「レッスン」カテゴリーアーカイブ

フェイスシールド使ってみると・・・

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先日自作したインカムマイクのヘッドセット一体型フェイスシールド

https://yumeblo.jp/norimon/2020/archives/2656

実際にレッスンで使ってみると、いくつか改善点がありますが、マスクよりもはるかに楽にレッスンできます

心配していた曇りやアクリルシートの揺れによる視界の悪さは、ほとんど気になりません

ステップのレッスンでも使用しましたが、足元が見づらいということは全くなく、不安なく昇降できます

ただ、動いているとシートの重さが加わるためか、ヘッドセットがだんだん前にずれてきて、口元に来るようにアームの長さや角度を調節しておいても、二枚目の写真のように下がってきてしまいます

 

 

 

なので、今日はこれまでよりも頭頂部にかかるアームを短くセットし、がっちり頭にフィットさせ、さらにこれまではほとんど使っていなかった、この滑り止めパッドで側頭部にしっかり固定できるようにしました

 

これが功を奏したのか、今日のレッスンではマイクの位置がずれてしまうこともなく、レッスンに集中できました

このタイプのインカムマイクを使用している方には、ぜひお勧めしたいです

とは言え、なかなか自分専用のヘッドセットを用意するのは難しいと思うので、スタジオの担当者の方にぜひ提案してみてください

インストラクターの方は、自分専用のアクリルシートだけ用意すればいいのです

クラブの方でインカムマイクにマジックテープの片方を張り付け、もう一方を各インストラクター専用のシートの両端に貼りつければ、準備完了ですから

ただし、これをつけてレッスンすると、顔汗が半端ではありません

マスクのように息苦しさこそ感じないものの、やはりシールドの中には熱がこもり、風も当たらないので、めちゃくちゃ汗をかきます

いつもしっかりメイクでレッスンされる方は、メイク崩れの対策もお忘れなく(笑)


フェイスシールド作りました

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先日ブログにアップしたように、一部のレッスンはマスク着用が義務付けられています

マスクを着けてのエアロビクスやステップなどの有酸素プログラムは、予想はしていたけど、やっぱりきついです

そうでなくても、動きながらしゃべる私たちは、有酸素運動と言いながら、かなり無酸素運動寄りになることも珍しくありません

そこにさらに換気を制限するマスク装着となると、これはもう完全に無酸素運動

先日も30分の初心者ステップクラスと、45分のエアロビクスをやった後、しばらくの間頭痛まではいかないけど、なんとなく頭が重い感じが続き、これは酸欠?と思いました

この先も感染予防対策をとったレッスンはしばらく続くので、フェイスシールドの方が自分の身体のことを考えるとよさそうです

材料もクラブからいただいていたのですが、そこで問題となるのがヘッドセットマイクとの両立です

 

 

私たちがよく用いるタイプはこの製品で、今レッスンを担当している4カ所のうち二カ所はこれと同じマイクを使用しています

しかも、その二カ所のクラブでマスク着用のレッスンが義務付けられています

このタイプのヘッドセットマイクは、頭にしっかりフィットするので動き回ってもずれにくく、耳にひっかけるタイプと違って、耳の上が痛くなったりすることもありません

実は、これと同じヘッドセットマイク一式が我が家にあるのです

5年前までチーフインストラクターとして勤めていた東急フィットネスクラブAXIA取手が閉店するとき、支配人の許可を得て、スタジオで使用していたヘッドセットマイクを持ち帰っていたのです

そこで、家でヘッドセットマイクとフェイスシールドを一緒につけたらどうなるか試してみました

すると、先端にマイクがついているアームが頭の横に突き出ているため、この上からフェイスシールドをつけることはかなり難しいことが判明しました

どうしたものかと考えた末、思いついたのが、ヘッドセット一体型フェイスシールド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやってくっつけたかというと、これです

 

ダイソーで売っているマジックテープで、着脱可能なフェイスシールドにしました

ヘッドセット側にはこんな感じに

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド側には両端にこうやって貼り付けました

 

なので、当面はこの自分専用ヘッドセットとシールド用のアクリルシートをスタジオに持って行って使用することになります

インプレは後日改めて


初体験からの教訓

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

休業要請が解除され、多くのフィットネスクラブが業務を再開してから、一ヶ月が経ちました

しかし、まだまだ様々な制約の下でのレッスンは続きます

その一つが、マスクを着けてのレッスンです

レッスン中のインストラクターや参加者の方々のマスク着用は、施設によって対応が異なります

私の場合、マスク着用を義務付けられたのは一ヶ所だけで、レッスンも本来はエアロとステップ、有酸素プログラムの担当でしたが、飛沫の飛散を懸念して、そのクラブでは当面の間有酸素プログラムは休止となり、ストレッチのクラスに変更して実施しています

ストレッチなのでマスクをしてレッスンしていても、息苦しさを感じることはありませんでした

ところが、今月からマスク着用となったクラブが

今日はつくば市の健康増進センターACTでレッスンでしたが、ACTではこれまで窓と入り口のドアを開放し、十分に換気をしながらレッスンをしてきたのですが、気温が上がると冷房が効きにくくなることや、梅雨時の雨の吹きこみを考慮して、今後は定期的な換気の時間は設けるものの、窓を開けっぱなしでのレッスンは控えるとのことで、その代わりのマスク着用となりました

これまでの経験で、不織布性の使い捨てマスクよりも手作りの布マスクの方が、汗をかいた時の不快感がなく、呼吸もしやすいと感じていたので、先日作ったこのタイプのマスクを着けて、今日は30分のステップと、45分のエアロをやりました

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットボトルのお茶のおまけのガーゼハンカチで作ったマスクです

鼻の凸に合うようにプリーツを入れてあります

で、いざレッスンを始めると、しゃべりながらのせいか、マスクがだんだんずれてきます

そして、このプリーツの折り目がちょうど鼻の頭にくると、折り目の下が鼻の下に食い込んで、鼻の穴を塞いでしまい、鼻から息が吸えない!

何度もずれを直しながらのレッスンでした

このタイプは、普段はいいけど、運動には不向き、特に私たちのように動きながら絶えずしゃべり続ける指導者には・・・

そんな話をレッスン後にしていたら、レッスンに参加していた会員さんがこれを下さいました

 

 

 

 

 

 

 

お手製のガーゼのマスクで、立体裁断の二枚の生地を縫い合わせたタイプのものです

これは二つに折りたたまれた状態ですが、このマスクの真ん中に相当する、二枚の生地の縫い合わせたところの曲線がポイントですね

これなら鼻のラインにフィットするし、ずれても鼻の穴を塞いでしまうことはありません

いただいたこの一枚はもちろん大切に使わせていただきますが、これをモデルにして、近々自作してみようと思います

そして、クラブからもこのようなものをい

ただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスシールドを作るためのキットです

ACTは筑波メディカルセンター病院という医療法人が運営するクラブですが、なんでも病院の方にこのフェイスシールドキットが大量に寄付されたとのことです

その一部を私たちインストラクターにも支給してくださいました

マスクでのレッスンがしづらい場合は、フェイスシールドでもよいとのことです

まだ飛沫感染に考慮しながらのレッスンがしばらく続きそうなので、マスクにしてもフェイスシールドにしても、自分にとって快適なものを試行錯誤しながら見つけたいですね

どんな状況下でも、レッスンのクオリティを落とさないために


CDレビューその2

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

さて、今日は2枚一度に紹介します

 

 

 

 

 

 

この二枚も、中止となってしまったjafaエキスパートWorkshopで使用予定の、ブラボーミュージック様からご提供いただいたCDです

詳細や視聴は、こちらのリンクからどうぞ

https://fitness-music.jp/products/detail.php?product_id=3724

https://fitness-music.jp/products/detail.php?product_id=3728

 

まずは、Total Hits! Vol.30

そのタイトル通り、このシリーズはわりと旬なアーチストの最新ヒット曲を中心に構成されています

なので洋楽ヒットチャートに敏感は方にとっては、リアルタイムで流行っている曲でエクササイズできますが、個人的にはその『旬』な時期を過ぎると飽きるのでは?という気がして、これまで使ったことがなかったのです

今回なぜこれを選んだかというと、7曲目にDance Monkeyという曲が収録されていたからなのです

この曲のオリジナルは、こちらからどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=q0hyYWKXF0Q

昨年秋頃からラジオや有線放送などでよく耳にするようになり、その一度聞いたら忘れられない独特のヴォーカルと、ダンサブルなのに哀愁が漂う曲調に病みつきになりました

そして、この一曲が収録されているという理由だけで、他の曲はろくに視聴もせずに選んだのが、Total Hits! Vol.30です

それが予想外の大当たりでした!

どの曲も安心して使える明快なビートで、bpm130~135とステップ仕様なのですが、心地のいいスピード感があります

レビューその1、https://yumeblo.jp/norimon/2020/archives/2542

で紹介したような明るくハッピーな雰囲気とは少し異なりますが、クールでかっこいい、でも渋くなりすぎないところが使い勝手の良さにつながります

今回ご提供いただいた3枚の中で、一番使用頻度が高いかもしれません

 

そして、もう一枚のFun Luving Seniors 01

こちらはそのタイトルにもあるように、シニア向けエクササイズ用を想定してか、ソウル&ディスコ系の懐かしい曲が多く、115bpmという遅めの曲調がよりグルーブ感を高めてくれるようです

オリジナルの曲自体は80年代のヒット曲が多く、シニアというよりアラフィフ受けしそうです

私のことか(笑)

 

私は、移動中の車の中ではオンとオフをしっかり切り替えるため、出来るだけエクササイズ用の音楽は聴かないようにしているのですが、これはドライブ中に聴いても心地よく感じます

ビートも、強すぎず弱すぎず、分かりやすいので、ピッチアップすればステップでも使えます

ステップの入門クラスでは大活躍していますよ

そして、意外にもエアロビクスなどのクールダウンのBGMとしてもしっくりきます

さすがに、フロアでマットに仰向けになりリラクゼーションを行うようなクールダウンにはどうかと思いますが、スタンディングストレッチで終えるようなクラスなら、レッスンの最後までノリの良さを保てます

 

なんだか、今回こうしてエクササイズ用のCDを深く掘り下げて文章にしてみると、何となくレッスンで流していた音楽の持つ力を、再認識できましたね

 

 


CDレビューその1

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

 

さて、さっそく先日ブラボーミュージック様からご提供いただいた三枚のCDの中から、この一枚について、私の完全なる主観的レビューを綴ります

 

 

 

 

 

 

 

商品の詳細はこちらをご覧ください

https://fitness-music.jp/products/detail.php?product_id=3658

 

一言で言い表すと、いい意味で『金太郎飴』

 

どこを切っても同じ顔

 

ではなく(笑)

 

どこから再生しても、ワクワク盛り上がること間違いなし!

 

タイトルのEVERYBODY LOVES MUSICは、そのまま和訳すると「みんな音楽が好き」

 

まあ、それはそれでタイトルとしていいかもしれませんが、正しくこのCDを言い表すなら

 

Music loved by everybody

 

誰からも愛される音楽

 

でしょう

 

曲のラインナップは、どちらかというと7080年代ポップス中心で、アラフィフ以上のベテランインストラクターと、その同世代メンバーのツボにはまる曲が多いのですが、それでも、レディガガやテーラースイフトなど、旬のアーチストのヒット曲もしっかり盛り込んで、世代を問わずに盛り上がれる曲ばかりです

 

フィットネスクラブが、コロナウィルス騒動の逆風を受けている今こそ、こんなに明るく楽しい曲でレッスンしたら、一気に免疫力が上がりそうです

心もカラダも元気になれる一枚です