝返りを打つこともできなかったので、仰向けのまま背中で床を這っていって手さぐりで携帯を探し当て、119番通報

救急でX線撮影した画像を見せてもらったら、見事に上腕骨と橈骨がずれていて、素人目にも明らかな脱臼

そして、二人のDrの手により、ものの1分もかからずに、麻酔もかけずに、外れた関節は元の形に整復されたのでした

その瞬間に、感じたのが

自分の前腕が戻ってきた!

脱臼によって、私の前腕は一時的に上腕にぶら下がっている異物のようになっていましたから

幸いにも、骨折が見られなかったため、処置はこれで終了

痛み止めの内服薬を二日分もらって帰りました

もしこれが、運動習慣の全くないアラフィフ女性だったら、骨折・手術となっていたかもしれませんね

日ごろからエアロはもちろんですが、ウェイトトレーニングをやっているので、骨密度はそこそこ高いと思います

これまで骨折や脱臼など、骨に関する怪我は一度もなかった私が、人生初の三角巾です

 

 

 

 

 

 

 

しかも右腕

字も書けない、お箸も持てない、PCも左手片手打ちだからえらい時間がかかる

なにより、レッスンできない

しばらくはレッスンは代行になります

いつも参加してくださるお客様、クラブ、代行してくださるインストラクターの方々、いろいろな方々にご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありません

 

それと、

 

しばらく車を運転できない(´;ω;`)ウゥゥ

これがマジでツライ(+_+)

 

うっかりもの

今日は、ティップネス久喜店で代行でした

自宅から久喜までは、押上で東武線に乗りかえれば、あとは終点まで一時間弱の電車の旅

長い道のりですが、ゆっくり本が読める

今日のために文庫本を一冊買っておきました

行きの電車では、iPodでレッスンで使用する曲を選んだり、レッスンの流れを頭の中でイメージしたりと、結局本は開かずに終点まで来てしまいましたが、帰りは始発電車でゆっくり座って本が読めます

さあ、読もう

とページを読み進めていくと、内容は面白くてどんどん読み進んでいくのですが、なんか頭の片隅の記憶にあるようなないような

家に帰り、もしやと思い、本棚を探すと

ありました同じ本がもう一冊

この様なシリーズものの連作では、これまでにも何度かやってしまったパターンです

実は、移動の際に本を読む習慣が復活したのは、最近です

昨年9月までは、AXIA取手での仕事が中心で、移動はほとんど車、本を読む機会がなかったのです

自分の車を所有する以前は、電車での移動がほとんどでしたので、その頃はよく本を読んでいました

好きな作家は、平岩弓枝、澤田ふじ子、宇江佐真理といったところ

いずれも時代小説ばかりです

それも、歴史ものというよりは、江戸の町人ものや捕り物帳みたいなストーリーが好きです

この手の小説は、連作のシリーズもので出版されているのですが、何年も読まずにいると、いつの間にか新刊が何冊も出ていて、自分が何冊目まで読んだか忘れてしまいます

本屋で手に取りパラパラとめくった時は、読んでいないと思ったのですが、ちゃんと読んでみるとだんだん記憶がよみがえり、ああまたやってしまったと反省することに

ちゃんと自宅の本の在庫を把握しないとだめですね