「キッズ指導について」カテゴリーアーカイブ

苦手意識の克服とカレー

今日は風が強く 一段と寒く感じましたね…

水曜はチャリ通勤ですが、見事にずっと向かい風で なかなかいいトレーニングでした。笑

お陰でからだもポカポカで出勤です。

さあ、本日より碑文谷体育館にて 水曜 体操教室。

今期も、小学生の鉄棒クラスでヘッドコーチを務めさせていただきます。

ちなみに 私の幼少期

走るのも、跳び箱も、割りかし得意でした^ ^

体操選手みたいに、完璧にできた!わけではないですが、ほどよく?普通より少し上?

自然に、楽しいと感じるぐらいにはできていたと思います。

が、鉄棒は…小学校 6年間

逆上がりが一度もできず、鉄棒のときだけ すごく嫌な気持ちになっていたのを鮮明に覚えています。

お腹痛いと、嘘ついて休もうとしたぐらい 嫌でした。(そんなのすぐ見破られていましたが)

悩んでいた私をみて 母が熱心に教えてくれ、何度も学校の校庭開放で練習しました。

が、結論 出来るようにはなりませんでした。

6年間という長い時間をかけて、私の中に根付いた 「苦手意識」

自分で言うのもなんですが、かなり根深いですwww

だからこそ、「逆上がり出来るようになりたい!」という子達への 熱意が半端じゃない 笑

たまに熱くなりすぎて、上司に少しクールダウンしろ、と言われます。笑

ちなみに、私の 根深い苦手意識は 19歳のときものの5分で打ち砕かれます。

この仕事にのめり込む キッカケ

体育の家庭教師として 実地研修初日のこと

「じぶん、逆上がりできるん?」

正直 自分の気持ちの中で 「げ、、、」

「できないと思います、、、」

「ちょっとやってみ?」

「あーそうなんや、じゃあ、こーやってこーやってこーやってみたら?」

「うわ、できた… え?」

これが 私の最初の成功体験

その後も 研修で成功体験を積み重ね、今ではちゃんとできます。

100発100中で できるようになるのは 半年もかからなかったと思います。

この経験が強烈なインパクトとなり、 「コーチ」という仕事を現在もさせていただいています。

苦手意識は 克服できる

でもきっと、それには 方法があり

ただ 努力をしても塗り変わるものではなくて

さらに 成功体験というスパイスがないと成り立たない。

その成功体験をなるだけ最短で導いていくのが 体操教室でのコーチの仕事

ひとつの苦手意識の克服は 気づかないところで 連鎖を生みます。

逆上がりができるようになる

ためには、コーチの話をきき、自分の頭で考えることが必要

そして、その2つができるということは、他人とコミュニケーションが取れるようになること

対人関係にも 影響し、

自分の中に芽生えた自信をパワーに、新たなことにチャレンジしていけるようになる。。。

ちなみに。

私は料理も苦手意識が強くありました。

数々の失敗体験を積み重ねて、まったく離れていましたが…

引っ越しを機に、台所に立つようになり

今日はカレーを作りました♡

(美味しくできたよーーーー(*´ω`*)

ちなみにカレーは私にとって 因縁の相手。笑

その面白い話?は、また気が向いたら書きます。

今日、カレーを作ろうと思えたのは

子どもたちから パワーをもらったおかげ。

何度も、何度も、チャレンジするその真剣な顔をみて…大人の私も触発される。

真剣に頑張る時間を、子どもたちとシェアできることは 本当に幸せな仕事をせてもらっています。

私が 成長させてもらっているな、と感じた夜でした。

さあ、これから 8週間

一緒に頑張ろうね!!!

誰にでもできる指導と

私たちにしかできない指導がある

株式会社 SCJ

http://www.scj.co.jp/index.html

残り3ヶ月

新学年に切り替わるまで 残り3ヶ月

本日 日曜 スポドリ!のLACレッスンもスタート

みんなに会えて嬉しい😊

元気そうで ほっと一安心

共通認識がある中でのゲームは大好き♡笑

子どもたちの「今」を見極め

ひとまずひとつのゴール、というか節目は日本でいうと春

去年の春にたてた目標 3月までにどうなっていけるか、どうしていけるか

どこまでもっていくか、

引っ張っていくか、見守るか…

今 何かができる、できないのそんな小さい問題ではなく、

3歳や、5歳の子達が 3年後、5年後、10年後

どうなっているか、

運動をどう捉えてくれるようになるか…

個体差があり、みんなが同じ成長速度ではないから、一概に学年毎に3月までにこれができるようにりましょう、は ないけど…

大人はなければないで不安です。

し、統制する立場ですから ある程度 目安は提示します。

けど、本音は…そこじゃないかな、と。

人間として 心と頭が成長していけば、ある程度のことはきっとできるようになります。

心と頭が成長していないのに、技術や体だけが成長していくと…アンバランスになり

怪我や事故、ひととうまくいかない…ということが起こります。

ひとに優しさをもって関われる、

問題がおきたら解決できる、

自分の気持ちを落ち着いて伝えられる、

そんなコミュニケーション力が備わってきたら、きっと技術習得も楽しくなります^ ^

特に 小学生 あがる直前の子達はね。

そこんとこを、しっかり伸ばしたいな、、、なんて思っています。

学年が変わり、

大きな変化がでるまであと3ヶ月

私にできる精一杯で、まっすぐ向き合い続けます。

自立の気持ちを育てる

NEXTに掲載いただいた、私の顔写真をみて

子どもたちが 「誰これー?笑」

はい、都平えりです^ ^

なぜだか 咳喘息のような症状だけ1週間以上 治らず…レッスン中にはお見苦しく失礼しました。。。

写真 撮られることが苦手です。

自撮りはひとりの世界で落ち着いて撮れるからいいんですけど、照れすぎてしまったり、笑いすぎて目がなくなったり…😂😂😂

写真撮られるの苦手なんだよー、

と、子どもたちに話したら 「いつも通りニッコリ笑えばいいんだよ、こんな感じ🤗」

「でもね、笑いすぎちゃだめなんだよ」

と、みんなが丁寧に教えてくれました…♡

なんと可愛い子たちなんだ…っ😍♡

その通りだなあ、と、子どもたちにまた教わってきました。笑

昨日もtwitterでちらっと呟いたら、たくさんの賛同のお声をいただきました。

私が 子どもたちとの体操の時間を過ごす中で、肌で感じること。

まず、親子体操のような時間は どれだけ大人が本気で一緒に 遊んであげられるか。

ここが、キーポイントかな、と。

一緒に走って、一緒にバランス運動して、一緒にクマさんする。。。

「一緒にやっていてくれたからこそ」自立の心が育ち、ひとりでチャレンジしていくようになります。

ずっとその繰り返し。

チャレンジできる人間になるには、周りが今までどうやって支援してきたか が 大切。

見てるだけ、言うだけ、は…

通用しないな、と ほんとに肌で感じます。

もちろん、コーチもね。

そして、チャレンジの気持ちと同居したいもうひとつの大きなポイント 「自己肯定感」

私は 訳もなく、理由もなくは 褒めません。

そして 褒める時は、感情いっぱいに伝えます。

理由や事柄をできるだけ細かく できるだけわかるように 一緒に伝えます。

なにも知らず、なにもわからず、なにも努力せず褒め続けられてしまうと…それは ワガママや勘違いを育ててしまう。

大人はよく 子どもには難しい言葉だから…と、説明することを省いてしまいがちですが

たとえ 「今」100の理解がなくとも、なんとなくその言葉の雰囲気や、空気感を読み取って子どもたちなりに解釈します。

赤ちゃんにたくさん話しかけて、いつのまにか言葉を覚えるのと 原理は一緒ですね♫

なんか厳しい顔ですけど…笑

多分 後輩になにか指示してる瞬間。

今週 土曜日、日曜日はお休みをいただき

岐阜出張です。

からだジャンプ®︎ マスター研修に行って参ります。

早く 子どもたちともジャンプしたい♡

どうぞよろしくお願い申し上げます。