「育児日記」カテゴリーアーカイブ

こども園生活がはじまりました☺

今年は本当に長く桜が咲いてくれていますね

入園式も満開の桜が迎えてくれました

まだまだ今日もとってもきれい

 

晴れた日には30分歩いたり走ったりしながら通園しています

 

息子にはちょっと大変かもしれませんが

 

アスファルトの間から咲くすみれをみつけたり

かたつむりがお散歩してたり

見たことない虫に遭遇したり

春の色んな花がキレイだったり

細い道やがたがた道、高いところからジャンプしたり

色んなお話したり、お歌うたったり

 

とてもいい時間になっていると思います☺

 

初日に「ちょっと遠いんじゃないの~??!車で来た方がよかったんじゃない~?」

と話していた息子も、少し慣れたようです(諦めたのかな?笑)

 

私自身も朝の空気を吸って気持ちいい

 

 

新生活が始まって

何より今日一日の出来事を聞くのが楽しみで仕方ない

(笑えてしまう話も多い)

 

「今日は何して遊んだの?」

「○○くんとねんどした!」

 

「へ~!○○くん、いつも(一緒に)いるね!」

「うん、○○くんはまだ小学校とかには行ってないからね」

 

新しい環境

成長著しい

 

 

 

 

 

 

 

 

漆喰まつり kabo.

よく晴れた気持ちのいい日に

 

豊田市でゲストハウス・コワーキングスペースとしてリニューアルオープンされる

kabo. かぼ

 

にて漆喰まつりという皆で漆喰を塗ろう!

というイベントが開催されまして

夫婦で参加させていただきました!

初めての左官屋さん体験

とにかく楽しい

素敵な皆さまと楽しく塗りました☺

 

途中、旦那さんとバトンタッチ

私は子どもたちとお花見に出かけました🌸

豊田市 児子口公園

満開でした!!!

緑と桜と青い空がとってもきれい

木のテーブルといすがありました

ちょっと休憩☺

広場から見える桜も立派

どこでもよじ登る次男

絵をかいたり、かけっこして遊びまして

終了時間にまたカボさんへ

 

 

 

 

 

私たちは漆喰の下地となるトップコートというものを塗らせていただきました

次の日にまた皆様で本番の漆喰を塗られるそうです☺

 

漆喰の壁で囲まれた空間で過ごしたら気持ちよさそう

 

空間でおもてなしをしたい

という大工のむっちゃんこと六鹿さんや

オーナーの詩織さんの思いのつまったゲストハウス

 

近所だけど泊りにいこうかしら♡

 

2階にはいい雰囲気のウッドデッキができていました☺

 

当日ご一緒した皆さま

 

魅力的な方ばかりでした

 

外で待っていると皆様にかわいがっていただいた息子たち

次男もず~っと抱っこしていただき感謝感謝

ありがとうございました

 

 

カボの詩織さんはよく

「とよたを面白がる人を増やしたい」

とお話されます

 

今回の漆喰まつりもまた

カボの完成を楽しみにする人

カボを応援する人

カボをおもしろがる人

が集い

 

結果、詩織さんの目的である

とよたを面白がること

を皆でしているわけで

 

すごいな~~!!!

と思いましたし

 

とにかく楽しませていただきました☺

完成まで

あと1か月くらい

 

皆様ぜひカボをお見知りおきを☺

 


【おしらせ】

いよいよ今週末

ランニングクリニック らくラン!

小人数制で丁寧に

動きの修正

ランニングフォームチェック

を行います☺

お申込みお問合せはLINE@ボタンからどうぞ☺

お花見に行ってきました☺ 豊田市おすすめのお花見コース🌸

豊田市元城町の桜城跡地

桜城公園でお花見しました☺

見事に咲き誇っていました

長男は新しい水筒をこの日初めておろしてご機嫌

肌身離さず持ち歩きました

(しょっちゅう水分補給するので1時間くらいおきにトイレへ笑

母はおもらしさせないように必死でした)

次男はこの日初めて靴を履いておでかけ

とても嬉しそうでした

何でも食べちゃう

ガジガジ

離しても離しても

この食感がたまらない・・・

もう

目が真剣です笑

 

この日はとってもいい天気

走り回りました

こちらの公園のお向かいは

ご存知 喫茶ゆらり☺

まずは鶏ハムセットをいただき

長男はシフォンをいただき

また遊んで

公園には遊具もあります☺

たくさん遊んでまた休憩しよっかと

ゆらりでひとやすみ

メニューにはババロアや

グルテンフリー 三種のナッツを使用したケーキ

中国茶や

紅茶

各種コーヒー

プリン、チーズケーキ

などたくさんあります

 

 

 

子どもたちとお花見を満喫しました☺

豊田市のおすすめお花見コース

 

是非おでかけくださいませ☺

思うは招く 植松努さん講演会

 

植松さんの講演会

800人の方が集まることはとてもとても大変なことで

開催にあたり、お母さんの会の皆様のご活躍に感謝と敬意の気持ちがあふれ出す会でした

 

子どもと一緒でしたので、すべてに集中という訳にはいかないですが

植松さんの一言一言すべてが身に染みることばかりで

本当に温かく優しい気持ちになる講演会でした

 

おかあさんの会の皆様の何としても植松さんをお招きしたいという気持ちに心から共感しました

 

サポーターとして今回の開催を縁の下で支えてみえた

「喫茶ゆらり」

店主の美保子さんやお母さんの会のいぶきさんからはゆらりに行くたびに

「思いは招く開催の軌跡」を聞かせていただき感動するばかり

 

何か微力でもできることはないかと協賛やチャリティーフリマに参加したい気持ちに突き動かされました

 

単なる講演会とは異なる感慨深い気持ちで当日を迎えた訳です

前日にはゆらりに 美保子さん丸がいっぱいのカップで分子栄養学資格試験合格のお祝いをしてくださいました

ありがとうございます☺

 

 

当日、気合を入れて45分前に会場に着いた私たちでしたが

次男がげろげろ~ 顔が真っ青

その後何度もげろげろ 服びだびた

というアクシデントもあり(替えの服も忘れて)

彼の様子によっては参加も困難かしらと思いましたが

 

奇跡的にすぐに西松屋もみつかり

次男初のお古じゃないコーデで 遅ればせながらご機嫌に講演会に参加できました

 

会場は超満員

植松さんの優しい声が聞こえてきました

 

 

講演会の感想は、こんなにも

子どもから大人まで

笑って泣いて感動して

わかりやすく楽しく学べる 

勇気づけられる

お話が他にあるだろうか!

ということでした

 

子どもから大人まで わかりやすく楽しく学べる

三歳の息子も座って話がきけました。飛行機やロケットの話、動画を交えてユーモアたっぷりにお話をされまして「たのしかった!ぼくもロケットを作ってみたい」と話していました。

植松さんは「温かくも淡々と」お話される方でリズミカルにたくさんの情報量が提供されます。これまでの実体験をもとに「こんなことは良くないよ」なぜならこうなってしまうから。ではどうしたらいいだろうか?こんな風にしたら上手くいくんだよ。と分かりやすい問題提起と学びがたくさんです。

 

笑って泣いて 感動して 勇気づけられる

悲しい、苦しい、傷ついた、辛い過去の体験。でもそこに一筋の光。そのことで植松さんが「優しさ」を失わずに今日に至ること。

沢山のこどもと触れ合う中で、同じように心を閉ざしていた方が植松さんとのかかわりやロケット制作をきっかけにキラキラした笑顔を取り戻すこと。みんながキラキラしたものを持っていてみんなすごいんだよ、みんなできるんだよ。というメッセージは子どもも大人も勇気づけられます。

 

植松さんのアドバイスはとっても具体的

たくさんの学びの中からいくつかご紹介します☺

★アドバイスはそれを達成したことがある人にしてもらうのがいい

植松さんは受験の時に「飛行機を作る関係に進みたい」と先生に話したところ「東大にいかないと無理。あきらめなさい」というようなことを言われたのだとか。やったことがない人に聞くと「できない理由」を教えてもらう。やったことがある人に聞こう!(身近にいなければ講演会でも本でもいい)

★お金があったら本を買って「知識や知恵」をつけよう

おばあちゃんの教え。お金は価値が変化する。たくさん持っていてもただの紙きれになることもある。知識や知恵は誰にもとられない。

★失敗を恐れないようにしよう

親も先生も上司も失敗を攻めてはいけない。できないこと、初めてのことに挑戦すると必ず失敗する。そこから「今度はこうしてみよう」と進化成長していくもの。失敗がいけないことだと失敗を避けてしまうと・・・成長しない人 考えない人 くふうしない人になってしまう。

教育とは本来「死に至らない安全な失敗を数多く経験させるもの」

★失敗した人・子供に言ってはいけない2つの言葉

「何やってるの!!!」と「なんでこんなことができないの!!!」よく言いがちな2つ。これは失敗に対して怒りの感情をぶつけただけの言葉。何をやっているのと言われても「見ての通りです」としか言えない訳で。失敗を受け入れて、今後どうしたらこの失敗を回避できるか一緒に考えよう。

★自信を奪う「どーせ無理」という言葉を無くして「だったらこうしてみたら?」に変えよう

自信を奪われた人失った人は、奪う人になってしまう。そこから人を傷つける事や争いごとに発展してしまう、とても怖い「どーせむり」という言葉。「どーせ無理」という言葉をこの世からなくそう。だったらこうしてみたら?と言い合えるようになろう。そうしたら暴力やいじめや戦争がなくなるのではないか。

★中途半端は何もしない何もできないより全然いい

人は足りないもの。人は本来助け合うもの。一人では一人分のことしかできない。仲間を作ろう、仲間になろう。

★生まれた時からあきらめ方を知っている人は一人もいない

みんなあきらめ方なんて知らないでキラキラ輝いて産まれてきた。ボタンがあれば押したいし、ハンドルがあれば回したい、子どもの頃は好奇心の固まりだったでしょう。

今は大人になってあきらめ方を少し学んじゃったけれど、新しいこと、やったことないことやってみよう。そうするとキラキラした気持ちを思い出す。

★学問は社会の問題を解決するためのもの

人を評価したり、優劣をつけるためのものではない。センター試験ももう終わり。言われたことだけ素直にやる人材から「考えることができる人」が求められる時代に変化しているとき。

★まずいと思ったら逃げよう

まじめで優しくて一生懸命の人ほど自分を責めてしまう。まずいと思ったらその場から離れよう。逃げる道は狭いほうより大きな道を選ぶといい。

★人と比較するのではなく「よりよい自分を目指そう」

人と比較して頑張る!の先には、誰かに勝つことでしか喜べない・自分より劣っているものを探すことで安心するしかないという状況が待っている。誰かや何かと比較しないで、昨日よりいい自分を目指そう。

★思いは招く

お母さんが教えてくれた言葉。思ったらそうなるよという言葉。

 

強く感じましたのは

動画で見ているよりもお会いしてお話を聞くと

身に染みる

ということです

 

植松さんの愛が伝わってきました

 

会場中の方が優しい気持ちになっていることを肌で感じて

感動しました

 

実際に足を運んで会いに行くことの価値を改めて感じました

 

 

植松さん、お母さんの会の皆様、

この講演会のことを教えてくださった美保子さんいぶきさん

ご一緒した皆様、ありがとうございました

息子1さい母1さい☺

1歳になりました☺

 

笑顔あふれる日々に感謝

何でもない日常に感謝

 

栄養療法の学びを続けて実践する

妊娠前~妊娠中~出産~産後

ときて、その継続が1年になりました

 

よかったのかどうかは結果で判断するより他はないのですが

結論から言うと、とてもよかったです

 

 

子どもの方は・・・

○なんでもよく食べる(お肉もお魚もご飯もむしゃむしゃ食べる)

○お肌がつるつる

○快便

○ごきげん

○動きが活発

○一度熱を出した時も回復が早いかった

 

私の方は・・・

○(睡眠時間がとても少ないけれど)一度も発熱もせず寝込まなかった

○貧血症状(立ち眩み・冷え・朝起きられない)がなかった

○元気で調子がいいのでたくさん働けた

 

という感じで旦那さんも第一子の時との明らかな体調の違いに驚いています

 

 

お客様からは長男の産後のときよりも今の方が若々しいよ!

とお話いただけます☺

嬉しいですね

 

私も家族も元気で有難いし

栄養改善によって、パーソナルトレーニングにお越しのお客様や

栄養講座にご参加いただきました皆様のいい変化もこの1年でたくさん共有

できまして本当に嬉しいです

 

皆さま いつもありがとうございます

 

今後も学びを深めて

皆様のお役に立てますよう

がんばります☺