「やっちゃった」カテゴリーアーカイブ

人も車も熱中症にご注意を

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

一昨日、愛車2号機のマーチが緊急入院しました
熱中症、いや、オーバーヒートです
自動車のオーバーヒートとは、人に例えれば熱中症のようなものです

人間に限らず、哺乳類などの恒温動物の体は、体温を一定に維持するため、体温調節機構が働いています
私たちの体は、ただ生きているだけでも熱を生み出すものなので、常にその熱を体外に放出し、体温を一定に保たなければいけません
猛暑日のような高温でなければ、皮膚表面を流れる血液が外気によって冷やされ、体内に熱がこもらないようにしています
それが難しい高温環境では、汗をかいて皮膚の表面から蒸発させ、気化熱という形で体内の熱を放出します

車も同じで、ひとたびエンジンをかけると、走行しないアイドリングの状態であっても、ガソリンを燃焼させることで熱が生じます
走行中はエンジンの回転数も上がるので、さらに多くの熱を発生します
この熱は、エンジンの周りを流れる冷却水によって冷やされます
そして、エンジンの熱によって温まった冷却水は、車体前部のグリルから取り込まれた外気によって冷やされ、ふたたびエンジン回りを循環します
この外気による冷却をさらに効率よくするために、エンジンルーム内のグリルのすぐ内側には扇風機のようなファンが備えられていて、冷却水の温度変化に応じて働きます

今回のトラブルの原因はこのファンでした

普通オーバーヒートというと、真夏の長時間ドライブや、長い上り坂の走行など、エンジンに負荷のかかる走行を長時間行ったときや、渋滞時にエアコンをガンガンつけてエンジンに負担がかかった時などに起こるものです
その他にも、冷却水不足などの整備不良が原因で起こることもあります

今回はそのいずれにも当てはまらず

それは先週末、地元のスーパーに買い物に行った時のことでした
スーパーの駐車場で、水温警告灯が点灯したのに気づきました
さらに、私のマーチには、冷却水の温度やバッテリーの電圧、吸気温など、様々な車両情報を表示するOBモニターがついているのですが、そこに表示された水温が、今まで見たこともないような高温を示していました

この写真は以前のもので、水温は70℃台と低い数値を示していますが、この時は100℃を軽く超えていました

何かまずいことが起こっているのはすぐにわかりましたが、家までは2㎞ほど、10分もかからない距離だったので、なんとか家までは帰れるだろうと、そのままスーパーを後にしました

その間にも水温の数値がじわじわと上昇していきました
そして、マンションの駐車場に着いた時には水温は120℃を超え、すでにエンジンルームから白煙のようなものが出始めていました

いわゆる走行時の負荷によって生じたオーバーヒートの場合は、すぐにはエンジンを切らず、ボンネットを開けてエンジンルームを冷却させるとよいのですが、私は直感的に、これはエンジンをすぐに止めないとまずいパターンだ、と感じました

翌日、いつもお世話になっている販売店に電話して事情を話し、これ以上自走することは難しいということで、週明けにJAFのロードサービスを呼んで、販売店まで搬送してもらいました

 

 

そしてその診断結果は、ファンモーターの不具合でした
例のファンが作動していなかったため、冷却水の温度が下がらず、エンジンの熱によって水温が急上昇してしまったわけです
最近、全然ジムカーナの練習会に行っていないので、走行後にエンジンルームを冷やすためにボンネットを開けることが少なくなり、こういう不具合に気づきにくくなっていたようです
モータースポーツは車にかなりダメージを与えることもありますが、その分車のコンディションにはとても敏感になります

人の体がこのようにうまく放熱できなくなれば、熱中症になります
熱中症の予防には水分補給が大切なのは周知のことですが、それと同時に、いかに効率よく放熱するかも考えなくてはいけません
しっかり水分補給していても、汗が蒸発しにくい服装だったり、無風状態で皮膚からの放熱がしにくいときは、要注意ですね

9月に入って急に涼しくなりましたが、まだまだ残暑は訪れると思います
運動はもちろん、高温環境での作業をする方は、引き続き熱中症対策を!
そして、車に乗る方は、たまにエンジンルームを覗いて、冷却水の量やエンジン始動時にファンが作動しているかどうかを、確認した方がいいですね
ちなみに、ファンは水温が低い状態では作動しませんので、エンジンをかけてすぐ確認しても動いていないことが多いです
ある程度走行し、水温が上がった時に確認しましょう


アップデート

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

とうとうPCをWindows10にアップデートしました

本体ごと(笑)

 

 

PCが急逝しました

正確には、重傷を負ったため、やむなくその生涯を終えていただきました

それは10日ほど前のこと

洗い物をしながらビデオ通話しようと、キッチンカウンターの上にPCを置き、ACアダプターをコンセントに差し込もうとしました

普段なら届くはずのコンセントなのですが、コードが捻じれていたようで、軽く引っ張っただけなのに、本体がカウンターから落ちてしまいました

慌てて拾い上げると、ちょうど液晶画面とキーボード面のジョイント部分を強打したようで、2か所のジョイントのうち左側のほうが割れてしまいました

それでも、電源は入っていて画面もちゃんと映っています

ただ、画面が閉まらなくなってしまいました

その時は、持ち運ぶこともないから、別に閉じなくても使えるか、なんて楽観していました

ところが、そのままプラグをコンセントに差し込まずにバッテリーだけの状態にして、洗い物を済ますと、省電力のため画面が消えて暗くなっていました

そして、その画面が再び明るくなることは2度とありませんでした

どうする?この中の膨大なデータ・・・

おそらくデータは無事なのですが、画面が点かないことにはバックアップをすることもできません

そうなると諦めは早かった(笑)

これはきっとWindows10へのアップデートを渋ってきた私に、神様が背中を押してくれたのだと言い聞かせ、翌日、6年半ほど前に購入したPCショップに持ち込み、買い替え&データ移行をお願いしました

あまりに急な買い替えだったので、とにかくすぐ使えるほうがいいと、同じメーカーの後継機種という、守りの選択になりました

 

保存されていた写真もすべてそのまま移行できたので、デスクトップの背景も今までどおり(笑)

違いといえば、これまでより大きい15インチ画面になったことで、キーボードに10キーが付きました

これは便利ですね

この新しいPCで初めて打つブログです(笑)

 


可愛い破壊王

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先日、石油ファンヒーターを買い換えました

まだ4年しか使用していないのですが、壊されました

 

 

 

 

 

 

 

 

犯人はこの子、平八です

 

 

 

 

 

 

 

先週、急に寒くなったので石油ファンヒーターをつけていたら、いつのまにか液晶に表示される室温が0℃を示していました

そんなはずはないと思った瞬間、ちょっと前に平八がファンヒーターの後ろでゴソゴソしていたのを思い出しました

まさか?

と、ヒーターの背面をよく見ると

 

 

 

 

 

囓られていました

写真の黒い導線のような先っぽ、室温を検知するサーモセンサーです

点火はするけど、そのまま使用していたら、必要以上に強く燃焼してしまい、部屋は暑くなりすぎ、灯油を無駄に燃焼することになるので、すでにメーカー保証の切れた製品なのと、某家電量販店のポイントが1万ポイント以上たまっていたので、買い換えました

そして、背面のサーモセンサーには

 

 

 

 

 

 

 

 

茶こしをかぶせてみました(笑)

猫の行動は読めません

何をされても、この可愛い破壊王には怒れないので、自衛手段を考えるしかないです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


怪奇現象???

数日前に体験した、不思議な現象です

 

その日はダンナが早出で、まだ私が寝ている時間に出て行きました

たぶん、その物音で眠りが浅くなっていたのだと思います

ウトウトとしていた時、突然左腕を誰かにつかまれたような感覚を覚え、ハッと目が覚めました

すると再び左の前腕部に人の指が触れるような感覚が

 

ひぃ〜💦

 

と思った瞬間、それが自分の右手の仕業であることに気づきました

両手をバンザイしたような変な姿勢で寝ていた私の右腕は、おそらく前腕部を支配する神経が圧迫され、一時的に感覚が麻痺してしまっていたのです

その、全く触覚を感じなくなっていた右腕に、何かの拍子に左の腕が触れたため、まるで他人の手に触られたような異様な感覚を覚えたのでした(笑)

 

ここで、しびれの生理学的な小話を(笑)

 人の神経には大きく分けると4種類あり、筋収縮を起こす運動神経、筋肉や皮膚の様々な感覚を伝える感覚神経、血管や汗腺などの働きを調節する遠心性自律神経、そして内臓などから様々な感覚を伝える求心性自律神経です

これらの異なる役割を持つ神経が1つの束になっているのが神経束と言われ、坐骨神経などは異なる役割を持つたくさんの神経が束になっている、神経束と言われるものです

正座などで体の一部が長時間にわたって圧迫されると、その部位を通る神経束も圧迫され、麻痺が生じます

その際に、圧迫の影響を受けやすいのが、運動神経や触覚を伝える感覚神経で、最も影響を受けにくいのが痛覚だと言われています

だから、痺れるとうまく動かせないし触られても感覚が麻痺しているのに、ピリピリとした嫌な感覚だけは感じるのです

 

そういえば、昨年夏、右肘関節を脱臼、靱帯断裂した時も、受傷直後は右前腕の感覚が全くなくなっていたのに、痛みだけはしっかり感じていましたね

あの時は、しびれとは異なりますが、肘関節に受けた強い衝撃で、一時的に感覚神経麻痺が生じていたのだと思います

あれからもうすぐ10か月になります

今も通院リハビリは続いていて、完治までには想定外に時間がかかっていますが、頑張ります💪

 

 


復帰に向けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://yumeblo.jp/norimon/

↑先日の診断から、トントン拍子に来週手術となりました

今日、紹介状と画像のCDRをもってこちらの外来にかかりました

http://www.fff.or.jp/seikei/

そこでさらに、X線透視下での関節の状態を、Dr自らの手で外反ストレスを加えながら撮影し、明らかに正常な左に比べて右の関節の動揺が大きかったことから、このままだと関節の不安定性が残ってしまうということで、手術ということになりました

来週の金曜に手術となります

そして翌日退院、早っ!

仕事復帰に向けてのリハビリに、思ったよりも早く入れそうでよかったです

早くレッスンしたい!