「家族」カテゴリーアーカイブ

アニバーサリー

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

ようやく緊急事態宣言が解除、私たちの生活にも少し光が差してきましたね

そんな今日は、この子がうちにやってきてからちょうど一年です

平八です

 

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが、雌猫です(笑)

 

初めてのペット、初めての言葉の通じない家族との出会いは、笑いと驚きと癒しの連続です

この一年ですっかり大きくなり、閉めたドアを開けることを覚え、ご飯が欲しくなると鳴くことも覚え、パウチ容器=大好きなチャオチュールという条件反射を身に着け、すっかり我が家の住人?として欠かせない存在となっています

 

 

 

 

 

 

 

平八がうちにやってきたころは、まさか今のような自粛生活を強いられるとは思ってもいませんでした

今になってみると、1年前に平八が家族の一員となってくれて、本当によかった、助けられたと思います

家にいる時間が長くなり、先の見えない不安の中で、この子の存在がどれだけ支えになったことか

 

 

 

 

 

 

ありがとう、はち

これからもよろしくにゃん

 

モノづくりその3 ~母の日編~

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

 

昨日は母の日でした

と言っても、今年は花屋にカーネーションを求める客が密集しないよう、5月いっぱいを『母の月』として、分散して感謝の気持ちを示そう、という動きがあるようです

 

ちなみに私にとっての母の日は、毎年第2月曜日

 

なぜなら、日曜は朝から夕方までレッスンが4本、近いとはいえ、母の日のプレゼントを渡す時間がなくて、いつも翌日の月曜のオフの日に、実家の母と、やはり近くに住む義母にプレゼントを渡しに行っていたのでした

 

今年もまた、第2月曜日である今日、両家にお花の宅配に

 

地元のショッピングモール内の花屋は、母の日の翌日ということもあり、カーネーションの花束はやや少なめ

 

どれもなんだかしっくりこなくて、選びかねている時に、ふと思いついたのが

 

自分で作ろう

 

フラワーアレンジメントです

 

確か家には、以前に百均で買ったアレンジメント用の給水スポンジがあったはず

 

カーネーションとガーベラの花束2つと、添え物用のグリーンを買って帰りました

 

まずは花束をバラして、アレンジメント用に短くカット

 

 

 

 

 

 

 

土台の給水スポンジは、牛乳パックを切ったものの中にセットしました

 

 

 

 

 

 

 

あとは、完全自己流(笑)

 

フラワーアレンジメントなんて、習ったことないですからね

 

出来上がりはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

牛乳パックむき出しでは見た目がよろしくないので、これも家にあった花の写真が印刷された便箋でラッピングし、これまた家にあった、何かのプレゼントを頂いた時にとっておいたリボンで仕上げて完成

 

2人の母に同じものを作ったつもりが、それぞれ違ったアレンジになってしまいましたが、世界に1つしかないプレゼントの出来上がり、手作りならではですね

 

高齢の両親に直接会うことは、なるべく避けるようにしていましたが、こればかりは手渡ししないとダメなので、ダンナの実家と私の実家のはしごをしてお花の宅配に

 

私の母は華道をたしなんでいたので、ダメ出しされるのを覚悟していましたが、可愛いと、喜んでくれました

 

自由な時間が増えた今年ならではの手づくりプレゼントは、私自身も楽しめました

 

つながり

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

 

緊急事態宣言、不要不急の外出自粛要請から一週間

 

レッスンも一ヶ所を除いて全てお休みとなり、週に何回か派遣のアルバイトで物流の仕事に出ることはあるものの、家で過ごす時間が圧倒的に長くなりました

 

愛車のガソリンが減らない(笑)

 

以前は一週間で500km近く走り4日に一度くらいのペースで給油していたのに、一週間たっても燃料計の針はようやく半分を下回ったほど

 

日々の食事や生活に必要な買い物は、以前なら、本日限りの特売品でもない限り、基本的にその日の夕食と翌日の朝食に必要なものだけを買っていました

 

でも、今はなるべくスーパーに行く頻度を減らそうと、一日置きというルールを自分に作りました

 

今日は、昨日買い込んでおいた食材とひき肉でカレーです

 

 

多くの方がこういう生活を送っているだろう今、気になるのは高齢の両親です

 

隣の区に住んでいるので、車でひとっ走りで会いに行けるけど、時々電話で様子を尋ねるだけで、実家には行っていません

 

趣味のスポーツ吹矢の教室もお休みになってしまい、年寄り夫婦2人で家に閉じこもっていないか、出歩かなくなり足腰が弱ってしまわないか、本当は訪ねて行って、家でできるエクササイズの1つでも教えたいところですが、万が一自分がウィルスを保持していたらと思うと、迂闊に実家に寄ることもためらわれます

 

 

そんな中、隣県に住む姉の発案で、昨夜、両親と姉、妹、私の三姉妹で作ったライングループで、ビデオ通話にチャレンジしました

 

前もって、夜9時になったら姉から発信するとこのことで、9時前には夕飯の片付けを終えて、iPodの画面をオンにして待機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、はじめは画面に顔は写っているけど声が聞こえない

 

両親は参加しているはずなのに、画面にはアイコンしか出ていない

 

などなど、不慣れな人間ばかりで新しいことを試みたので、思うようなグループビデオ通話にならず、試行錯誤

 

ようやく全員の顔が画面に現れたのは、通話開始から5分くらいたってから(笑)

 

それから何を話したかといえば、お互い

 

元気?

 

やっぱ顔見ると安心だねー

 

そんなたわいもない会話をほんの少し交わしただけでおしまい

 

 

それでもなんだかすごく楽しく、そして心が温まりました

 

昭和育ちの私たち姉妹にとって、子どもの頃はテレビ電話なんてドラえもんのポケットから出てくるような、未来の夢のような宝物

 

それが、いつのまにか当たり前の世の中になっていました

 

そして、今の非常時に、人とのつながりを支えてくれる大切なツールの役割を果たしてくれています

 

今、医療従事者の方に感謝と労いの気持ちを持とうということが盛んに言われています

 

もちろん、私もこの非常時に自ら感染のリスクに晒されながら、懸命に戦う医療従事者の方々には、感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです

 

でも、もう一つ感謝したいのは、通信事業サービスですね

 

人との接触をできるだけ減らさなければならない今、進化した通信事業のおかげで、大切な人との心のつながりを保つことが出来ます

 

 両親と姉妹とのビデオ通話会談は、毎週月曜9時の定例となりました

 

お役に立てれば・・・

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

ついに、緊急事態宣言が出されましたね

東京などの大都市圏での感染拡大をこれ以上進行させないためには、仕方ないことです

不要不急の外出は我慢しなければならない状態が、少なくとも1ヶ月続きます

運動不足解消や健康維持のためのジョギングや散歩などは、3密に気を付ければ制限しないということですが、それでも、多くの方々の活動量が減少し、運動不足になる人が少なくないでしょう

私が一番恐れているのは、ご年配の方々の運動不足による運動機能の低下です

これまでにも、高齢者や基礎疾患のある方は重症化しやすいとの報道があり、すでにお亡くなりなった方も少なくありません

なので、若い方以上に外に出ることを恐れているでしょう

でも、一ヶ月ろくに出歩かないでいたら、あっという間に歩行機能が低下します

今、多くの運動指導者の方々が、家でもできるエクササイズ動画をアップし、少しでも自宅待機を要請された人々の運動不足解消に貢献しようと頑張っています

それはとても素晴らしいことだと思います

 

ただ、誰もがスマホやタブレット、PCで動画サイトにアクセスできるわけではありません

特に、私が一番心配しているお年寄りの方々で、ウェブサイトからの情報収集に長けている方というのは、ほんの僅かでしょう

 

なので、このご時世にかなりアナログですが、こちらに印刷して活用できるエクササイズの資料を用意しました

 

おうちで筋トレ

 

クリックすると、家でできる自体重エクササイズを紹介したPDFファイルにリンクします

これなら、印刷して活用できます

ちなみに、この資料は今年の3月9日に予定されていたのに、コロナウィルス騒ぎで中止になってしまった、墨田区保健センター主催の運動教室で配布予定だった資料の一部です

もし、皆さんの身近に、家に閉じこもったまま運動不足になっている方で、スマホやPCを使い慣れていない方がいらっしゃったら、ぜひこれを印刷してお渡しください

すでに膝、腰、肩などに痛みがある方は、くれぐれも無理のないよう、できるものだけでもピックアップしてやって頂ければと思います

 

猫時間

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

もうあと40分ほどで2019年が終わりますね

この一年を振り返ってみると、さほど大きな出来事、変化はなかったと思います

その中で一番の大きな出来事と言えば、この子がうちにやってきたことですね

 

 

 

 

 

 

平八です

年が明ければ、間もなく1歳を迎えます

大学の研究室にいた頃は、さんざん実験用のラットを飼育しましたが、個人的に動物を飼うのは初めてです

だからと言って仕事に対する姿勢や取り組みはこれまで通り変わらず、車が大好きなことにも変わりはなし

好きなもの、大切なものが2台と一匹に増えただけ(笑)

ただ、毎日の生活の中で、時間の費やし方に変化が現れました

以前の私は、やりたいこと、やらなければいけないことを、一日の限られた時間をできるだけ無駄なく有効に使ってこなしていました

そこには、何をするでもなくぼんやり過ごすなんてことは、あり得なかった

そんな、24時間いっぱいいっぱいに中身を詰め込んだ生活に、平八が来てから変化が・・・

何をするでもなく、平八と戯れる、あるいは、寝ている平八を眺めてるだけ

そんな、これまで過ごしたことのない時間が、生活の中に現れるようになりました

以前の自分が客観的にそんな時間を過ごしている私を見たら、

『時間の無駄遣い!』

と、叱咤したかもしれません

でも、今の私は不思議とそうやって無為に過ごす時間を無駄だとは思わない

そして、その時間を

『猫時間』

と名付けました

2019年の一番の出来事、一番の変化は、平八との出会いと、猫時間を得られたことかもしれません