「グッズ」カテゴリーアーカイブ

無駄の美学その2

フィットネスインストラクターの穂積典子です

最近気になるCMが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=1B_OhdF0Wo8

洗濯用洗剤の新製品のCMなのですが、その中で謳っているのが『脱・水洗剤』

従来の液体洗剤の7割は水で、要は洗浄成分を多量の水で薄めたのが売られていたわけです
我が家でも、その『水洗剤』を長いこと愛用しています
CMでは大容量の重たい液体洗剤を買わなくても、少量で高い洗浄力が得られる新製品をアピールしたいがあまり、従来の洗剤を、あたかも水で薄めたかのように表現し、消費者はこれまで中身の薄い重たい洗剤を苦労して運んで、まるでバカを見ていたかのように揶揄しているのが、ものすごく気になります

そもそも、従来の液体洗剤が洗浄成分を希釈して販売されているのには、相応の意味があるはずです
研究開発を重ねた結果、洗浄力を十分発揮でき、かつ日常での使い勝手のよい濃度にしているのではないでしょうか

我が家で使っている液体洗剤はこれです

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知のように、我が家は夫婦2人の割には洗濯物の量が多いです
ほとんど私のウェアなのですが(笑)

そのため、オフの翌日以外は、最大水量55リットルの洗濯機をほぼ満水位で回しています
その時に使用する洗剤の量は、計量用の容器のキャップ1杯です
もし、これが例の新製品になれば、おそらく計量用のキャップも3分の一程度になり、キャップ1杯でOKということになるのでしょうね

そんな我が家でも、たまに洗濯物の量が少なく、水量も半分くらいで済むことがあります
また、通常の洗濯とは別に、洗車した時などに使用したタオルやセームを、それだけ単独で洗うこともあります
そうなると、使用する水の量は洗濯機の最低容量の15ℓになることも
洗剤のキャップには、このように大雑把な目盛りしかふっていませんが、少量の洗濯ものであっても、目分量でどの位の洗剤を入れればいいのか見当がつきます

 

 

 

 

 

 

 

 

もしこれが、洗浄成分の濃度を高めて容量を減らした新製品のような洗剤だったら、少量を正確に測るのはかなり難しくなりますね
もともと液体洗剤って、水よりもだいぶ粘性が高いので、必要量をキャップで計って洗濯機に投入しても、キャップに少し洗剤が残ってしまいます
これがさらに高濃度になり、しかも使用量が少なくなれば、キャップ内に残ってしまう割合も高くなります

つまり、大量の洗濯物を洗う時には都合がいいけど、少量を少ない水で洗いたい時には、使いにくいのではないかと思うのです

水で薄めることを無駄なように批判していますが、少量の洗濯物を洗いたい時に、必要量を正確に計量することが出来なければ、それもまた無駄を生み出しかねないですね

なので、我が家ではこれからも『水洗剤』を使い続けると思います

ちなみに、実はこんな新製品をすでに購入しています

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで使用していたものと同じメーカーで、さらに洗浄力をアップしたものみたいです

これからもよろしく、『水洗剤』くん


フェイスシールド使ってみると・・・

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先日自作したインカムマイクのヘッドセット一体型フェイスシールド

https://yumeblo.jp/norimon/2020/archives/2656

実際にレッスンで使ってみると、いくつか改善点がありますが、マスクよりもはるかに楽にレッスンできます

心配していた曇りやアクリルシートの揺れによる視界の悪さは、ほとんど気になりません

ステップのレッスンでも使用しましたが、足元が見づらいということは全くなく、不安なく昇降できます

ただ、動いているとシートの重さが加わるためか、ヘッドセットがだんだん前にずれてきて、口元に来るようにアームの長さや角度を調節しておいても、二枚目の写真のように下がってきてしまいます

 

 

 

なので、今日はこれまでよりも頭頂部にかかるアームを短くセットし、がっちり頭にフィットさせ、さらにこれまではほとんど使っていなかった、この滑り止めパッドで側頭部にしっかり固定できるようにしました

 

これが功を奏したのか、今日のレッスンではマイクの位置がずれてしまうこともなく、レッスンに集中できました

このタイプのインカムマイクを使用している方には、ぜひお勧めしたいです

とは言え、なかなか自分専用のヘッドセットを用意するのは難しいと思うので、スタジオの担当者の方にぜひ提案してみてください

インストラクターの方は、自分専用のアクリルシートだけ用意すればいいのです

クラブの方でインカムマイクにマジックテープの片方を張り付け、もう一方を各インストラクター専用のシートの両端に貼りつければ、準備完了ですから

ただし、これをつけてレッスンすると、顔汗が半端ではありません

マスクのように息苦しさこそ感じないものの、やはりシールドの中には熱がこもり、風も当たらないので、めちゃくちゃ汗をかきます

いつもしっかりメイクでレッスンされる方は、メイク崩れの対策もお忘れなく(笑)


初体験からの教訓

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

休業要請が解除され、多くのフィットネスクラブが業務を再開してから、一ヶ月が経ちました

しかし、まだまだ様々な制約の下でのレッスンは続きます

その一つが、マスクを着けてのレッスンです

レッスン中のインストラクターや参加者の方々のマスク着用は、施設によって対応が異なります

私の場合、マスク着用を義務付けられたのは一ヶ所だけで、レッスンも本来はエアロとステップ、有酸素プログラムの担当でしたが、飛沫の飛散を懸念して、そのクラブでは当面の間有酸素プログラムは休止となり、ストレッチのクラスに変更して実施しています

ストレッチなのでマスクをしてレッスンしていても、息苦しさを感じることはありませんでした

ところが、今月からマスク着用となったクラブが

今日はつくば市の健康増進センターACTでレッスンでしたが、ACTではこれまで窓と入り口のドアを開放し、十分に換気をしながらレッスンをしてきたのですが、気温が上がると冷房が効きにくくなることや、梅雨時の雨の吹きこみを考慮して、今後は定期的な換気の時間は設けるものの、窓を開けっぱなしでのレッスンは控えるとのことで、その代わりのマスク着用となりました

これまでの経験で、不織布性の使い捨てマスクよりも手作りの布マスクの方が、汗をかいた時の不快感がなく、呼吸もしやすいと感じていたので、先日作ったこのタイプのマスクを着けて、今日は30分のステップと、45分のエアロをやりました

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトルのお茶のおまけのガーゼハンカチで作ったマスクです

鼻の凸に合うようにプリーツを入れてあります

で、いざレッスンを始めると、しゃべりながらのせいか、マスクがだんだんずれてきます

そして、このプリーツの折り目がちょうど鼻の頭にくると、折り目の下が鼻の下に食い込んで、鼻の穴を塞いでしまい、鼻から息が吸えない!

何度もずれを直しながらのレッスンでした

このタイプは、普段はいいけど、運動には不向き、特に私たちのように動きながら絶えずしゃべり続ける指導者には・・・

そんな話をレッスン後にしていたら、レッスンに参加していた会員さんがこれを下さいました

 

 

 

 

 

 

 

お手製のガーゼのマスクで、立体裁断の二枚の生地を縫い合わせたタイプのものです

これは二つに折りたたまれた状態ですが、このマスクの真ん中に相当する、二枚の生地の縫い合わせたところの曲線がポイントですね

これなら鼻のラインにフィットするし、ずれても鼻の穴を塞いでしまうことはありません

いただいたこの一枚はもちろん大切に使わせていただきますが、これをモデルにして、近々自作してみようと思います

そして、クラブからもこのようなものをい

ただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスシールドを作るためのキットです

ACTは筑波メディカルセンター病院という医療法人が運営するクラブですが、なんでも病院の方にこのフェイスシールドキットが大量に寄付されたとのことです

その一部を私たちインストラクターにも支給してくださいました

マスクでのレッスンがしづらい場合は、フェイスシールドでもよいとのことです

まだ飛沫感染に考慮しながらのレッスンがしばらく続きそうなので、マスクにしてもフェイスシールドにしても、自分にとって快適なものを試行錯誤しながら見つけたいですね

どんな状況下でも、レッスンのクオリティを落とさないために


アルコール商法

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

緊急事態宣言は解かれたものの、コロナウィルスの勢いはなかなか衰えませんね

今日も都内の新たな感染者は58名

もうかれこれ4カ月以上感染のリスクにさらされながらの生活で、さすがに医薬品をはじめとする各メーカーや、これまで医薬品の製造には携わっていなかったメーカーまでが、除菌ビジネスが商機とばかりにマスクや消毒ジェルなどを製造し始めたので、一時は全く手に入らなかったマスクや消毒液などの除菌グッズが、最近は手に入りやすくなりました

そんな中、これって本当に除菌効果があるの?

と思われるような製品が紛れているのも事実です

これは、ダンナがどこかで買ってきたらしいハンドスプレーなのですが、よく見るとアルコールという文字は目立つものの、どこにも除菌とか消毒という言葉がないのです

 

 

 

 

 

 

 

そして、この写真でも文字が小さすぎてはっきり読めないのですが、『アルコール配合』と書かれた脇に、本当に小さな文字で、老眼鏡をかけてようやく見えるような文字で、

※溶剤

と記されています

これはどういうことかというと、ヒアルロン酸やグリセリンなどの、ハンドクリームなどの保湿成分を溶解させるためにアルコールが用いられたということで、アルコールを有効成分としているわけではないということです

つまり、除菌効果を謳っているわけではないのです

 

 

 

 

 

 

 

案の定、よく見たら『ハンド用化粧水』と記されていました

でも、このご時世にアルコール配合を強調されたら、つい除菌スプレーだと思って購入してしまいますよね

危ない、危ない

この商品に限らず、アルコールばかりを強調した、除菌効果の定かでない商品が他にも多数出回っているようなので、購入するときは注意したほうがいいですね

ちなみに、これはコロナ以前から家に買い置きしてあった除菌ジェルです

 

 

 

 

 

 

 

この商品の主な有効成分は塩化ベンザルコニウムで、アルコールは速乾性を出すための揮発成分として配合されているようですが、ちゃんと除菌効果のあるものは、表示の中に〔効能・効果〕が示してあり、『医薬部外品』の表示があります

除菌用のジェルやスプレーを購入するときは、この表示があるものを選ぶのが安心ですね

 

とはいえ、実際に外に出てみると、各所に置かれている手指用の除菌剤は様々

先ほどのようなハンドクリームに毛が生えた程度のものも少なくないでしょう

なので、確実なのは小まめに、しっかりと手を洗うこと

 

除菌ジェルで消毒したから大丈夫

 

と過信しないことですね

 


ベルト締め直し

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は24回目のインストラクターデビュー記念日です

いつの間にか干支が二巡していました

初めてお仕事としてレッスンしたのが24年前の今日

今は四年制大学に統合されてなくなってしまった短大の体育の非常勤講師として、エアロビクスの授業を担当しました

今思えば、まだ養成コース終了前でしたが、当時別の仕事でお世話になっていた大学の先生の紹介で、新年度の開始に合わせて採用していただきました

それからフィットネスクラブへと活動の場を広げ、気付けばこれだけの長い年月を経て、今に至っています

 

そんな今は、コロナウィルス感染拡大による活動自粛で、すべてのレッスンがお休みに

先日もブログで綴ったように、しばらく使用しないマイクベルトは洗濯し、替わりにこのベルト?をネットで買いました

 

 

 

 

 

 

写真を撮ろうとしたら平八が割り込んできたのはご容赦ください(笑)

エプロンタイプの多機能ポケットです

レッスンがなくなり、今は週に三日ほど派遣の仕事で食品の物流センターに勤務しています

その作業は、工場から納品されてきた商品の棚入れと、配送先の店舗ごとに発注された商品を、棚からコンテナに必要な数だけ入れていくピッキングといわれる作業です

どちらも、商品のバーコードを読み取るためのスキャナーや、棚入れの場所やピックアップする商品の指示がサーバーから送られてくる端末が必要です

また、多くの商品は私たちが日ごろ購入する商品がまとまった数入った段ボールで納品され、ものによっては複数の段ボールがPPテープでくくられているので、このテープを切ったり段ボールを開けるためのカッターが必要です

これまでは、これらの道具をウィンドブレーカーのポケットに全部入れて作業していましたが、GWを迎えて暖かい日が増えると、Tシャツ一枚で作業することになるでしょう

そこで、ポケット替わりにとこれを購入しました

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです

 

つい一週間ほど前までは、腰にはマイクベルトでしたが

明日からはこのベルトに締め直し(笑)

本業ではないけど、どうせやるなら快適に効率よく、そして、作業には責任を持って取り組みます