「グルメ」カテゴリーアーカイブ

またまた押し!

フィットネスインストラクターの穂積典子

 

先日、ブロッコリーの話題をアップしましたね

https://yumeblo.jp/norimon/2024/archives/3456

その後、また小川さんのブロッコリーを買おうと、パサール幕張の直売所に寄ったら見当たらず

店員さんい尋ねると、もう収穫時期は終わったとのこと

ちょっとがっかりしつつ、これが本来の野菜のあるべき姿なのだと納得

また次の収穫期を楽しみに待ちます

 

そして、今度はこちらの収穫期が始まりました

毎週日曜レッスンに行く途中にある、茨城県龍ヶ崎市の関口農園さんのトマトです

https://sekiguchi-tomato.com/

以前テレビで紹介されていて、いつも通る道沿いにあると知り、一度買ってみたいと思っていたのですが、収穫時期は3月~6月まで

なので、このトマトの看板が出るのを心待ちにしながら、毎週通勤していました

そしてようやくトマトシーズンが到来

先々週、初めて立ち寄り、我が家の分と実家の分を購入しました

翌日の朝食で早速いただくと、トマトの味が濃くて美味しい!

一口でファンになりました(笑)

また一人、押しの農家さんが増えました

昨日もまた大きなトマトが3つ入った袋を¥500で購入

収穫期が終わるまでは、我が家のトマトは関口さんのみになりそうです

 


私の推し!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

最近ニュースで話題のブロッコリー

2026年から指定野菜に昇格することが決まりましたね

指定野菜とは、消費量が多く国民の食生活に欠かせない重要な野菜のことで、これまでに指定されているのは、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、レタス、トマトなどで、家庭ではもちろん、外食産業でも欠かせないものばかりです

これらの安定供給ができなくなると、カレー屋さんやトンカツ屋さんはえらいことになりますね

その仲間入りを、ついにブロッコリーが果たしました

我が家ではブロッコリーは朝食のサラダに欠かせない野菜として、もう20年以上ほぼ毎日取り続けています

なので、ブロッコリーの価格の推移や産地、品質などをずっと目にしてきました

以前は輸入物もけっこう出回っていて、国産品が品薄な時や高い時は、中国やアメリカなどの輸入物を買うこともありました

国内での産地は、10年以上前は埼玉や愛知県産が目立ちましたが、今は北海道、千葉、群馬、香川、福岡と、都内のスーパーなのに日本全国から出荷されてます

それだけ生産量、消費量ともに増えているのでしょう

外食産業に目を向けても、サラダの具やメイン料理の付け合わせなど、脇役野菜として欠かせない地位を確立したのがわかります

トンカツ屋のキャベツと同じくらい、重要な野菜に登り詰めたのです

このニュースを知った時に、なぜか妙に嬉しく誇らしく思ったのでした

指定野菜となると、生産過剰などで価格の下落が生じた時に、生産者の損失を国が補填してくれるそうです

安定供給のために、生産農家を国がサポートする制度なのです

食物繊維やビタミンはもちろん、野菜にしては珍しくタンパク質も多く含まれるブロッコリー

指定野菜になったことで注目を浴び、ますます消費が増えそうですね

そのブロッコリー、最近地元のスーパーではなく千葉県内の直売所で買うことが増えました

四街道にレッスン行く時は京葉道路を使うのですが、その途中のパーキングエリア、パサール幕張にある直売所です

千葉県産の野菜が多く並ぶ中、ブロッコリーも県内で収穫されだのが、家の近くのスーパーよりも安く販売されています

その中で私の推しがこちら

パサール幕張のある千葉市花見川区武石町産のブロッコリーです

大きくて蕾が適度に詰まっていて、茎まで食べる私にとって重要な茎の部分に、ひび割れや空洞がありません

茹でた時のアクが少ないせいか、ブロッコリー特有の青臭みを感じません

この直売所には他にも千葉はもちろん群馬県産など、複数の生産者のブロッコリーが並んでいますが、最近は他には目もくれずこちらの武石産、小川さんのブロッコリーを選びます

私の推し農家さんです(笑)


バランス栄養食

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

バランス栄養食というと、多くの方が思い出すのが大塚製薬のカロリーメイトではないでしょうか

今となっては多くの食品メーカーが似たようなブロック状の栄養補助食品を販売していますが,カロリーメイトはその先駆者ともいうべき存在ですね

それはさておき,

ジャーン

私のバランス栄養食

おにぎり

豆腐バー

野菜&果物ジュース

一食に必要な炭水化物、タンパク質、ビタミン類がだいたい摂取できそうな組み合わせです

元々車での移動がほとんどだから,移動中の昼食はコンビニで買って車中で、ということが少なくなかったのですが、コロナ以降はほぼ車中食ばかり

そうなると食べやすく栄養バランスもよく、安上がりなものを追求して行き着いたのが,このスタイル

この日は自分で作ったおにぎりを持参しましたが,コンビニでおにぎりひとつとパンを買うことも多いです

豆腐バーはサラダキチンバーになることもあれば,コンビニのホットスナックのチキンの時もあります

飽きるといえば飽きますが、迷わず選べ,それなりに栄養バランスの取れた内容なので、当面このスタイルが続きそうです(笑)

ちなみに写真の豆腐バーは、セブン&アイのオリジナル商品で、イドーヨーカドーやセブンイレブンで売っています

これが美味しいのです♪

ちょっとした小料理屋ででできそうな味わいですよ


またまた解禁!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

まだ10月だというのに、今日は真冬の寒さでした

ついこの前まで半袖で過ごしていたのに、今日はダウンジャケットの出番です

そんな寒い一日だったので、夕食は鍋にしようと、朝から決めていました

鍋にしたい理由はもう一つ

昨年冬のコロナ感染拡大以降、我が家では鍋に封印をしていました

わたしもダンナもテレワークなどはできない仕事、外で人との接触なしには成り立たない仕事なので、どんなに気を付けていても常に感染のリスクは付きまといます

無症状のまま家庭内で感染が起きてはいけないと、鍋物を控えるのはもちろん、この一年以上、食卓の真ん中にはアクリルパーティションの仕切りをたてて、差し向かいでご飯を食べていました

それが、先月半ばにはダンナが、そして今月初めに私が2回めのワクチン接種を終え、さらにそこから2週間が経過したので、ようやく食卓のパーティションが撤去されました

そして、今日の急な冷え込みで、鍋解禁へ!

 

もやしばかりが目立ちますが、鍋の中身は鶏つくねと餃子鍋

スープはにんにく醤油鍋のつゆで、餃子にぴったりでした

〆の雑炊で体の芯から温まりました

飲食店の時短要請解除よりも一足早い、我が家の鍋解禁です(笑)


解禁!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

緊急事態宣言解除から2週間、たぶん今年初めての、仕事以外で県をまたいでの移動となりました

茨城県石岡市で、久しぶりにジムカーナの練習会に参加しました

昨年は、コロナ禍の中でも何度か参加していたのですが、今年に入ってからはすっかり足が遠のいてしまっていました
さらに、マーチの故障や、台風で走行会が中止になるなど、今度こそは行こう、と思っていると、何かしら阻害要因が・・・

ようやくその機会に恵まれました

小雨が降ったりやんだりのあいにくの天気でしたが、久しぶりの全力疾走を、思う存分楽しめました

そして、今日の目的はもう一つ

サーキットのオーナーさんの農場で収穫された梨です

毎年9月中旬から10月にかけて、サーキットのすぐ近くの直売所で、とれたてのブドウや梨、栗や柿などが販売されていて、帰りに寄るのがこの時期の楽しみの一つです
いかにもサーキットを走ってきました、という車でいくので、気づいた奥様がいつもおまけをたくさんつけてくれます

ここの梨がどうしても食べたかったので、今年は今日までスーパーで梨を買うのは我慢してきました
こちらもやっと解禁です(笑)

梨というと、千葉県が有名ですが、お隣茨城にもおいしい梨がありますよ

いっしょに買った栗は、ポロタンというかわいい名前の付いた品種です

栗ご飯にしようと思います