新時代の幕開け

新元号は 令和

朝の情報番組スッキリでロバート・キャンベルさんが解説していました

画像はすべてスッキリです

初の日本の万葉集、日本の出典とのことで

嬉しい気持ちとともに

日本の元号でありながらなぜこれまで違ったのかな?

と、子供に聞かれそうなことを考えました

万葉集は声に出した詩を集めたものだそうで

一人一人の声

を大切にしたいという意味も含められてとてもいいとお話されていました

 

令という漢字の意味を調べてみますと

1言いつけ、命ずる、お達し

2おきて

3長官

4よい、りっぱな

5相手の親族に対する敬称

 

4の意味で用いられていますね

 

何だか誰も予期していなかった

令和 という言葉が新鮮ですし

平和 という言葉と響きが似ているところがいいですね

 

 

言葉には言霊があり

元号によってどんな時代になるか決まる

ということがあると思います

 

どんなときにも大きな変化は集合的無意識によって起きる

とのことで

 

新時代に向けてとても明るい希望に満ちた

青い空に白梅が美しく咲く

いい香りが漂う

イメージを持つことができて

 

私はとても嬉しい気持ちです☺

 

今日は午前中、通所介護施設で介護予防運動NOSSを行う日でした

 

この冬が過ぎれば というNOSSの曲はまさに

寒い冬が過ぎてあたたかい春がくる

という希望に満ちた曲

 

皆様と歌い踊りましたら

「小川さんの踊りはまさに令和を表しているようだよ」

と言っていただけまして

何ともおこがましいですが有難い気持ちでした