からだの使い方を学ぶヨガ教室 赤ちゃんのハイハイに学ぶ手のアーチ✋

赤ちゃんのハイハイ

手を観察しますと、手のひらをパッと完全に開いて床についていることはない

 

まあるい空間を残して動いている

 

私たちは四つ足動物だったから、手も足も同じ

 

足のアーチは気にするけれど手はどうかしら?

 

 

手をパーに開いて肩を後ろに振るのと、手をまあるくして振るのと(わかりにくいかしら☺)比べますと関節のすべりやすさが違う

 

四つ這いになって行うエクササイズ

 

手をべたっとつかずに、赤ちゃんみたいにまあるくアーチを作って行っていただきたい☺

 

背骨も脚も動きやすい☺

 

 

先日はゴルフのグリップにも活用いただきましたら

 

劇的にいい!!!!!

 

ということでお試しくださいね☺

 

まあるい手は日本舞踊などで使う手の形

 

 

柔らかな動き、しなやかな動きと関連があったのですね

昔の人は身のこなしからより機能的な動きを自然と選択されてたのだと思います

 

身体はどんどんよくなれるから面白いです

 

 

グループクラスのヨガの時間はこんな風に「身体の使い方」を学びながら行います☺

一緒にファンクショナルな動きを目指しましょう☺