「マタニティ」カテゴリーアーカイブ

生命は遺伝子に支配されていない

遺伝子やDNAという言葉は

健康やダイエットに関するシーンでもよく聞くようになりました

遺伝子は

親から子へ またその子へと引き継がれるもの

 

身長は70% 体重は50%

遺伝的要因があると聞きました

 

親子や兄弟は似ていたりするから納得

 

 

これまで

変えることができない運命のようなもの

「生命は遺伝子に支配されている」

と思われてきました

ところが

遺伝子は分子でできた単なる設計図で

細胞や組織や器官をつくるときに参照される図面にすぎない

 

「生命は遺伝子に支配されていない」

ということが最新の細胞生物学でわかってきたそうです

 

遺伝子は設計図で

環境が建設業者

 

それから口から入れたもの身体に取り入れたものが

家をつくる材料

 

設計図は大事

どんな材料でどんな風に作るかもとっても大事

 

顔や背格好が似た家族でも体質も性格も異なる

 

このことは

環境や材料が深く関係していると考えられている

 

環境がどのように影響するのかというと

一つは【伝達シグナル】

細胞が環境からの手がかり(シグナル)を受けて化学反応を起こし

遺伝子の発現パターンを変化させる

 

もう一つは【エピジェネティクス】という新しい科学

これは「遺伝子を超えたコントロール」という意味で

私たちが人生で経験することに応じて、遺伝子の活動が絶えず修正されているのだという

 

私たちの生物的性質は

人生をどう知覚するかによって形づくられている

ことを強調している

 

 

健やかさを追求する学びは

ことごとく

 

自分がどうありたいか

何に向かいたいのか

 

ということに近づいていくと思う

参考図書:「思考のすごい力」

 

環境とは具体的になんだ?といえば

思考 運動 栄養

 

の大きく3つがあげられる

 

思考は量子学の分野

思考がシグナルとなって遺伝子にもフィードバックがかかるとのこと

 

 

運動は身のこなしや呼吸や姿勢や筋収縮や骨への振動など

思考と合わせて どんな意図をもって取り組むかが大切と考えます

もちろん楽しむことも

 

 

栄養は分子栄養学では当たり前のように影響力を持つと考えられている

材料の素材の話だと考えると腑に落ちますね

 

 

広い視点 マクロでとらえること 抽象度をあげること 自分の命を俯瞰すること

狭い視点 ミクロでとらえること 具体的なこと 自分を内観すること

 

どちらも必要ですね

 

 

とはいえ難しく考えず

私たちは

自分がどうありたいか どう生きたいか

自分で決めることができるということですね

 

 

 

 

 

足元から整える👣☺

今日は足つぼにいってきました👣☺!!!

もう1年くらい前に書きました妊娠中の話

のところで長男妊娠5か月のときに目の病気になったというお話をさせていただきました👀

 

ブログを読むと「詳しくはまたお話させていただきますね」なんて書いてありますが

今お話させていただきます☺笑

 

虹彩炎という病気でした

目の光を調節する機能が上手くいかなくなってしまう病気です

とても眩しく目が真っ赤になり痛くて痛くて涙も出てきます

目を開けていられず片方つぶって生活していました

 

なんとなく目がちかちか痛いかな?目にゴミでも入ったかな?

という初期症状から ある朝一気にひどくなりました

 

最初の眼科で診断され「最悪失明する」「原因不明」といわれ対処方法は「抗生物質の点眼」のみ

妊娠中なので強いお薬は避けましょうと出された点眼をさしてみました

 

すぐに良くなりました

 

あぁよかったと思ったら 1週間後に再発

眼科を受診すると先生も「再発していますね」と暗い顔

 

少しお薬を強くしますか?といわれました

 

 

私はセカンドオピニオンを考え別の眼科を受診

 

「これはちょっと大変だね、強い薬を日に6回必ず点眼してくださいね」

強い薬に抵抗があり6回点眼できていませんでしたが 1週間後再診すると

「良くなっていないので 難病の可能性を疑います

紹介状を書くので内科をすぐに受診してください」

といわれました

 

私は「これはまずいことになったぞ」と思うとともにはっとしました

自分の身体のことなのに非常に受動的に医療を選択していると思いました

 

 

家に帰り 自分の身体の声を聞くことにしました

 

👀目は東洋医学的に血と筋 それから肝臓に関係があります

 

血は子宮

妊娠中の生理的身体変化として一番大きいのは血流の増大なのです

命を育むのに大量の血液を栄養として赤ちゃんに送っています

 

時期もまた5か月と赤ちゃんの身体がとても成長するときでした

 

その時に私はありがたいことに仕事が増えておりまして

それまでよりも筋活動も多くなっていたのです

 

足りないのにたくさん使っちゃっていて

たりないよ~

のサインがイエローからレッドカードになったのでしょう

 

 

そして引き金は肝でしょうか👀

肝は怒りの感情と関係しているといわれています

 

私のことを知る方なら納得でしょうが

私はあまり強く怒るということがありません

 

夫婦喧嘩もしたことがありません

(意義申し立ても穏やかに伝えます☺笑)

 

自分で言うのも変ですが 実に穏やかな性格です

 

 

そんな私がちょうどその時珍しく怒ったのです🔥!!!笑

 

虹彩炎になったのはそのすぐ後でした👀

 

身体はすごいですね

私にとって怒るということは物凄くストレスだったということです

(誰だってそうでしょうが)

 

 

ですから

血と筋と肝臓にフォーカスして(点眼は一切やめて)

・怒りの感情に終止符をつけるべく対象の人と話し合う(はい!もちろん旦那さんですね☺笑)

・血を綺麗にする肝臓の負担を減らすために甘いものやケミカルなものとらない

・身体 内臓を休ませるため睡眠をとる

ことをしたところ

1週間ほどでみるみる回復してきました

 

これには驚きました

 

(今思うと栄養不足へのアプローチはできていませんので

この時の私に たんぱく質・鉄・C・E・A・B群 などを提案したいです)

 

そこから「この方向性で合っているぞ!」と思い自らの自然治癒力を高めるため

多くの人のお力をお借りして「身体が喜ぶこと・お腹の赤ちゃんが喜ぶこと」をしました

 

 

恩師早川先生に治療していただいたり、なおさんに経絡治療をして頂いたり、鍼灸師のまっちゃんにお灸をしてもらったり、主人にケアしてもらったり

それからお客様にご紹介いただき足つぼの鈴木先生に目のつぼをケアしていただき自分でする方法もレクチャー頂いて

有難いことにどんどんよくなっていきました☺👀

 

妊娠7か月の頃には治っておりました

(書いているうちにこの話は以前に書いた気がしてきました 笑

重複しておりましたらごめんなさいね

「何回も同じ話をするのはオバちゃんと高齢者の特性だ」と主人は言います

高齢者ではまだないので、はい、オバちゃんですね☺ お許しを)

 

 

鈴木先生のケアは足つぼ刺激だけでなく、足関節の配列が整っていきます👣

そして仏のようなあたたかな優しさで皆を癒してしまいます☺

 

先生は足をみたり触れるだけでその人の多くのことを感じ取られます☺

 

先生とのお話でいつも時間はあっという間です☺

 

 

それから 先生の奥様はまた素晴らしい能力をお持ちの方で初めてお会いした時から意気投合しました☺

私が分子栄養学を学ぶきっかけとなった方の一人で海外の情報含め多くのことをレクチャーしてくださいました

 

次男が産まれてからは二人を連れてはなかなか足つぼに行けませんでしたが

今日やっとこさお会いできてとても嬉しく ケアしていただき

新年を迎えるにあたり足元から整いとっても有難いです☺

 

鈴木先生の 足ツボ健康センター👣 の情報はこちらです☺

ぜひ鈴木先生に会いに行ってくださいね☺

 

 

さて!明日はこちら

年末のお忙しい時にご予定いただき本当にありがとうございます

 

感謝の気持ちをこめて 精一杯お伝えします

 


お知らせ☺

募集中の講座(こちらをご覧くださいね)

💃ダンサーのためのフィジカルトレーニング講座

🏃楽しく速く走る!ランニング講座「ガチラン!」

🍑生涯自分の脚で歩きたい方の為の「桃尻塾🍑」

など☺

 

LINE@ボタンからお問合せください☺

 

 

離乳食について考える

次男が6か月になり、そろそろ離乳食をと考えています。

 

歯が生えてからにしようと思っていましたが、それよりも先に授乳頻回に加えまだ満たされないのかな?と思うことが増えてきたからです。

7か月に入るまでは母乳のみでもいいかな~と思っていましたが、もう少し早いスタートを要求されているような気がします。

 

離乳食については実にいろいろな考え方がありますよね。

 

そのうちの一つとして捉えていただければと思います。

 

長男のときには生後6か月から7か月の頃から乳児湿疹がでてきまして、1歳くらいまでほっぺが赤くなりました。鋭利な爪でバリっとかくので傷がなかなか治らなかったです。治ってもまたすぐ傷になっちゃう。ミトンをつけてお手てを覆いました。薬は使いたくないし、でも早く良くなってほしいし、どうしたらいいものかと悩んだなぁ

彼の場合は乾燥タイプでした。それからデリケート。「この子は乾燥肌だね~保湿してあげてね」と1か月健診の時に言われて保湿剤を塗ると赤くぶつぶつがでちゃう。これは困った!と思いました。

ターンオーバーの為にたんぱく質をとか亜鉛を・・・と調べると情報があり、その通りなのですがその時点でそれだけ症状があるということは”足りない”レベルは結構高くて今に始まっていないんですね。

命の始まり、お腹の中、新生児~半年と長い月日が関係してきています。

とはいえ過去には戻れないし、謝っても治らないので、反省と学びをいかして今ここから彼のためにできることをするしかなく、一緒に強く逞しく成長できるようにがんばろうねと何度も話しました。

(今もデリケートスキンではあるものの出されたものを何でも良く食べお肌もきれいです)

 

長男の妊娠中は貧血でした。たんぱく質ビタミンミネラル不足です。

次男の妊娠前~妊娠中~産後と数値データはかなり改善されています。今のところお肌つるんつるんでとても強いです。毎日ご機嫌で夜泣きもしないし(これは長男もそうだったけど)ずぼらな母とわかってきてくれたんだなと思います。笑)でもここからがまた大切(だし人生始まったばかり!)がんばらなくちゃ。

 

 

話しが戻り、離乳食を始めるタイミングについて。

母乳のみで6か月頃までは十分という説が多いようです。そこから成長と動きが大きくなり消費カロリーが増えることで母乳のみで必要なエネルギーや栄養素が摂れなくなってきていると考えられています。

そのタイミングは個々で少し差があります。動きが早くよく動く子ならたくさん要るし、身体の大きさにもよりますよね。

 

離乳食は何をあげるかについて。

長男は市の講座などで教わった通りの流れで しゃびしゃびのお粥~だんだん水分を減らして~お野菜つぶして~お豆腐やおまめでたんぱく質とって~お肉お魚~みたいな感じ。

WHO世界保健機構の補完食の情報

を見てみますと

全体のエネルギー量についてというよりは、必要な栄養素の話(たんぱく質ビタミンミネラル)に触れられていてわかりやすいです。母乳で補えるもの足りないものもわかりやすい。

”日本でよく推奨される水分の多いお粥は水分量が多く赤ちゃんの小さな胃の大きさ約200gが水分でいっぱいになり必要な栄養が摂取できない”ことが懸念されています。

 

動物性のものの品質やマーガリンをバターに置き換えることにして参考にしたいと思います。

 

次男はボーンブロスのスープから始めてみようと考えています。そこからすりつぶした身をプラス、レバーペースト、野菜、バター、お粥、たまごプラスという感じで予定しています。

作り置き用に安全性の高い手羽元やレバーが手に入るところを調べました。精肉店に通うことになりそうです。冷凍は余儀なくされるけど、マジックブレットもあるしきっと大丈夫。頑張ってみよう。

 

以上、これから始まる離乳食について考えていることでした☺

またレポートしていきますのでご興味がおありの方はカテゴリー【離乳食】をチェックしてくださいね☺

昨日は通所介護施設にてNOSS日本舞踊エクササイズで介護予防運動をしてきました。次男は皆様に抱っこしていただきムチムチももたをたくさん触っていただきました☺

帰ってねんねする様子(なんだかNOSSを踊っているみたい)

『パートナーとの関係がよりよくなる為のボディケア』の講座を行う理由

8月25日のチャリティーイベントにお声がけいただいたとき

すぐに「勿論行います」と返答しました

そして キーワードとして”connect”  繫がり とみんなで話し合い

会場の時間が空いていると知って可能な限り使わせていただこうと

『パートナーとの関係がよりよくなる為のボディケア』

のワークショップを行おうと決めました

 

心と心で繋がっているとき それは目に見えないですよね

でも私たちは触れることで物理的に繫がることができます

 

繫がっていたいと思う人と触れることで物理的に繫がってほしい

この講座を行うにあたり こんなメッセージがあります

その理由は次の通りです

 

第二の脳といわれる腸 第三の脳といわれる皮膚

皮膚は私たちの健やかさに深く関わっているのです

 

毎日でなくていいのですが ボディケア マッサージ トリートメント

呼び方は何でもいいし 結果として気持ちがいいと感じる方法なら何でもいいのですが

私は

心身の健やかさに皮膚からの良い情報というのは欠かせないものだと考えています

 

 

不調や痛みがある場合には まずプロに依頼することをおすすめしますし

月1でも2か月や3か月に一度でも定期的なメンテナンスはプロに任せて

デイリーやちょっと助けてほしいなというときには 家族や恋人や友達など

近くの信頼する人と気軽にケアしあえるといいなと思います

 

 

そこで重要なのが触り方です

 

例えば男性が女性を触るとき 男性は力が強いので何も意識せず女性の身体に触れるとちょっと痛いんですね

痛いと相手が思ってしまったらそこから関係を挽回するのは困難です

痛みに対して防御反応が起きてしまいその後の刺激に対しては拒否反応が表れます

 

 

産後夫婦関係がネガティブに変化したという話をよく耳にします

妊娠中から特に女性の感覚は研ぎ澄まされています 産後もとても敏感です

妊娠前までと同じ触り方では「不快」と感じる可能性があると私は考えます

 

ミスコミュニケーションが起きているのですが 男性は別に変っていないし思いやりも持っているし悪いことをしたわけではないのですが 何だか嫌 と思われてしまします

女性も嫌な感覚はわかりますが論理的に解説するわけではありませんので 男性も納得できません なんとなく関係にひずみができます

嫌であったことはそれを回避するような行動をとるようになります

男性が近づいてきた→触れられた→何か嫌だった→また近づいてきた→触れられる前に距離をとった

となり その無意識な行動が相手に好意を抱けないという種類の感情にフィードバックされます

こうしてネガティブな関係は築かれていきます(と私は考えています)

 

 

触れる時に思いやりや愛情をもったらいいかといえばそれは解決になりません

触れられた側が「思いやってくれている」と感じることが大切です

 

 

ボディケアによってストレスが癒されたり メンタリティに影響したり 信頼関係や親密な関係を築くのに貢献するということはあらゆる実験で分かっています

そして男女では求めていることが少し異なるようです

 

男性から女性へ 女性から男性への効果的な内容も含めて

この講座で

言語コミュニケーションがなくても触れるだけでよい関係を築く方法

をお伝えします

 

お申込みお問合せは

右上のライン@ ・ お問合せフォーム またはチラシのアドレスから

お待ちしております

たんぱく質 ⑴ もっとも重要なもの

たんぱく質を英語で言うと「プロテイン」

 

プロテインというと筋肉を大きくしたい人が飲むサプリ

という印象をお持ちの方が多いですが

 

プロテインの語源は「プロテイオス」古代ギリシャの言葉で

「もっとも重要なもの」

という意味なのです

 

その呼び名のとおり、栄養素の中でまず第一に大切なものです

 

人の皮膚や爪、髪の毛や筋肉がたんぱく質でできている

というのは耳にされたことがあるかと思います

 

ところが それだけではなく

心臓や脳などの内臓、骨、血液、酵素や様々なホルモンもたんぱく質でできているのです

 

「必要な栄養素」のところでお話したとおり 身体の15~20%を構成しており

人の身体はたんぱく質なくして成り立ちません

 

 

健康のために食事を見直すときにまず取り組みたいのが

もっとも重要な栄養素 

 

たんぱく質を摂ることです

赤ちゃんの身体をつくるため妊娠中はもちろん、

産後も母乳は血液からつくられるので

たくさんのたんぱく質が必要ですね

 

↑写真は静岡県の「さわやか 」のハンバーグ♡

動的均衡【私たちはなぜ食べるのか?】へ続く