「季節」カテゴリーアーカイブ

またまた押し!

フィットネスインストラクターの穂積典子

 

先日、ブロッコリーの話題をアップしましたね

https://yumeblo.jp/norimon/2024/archives/3456

その後、また小川さんのブロッコリーを買おうと、パサール幕張の直売所に寄ったら見当たらず

店員さんい尋ねると、もう収穫時期は終わったとのこと

ちょっとがっかりしつつ、これが本来の野菜のあるべき姿なのだと納得

また次の収穫期を楽しみに待ちます

 

そして、今度はこちらの収穫期が始まりました

毎週日曜レッスンに行く途中にある、茨城県龍ヶ崎市の関口農園さんのトマトです

https://sekiguchi-tomato.com/

以前テレビで紹介されていて、いつも通る道沿いにあると知り、一度買ってみたいと思っていたのですが、収穫時期は3月~6月まで

なので、このトマトの看板が出るのを心待ちにしながら、毎週通勤していました

そしてようやくトマトシーズンが到来

先々週、初めて立ち寄り、我が家の分と実家の分を購入しました

翌日の朝食で早速いただくと、トマトの味が濃くて美味しい!

一口でファンになりました(笑)

また一人、押しの農家さんが増えました

昨日もまた大きなトマトが3つ入った袋を¥500で購入

収穫期が終わるまでは、我が家のトマトは関口さんのみになりそうです

 


半ドンからのチバラキドライブ

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は午前中だけ野田市の介護予防事業、のだまめ学校の教室指導でした

昭和的表現ですが、いわゆる半ドン(笑)

週休二日が当たり前の今、死語となりつつある言葉ですが、昔は土曜というと学校も仕事も午前中だけというのがごく普通でしたね

その頃使われていた、午前中だけ働いて午後はお休み、というのが『半ドン』

今日はその半ドンを利用して、ずっと行ってみたかったお城を見に行ってきました

関宿城です

南北に細長い野田市の、一番北のはずれの関宿町は、利根川から江戸川が分かれる分岐点で、千葉県のマスコット、チーバくんの鼻先に相当する街です

併設された博物館では、古くから行われてきた利根川や江戸川の治水事業の歴史に関する展示が行われていました

私が住む東京都葛飾区は、その江戸川の下流に隣接し、さらに中川、荒川の一級河川が短い間隔で並走する街で、おそらく長い歴史の中で、何度も水害に遭ってきたはずです

今も大雨のシーズンには洪水警報がよく出されますが、それでもこれまで大きな被害に遭うことなく安心して暮らしていられるのは、重機もない時代から人々の手で行われてきた治水事業の積み重ねのおかげだと思うと、感慨深いものがあります

お城は小ぶりの三層の天守閣ですが、青空に白い城壁と紅葉が映えます

利根川を越えればその先は茨城県

わたしにとっては週二回は必ず越える利根川ですが、この橋を渡るのは初めてなので、利根川を越えてお隣の境町へ

やっぱりここまで来たら、茨城にも足を踏み入れたくなります(笑)

久しぶりの城めぐりでした

なんかちょっと充電された気分です

 


今年も開花!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

一昨年、ダンナの栄転祝いでいただいたランの鉢が、3年目の今年も花を咲かせました

昨年は2月に最初の花が咲き、そこから2ヶ月かけて、なんと25輪もの花を咲かせました

https://yumeblo.jp/norimon/2022/archives/3172

それに比べたら、今年はずいぶん遅い開花で、一時はもう花は咲かないのではと思っていました

それが、一か月ほど前に、茎の一部に小さな蕾のようなものを発見

そこからの成長は本当にゆっくりで、4月に入ってからの暖かさで一気に蕾が膨らみだしました

そして最初の一輪が昨日開花

今朝にはもう一輪

まだこれから咲きそうな蕾もいくつかあります

昨年には及びませんが、今年もゆっくり時間をかけて花を楽しめそうです


自然体

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は野田市の介護予防運動教室、のだまめ学校のお仕事でした

先週までは、隣接する市役所の敷地内には桜の花がまだ残っていましたが,もうすっかり散ってしまい、代わりにこの花が咲いていました

藤の花です

この藤、全体はこんな姿です

 

初めて目にした、地面に這うように枝を伸ばした藤でした

藤といえば藤棚

人の頭よりも高いところに作られた棚に沿って枝を伸ばし、そこからブドウの房のように垂れ下がる花を見上げて楽しむ、昔ながらの鑑賞法ですね

私も含めて、ほとんどの方が藤と言えばこの姿を思い浮かべるのではないでしょうか

ところが、今日目にした藤はそれとは全く異なる趣で、花が咲いて甘い香りが漂っていなければ,藤とは気づかなかったでしょう

これが本来の、人の手が加わっていない自然のままの藤の姿なのだと、初めて知りました

丹精された藤棚も良いですが、このワイルドな藤、美しさの中に強ささえ感じられます

 


寄り道

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今日は午前中でつくばでのレッスンを終えると、ちょっと寄り道をしました

茨城と千葉の県境、柏市のあけぼの山公園です

利根川沿いの広い園内は、いまがコスモスの見ごろでした

空もすっきり晴れた秋空です

駐車場に止めたマーチの後ろに広がるコスモス畑

10月も間もなく終わり、コスモスの季節から紅葉の季節に変わっていきますね

来月は水曜の午後にもガッツリ仕事が入るようになり、ありがたいことですが、水曜午後のプチドライブはしばらくお預けです