「[Blogについて」カテゴリーアーカイブ

真夏の恒例行事2020

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

今年のお盆も恒例の、国際救急救命協会主催のCPR継続講習を受講してきました

 

ただし、今年はいつもと勝手が違います

コロナウィルス感染予防のため、これまで練習用の人形に直接口をつけて、まさにマウス・ツー・マウスで行っていた人工呼吸は、これを用いての実習となりました

 

 

医療用のポケットマスクです

このマスクで要救助者の鼻と口を覆い、空気の逆流が起こらない特殊な弁構造のマウスピースから息を吹き込むのです

受講者一人につき一つ、消毒済みのものが渡されるので、安心ですね

でも、これを用いての吹きこみは、いつもよりもはるかに難しい!

頭部を押さえて顎を持ち上げて気道確保しながら、さらにマスクを顔に密着させなければならないのですが、どうしてもマスクと顔の隙間から空気が漏れてしまいます

さらに、口に直接吹きこむのと違って、マスク内のデッドスペース分だけ余計に吹きこまないと、十分な空気が肺に入りません

そして、この実習では、心肺停止の要救助者に対して救助者が一人しかいない場合を想定しているので、30回の胸部圧迫と、このマスクを使った2回の人工呼吸をセットにして、何回も繰り返さなければなりません

胸部圧迫から人工呼吸に移るときに、マスクが適切な位置にセットできず、上手く息が入らなかったり、マスクのセットに時間がかかってしまったりと、かなり苦戦する場面がありました

それでも何とか試験では規定の基準をクリアし、今年も無事資格を更新することができました

運動指導に携わる人間なら、必ず習得しておかなければならないスキルであるCPR、心肺蘇生法

その強い思いは、初めて国際救急救命協会の講習を受けた15年前と変わりません

ただ、今私たちフィットネスインストラクターを取り巻く状況は、コロナの影響でずいぶん変わってしまっています

運動指導と言えば対面で行うのが当然だったのに、今はオンラインでのエクササイズも選択肢の一つになっています

それはそれで、新しいビジネスとして推進してくべきものだと思います

ただ、オンラインでの指導中、もしCPRが必要な場面に遭遇した時、どうするのでしょう?

そういうことまで考えて、オンラインエクササイズを提供しているのでしょうか

 

もし、私がオンラインでエクササイズ指導をするのであれば、以下の条件をクリアできた時に限ります

エクササイズ参加者は、一人では参加しないこと。必ず誰かと一緒に、もしくはそばに誰かがいる場所で参加すること。

参加者はエクササイズ実施場所の住所と、連絡先電話番号をインストラクターにあらかじめ伝えておくこと

エクササイズ実施場所近くにAEDがあること(近所のコンビニなどでも可)

インストラクターは自らCPRやAEDの操作が出来るだけでなく、その手技や操作方法を口頭で説明し、第三者に遠隔指導で実施させることが出来る

以上の条件を満たした場合に限り、オンラインでのエクササイズ指導をしてもいいと思います

画面の向こうで人が倒れ、もしかしたら心肺停止に陥っているかもしれない、でもそれを手を触れて呼気を感じて、確認することすらできない

救急車を呼ぼうにも、お相手の方の居所を事前に聞いていなければ、それすらできない

目の前で、今まさに死んでしまうかもしれない人を、ただただ、オロオロしながら見ているしかない

 

そんな事態は絶対あってはならないですから

そう考えると、まだまだ私のCPRのスキルは未熟ですね

 

 

ってことまで考えてオンラインエクササイズしているインストラクターって、いるのでしょうか

考えすぎだって、笑われるかもしれませんけど、私のこの考えは変わりません


『サイエンス』な訳

フィットネスインストラクターの方穂積典子です

 

さて、今回ブログのタイトルを

『フィットネスはサイエンス』

と変更した理由について、今日は語りたい?と思います

 

大学時代、教育学部で理科の教員を目指していたものの、陸上競技中心の学生生活を送っていた私は、いつのまにか体育、それも運動生理学について学びたい、と考えるようになりました

そして、その思いを実現するために、卒業後は大学院に進み、運動生理学の研究室配属となりました

大学院修了後の進路は全く考えていなくて、ただ研究が面白くて、修了後も学生時代にお世話になった都内の医学部の研究室の先生の元に、専攻生という立場で居着いてしまいました

ただ、実家で親元暮らしとは言え、もう学生の身ではないので、いつまでもすねかじりというわけには行かず、医学部の先生の紹介で、中野のフィットネスクラブ、東京アスレチッククラブ(TAC)にほぼ契約社員並みの待遇でアルバイトとして就業しました

学生の頃に始めた東京体育館の健康体力相談室のお仕事と、週3日TACで働く、ここが私のフィットネス業界への入口となったわけです

でも、TACとの契約は1年限りで、その後も更新されることはなく、これはなんとか自力で仕事を探さなければならない事態に

それなら、これが自分の専門と自信を持って言えるスキルを身につけなければと考えた末に、思いついたのがエアロビクスでした

それから実行に移すのは早かったです

すぐに養成コースを探し、いくつか見学したり体験レッスンを受けて決めたのが、今はなくなってしまったボーイボー・ライジングアカデミーです

昼間は研究室で実験、夜は養成コースという生活が半年以上に及び、翌年春からインストラクターデビューしました

それから約10年、研究者とインストラクターの二足の草鞋を履く生活が続いたのです

その頃の研究テーマは、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の運動療法と薬物療法で、ほとんどが疾患モデルのラットを用いた研究でした

昼間はラットの世話や血圧測定、時には採血や解剖を行い、実験動物施設特有の消毒剤の匂いが全身に染み付いたまま、夜はスタジオに立ちレッスンしていましたね(笑)

そんな二重生活に終止符を打つきっかけとなったのは、デビュー3年目からフリーのインストラクターとしてレッスンを担当させていただいていた、東急フィットネスクラブAXIA取手のチーフインストラクター就任のオファーでした

これを機に、フィットネスの仕事に専念しようと決意し、ラットの飼育や実験の手順などを若手の大学院生に引き継ぎ、研究室を卒業?しました

でもこれはけっして研究活動から足を洗ったわけではなく、これからは実験動物相手の実験室での研究ではなく、現場発の、インストラクターでなければできない研究に向けての、スタートでもありました

その後はレッスンはもちろん、スタジオの管理業務、そしてAXIAとは業務委託契約だったため、他施設での指導や大学、専門学校の非常勤講師と、あちこち動き回る多忙な日々の中で、こんなことをリサーチしてきました

 

平成21年度 JAFA特別研究基金採択 

『高齢者の認知機能に及ぼすエアロビックダンスエクササイズの影響』

 

日本体育学会第67回大会にて口演発表

『日本のフィットネスクラブにおけるスタジオプログラムの変遷 ~プレコリオプログラムの台頭とその背景および今後の展望~』

 

日本体育学会第68回大会にてポスター発表

『ステップエクササイズにおける転倒事故および障害の発生状況 ~インストラクターへのアンケート調査からの一考察~』

 

平成30年度健康・体力づくり事業財団健康運動指導研究助成採択

『ステップエクササイズの安全性と運動効果の再検証 ~高齢者におけるロコモティブシンドローム予防効果への期待~』

 

 

高価な実験機材のない中での研究は、やれることは限られますが、逆にその結果が即現場に還元できます

また、今はアンケートをサイト上で簡単にできるので、実際に現場で指導にあたるインストラクターの意見や体験をリアルに集めることが出来ます

 

身体と心によい効果があってこそのフィットネスプログラム

それならその効果をちゃんとデータとして検証したい

指導現場でよくこんな声を耳にするけど、いったいどのくらいの人がそう思っているの?

それなら、アンケートでちゃんと数字に表してみよう

 

サイエンスはとても身近なところにたくさんあるのです

 

現在調査進行中のプロジェクトです

まだ回答されていない方は、ぜひご協力ください

https://customform.jp/manage/form/info/51460/

 


再出発

フィットネスインストラクターの穂積典子です

5月も間もなく終わり、そして6月に入るとこれまで休業していた多くのフィットネスクラブが、万全の衛生管理のもとで営業を再開します

私が契約している4カ所のクラブも、6月から営業再開です
スタジオプログラムもスタートします

ただし、コロナウィルス感染拡大前と全く同じというわけにはいかず・・・
何処のクラブもスタジオ内に参加者が密集しないよう、レッスンの定員をこれまでよりも大幅に制限し、レッスン間の換気や消毒の時間を確保するため、レッスンの本数を減らし、レッスン時間を短縮するなど、かなり規模を縮小した状態での再開になります

私のスケジュールはこんな感じに

https://yumeblo.jp/norimon/schedule

週3日だけ、合計8本のレッスンのみです

本来なら、大学の授業も含めて12本を予定していましたが、その3分の2に減ってしまいました
まだまだ平常に戻るまでには、時間がかかりそうですね
もしかしたら、完全には戻らないかもしれません

それでも、来週からのレッスンに備え、これまで45分でやっていたレッスンを、会員さんの満足度を損ねることなくどうやって30分に収めるかなど、いろいろ試行錯誤しながらシュミレーションしています

週3日しかレッスンがないので、残りの時間は週2日のペースでこれまで約2ヶ月間続けてきた、派遣のお仕事を続ける予定です
物流センターでの、商品の棚入れ作業やピッキングは、実用的な筋力トレーニングになります
これまで30年近く、フリーウェイトでトレーニングをしてきて、そこそこ筋力はあると思っていましたが、同じ10kgでも、ダンベルと、500gのパスタの束が20袋詰まった段ボールでは、全然体にかかる負荷が違います

ちなみに、今まで持った一番重い商品は、おそらく1kgパックの小麦粉15パックが詰まった段ボールですね

 

 

 

 

 

 

 

大きさは約50㎝×35cm×15㎝なので、かなりカサがあります
ダンベルの15kgといったら、私のトレーニングでいえば、ストラップを使って片手で持って、広背筋のトレーニングであるベントオーバーローができるくらいの重さですが、この小麦粉の箱はとても片手では持てません(笑)

手が滑らないようにワーキンググローブをはめて、両手で底からしっかりつかみ、膝を曲げて腰を痛めないよう腹圧をかけ、脚の力で床から持ち上げています

こういう作業を日々繰り返していると、ウェイトトレーニングだけで筋力強化しても、実用的な筋力発揮に100%つながるわけではないのがよくわかります

それもあって、この仕事をしばらく続けたいと思います
きっとその経験は、今後のエクササイズ指導に役立つはずです


頑張れフィットネスクラブ!

フィットネスインストラクターの穂積典子です

 

コロナウィルス感染の拡大、なかなか収束が見えてきませんね

私も、2ヶ所のクラブからレッスン休止を言い渡されて、一週間が経ちました

予定では15日までですが、連日の報道内容からは、あと一週間で世の中が通常営業モードに戻れるとは思えなくなってきました

長期化の覚悟はできています

今日は、同じインストラクター、パーソナルトレーナー、特にフリーランスで働く方々に読んでもらいたいことを綴ります

 

契約先のクラブの休館や縮小営業で仕事を失い、生活に不安を覚える気持ちはわかります。

私もその一人ですから。

そして、その補償をクラブや政府に要求したい気持ちも理解できます。

 

でも、今一番大変なのはクラブです。

 

昨日もかろうじて営業しているものの、連日休会手続きの対応に追われ、頭を抱えている社員の姿を目の当たりにしてきました。

例の報道の影響で、会員さんが次々と休会や退会していけば、やがてクラブの経営も苦しくなるでしょう。

特にこれから春の入会キャンペーンを企画していたタイミングなので、期待していた入会数も獲得できず、赤字となる店舗は少なくないはずです。

仮にこのウイルス騒ぎでなくなったレッスンフィーの全額または一部を、クラブに補償するよう求めたとしても、今の窮状ではクラブにとってそれほど酷な要求はありません。

また、クラブによっては契約書に自然災害等によって業務が停止した場合、乙(インストラクター)はその損害を甲(クラブ)に請求できない、というような文面があります。

今回のケースもそれに相当するでしょう。

なので、インストラクターの皆さんも一度契約書を熟読すべきだと思います。

 

そして、目先の自分の収入がなくなる恐怖よりも、働く場所がなくなる恐怖に目を向けてください。

このままの状態が長く続けば、経営が立ち行かなくなり、潰れるクラブが出てもおかしくありません。

そのためにも、今はクラブに頑張ってこの窮地を乗り切ってもらうことを第一に考えませんか?

 

幸い、私たちは健康です。体力があります。

その気になれば、様々な業種であり余るエネルギーを生かすことができるはずです。

 

自分たちのことは自分たちでなんとかするから、とにかくクラブが立ち直れるように応援する

 

少なくとも私はそういう立ち位置でいたいです。

 


働き方改革

フィットネスインストラクターの穂積典子です

コロナウィルス感染拡大の影響が、とうとう他人ごとではなくなりました
今日、立て続けに契約しているフィットネスクラブ2社から、2週間のスタジオプログラムの休講を言い渡されました

ちなみに、どちらも営業はするけどレッスンはなし、ということです

なぜスタジオだけが?

という腑に落ちないところはさておき、決まってしまったものは仕方なし

私だけでなく、多くのインストラクターがクラブのこの対応に困惑し、明日からの生活への不安を抱いていることでしょう

でも、これがフリーランス、業務委託の宿命
正規雇用ではないので、自然災害や感染症などのやむをえない理由で業務が停止した場合の収入補償はありません
そのような内容が明記されている契約書もありました

レッスン休講が2週間で済めばいいですが、あくまでも最短で2週間
感染拡大が収まらなければ、さらに長期化します

ならば、フリーランスの強みを生かして、自由に働けばいいのでは?

実は、すでに派遣会社に登録して、1月の末頃から物流の仕事をちょいちょいやっています
もともと今の時期は2ヶ所の大学非常勤の仕事が休みになり、クラブのレッスンのみで時間がかなりあるのです
その時間を有効活用しようと、ネットで見つけたサイトに登録し、仕事を紹介してもらっています
本当は、2月いっぱいまで就業して、その後は3月22日に予定していたダンス発表会の準備に専念しようと思っていたのですが、それもウィルス騒ぎのために中止
さらに追い打ちをかけるように、レッスンの休講
あり余る時間は、派遣の仕事に当てようと思います

これまでに何度か就業しているのが、大手チェーンのドラッグストアの店舗に納品する商品の仕分け作業です
先週もオフの日に3日就業したのですが、以前よりも入荷してくる商品の量が増えていて、人手が足りていないようです
直接雇用のパートの方々が、連日残業しているようなので、まさに今派遣の出番です

仕事自体も、やってみると奥が深くて面白いです
まったく異業種に触れてみると、知らなかった世界を見ることができ、すごく勉強になります
メーカーが製造した商品が、私たちが身近に利用するお店の店頭にならぶまでの一工程に携わったことで、買い物に行ったときの心持にも変化がありました
そして、一見単純な作業ですが、正確さと丁寧な商品の取り扱いが求められ、回を重ねるたびに、

今度はここを気を付けよう
こうやって詰めれば輸送中に破損する心配がない

など、いろいろと頭を使い工夫をすることが出てきて、次へのやる気につながります

あと、ドラッグストアの商品の需要がダイレクトに反映されるのが面白いです
一時期、大量にマスクが納品されたと思ったら、ぴたっと姿を消しました
それから、今イケメン男性タレントが大勢起用されている、某メーカーの衣料用洗剤がめちゃくちゃ売れているみたいです(笑)

フィットネスのプロだから、フィットネスの仕事だけに専念する

から、

人間のプロだから、どんな仕事にもプロ意識で取り組む

今こそ、私の働き方改革です(笑)