「レッスン」カテゴリーアーカイブ

小さなギャラリー

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

毎週金曜の午前中は、ティップネス船橋でレッスンです

今日の二本目のレッスンでのこと

昨年来、レッスン中は換気のため、入り口のドアを解放したままレッスンをしています

私のレッスンが行われるAスタジオは、インストラクターの立ち位置のちょうど真後ろが入り口で、鏡の前に立ってレッスンしていると、鏡越しに入り口付近の様子がよく見えます

レッスンが中盤に差し掛かった頃でしょうか、スタジオの入り口付近に小さな女の子が立っているのに気づきました

船橋店はキッズスクールがたくさん開講されているので、館内に子どもの姿があるのは珍しいことではありません

なので、最初は気にも留めていなかったのですが、レッスンが終わりに近づいてもまだ同じところにいて、スタジオの様子をずっと見ています

レッスンが終わり、参加された方々が使ったステップ台を消毒し片づけを終えてスタジオを後にされるのを、入り口のところでお見送りしている間も、ずっと私のそばに立っています

 

ずっと見てたの?

 

と声をかけると

 

うん

いっしょにやりたい?

やりたい!

あと何年たったらいっしょにできるかな?

・・・

10年!

 

はい、あと10年レッスンできるように、頑張ります(笑)

私がレッスンをする上で大事にしていることの一つが、スタジオの中の方だけでなく、スタジオの外から見ている方にも楽しんでもらえるレッスンをすることです

幼い女の子の眼に、私のレッスンがどう映ったのかは、よくわかりませんが、彼女の眼をくぎ付けにするほどの何かを感じてもらえたのだとしたら、嬉しい限りです

 

 


東京2020応援ダンス

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

いよいよ東京オリンピックが開幕しますね

開会式を待たず開始した競技もあり、今日のソフトボールは圧勝でした

この開催に至るまでは、新型コロナウィルス感染症のパンデミックによる一年の延期、さらに未だに感染拡大が収まらない中での無観客開催と、人類史上歴史に残る訳ありの五輪となりますが、やるからには、日本はもちろん各国の選手が、全力で悔いのない戦いができるよう祈るばかりです

そんな東京2020を応援するダンスをアップしました

https://www.youtube.com/playlist?list=PL9RtNau_iWK4FPRunYTWPw0MMz6MU4shO

このダンスで用いた曲、『Welcome To TOKYO』は、2018年に日本女子体育連盟などの団体が、東京2020にちなんで20200人の人にこの曲で踊ってもらおうというプロジェクト、『ダンスチャレンジ20200』のために作られたオリジナル楽曲です

http://dance20200.com/

プロジェクト自体は目標の20200人を大幅に超えて目標を達成し、すでに終了していますが、上記のサイトから曲をダウンロードできたので、エアロビクスの振り付けでオリジナルダンスを作りました

よかったら、一緒に動いてみてください

指導編の方は、ほぼノンストップで約13分動くので、程よい有酸素運動になりますよ


オンラインレッスン始めます

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

来週からオンラインでのレッスンを配信します

 

コロナ禍で、すでに多くのインストラクター、トレーナーの方々がオンラインでのご指導を手掛けられていると思います

でも、今回の緊急事態宣言では、短縮営業にはなったものの、ほとんどフィットネスクラブは営業していて、レッスンもあります

私自身は、これまでやっていたレギュラーレッスンの全てがそのまま継続できています

それでもオンラインでやってみようと決断したのは、これに可能性を見出したから

 

あ、平八は関係ないです(笑)

椅子です

オンラインレッスンて、おそらくほとんどの方が家で受講されますよね

そうなると、私の得意なステップはまず無理

エアロも、ちゃんとやろうと思ったら、部屋で裸足でやるのは無理

スタジオでいつもやっていることなら、クラブに来て受けていただきたいです

そうではない、そもそもフィットネスクラブなどには縁のなかった方が、家にいながら楽しく運動不足を解消できるプログラムを提供したい

そういう思いが生まれてきたのです

椅子ならどこの家にもあるし、シューズも必要ありません

歩くのがしんどい方でも大丈夫

ほとんど椅子に座ったまま行いますから

ご興味のある方は、上のメニューの『オンラインレッスン』をポチっとしてください


超デジタル世代

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は、國學院大學での授業でした

今年はコロナの関係で、私たちのような実技の授業は全て後期からスタートしたので、2~4限まで3コマを一日でこなすという、なかなかハードスケジュールです

その中の2限の授業は、運動指導法実習という、その名の通り各スポーツ種目の指導について学ぶ実習です

私の担当はもちろんエアロビクス

毎年この授業では、学生一人一人がそれぞれ初級レベルのコンビネーションを考え、それを分解指導するという到達目標を設定しています

後期の授業も後半に入り、最後には実技試験も予定しているため、学生達には授業以外でも練習が出来るようにと、著作権フリーのフィットネス用の音楽をダウンロードし、CDRに収録したものを、先週の授業で配布しました

時々、この配布したCDRが読み込めない、というトラブルがあるので、今日授業を始める前に、先週渡したCDが再生できたかどうか確認しました

すると、一人の学生が、CDを再生する機器を持っていないと言います

ああ、今時の若者はCDプレーヤーがなくても、スマホにダウンロードしたり、有料配信サービスを利用して音楽を楽しむのだなぁと、ジェネレーションギャップを感じました

その学生は家族と同居しているので、家のPCなら再生できるのでは?と伝えると、なんとPCにもディスクドライブがないとのこと!

そういえば、今時の薄っぺらいノートパソコンには、ディスクドライブなんてないですね

一昔前は、アプリケーションのインストールはディスクドライブにアプリケーションディスクを読み込ませてインストールしていましたが、今はみんなネット経由でダウンロードしてインストールですね

音楽もCDで買うよりも安くて、しかもアルバムを一枚買うのではなく、聴きたい曲だけを一曲ずつ買えるので、経済的です

私自身も最近は音楽をデータダウンロードで購入することが多くなりましたが、レッスンで使う音楽となると、スタジオで使いやすいのはやはりCDなので、結局はCDRに収録して使用することになります

なので、未だにCDプレーヤーもディスドライブも欠かせません

 

 

結局その学生には、家にブルーレイディスクプレーヤーがあるというので、そこでCDも音楽として再生できるはずだから、その再生した音楽をスマートフォンのヴォイスレコーダーで録音し、練習に使うようアドバイスしました

私がインストラクターデビューしたころは、まだカセットテープというアナログ時代

この四半世紀で音楽再生ツールは飛躍的にデジタル化していますね


フェイスシールド使ってみると・・・

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先日自作したインカムマイクのヘッドセット一体型フェイスシールド

https://yumeblo.jp/norimon/2020/archives/2656

実際にレッスンで使ってみると、いくつか改善点がありますが、マスクよりもはるかに楽にレッスンできます

心配していた曇りやアクリルシートの揺れによる視界の悪さは、ほとんど気になりません

ステップのレッスンでも使用しましたが、足元が見づらいということは全くなく、不安なく昇降できます

ただ、動いているとシートの重さが加わるためか、ヘッドセットがだんだん前にずれてきて、口元に来るようにアームの長さや角度を調節しておいても、二枚目の写真のように下がってきてしまいます

 

 

 

なので、今日はこれまでよりも頭頂部にかかるアームを短くセットし、がっちり頭にフィットさせ、さらにこれまではほとんど使っていなかった、この滑り止めパッドで側頭部にしっかり固定できるようにしました

 

これが功を奏したのか、今日のレッスンではマイクの位置がずれてしまうこともなく、レッスンに集中できました

このタイプのインカムマイクを使用している方には、ぜひお勧めしたいです

とは言え、なかなか自分専用のヘッドセットを用意するのは難しいと思うので、スタジオの担当者の方にぜひ提案してみてください

インストラクターの方は、自分専用のアクリルシートだけ用意すればいいのです

クラブの方でインカムマイクにマジックテープの片方を張り付け、もう一方を各インストラクター専用のシートの両端に貼りつければ、準備完了ですから

ただし、これをつけてレッスンすると、顔汗が半端ではありません

マスクのように息苦しさこそ感じないものの、やはりシールドの中には熱がこもり、風も当たらないので、めちゃくちゃ汗をかきます

いつもしっかりメイクでレッスンされる方は、メイク崩れの対策もお忘れなく(笑)