「絵日記」カテゴリーアーカイブ

お弁当には〇〇〇を入れて!

今日は息子ろく男の社会見学の日。
お弁当の日でした。

先週も遠足があり
近いうちにお弁当が2回。

先週はからあげにしたのですが
メニューに迷って聞いてみました。

ろく男から
秒でスっと出た
返答は

サラミ!!!
お弁当にサラミ!?

我が家ではビールのお供として
人気です。

どーしても入れて!との事で
3枚入れました、サラミ。

豆腐ハンバーグ

卵焼き

ミニネギマ

サラミ。

ネギマも彼の大好物です。
ネギマにサラミ。

なんか
飲んべぇのお弁当みたいやね。

\つまみか!/

そんなこんなでしたが
空っぽのお弁当箱をみて
ヨシヨシ!と思った私です。

お弁当にはサラミを入れて!
皆様も1度どうでしょうか?


マリーゴールド

あいみょんのマリーゴールドをき聴きながら
宿題をしていたむに子。

「横にいて欲しい。」
と言われたので
横で宿題を眺めつつ
描き描き。

マリーゴールドって
どんな花だっけ?と
思いながら。

歌詞をほんのり聴きながら
麦わら帽子を
描き足しました。

ペン入れや
色塗りする前に
宿題は終わったようで。

私もほぼ日手帳を
閉じました。

歌がパワーになるなら
宿題中の音楽もいいね。

辛い時
悲しい時
よく聴いていた歌があって。

最近久しぶりにその歌を
ふと耳にした時に

ブワァーっと、
グワーッっと、

その時の自分の感情が流れ込んできて。

好きな歌だけど
泣けてきて
途中で聴けなくなりました。

あの曲を
また
ふんふん🎶と鼻歌混じりに
聞ける時まで。

3歩進んで2歩下がる
だけど
ちょっとずつ頑張ろっ!


カタカナの「ヲ」を正しく書けますか?

小学一年生のろく男。
夏休み明けからカタカナの練習が始まりました。

一学期はひらがなを1文字ずつ。
例えば「あ」なら
あ、だけのプリント1枚だった宿題も

カタカナは毎日2文字。
プリントも2枚に。

そしてケドカドもスタート!

「はぁ~やりたくねぇ。」
今日もため息混じりの宿題タイムでしたね。

子供からしたら
いきなり2倍以上の宿題ですから。

ちょっとずつ頑張ってね!

2年前、一年生のむに子の宿題。「ヲ」の書き方に驚いた!横棒が先って、皆さん知ってました??

今年は「ヲ」の書き順間違えないぞー!

こないだは
「港」と言う字が
ママに教わったのではバツ×だった!
とむに子からクレームが入りました。

離さず書く所を
離した字を私が見本として書いたそうです。

も、申し訳…。

はねる、とめる、はらう、、、
意外と間違えて覚えてます。私。

私が丸つけしたカドに
先生が青で訂正してあったりします。

へへ。
教えれない!

特に…今後…
歴史は
壊滅的に教えれません。

テストで分からないところ
ぜーんぶ
(おだのぶなが)
って書いた人です。

取り敢えず
空欄は残さないタイプ!
ひとまず何か書くタイプ!

点数の横に
「せめて漢字で!」と
先生のコメントがあった
歴史のテスト。

そしてそもそも
織田信長がいる時代じゃなかった
歴史のテスト。

むに&ろく
歴史が好きだと祈りたいです。
どうか…自分で…頑張って…下さい!


【岐阜市科学館vol.4】プラネタリウムを楽しもう

岐阜市科学館vol.1
岐阜市科学館vol.2
岐阜市科学館vol.3

通常展示の体験を済ませて
プラネタリウムの時間になったので
プラネタリウムへ!

岐阜市科学館では
展示の入場料と
展示➕プラネタリウムの入場料があります。

今回は夏休み期間だったので
プラネタリウムは
「クレヨンしんちゃん」

「はながっぱ」
の2つから選べました。

一日のプラネタリウムの放映時間が決まっていて
どの時間のを見るか
チケットを買う時に決めました。

我が家は
嵐を呼ぶ5歳児をチョイス!

しんちゃん、鼻ないのに描いちゃった!

時間より少し前から並んでいました。
どうも、後ろの方の席の方が見やすいようで
後ろの方の席から埋まって行くようです。

我が家も後ろの方の席にしました。
プラネタリウム内では
スマホや携帯の光は厳禁との事で
電源を切るようにアナウンスが入りました。

岐阜市科学館の屋上あたりからみた
空の風景で
今日の夜空に浮かぶ星を見ながら解説がありました。

所々クイズがあって
座席の肘置きにあるボタンで
解答する所もあります。

参加出来ると面白い!ボタンを押す時の子供たちの俊敏さ!ちなみに温度が高い星ほど、青く見える(分類される)らしいです。

夏の空と言うことで
理科でやったなぁと懐かしい問いかけも。

知っている子は大きな声で答えていました!

夏の大三角!
懐かしい!

みんなが答えているのに
不思議顔をしていたむに子&ろく男です。

でもその後
「4年生以上のみんなは習って知ってますね。そう夏の大三角です!」
と解説が続きました。

4年生で習うんだなぁ~と
知らない事への不安も解消されたように感じました。
素敵。

星座や星の解説もあって
「へぇそうなのかぁ」
と知らなかった事たくさん。

私が初めて知ったのは
木星には地面がない事。

ガスや気体の固まりなので
着陸しようとするとズブズブと埋もれるだけだそうです。

木星のシンボル、輪っか。
あれは氷の固まりが並んでいて
輪っかに見えるらしいです。

知らなかったなぁ。

プラネタリウムを楽しんでいる間に1度
「これは口を酸っぱくしてお願いしておりますが、スマホの画面の光1つで、プラネタリウムが台無しになってしまいます。どうぞご利用はお控えください。」
解説の方が注意のアナウンスをされました。

とてもしっかりしているなぁ、と。
星空を楽しむ事が出来ました。

星の解説が終わると
プラネタリウムの丸い壁を活かした
クレヨンしんちゃんの星にまつわる
ちょっとした映画放映が始まりました。

子供たちの笑い声の響く
放映となりました。

プラネタリウムの他に
宇宙に関する展示や体験もあります。

星によって違う重力の体験

地球でジャンプするとこれくらい。(右)重力が6分の1(私の記憶が合っていれば💦)のお月様でジャンプするとこれくらい(左)

この日は曇りで星は見えないそうですが
天文台の見学も出来たようです!

なかなか盛りだくさんの展示や体験が出来ました。

またいつか
岐阜市科学館、遊びに行きたいです。


【岐阜市科学館vol.3】通常展示のコーナーで体験しよう

岐阜市科学館vol.1
岐阜市科学館vol.2

1階のキラキラ昆虫展を見終わった後
2階へ!
2階は通常展示となっていて
いつ行っても楽しめます。

今回のように夏休みの特別展示の際は
キラキラの昆虫展などの特別展示チケットを買うと
通常の展示も見る事が出来ます。

キラキラの昆虫展などの特別展示は必要ない場合は
通常の価格で入れるようです。

特別展示のチケットを所々提示する場所がありました。

2階では
プラネタリウムや、天文台
宇宙にちなんだ展示や
様々な動く展示や体験型の展示がたくさんあります。

↓タブレットでマークを撮影すると、そこに住む生き物が表示されます。

岐阜市の風景が映し出されています。

↓上の方のマークをカシャリ!

我が家の庭に巣を作ったと思われる、ヒヨドリが出てきました!「この子が巣を作ったのかぁ。」とむに子。

↓3Dメガネ体験

蝶の羽が浮き上がって見えました!

↓川の魚の映像が床に投影されています。

触ると魚の名前が出てきます!すごい!

↓自分エレベーター。滑車の数で軽く持ち上がる事を実感。

何でだろ?と思いながら紐を引きます。

↓ペダルをこいで発電体験

めちゃくちゃしんどい!らしいです。

↓自分の動きで、キャラクターやドローンが動く

ドローンを操縦するろく男。ゲームみたいなので食い付き抜群です!

私も体験!アチコチぶつかってゴール。なかなか難しい!

もっともっと色んな体験が出来ます!

私が子供の頃、
何度かこの岐阜市科学館に来た事がありますが
展示も随分変わっていました。
なんだかハイテク!

でも今の子にとって
タブレットを使うことや
ジェスチャーで動く映像や
そんな事は身近なことになっていそうですね!

1度一緒に回ってからは
むに&ろく2人であちこち体験していました。
楽しそうでなにより!

この頃お昼の時間になったのですが、
1階の出入口正面あたりの階段のあたり
2階の階段の上のフロアは
飲食OKでした!

お弁当を持ってきて食べていた方
たくさんみえました!

我が家は飲食OKを知らなかったので
1度外に出てお昼をすませました。
(チケットを見せると再入場可でした。)

vol.4へつづく


【岐阜市科学館vol.2】ハンミョウってどんな虫?

岐阜市科学館vol.1

キラキラの昆虫展で見た
ハンミョウ。

1センチくらいの小さな虫で
体が色んなカラーでキレイです!
この写真だとちょっと伝わらないかな。

このハンミョウを知ったのは
コレ!

カマキリ先生に扮した
香川照之さんが
虫のあれこれを紹介する番組、

☆昆虫すごいぜ☆

本当にすごくて←
子供と一緒に何話か見た事がありました。

何がすごいかと言うと
カマキリ先生、そう、香川さん。
めちゃくちゃハイテンションです!

5時間目の授業がハンミョウについてでした。

このテレビを見るまで
私はハンミョウという虫がいる事すら
知りませんでした。

小さな虫ですが
動きがとにかく早い!
それをカマキリ先生が必死に捕まえます。

(ハンミョウは地面を俊敏に動きます。そして飛ぶ事もあるそうです。)

ハンミョウを見付けて
やっと捕まえたカマキリ先生。
よく見るためにメガネが登場しますが

カマキリの被り物のせいで
老眼鏡がうまくかけれず
ワタワタするカマキリ先生。

私めっちゃ笑いました。

そして香川さんてこんな人?
となんだかニンマリ。

これを見た覚えがあったので
ハンミョウの標本は
マジマジと眺めました。

興味があると違うもんです。

そして、ハンミョウは
生体も展示されていました!
生きてるハンミョウ見れました👀

虫かごケースに入っていましたが
ハンミョウとは違う虫も入っていました。

昆虫すごいぜ、でも幼虫がアリを捕食するシーンがありました!肉食!

係りの方が、エサだと教えてくれました。

自分とそう変わらない大きさの虫
食べちゃうみたいです!
(列が出来ていたので写真撮れずにズレて行きました。)

その時に
「ハンミョウ、覚えてる?」
むに子、ろく男に聞きました。

「知らなーい。」と答えた2人。

「昆虫すごいぜ!でやってたの覚えてない?カマキリ先生の!」

そう言った時に

『!!!』

ピコンと子供たちの頭には
浮かんだみたいです。

「分かった!あのカマキリの先生のでやってたやつ!」
「蜂もやってたよね?」
(↑クマバチを捕まえるお話もありました!)
「そうか、あれか。」

繋がったなぁ~と。

自分で思い出したら1番ですが
ちょっと声をかけると
子供たちの頭はグルグルと働き出す感じですね。

カマキリ先生、
ありがとう!!!

昆虫すごいぜ、
過去の授業見れます。
こちらから→

vol.3へ続く。


【岐阜市科学館vol.1】 キラキラの昆虫展へ行ったよ

9月1日に岐阜市科学館の
キラキラ昆虫展へ行きました!
(キラキラ昆虫展は夏休みの特別展示の為、今は終了しています。)

招待券を2枚頂いていて
夏休み中に行く予定だったのですが
なかなか都合が合わず…
昆虫展の最終日9/1にかけこみで行ってきました。

招待券2枚は大人で使い、
(だって大人の方が高いから~😁)
子供たち2枚分は現地で購入しました。

科学館1階が
このキラキラ昆虫展のフロアになっていました。

↓化石の展示や

子供たちはGによーく反応。

↓標本展示があったり

見た事ないようなキレイな蝶や、キラキラ輝くような昆虫がたくさん展示されていました。

↓Gのところは配慮の黒カーテン付きです。

開けたら閉める、注意書き付き!

ろく男が何度もオススメしてきましたが

丁重に御遠慮させて頂きました。
ニヤニヤしおってからに。

↓ハンミョウの標本

ハンミョウって知ってます?ハンミョウについてはvol.2で!

クイズラリーや、
スタンプラリーもあり
子供たちはスタンプコーナーを見付けると
展示そっちのけで飛んで行きました。

標本展示や、
虫の鳴き声(マツムシとか)が実際に聴けたり、
少し生体展示もありました。

展示を見ながら
(夏休み始まってすぐここに来たら
夏休みの一研究がここで済んだかもしれない!)
そんな思いがヒシヒシと湧き上がりました。

虫好きな子には
すごく良さそう!

残念ながらむに&ろくは
虫の研究はごめんだそうです。
そもそも、絵や文を書くのは
ごめんだそうです。

↓輝くタマムシ様

タマムシ、見た事ないなぁ~。光の加減でまさにピカピカ!

標本に触れてみよう!というコーナーもあり、
手をキレイにしてから
本物の蝶の標本を手にのせたむに子です。
(ろく男は逃げました。)

なかなかこんな事出来ないよねー。

標本を顕微鏡で覗いて
蝶の鱗粉や
昆虫の表面をじーっと観察したりもできました。

顕微鏡が空くのを
並んで待っている背中が
「ワクワクするぜ!」と言っているようで
こんな姿を見ると頬が緩みます。

体験が出来る箇所は
子供たちはすごく反応しますね!

やっぱり普段出来ない事って
面白いんです。

vol.2へ続く!


色の持つ力って何だろう?

今日は子供たちを預けて
講座に参加してきました。

色の見え方や
それに付随する身体や感情について
知るものでした。

講座では様々なカラーの折り紙を使いました。

これを持ってみたり
丸めて覗いたりして
その人その人の色の感じ方や
色の差による身体の変化をみたりしました。

折り紙を丸めて両目別々の色を覗きます。
そうして、
見やすい色(心地よい色)と
見えにくい色(不快な色)を分けました。

これをやってみて思ったのは
想像以上に差がある事です!
もちろん個人個人の差もあります。

そして、
自分の感じ方・見え方の差です。

不快だと感じる色を覗くと
それはそれはもう!

目がチカチカして疲れたり
見えにくいと感じたり、
覗いてると「痛い!」と感じます。

色を見ているのに
「痛い!」と感じるのです。
これにはすごく驚きました。

私は薄いベージュや薄い藤紫など
パステルカラー系と
深緑や群青など
色味が濃いカラーが心地よかったです。

逆に、
好みとしては大好きなビビットなカラー
鮮やかな黄色や朱色、黄緑などは
「うわぁ…」
と目を背けてしまうほどでした。

不思議。

その後
その好き・嫌いそれぞれの折り紙を持って
片足を上げて立ちます。

そして折り紙を持っていない方の肩に
負荷をかけます。
(今日は他の方にから肩をぐーーっと力を込めて下へ押してもらっていました。)

不快な色を見ながら
負荷がかかると
ぐらっぐらします。

\えー、変化あるのかなぁ/

押されている肩の方に
よろけました。

心地よかった色へ変えて
同じようにします。

\え?同じ力で押してます??/

押してくれた方が
緩めたと思う程でした。

なぜか…!
ぴしっとぴしっとします。

不思議。

(どの色でも変化無く普通!と言う方も
もちろんいらっしゃいました。)

心地よい色を知る事で
体幹や身体へも影響を受け
感情を整えたりして
「生きやすい」自分を知る。
のだそうです。

感想としては
「不思議だなぁ。」
「面白いなぁ。」
と思いました。←

語彙力が追いつかなくて
軽い感想になってしまいがちですが、
色の力って凄いんじゃないかなぁ、と。

個々で色への反応は違うので
一律でこれを活かす事は難しいと思うのですが
色の持つ力を感じた1日となりました。

「鐵本さんはデザインの仕事をしてるけど
この色嫌だなぁとか
この色辛いなぁとか
今まであったの?」

と聞かれて

(ああ、意識してなかったけど
そんな事もあったかもしれない。)

今までの事を思い起こしたりしました。

そして、
好きな色=心地よい色
とは限らないんですねー。

デザインの仕事をしていると
この色にはこの色!
例えば補色(反対色)を使ったり、
少しテクニックになりがちな事もありますが

また違った
不思議な感覚を
知った気がしました。

今後また、
色についても知ってみたいなぁと
感じた1日となりました。

いやー色って不思議。


るるちゃんありがとう

我が家のハムスター、
るるちゃんは天国へ旅立ちました。

昨夜寝る前に
いつものようにむに子が
エサをあげにいくと
るるちゃんはもう動きませんでした。

2歳と2ヶ月。
ジャンガリアンハムスターの寿命は
2~2年半が多いそうです。

るるが1歳くらいのころ
足にコブのような物が出来て
獣医さんに診てもらうと
腫瘍かもしれないと言われました。

手術をして
出来るだけ取ります。
と。

コブは小さくなったものの
しばらくして
また同じ所にコブが出来て
目の上にもコブが出来て。

小屋で横向きに寝そべって
ただただ呼吸をするだけの
るるちゃんを見て
(これはもう…)

子供の前では決して口に出さなかったけれど
小さな体は限界なんじゃないかと
思っていました。

2年。
2年生きて欲しいな。
そう思いました。

それから徐々に復活してきて
目のコブは少し残りましたが
足のコブは消え
回し車を
シャーシャーカラカラ回し
元気に大復活!

最近2歳をこえ
ちょっぴりヨボヨボとしていました。
それは感じていました。

でも、
2年以上我が家で
ただただ可愛い白いモフモフ。
癒しのるるちゃんは生きました。

むに子とろく男は
目を真っ赤にして
るるちゃんとお別れしました。

お線香を1本。
ろく男の育てている
アサガオのお花と共に。

夕飯の準備で
野菜の切れっ端をるる用に。
「おるる~。キャベツあるよー。」
私の日課でした。

今日サラダの準備をしていて
小さな野菜をカットして避けて
(そうだった。もう、るるいない。)

そう思った時に
目がうるみました。

神経質な子は触ったり怒ると
チーチー鳴いたりしますが
1度もチーチー鳴く事もなく
温厚な優しい子でした。

「どうやって天国に行くの?」
「るるはもう天国に着いてる?」

子供たちの質問は
純粋です。

おるる、
ありがとう。

天国でも
キャベツいっぱい食べてね!


誕生日おめでとうイラスト

ちょっと遅くなったけど
ろく男誕生日イラスト。

7歳おっめでとー!!!

久々描いたら
なんだかパーツが
いつもと違う感ありますが…。

花火やりたい!と言っていて
三日月の夜にした花火。
大きい方のケーキをチョイス。
そんな思い出を。

またこのイラストを見て
「懐かしいねぇ」と
頬が緩む
そんな日がくるかな( ´ ` )