第3回GDRにむけて

ブログ書くとかいうて、全然書けてなくて

モーーー泣きそうです。

実はズルして 時間を遡って書いていたりするので、諦めずに覗きに来てやってくださいませ。

ブログのヘッダーも、もう少しで完成ですのでお待ちくださいね^ ^

4月 21日 日曜日には、新宿にて開催される

フィットネスダンスの発表会

第3回 GDRに むけて 踊っては悩み、悩んでは踊ってみる…そんな毎日です。

今回 私が振り付け指導しているチーム、

Smilycka stars は 嵐の曲で踊ります!

サクラ咲ケという、応援歌♫

嵐で踊りたいなー、となんとなく決めた時から ジャニーズの年越しライブを録画して 何回もみてジャニーズを研究。笑

ジャニーズのかっこよさは、顔じゃない

(いや、もちろん 顔もカッコいいけどね)

ちなみに、私は 郷ひろみが好きだし、東山さんがすきよ。ていうか、尊敬してます。笑

かっこつけ方が、カッコいいんだよね、

伝わるかなー?

チームは 大人の部活です。

大の大人が、晴れ舞台のその3分のために何時間も何週間も何ヶ月もかけて、トレーニングして、練習して、嫌という程 鏡で自分をみて

仲間と呼吸を合わせて 踊れるようになっていく。

「できない」という壁に突き当たるのは

大人になってしまっている方が大変です。

ひとりなら笑ってごまかせるけど、

チームは ごまかせない。てか、やらなきゃならない。笑

最高に楽しい3分が過ごせるように、まだまだ悩みはつきないけど 舞台にたつ5人を輝かせられるように 絞り出すぞ。

がんばれ、振付師 (←わたし)

https://www.studiogrowpoint.jp/pages/774406/page_201612231232

自分のチームのほかに、今回はもうひとつ

個人的にチャレンジしてます。

ぜひ見に来てください。

子どもたちへ伝えたいこと

リトルアスリートクラブ水道橋 スポドリ!会場にて 日曜の担任を担当して 丸3年が終わろうとしています。

この春 人事異動があり、3月末で担任が変わることになりました。

子どもたちへは 2月から環境は変化していくことをやんわり伝えておりましたが…

ギリギリの発表となり、申し訳ありません。

10年

おかげさまで、子どもたちの前に立つようになり この春で丸10年となります。

子どもたちから様々なキッカケでもらう、色紙やお手紙を保管していたケースがいっぱいになってきて…

10年という年月以上になんだか重みを感じます。

指導スタイルは 最初からそんなに変わってない…ですかね。10年前は今の5倍ぐらい厳しかったかな?笑 というか、尖っていたかな?笑

時代が変わり、教育が多様化し、体操教室に求められるものが変わっていったなあ、と感じています。

それに応じて 伝え方は変わりました。

が、わたし個人が大切にしてきたことはそんなに大きく変わらなくて。

ルールと規律、メリハリを大切にすることと

自分で考える力、自分で切り拓く力をつけてほしい

この2つがわたしの大きな軸でした。

逆立ちできようが、跳び箱 飛べようが…

正直どうでもよくて。

目の前の課題や問題にどう向き合っていくのか、、、そこだけ。

そこを体操を通じて 経験値として重ねてもらえていたら、嬉しいな、と。

あれ?大変なことに気づきましたよ。

10年前の小学六年生は、20歳超えてる…?

同じ仕事をしている子達がいるかもしれない!?

いつか、会えたら嬉しいなあ。

感謝

まだまだ至らないところがたくさんあるなか、大切なお子様をお預けくださり 任せてくださり見守ってくださってきた保護者様には 本当に感謝をしてもしきれません。

保護者様の協力あってこその体操教室です。

ほんとうにいつもありがとうございます。

今後とも 子どもたちの成長につながる素晴らしい時間のために ご協力をよろしくお願い致します。

あ、別に引退するわけではないです 笑

リトルアスリートクラブでは、パーソナル指導を受け付けします。

かけっこ強化トレーニングや、逆上がり克服、跳び箱克服など…

なにかあればご用命ください。

最後に

目の前の問題に向き合い、

自分の行動を選択できる人間になってほしい

戦ってもいいし、助けをよんでもいい、

逃げるが勝ちのときもある。

大切なのは自分で選択すること。

そして、

集団としてのルール=仲間への気遣い

ひとりでは生きていけないから

仲間を大切にできるカッコいいひとになってね。