「My story」カテゴリーアーカイブ

こどもだったおとなの100のことばカフェ 順さんと打ち合わせしました☺

喫茶ゆらりでキッシュと冷たいお紅茶をいただきながら☺

こどもだった大人の100のことばカフェ

の打ち合わせを安藤順さんと行いました☺

 

このイベントの内容として

「気になる大人のこども時代の話を聞く・・・」

とありましたので

 

私自身、思い出せる範囲で過去を振り返っていたんです

幼稚園の時は自分の思っていることが言えなくて

いじいじいじけている子どもだったように思います

 

それから大人にいい子と思われる自分でいようと努めていましたね

母親の価値観に強く影響を受けていました

 

言葉遣いや身のこなしもそれが正解なのだと思って真似ていましたから

小学生で近所の方に「こんにちは~!いつもお世話になります~」

なんて言っちゃう、面白くも可愛げのない(ともとれる)こどもでした

小学生に入学することで環境が変わり、自分らしく過ごせるようになりました

学校は楽しくて仕方なかったですし、担任の先生は

ある学年を除いては素晴らしい先生ばかりで尊敬していました

 

今から思うと、本当に愛情深い先生ばかりでした

母から教わって、今も大切に思っていることは

自分を大切にする

ということ

 

「自分を大切にしなさい」とよく言われていました

 

まず自分のことを大切にできなければ

誰かを大切にすることはできない

 

自分を傷つけても 誰かを大切にしたいというのは

結果的にその人を大切にしたことにならないよ

 

ということをよく話してくれていました

その通りだと思います

 

いつからでしょうか、、

大きくなるにつれて、母と私は違う人間だと思うようになりました

 

それまでは、母のようにすることなることが正解と思っていたのですが

何か事柄に対して「こう思う」というのは

皆いろいろなんだ!と気づいて且つそれでいいんだ!

とわかったのですね

(道徳の授業などがきっかけだったと思います)

すぐには変われなかったと思いますが、そうして

自分の考えや意見に自信を持つようになってからは

また世界が変わったと思います

(小学校5年生の頃です)

 

・・・・・

と子ども時代の話だけでも話が尽きませんが

 

トレーナーになって

日本舞踊をきっかけに和の身のこなし

を行うようになってからは

 

そうだったのか!!!!!

という気づきがありまして

 

またこれまでの自分を全部壊して

ゼロからスタートしましたね

振り返りますと

様々なことにおいて私は

これまで手にしたことを一気に手放ししたり

これまでの自分を全否定したり

壊してはつくるということを繰り返してきたと思います

(割と潔い性格なのです☺)

 

 

幸せな性格なので、ポジティブなことしかパッと浮かびませんが

思い出そうとすればネガティブなことも山ほどあります

 

傷ついて毎日泣いていた日々もあります

 

でも泣きながらも

「今日という日は、人生のほんの一瞬。大人になれば忘れてしまうような一日だろう」

と俯瞰していました

 

宇宙盤で分かった私の特徴「球体思考」(メタ認知ともいうかも)に救われた場面は多かったかもしれません

 

今ここでは綴れないような話も・・・

当日の話の流れで色々できましたらと思います

結婚妊娠出産子育て

日ごろ考えていること

分子栄養学の話や食事法に対する考え方

私が普段しているオリジナルのボディワーク(体操)など

 

この機会でしかしないであろうことを

たくさんお話して、何か少しでも皆様のお役に立てましたら

嬉しいです

 

イベントの詳細はFacebookページをご覧くださいませ☺

ぜひ当日素敵な空間でお会いしましょう!!!

 

生命は遺伝子に支配されていない

遺伝子やDNAという言葉は

健康やダイエットに関するシーンでもよく聞くようになりました

遺伝子は

親から子へ またその子へと引き継がれるもの

 

身長は70% 体重は50%

遺伝的要因があると聞きました

 

親子や兄弟は似ていたりするから納得

 

 

これまで

変えることができない運命のようなもの

「生命は遺伝子に支配されている」

と思われてきました

ところが

遺伝子は分子でできた単なる設計図で

細胞や組織や器官をつくるときに参照される図面にすぎない

 

「生命は遺伝子に支配されていない」

ということが最新の細胞生物学でわかってきたそうです

 

遺伝子は設計図で

環境が建設業者

 

それから口から入れたもの身体に取り入れたものが

家をつくる材料

 

設計図は大事

どんな材料でどんな風に作るかもとっても大事

 

顔や背格好が似た家族でも体質も性格も異なる

 

このことは

環境や材料が深く関係していると考えられている

 

環境がどのように影響するのかというと

一つは【伝達シグナル】

細胞が環境からの手がかり(シグナル)を受けて化学反応を起こし

遺伝子の発現パターンを変化させる

 

もう一つは【エピジェネティクス】という新しい科学

これは「遺伝子を超えたコントロール」という意味で

私たちが人生で経験することに応じて、遺伝子の活動が絶えず修正されているのだという

 

私たちの生物的性質は

人生をどう知覚するかによって形づくられている

ことを強調している

 

 

健やかさを追求する学びは

ことごとく

 

自分がどうありたいか

何に向かいたいのか

 

ということに近づいていくと思う

参考図書:「思考のすごい力」

 

環境とは具体的になんだ?といえば

思考 運動 栄養

 

の大きく3つがあげられる

 

思考は量子学の分野

思考がシグナルとなって遺伝子にもフィードバックがかかるとのこと

 

 

運動は身のこなしや呼吸や姿勢や筋収縮や骨への振動など

思考と合わせて どんな意図をもって取り組むかが大切と考えます

もちろん楽しむことも

 

 

栄養は分子栄養学では当たり前のように影響力を持つと考えられている

材料の素材の話だと考えると腑に落ちますね

 

 

広い視点 マクロでとらえること 抽象度をあげること 自分の命を俯瞰すること

狭い視点 ミクロでとらえること 具体的なこと 自分を内観すること

 

どちらも必要ですね

 

 

とはいえ難しく考えず

私たちは

自分がどうありたいか どう生きたいか

自分で決めることができるということですね

 

 

 

 

 

平成から令和へ

年号が変わります

天皇がお亡くなりになって変わるのではない

 

よりよい方向へ向かうための変化ということを

みんなが共有しているので

日本はお祝いムードです

 

とてもおめでたい気持ち

 

と同時に、天皇とは?

とか日本人でありながら

あまり知られていないこと

知らされていないことが多すぎて

 

もやっとした気持にもなります

平成はどうであったか個人的に振り返りますと

 

トレーナーになる!と決めて

好きな人ができて

トレーナーになって

結婚して

二児の母になった

 

という幸せであふれる日々でした

 

毎日本当に幸せだと思う

 

でも最近の私は変わったなと自分で思うんです

 

どう変わったかというと

本音で生きるようになったなと思います

(ここの話「こどもだったおとなの100のことばカフェ」でもお話したいなと思います)

 

まだ自分のこともよく分からないことも多いのですけれど

これから

自分の道を進んでいくうえで色々と気づくんだと思うんですね

 

自分はこんな人間なんだなぁと

 

動いてみることできっとわかりますよね

 

 

希望としましては

おもしろい自分をみたいです

 

令和は れいわ 0話

新しい時代 新しい物語のはじまりですね

 

あたたかさとか愛とか幸せに満ちた

平和な世界になることを心から願っています

最も遠方からお越しいただいたパーソナルトレーニングのお客様

パーソナルトレーニングは広告宣伝を行っておりません

 

私は○○専門というのは、現在特になく

 

お客様のご紹介の方と

「あなたにお願いしたい」

と直接言ってくださる方の

「こんな私になりたい」

「この問題を解決したい」

にお応えする形で行っております

 

ですから

皆様のご要望は様々です

 

「長年の悩みが、トレーナーに相談して解決するなんて!」

と言ってくださったときには大喜び

 

心、身体、健康

に関することって・・・

 

もう全部じゃん

てなりますよね☺

 

 

ご要望は多様化するばかりなので

私は色んな勉強をします

 

大切な方の役に立ちたい一心なので

(できない自分に苦しみながらも)

楽しくて仕方ないというのも本音です

 

(それから勿論、自分よりもその問題解決の適任の方がみえたらすぐにご紹介したいです。そのためにも地域のマッチングサイトが必要と考えています)

 

 

 

上のようなスタイルで行う理由は2つです

1 パーソナルトレーニングを単にトレーニングを教える人と捉えていないから

 

パーソナルトレーナーとして

お客様の心身や健康に関するライフパートナーであり

ベストパフォーマンスに導くことで

その方の人生がよりクリエイティブになること

に貢献したいと考えているので

 

そっちがその気なら、私はあなたがいい!

と言っていただける方のお力になりたいのです☺

 

2 家事・育児との両立を大切に考えているから

自分が幸せでいる為に

手作りで心身を満たすご飯を作ること

母として小川家の太陽であること

というミッションをクリアしながら仕事をする

と決めているので

今の自分サイズはこれが適正かと考えています

 

 

 

そんな隠れ家的くせが強めのパーソナルトレーニングを運営しておりますが笑

 

この度

これまでで最も遠く

東京からパーソナルトレーニングを受けに来てくださいました!

関東でインストラクターとしてアクアビクスや水泳のクラス

水中のリハビリやパーソナルトレーニングでご活躍の山本彩海先生

 

今よりもよくなりたいと思った時に身体をみてもらうならあなただと思った!

と言っていただけて本当に感謝感激です✨

 

彩海先生ありがとうございました

 

彩海先生のブログはこちら☺

 

前回の続き「平和」というキーワードから考える他とのエネルギー循環

子どもの頃、疑問に思ったことがあった。

親に質問した覚えがある。

ところが「そうだったのか!」という返答はなかったと記憶している。

 

どうして世界は平和にならないの?

 

子どもに質問されたら何と答えますか?

 

 

大人になると色々としなければならないことが増えてか?人類皆でとりくむべき問題について(きっと子供のころは考えていても)忘れちゃう。

仕事の課題、子供や家族のこと、家のローン、人間関係、今晩のおかず・・・

目の前に問題が山積みなのだ。

 

何かをきっかけに思い出すけれど、日常が過ぎていくとまた薄まる

私も長男がお腹に宿ったとき、この子は新たに生まれてきてこの世界をどう思うだろう?と考えたとき、この問題についてはっと思い出した。

なんで働いているのか?といえば生活をするためではあるのだけれど、その先にある目的は
世界の平和だ。

どうしたら傷つけ合うことをせずに対話で問題解決をして、皆でクリエイティブな世界にしていけるか?

頭が悪いのでなかなか答えは出ないけれど、あるニュースでピンときたことがある。(内容は、はっきりした記憶でないので悪しからず)

ヨーロッパで海賊が街を襲い、命や食べ物金品を盗っていくという事件が後を絶たなかった。それを知ったすしざんまいの社長さんが海賊たちに海でマグロ漁をするという仕事を依頼した。

すると、海賊はその仕事に取組み利益を得ることで街を襲撃することがなくなった。
という話。

「これだ」と思った。

 

例えば私の得意なこと、できることが周囲の人に役に立たなくて仕事にならなくても今はネットを使ってサービスを提供することもできるし、この例のように言葉も通じない世界のどこかの誰かに役に立つかもしれない。

私は人は皆必ず好きなことがあって、その好きなことは興味集中によって人より得意なことになると思っている。

得意なことを人に役に立つものとして変換していけるかはポイントになりそうだけど、人の得意なことを発見して人に役に立つものに変換するのが得意な人がそれを担えばいいような気がする。(ここでは人にと言ってるけどその対象は人に限らない)

世界中のどこにいても自分の得意が誰かの何かの力になれることが当たり前の世界になると、たとえ今の状況がマイナスと感じる状況にあってもその後を選択していけるのではと思う。

私は、人生を自分で選択して生きていると実感できていることが幸せのひとつだと思っている。

例えば、子供が二人になって日中はどたばた夜間は3時間おきの授乳。仕事は夜型なので夜中3時までするから寝不足な感じ。勉強をしたい本を読みたいけどその前にやらなければならないことのタスクがてんこ盛りで今私なんだったっけ?みたいなことは働く母は日常。でも、二人子供が欲しい!子供がまだ小さいけれど働きたい!って自分で選択したこと。

多かれ少なかれ物理的に子どもといつも一緒にいられない。さみしいっていわれることもあるし、よくわかっている、私も同じ気持ち。でも身体は二つないから選択せざるを得ない。自分が本当にしたいこと(多少必要に迫られている状況はあるのだけれどそれも含めて)はお母さんが仕事を通して自己実現して遊びも学びも仕事も、人生めちゃくちゃ楽しんでいる!方が家族みんな幸せだ!(私が幸せだから)と選択して、その通りになっている・・・

なんて幸せなんだ。ということ。

 

話しが少しそれましたが、

他とのエネルギー循環が大事で

自分の中でぐるぐる循環がよくなったら

他とのエネルギー循環をよくしたい

 

まず何と、誰とエネルギー循環をよくすることが自分の喜びなのか考えますと取り組む優先順位がみえてきそうです。

 

 

冒頭に戻りまして、

私もいつか聞かれたら

「あなたはどう思う?」

と答えたい

 

そこからこの問いを一緒に深めたい