「季節」カテゴリーアーカイブ

チバラキの旬

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

先週末は久しぶりにいい天気が続きましたね

土曜日は、おなじみの茨城県石岡市の茨城中央サーキットに、マーチで走りに行きました

 

この時期にサーキットに行くもう一つの目的は、農産物直売所で梨とマスカットを買うこと

サーキットのオーナーさんがやっている直売所なので、走り終えた後に寄ると、いつもたくさんおまけをいただいてしまいます(笑)

今年もそれを楽しみにしていたのですが、今年は梨もマスカットも収穫量が少なかったようで、もう終わっていました

代わりに並んでいたのは栗と柿でした

せっかく寄ったので、栗を買って帰りました

 

この栗、『ポロタン』と、かわいい名前がついているのですが、その名の通り、皮が向きやすいそうです

これは栗ご飯にぴったりです

 

そして、翌日曜はいつも通りのスケジュールで、午前中に四街道で2本レッスンを終えると、利根川を越えて茨城県龍ヶ崎市でさらに2本レッスンです

その途中、利根川の手前の千葉県の端、栄町の田んぼや畑が広がる道を走っていると、この時期いつも『どら豆』という幟が目につきます

そこで、直売所に寄ってみました

 

見た目は大ぶりの枝豆です

袋の裏に茹で方が書いてあったので、その通りに茹でてみました

 

そして、栗はもち米を買って、おこわにしました

 

今しか味わえないチバラキの旬の味が並ぶ食卓

どら豆は大粒で豆の味が濃くて、塩を振らなくても美味しい!

栗おこわは初めて炊飯器でもち米を炊いたので、ちゃんと炊けているか心配でしたが、もっちり美味しく炊き上がりました

甘みの強い栗で、天津甘栗みたいな味がします

 

大好きなチバラキの台地から、たくさん栄養をもらえました

 


猫バカ(季節もの)

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

街はもう既にハロウィン一色ですね

休みの今日は、日用品の買い物に100均ショップへ立ち寄りました

100均って、絶対余分なものを買いますよね

今日も、キッチンの換気扇のフードカバーを買うつもりだったのに、こんなものまで(笑)

 

猫用のハロウィンの衣装と、ジャックオーランタンのおもちゃです

このマントのような衣装は、最初は絶対嫌がるので、寝ている間にこっそりつけるとして、早速このジャックオーランタンのおもちゃで遊ばせてみました

 

一応最初は興味を示しましたが、特に音が出るわけでもないので、すぐに関心が薄れた様子

そこで、室内用の物干しからぶら下げてみました

 

 

これがツボにはまったようです

https://youtu.be/qePkwgNrhy8

 

でも、たぶんハロウィンまでにひもが切れます(笑)


曼珠沙華

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

この週末は、朝から夕方まで家にこもりきりです

日本フィットネス協会主催のACSM CECセミナーを、オンラインで受講しています

例年だと、都内の会場まで朝早くから出かけなければならないのに比べて、自宅に居ながらにして最新の健康運動指導に関する情報が得られるので、大変ありがたいのですが、朝から全く歩くこともなく、ずっとダイニングの椅子に座ってPC画面上の講義を視聴するのは、想像以上に疲れます

午前中の2講座が終わると60分の休憩です
ランチよりもまず、とにかく歩きたくなり、近所の散策に

いつも車で通るだけの、中川沿いの堤防上に、毎年この時期にヒガンバナが咲くのを思い出し、見に行きました

ちょうど今が見ごろでした

 

 

この川沿いの道路わきには、数百メートルにわたってツツジの木が植えられていて、春には一面ピンクに彩られます

その時は、全くその存在に気づかないヒガンバナ、別名曼珠沙華は、その名の通り、秋のお彼岸のときだけ、真っ赤な花を咲かせます

 

青空に映える赤、とはいきませんでしたが、この強烈な赤と個性的な花弁、そしてスッとまっすぐ伸びる姿が好きです

お昼休みのつかの間の散策、とても身近なところで秋を満喫できました

 

明日も朝から一日オンラインセミナー

脚がむくみそうですが、頑張ります


モノづくりその4

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

午前中掃除をしていて見つけたこれ

 

 

 

 

 

 

 

 もう何年も前に、ダンナがペットボトルのお茶のおまけについてきたのを、コンビニ袋に入れたままにしていたものです

 

裏面がタオル地の、ガーゼの小さなハンカチで、こんな大きさなので手を拭くには小さすぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、マスク一枚作るにはいいかな?

 

ハンカチなので、縁を織り込んで縫う必要がないのが楽です

 

今回は2パターン作りました

 

 

 

 

 

 

 

 

角を折り込んで作ったタイプは、大きく作れたけど、立体構造ではありません

でも、繊維が伸びてくれるので、思ったより圧迫感無し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ちょっと手間がかかりますが、王道のプリーツタイプ

 

ただし、横を折り込んでゴム(ストッキングですが)を通すには、サイズが足りないので、今回はゴムは輪にせずに、プリーツの間に縫い込みました

 

 

 

 

 

 

どちらも裏がタオルなので、つけた時の肌触りが心地いいです

 

そして、たぶんこのおまけ付きキャンペーンは夏だったのでしょうね

金魚、縁日のヨーヨー釣り、朝顔をモチーフにしたり、涼しげな青の市松模様と、夏をイメージした和柄で、これからの季節にピッタリです

 

最近首都圏でも夏日となる日が珍しくなく、そろそろ熱中症が心配な季節です

 

そもそも、マスクは冬の風邪やインフルエンザの流行期の感染予防を想定して作られているので、気温の高い夏につけることは想定外

マスクが熱中症のリスクを高めることが、つい最近になって盛んに取り上げられるようになりましたね

実際、暑い中でつけていると、蒸れるし、汗で湿った紙マスクはかなり不快です

でも、ガーゼとタオル地の組み合わせなら、通気性も吸湿性も良いので、紙マスクよりははるかにつけ心地が良さそうです

もちろん、医療用ではないので、感染予防効果では劣ると思いますが、飛沫の飛散防止、そして周囲の人に対するエチケットとしては、これで十分だと思います

 

余談ですが、4枚のうち金魚の柄のは、この糸で縫いました(笑)

 

 

 


年越し

フィトネスインストラクターの穂積典子です

 

今年も残り僅かになりました

昭和生まれの私が、令和最初のお正月を迎えるにあたって、準備するのはいつもと変わらず

一夜飾りは年神様に失礼だからと言う、昔ながらの言い伝えに従うところも、昭和です

これは、子どもの頃から親に言われてきたことで、いまだに守り続けています

と言うことで、今日30日に、お正月の飾り付けをしました

玄関に干支の置物と、花を飾っただけですが

 

 

 

 

 

 

 

子年の来年は、招き猫ならぬ、招きネズミ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

福を招いてくれることを祈ります

ただし、この子狙われないようにしないと

 

 

 

 

 

 

 

年賀状も出したし、甥っ子姪っ子たちのお年玉やお年賀も準備したし、あとはのんびり年越しを迎えるだけ

と言いたいところですが、本年最後のレッスンがあと一本

これから代行に行ってきます💪