「決意」カテゴリーアーカイブ

スタートライン

https://yumeblo.jp/norimon/date/2019/02

↑昨年、今年と二年越しでようやく3種目合格した、GFIエグザミナー試験

昨日、今日と二日間、新エグザミナーのためのスタートアップ研修でした

 

 

 

 

 

 

理事の先生から、合格の証、資格証を授与されました

昨年は不合格だった、エアロビックダンス、レジスタンスエクササイズの2種目が新たに追加され、これでコンプリート!

 

 

 

 

 

 

 

でも、これは目指したゴールではなく、新たなスタート地点

次のゴールがどこにあるのか、まだよくわかりませんが(笑)

ちなみに、今年更新だったGFIディレクターの新しい資格証も、今日交付されました

 

 

 

 

 

 

これでJAFAの上位資格コンプリート(*^^)v

エグザミナーとして、たくさんのルーキー指導者を生み出し、ディレクターとして育てていく

若手の指導者不足解消に貢献できるよう頑張ります!

 

 

古きよきもの

マーチを手放してから3週間、新しい中古車?がやってきました

 

 

 

 

 

 

え?

はい、またマーチです

それも、同年式、同仕様(笑)

 

 

 

 

 

 

後姿も全く同じ

それはそのはず、もともとのマーチのリアウィングをバックドアごと移植しましたから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給油口の蓋まで移植(笑)

外観だけでなく、元のマーチに装着していた様々なパーツを乗せ換えての納車となりました

なので、元のマーチとサヨナラしてから納車まで、丸々三週間かかりました

その三週間の間に、間の悪いことに、通勤で使用しているウイングロードのエンジンが不調になり要交換

エンジン交換て、新品エンジンと工賃を合わせると、中古の軽自動車が一台買えるくらいの費用がかかります

なので、普通の常識ある人なら、諦めて車を乗り替えます

 

エンジン交換しました(笑)

と言っても、さすがにマーチを買い替えた後だけに、新品には手が出せなかったので、ネットで見つけた中古エンジンに

 

 

 

 

 

 

 

 

私のウイングロードが23万キロも走っているのに対して、3万キロも走っていないので、私からすれば新品同然です

これでお亡くなりになりかけていた愛車が息を吹き返し、また元気に走れるようになりました

後は車検を通って戻ってくるのを待つだけです

 

私の二台の愛車たちは、どちらも最新の装備を何一つ持たない、減税の対象にもならない、一昔前の車です

そして、そんな2台を愛してやまない私も、エアロとステップ一筋の、昔ながらのインストラクターです

だんだんスタジオプログラムの中に占める割合が減ってきて、他の様々な機能改善系エクササイズや、プレコリオに押され気味なエアロビクスですが、最新のグループエクササイズプログラムのほとんどは、もとはと言えばエアロビクスをベースに分化、発展してきたもの

そして、人間の身体は、いくらインナーマッスルを鍛えたり、様々なファンクショナルトレーニングと言われるエクササイズと行って機能改善を図っても、

 

心肺停止したら終わりです

 

だから、心肺機能を鍛える有酸素運動=エアロビクスはこれからも絶対必要!

ガソリン車は、環境保全のために、いずれは消滅してしまうかもしれませんが、有酸素運動がフィットネスプログラムとして存在しなくなることは、絶対にありえません

だから、これからも自信を持ってエアロビクス、ステップを指導していきます

 

 

 

発芽

先週末はGFIエグザミナースタートアップ研修でした

1月末に受けたエグザミナー試験は、3種目のうち、ストレッチのみの合格でしたが、新GFI制度となってから、初代のエグザミナー9名の仲間に加わることができました

 

 

 

 

 

 

こんなにハードで、ハードルの高い資格にチャレンジしたのは、かれこれ10年以上前に、やはりJAFAのディレクター試験に臨んだ時以来です

すでにディレクターを持っているのに、いまさらエグザミナー?

なのですが、以前JAFAの上位資格者研修会で、次の言葉を耳にしたのが印象に残っていました

『エグザミナーはGFIの生みの親、ディレクターは育ての親』

その時にはあまり深く受け止めていなかったのですが、最近になって、

生まずに育てるだけって、どうなのよ?

と考えるようになり、今回の受験となりました

たとえ一種目でも合格できたことはもちろんですが、3日間のワークショップと受験、さらにスタートアップ研修と、濃密な時間をともに過ごした仲間との出会いが、何よりも大きな収穫です

これから、一人でも多くのGFI資格取得者を生み出し、将来のフィットネスを支えてもらえるよう、がんばります

 

そして、この種も早く芽が出ないかな

 

 

 

 

 

 

種を蒔いて一週間ですが、まだ発芽の気配なし(笑)

気長に待ちます

 

 

仕事納め

今年のレッスンは今日の3本で終了

明日から1月4日まで、6日間のお休みです

自分のスケジュールと曜日の並びの関係で、今年はわりと長めにお休みできます

 

今年は、良くも悪くもドラマチックな1年でした

災難だった1年であることは確かですが、これまで経験し得なかったことをたくさん経験することとなり、少なくとも、人間としての経験値を上げられたと思います

それがこれからの自分の糧となるかは、自分次第ですね

転んでもただでは起きない、転んで落ちた分だけ、次は高く飛躍できるように、今はじっくり充電したいです

 

そんな1年も間もなく終わります

新しい1年を迎える準備として、花を生けました

 

 

 

 

 

 

 

 

来年は明るくハッピーな1年になるよう、ピンクで決めました(笑)

近況

右肘関節の脱臼、内側側副靱帯断裂から3ヶ月、手術から2ヶ月が経過しました

 

まるまる2ヶ月間はレッスンを休まざるをえませんでしたが、10月からはすべてのレッスンを再開しました

 

でもまだ、完治には程遠い状態です

 

肘関節の可動域は術後からあまり改善せず、どうやらかなりやっかいな術後拘縮に陥っているようです

 

肘が伸びないと、肩にも負担がかかり、肩関節が炎症を起こしてしまい、肩関節の動きも大幅に制限されています

 

レッスンでは、毎回参加者の方々に、「右腕と左腕の長さが違うので、正しい動きは左腕で示しますから、左腕の動きを真似してください」とお伝えしています

 

10年前の私だったら、こんな状態ではとてもレッスンできなかったと思います

 

動作スキルには強いこだわりを持っている私、腕を横に伸ばす時は必ず床と平行で、わずかに高くても低くてもダメ、腕を斜め上に伸ばすVステップでおなじみの動きは、左右の腕の角度が同じでないとダメ、それくらい正確な動きを求めて実演していたのですから、今のような状態でレッスンするなんてとんでもない

 

そんな私がなぜ今レッスンできるかというと

 

レッスンは自分のためにやっているのではない、と割り切れたから

 

自分の高いパフォーマンスを披露する場では、決してないのです

もちろん、正しい動作、安全で効果的な動きをお伝えする必要はあります

 

でも、必ずしもそれを、「実演する」ことによってお伝えする必要はないのでは?と思えるようになりました

 

たとえ、体が十分に動かなくても、言葉や表情で伝えられることはたくさんあります

参加者の皆さんが、私のレッスンに参加することで、効果的な有酸素運動を楽しみながらやっていただけるのなら、インストラクターとして立派に役目を果たしたことになるのではないかと

 

動けないことに対する言い訳に聞こえてしまったとしても、それはそれで構いません

 

ただ、これだけは自信を持って言えます

私はパフォーマーではなく、指導者であること

レッスンは参加者の方々、お客様本意であること

お客様に満足のいく汗をかいていただくことが、私の役割です