君の名は。を観て思う事

レンタルDVDで
君の名は。
を借りてきたろく男。
今日観てました。

クラスのお友達が
天気の子を観たようで
君の名は。に
興味を持ったんだそう。

いつもドラえもんやポケモンを借りる事が多いので
勝手に1年生のろく男には
まだ早い映画だと思っていました。

見ても分かんないかなーと。

でも
天気の子を観た子の話を聞いて
君の名は。にも興味を持って
それを選んだんですね。

勝手に思ってちゃ駄目ですね。

少し難しいというか、
伏線は理解出来てないかもしれませんが
それでもじっくり観ていました。

私は他の事をしながらのながら見でしたが
思っていた以上に
絵が美しくて
面白かったです。

音楽を聴かせたい為に
映像の尺を調整したり
音楽と映像を大切にされていると
テレビのインタビューでみた記憶があります。

映像と音で
すごい世界が作れるんだなぁと
観ながら感じました。

ながら見じゃなくて
ゆっくりもう一度見てみたいな~。

私は美大に行き
デザインについて学んでいましたが
キャラクターデザインや
アニメーションとかCGとか
全くやった事がありません。

そもそも、別のカテゴリーな気がしますが
デザインの仕事をしていると

キャラクターや簡単な似顔絵とか
普通に描けそうだよね?
言われる事が多いです。

全然描けないです。

実写の映画より
アニメーションやCGに強く惹かれるのは
(こんな素敵な事が描けるなんて!)
そんな気持ちなのかもしれません。

天気の子も
またみてみたいなぁと思いました。