「#ジャンガリアンハムスター」タグアーカイブ

我が家のミルクボーイ

金曜日の夜
ちょっと気持ちゆったり。

特に何もありませんが
ちょっと一息ついて
華金を満喫です。

メスかな?と
我が家にきたハムスターのミルクちゃん。

どうも男の子。

ミルクちゃん、
ミルク君でした。

我が家の
ミルクボーイだね。

コーンフレーク
最中
浮かびます!

活発で
食欲旺盛。
触られるのは嫌なようで
機敏に逃げます🐹

今夜もカラカラと
元気に回し車の音がします。

冬場は寒すぎると冬眠してしまうことがあるので
暖冬傾向で良かったです。


もしゃもしゃ…

小学校
1クラス13人お休み(風邪とインフルエンザ)
1クラス5人お休み(みんなインフル)
とインフルエンザが広がりをみせていて

…実に心配です。

心配していても
気をつけていても
インフルエンザは流行ると
仕方ない所もありますが。

かからずに過ごせるといいな、と
思います。

願います!

さてさて
我が家のミルクちゃん。
まだまだ警戒中。
俊敏に姿を消してしまいます。

昼間に見掛けるのは
かなりレアですが
とらえました。

\もしゃもしゃ…/

キャベツ食べてました。

可愛らしい!
早く慣れてくれるといいなと。


なかなか姿を拝めない

子供の通う小学校で
インフルエンザが出始めたようです。

冬はインフルエンザや
胃腸炎や
風邪や…。

病気が心配です。

元気に過ごせる!
と言い聞かせて。

我が家にやってきた
ミルクちゃん。

まだまだ警戒していて
なかなか姿が拝めません。

網越しに
ひまわりの種を受け取ってくれるようになったので
少しずつ
慣れてくれますように。


ミルクちゃん

新しいハムスターが
我が家に仲間入りしました。

まだまだ小さくて
家に連れ帰った時は
ヂーヂー鳴いて
怖くて仕方無い様子。

そーっと
一・二週間は
過ごしてもらおうと思います。

名前は
ミルクちゃん
だそうです。

小さいので
性別は
多分女の子。

売り場では
性別不明となっていましたが
ショップのお兄さんが見てくれて
多分女の子、だそうです。

ジャンガリアンハムスターの
ブルーサファイア(毛色)。

これからよろしくね。


季節外れのるるのひまわり

お庭にひっそり
ちょっぴり季節外れの
ひまわりが咲いています。

先日天国へ行ったハムスターのるるちゃん。

使わなくなったその小屋を掃除して
敷いていた藁などを片付けていた時に
まだ食べてないひまわりの種が
庭に落ちたようで。

勝手にはえてきたひまわり。

勝手にるるの面影を感じて
引っこ抜く事が出来ず
プランターへ植え替えました。

ひまわりの種が出来たら
取っておきたいな~。

台風で枯れないといいけど。
明日風が当たりにくい所へ
移動しよう。


そこに白いモフモフが居るような気がする

先日天国へ旅立った
ハムスターのるるちゃん

1度奥にしまったのですが
他の物を出す時に
使っていた小屋を
部屋の隅に置いていました。

餌箱に
白いモフモフが丸まっているように
一瞬感じました。

いつも小屋をみると
そこに居たから
そんなイメージが頭にあったのかな。

洗い物をして
また小屋を目にした時に
やっぱり餌箱で丸まってる るる が
居るように見えました。

これはね
心霊とかスピリチュアルな感じではなくて
多分私の思い出や
イメージだと思います。

とは言え
お盆ですね。

るるちゃんも初盆で
帰って来てるのでしょうか?

だとしたら
いいかもね☆*°

\るるみ大福/


るるちゃんありがとう

我が家のハムスター、
るるちゃんは天国へ旅立ちました。

昨夜寝る前に
いつものようにむに子が
エサをあげにいくと
るるちゃんはもう動きませんでした。

2歳と2ヶ月。
ジャンガリアンハムスターの寿命は
2~2年半が多いそうです。

るるが1歳くらいのころ
足にコブのような物が出来て
獣医さんに診てもらうと
腫瘍かもしれないと言われました。

手術をして
出来るだけ取ります。
と。

コブは小さくなったものの
しばらくして
また同じ所にコブが出来て
目の上にもコブが出来て。

小屋で横向きに寝そべって
ただただ呼吸をするだけの
るるちゃんを見て
(これはもう…)

子供の前では決して口に出さなかったけれど
小さな体は限界なんじゃないかと
思っていました。

2年。
2年生きて欲しいな。
そう思いました。

それから徐々に復活してきて
目のコブは少し残りましたが
足のコブは消え
回し車を
シャーシャーカラカラ回し
元気に大復活!

最近2歳をこえ
ちょっぴりヨボヨボとしていました。
それは感じていました。

でも、
2年以上我が家で
ただただ可愛い白いモフモフ。
癒しのるるちゃんは生きました。

むに子とろく男は
目を真っ赤にして
るるちゃんとお別れしました。

お線香を1本。
ろく男の育てている
アサガオのお花と共に。

夕飯の準備で
野菜の切れっ端をるる用に。
「おるる~。キャベツあるよー。」
私の日課でした。

今日サラダの準備をしていて
小さな野菜をカットして避けて
(そうだった。もう、るるいない。)

そう思った時に
目がうるみました。

神経質な子は触ったり怒ると
チーチー鳴いたりしますが
1度もチーチー鳴く事もなく
温厚な優しい子でした。

「どうやって天国に行くの?」
「るるはもう天国に着いてる?」

子供たちの質問は
純粋です。

おるる、
ありがとう。

天国でも
キャベツいっぱい食べてね!