「家族」カテゴリーアーカイブ

へいはちくんです

先月末、我が家に新しい家族がやってきました

 

 

 

 

 

明日でちょうど生後半年になる、ベンガル猫のへいはちです

♀ですが(笑)

前から見ると、トラ柄

 

 

 

 

 

 

 

身体はヒョウ柄という、ちょっとワイルドな見た目ですが、遊び好きな人懐っこい子です

幼少期、かすかに実家に犬がいたのを覚えている程度ですから、ペットを飼うのはほぼ初めてと言ってもいいでしょう

毎日家に帰るのが楽しみな、今日この頃です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は母の誕生日だったので、実家に寄ってみました

プレゼントに花束を用意して

 

 

 

 

 

 

 

 

花を贈るときって、相手の方のことを考えて、最近はほとんどそのまま飾れるアレンジメントにしています

花束って、もらったはいいけど、花瓶や花ばさみがなかったりすると、困りますね

あと、花束の状態ではきれいにバランスよくコーディネートされているのに、ばらした途端に収拾がつかなくなってしまったり・・・

 

でも、うちの母に限っては、必ず花束で贈ります

今年76歳になった母は、若い頃から華道を習っていたようで、私たちが物心ついたころから、玄関、床の間、リビング、トイレと、家の中のいたる所に花が飾られていました

その習慣は、老夫婦二人の生活になっても変わらず、実家に帰ればいつも玄関には季節の花が活けられています

その花を目にするたび、どこか安心感を覚えます

歳をとっても、花を愛で生活に彩を添えることを忘れない母に

だから、今回も花束で渡しました

その花束が、母の手にかかるとこうなります

 

 

 

 

 

 

 

 

これは玄関に

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは床の間に

ひとつの花束が、周りの添え物の小花を余すことなく使って、見事に二つの花瓶に、それぞれ趣の違うアレンジとして生けられました

 

母が花束をばらして、花瓶に生けていく様子をずっと見ていたのですが、その様子がとても楽しそうで、やっぱり花束にしてよかったと思いました

 

 

日曜日に働く訳

ここ十数年来、日曜日は常にレギュラーレッスンを持っています

一昨年閉店したAXIA取手でチーフをしていた頃は、朝昼夕と3本AXIAでレッスンしていました

当時、この様なスケジュールになっていたのは、日曜のレッスンを希望するインストラクターが少なく、その穴を埋めるために入っていたのは事実ですが、私自身は、日曜日にレッスンをするのが好きなのです

現在、日曜はVERDI VIALE,四街道と、ティップネス蘇我で、それぞれ二本ずつレッスンを持たせていただいています

日曜のレッスンを担当していると、本当にいろいろな方がスタジオに来てくださいます

そんな中で特に目立つのが、ご夫婦や親子、時には家族総出?で参加して下さる方々です

今日一日でも、私が知っている限り、6組のご夫婦と、2組の親子が参加してくださいました

もしかしたら、もっといらしたかもしれません

ご夫婦や親子で一緒に楽しめるレッスンをする、というのが、今の私の一つの目標だと思います

言い替えれば、男女年齢問わず、安心して楽しめるレッスンです

そして、私のレッスンがご家族での団らんの場で話のネタとなり、ご家族同士でのコミュニケーションが深まれば、嬉しい限りです

参加者の方々の健康増進、体力向上だけが、私の役割ではないと思っています

だからこれからも、日曜のレッスンは続けようと思います

 

 

父の日に思う

昨日は父の日でしたね

日曜は朝から晩までレッスンなので、私の場合は母の日も父の日も、1日遅れになります

今日、用意しておいたプレゼントを、私とダンナのそれぞれの実家に寄って、2人の父に渡してきました

母の日も父の日も、必ず両親と義父母に、なにかしらおそろいの物を渡しています

今年の父の日のプレゼントは、水で濡らして絞ると冷たくなる、いわゆる冷感タオル

それぞれに柄違いの物を用意しました

2人とも後期高齢者の仲間入りをとっくに果たしている年齢で、それなりに持病もありますが、介護のお世話になることもなく、自宅で生活しています

歩いて散歩にも出かけるし、庭の草むしりもします

これから本格的な夏を迎える前に、高齢者の熱中症対策になればと思い、選びました

 

実家に寄った時に、父が近況をいろいろ話してくれました

そんな中でいつも話題になるのは体のこと

この15年くらいの間に、前立腺の手術をしたり、肺ガンの手術をしたり、冠動脈にステントを入れたりと、歳相応にいろいろな経験をしてきました

そのため、現在は特に症状はないものの、定期的な通院は欠かせません

泌尿器科、呼吸器科、循環器科と、それぞれが違う病院への通院となり、たまたま最近これらの通院が重なったため、それぞれで採血やCT検査などを受け、疲れたとこぼしていました

 

そんな父の愚痴を聞いて思ったこと

高齢者に限らず、複数の医療機関に通院している人は少なくないと思います

最近は、薬の飲み合わせや過剰な処方を防ぐために、お薬手帳を携帯して、他の医療機関で処方された薬の情報を共有できるようになりました

これと同じように、いつどこの医療機関で何の検査を受け、その結果がどうであったか、すべての医療機関で共有できるようなシステムがあったら、患者の負担は今よりずっと軽くなりますね

もちろん、医療費の大幅な削減につながります

臨床検査技師さんは仕事が減ってしまいますが

そんな政策を掲げる候補者が、今度の参院選に出馬したら、投票しちゃうかも(笑)

 

変わらないもの

ずいぶん前に壊れてしまった、我が家のお風呂のかき混ぜ棒

新しいのを買おうと、ホームセンターなどを何件か見たのですが、どこにも売っていなくて、壊れたままかれこれ1年近く使っていました

ある時ホームセンターの店員さんに尋ねたところ、今のお風呂の給湯システムは、以前に比べて浴槽内の温度のムラが生じにくく、かき混ぜる必要がなくなったとのことでした

でも、築17年の我がマンションの浴槽には必要なんですよね~

組み立て式のジョイント部分の爪が折れてしまったので、そこを手で固定してつかんで使用することで、何とか乗り切っていましたが、今日たまたま寄ったホームセンターで、ようやく見つけました

浴室用品のコーナーには、洗面器や洗い場用の椅子などがたくさん置いてある中、なぜかこのかき混ぜ棒だけは、売り場の片隅の目立たないところに、たった一つだけひっそりと置かれていました

家に帰って古い方を処分しようと見ると

IMG_1284

まったく同じものが二つ :mrgreen:

色がややくすんで見えるのが古い方ですが、形や大きさは全く同じ

ちなみに、今まで使用していたかき混ぜ棒は、結婚するために実家を出て以前の賃貸マンションに住み始めた時に買ったものです

そして、実は今日は18回目の結婚記念日

IMG_1285

ということは、お風呂のかき混ぜ棒はこの18年間まったく進化していないということ8-O

いや、もうこれ以上の進化は必要ありません

ただ、もうしばらく生産は続けてほしいですね